奥穂高岳3190m登頂! 

天気Gooo!
しかし、今晩&明朝は強風&雪の予報。

2015-10-10 05.48.50
早朝出発。

2015-10-10 06.14.10

本谷橋まではアップダウンの少ない道です。
まぁー実際上高地から横尾までもほとんどアップダウンないですね(笑)

2015-10-10 06.43.13

紅葉と屏風岩
2015-10-10 06.50.44

40分ほどで本谷橋到着。
ここから涸沢までの距離の方が短いですが、登りなので時間は倍かかります。
2015-10-10 07.39.31

蝶が岳&常念の稜線2015-10-10 07.45.07
前穂〜奥穂への吊尾根!

2015-10-10 08.28.52
涸沢への最後の登り&紅葉

2015-10-10 08.33.55
さーどっちに進む!(笑)
奥穂へのルートに近いのは右だけど、涸沢カール観ながらのランチのため左へ。

2015-10-10 08.46.48
じゃじゃーん
涸沢カールと奥穂&涸沢岳

2015-10-10 08.46.54
右にカメラをずらして涸沢から北穂の稜線と下に涸沢小屋

2015-10-10 09.12.16
ノルウェーランチ。
わざわざこのためにノルウェーに買い出しに行ってきました(笑)
飛行機代考えるとどんだけ高級ランチ(笑)
ノルウェーブラウンチーズとノルウェーたらこチューブ、ハム(ノルウェー産じゃないだろうけど欧米っぽいということで)、
パンもあえてバケット。
このランチどこかで教えてもらったような(笑)

2015-10-10 09.38.42

お腹もいっぱいになりいざザイテングラード(岩場)へ。2015-10-10 10.11.37

ガレガレでしょー。
あの中央部分(ザイテングラード)を登っていきます。

2015-10-10 11.06.01

振り返れば常念岳。
2015-10-10 11.39.12
ヘルメットをしっかり被って落石注意。
2015-10-10 11.52.42
前穂高の山頂部分にはうっすら雪。
2015-10-10 11.59.33

奥穂の小屋まであと20分。実際30分はかかりました(笑)2015-10-10 12.27.16
奥穂高山荘到着。ルートはまずこの壁を少し登って巻きます。
2015-10-10 12.28.49
ここで装備を整えていざ!山頂へ。
2015-10-10 12.46.58
最初の取り付きが難関!
今登ってる人や下ってくる人がこの壁の取り付きにいない!
ラッキーだー。このタイミングで登ろう!
連休なのに〜奇跡!まー明日から天気よくないみたいだから登山者も減ったのかな?
混んでないから前後を気にせずゆっくりマイペースで登りましょう!
シルバーウィークの時は、ここの登りで1時間以上待ちだったとさ。ありえなーい。
あるいみみんなシルバーウィークで登山したからこの連休はOFF?

2015-10-10 13.06.02

一気に壁を登って振り返るともうこんなに高い。

2015-10-10 13.15.40
山頂への稜線歩きはこんな感じー。
いやーほんとに誰もいないのはラッキーを超えて不思議(笑)
ほぼ3000mなので、腹式呼吸しながらゆっくり行きましょう!
2015-10-10 13.22.07
山頂はこの真ん中じゃないですよー!
左の奥が山頂です。
さーもうひと頑張り
2015-10-10 13.40.40
じゃじゃーん山頂!
奥穂高岳3190m登頂!
まさかの誰もいなーい😊/
2015-10-10 13.36.15

貸切!

2015-10-10 13.41.20

前穂

2015-10-10 14.13.30

さぁ注意して下りましょう。

2015-10-10 14.21.13
全然混んでない!誰もいないは本当に気持ち的に楽。

2015-10-10 14.28.00
降りてきた!
まーまだ小屋までですけど。

2015-10-10 14.42.17
さー本来はここに宿泊予定でしたが、明日は天気崩れるとの予報を信じて、みんな涸沢まで下る体力と時間があるので頑張って今日降りましょう。
穂高岳山荘〜!また来ます。
2015-10-10 15.35.31
順調順調。
2015-10-10 16.21.05

おー!眼下に涸沢。
テントの群れがカラフル〜。
連休にしてはやっぱり少ないかな。
2015-10-11 09.09.16

涸沢小屋に到着。
朝、5時45分に出発して行動は実に11時間。
大変お疲れさまでした。

宿泊者は、期待ハズレに多かった( ;  ; )
ぎゅーぎゅー。

高千穂ガイドブログ

広告

投稿者: 高千穂ガイド

東京都在住