世界第七番目の大陸!南極

南極行ってきました!
さて、南極って皆さんご存じですか?
と質問すると全く聞いたことのない!という人はいないでしょう。
でも、南極といえば?で浮かび上がるイメージは「氷(雪、氷河、氷山)」、「ペンギン」、「観測所」。 それ以外でも、「太郎と次郎」、「あざらし」、「くじら」などでしょう。
まぁそれもそのはずで実際、南極へ行っても見るものはそれぐらいである。
南極の何がすごいかと言いますと、地球上で唯一人間が定住していない大陸。ってだけに気象条件が厳しい、雪だらけとイメージがつく。
南極は世界南極条約の基、どこの国にも属さず、定住が許されず、観測隊と、人数制限付きの観光客のみが上陸出来ると言うことです。
自然保護のため南極にゴミ一つ落としてもダメ出し、訪問者の私たちは飲食も禁止。トイレもダメ。また、動物に近寄ってもダメ。これほど規制の厳しい地域は他にあるだろうか?
こういう話と共に、南極まで日本からアメリカ経由、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス経由(しかも成田と羽田ぐらい離れた国際線空港から国内線空港へ移動して)国内線でウシュアイアへ。

まず簡単に行けるところではないし、お金も時間もある人に限られている。ただ、台湾の20歳の子で「これが私の初の海外旅行です」と言っていた子がいてビックリした。

th_DSC00335
と言いながらも、まぁ実際南極の地に行って見られるものは、太郎次郎を除いてそんなもゆんでしょう。
あと追加で言えば「鳥」や「オキアミなどのプランクトン」とかですね。
私は、世界100ヶ国の地へ足を運び、南極へ足を踏み入れるまでは、みんなと同じ南極?氷の塊ね、あとペンギン?というレベルでした。

実際、パタゴニアやアラスカにて氷河見てるしまた、崩落も目の前で体感してる。 アイスランドではヨーロッパにある氷河全部足したより大きな氷河も見てるし、またグリーンランドでは氷河を越える大きな氷の塊で、世界にここグリーンランドと南極にしかない氷床も目の当たりにしていたので、何となくそれなりに南極ってこんな感じのとこでしょ!とイメージは自分なりについてた。
もちろん、一度は上陸してみたいとの思いはあったが、南極に対してそれほど新しい何かというものは期待はしてなかった。
ただ、ただ日本の裏側よりもさらに遠い地・パタゴニアが南極への出発地点で、そこから船で約50時間というこおにこれはホントの果ての果てだなと驚いた。
南極大陸を目の当りにしたときは冒険心がかき立てられ,感動以上の自分の中の歴史が変わるという実感と世界中を旅行していても,南極に上陸する一歩は特別なものでした。アポロじゃないけど、自分史上の南極第一歩の感動は今でも覚えています。

th_DSC00442

th_DSC00461

広告

投稿者: 高千穂ガイド

東京都在住