KEEN100カ国トレイル〜アフリカ編

今日は、原宿のキャットストリートにて「100カ国トレイル」のトークショーです。

2016-04-14 19.06.58
KEEN Adventure Trail
Enjoy the Earth with KEEN

世界100ヶ国トレイルVol.4 アフリカ編
東西南北のアフリカを歩く!

南アフリカ喜望峰トレイル〜最高峰キリマンジャロ登頂!

北アフリカ:エジプト・シナイ山、
西アフリカ:ニジェールサハラ砂漠とカメルーン
南アフリカ:喜望峰トレイルとナミブ砂丘登頂
東アフリカ:キリマンジャロ峰登頂とアフリカンサファリ

アフリカは、山も自然も動物も民族も面白いネタが豊富すぎて2時間じゃー話し足りな〜い。

ご来場ありがとうございました!

 

高千穂ガイドブログ

広告

国際理解教育授業

本日、北九州市立・二島中学校の1、2年生の生徒計250名に体育館にて国際理解教育の1授業として職業講話を行ってきました。

この授業の依頼をいただき、「子供達に世界のことをもっとしってもらいたいので、よろしくお願いします」と言うことでした。
でも、資料などを作成しだすと、話す内容をどれぐらい子供達に分かりやすく砕かなきゃか?また興味を持ってもらえるようなネタを試行錯誤し、与えられる時間は50分。

今までの講義やトークショー、説明会の対象者は、基本「旅行や登山、自然」に興味がある人向けでしたので比較的資料やネタを作るのは簡単でした。
しかし、対象が中学生!
資料を作成しながらも、身近に感じてもらうにはまた興味をもってもらうにはどうしたらいいかなーと一旦作り上げてたけど、
ギリギリまでパワーポイントをまたいじって写真変えて〜とエンドレス(笑)

自分が中学生の頃どんな興味や知識があったかなど、目を閉じて思い出しながら・・・・・・・。
勉強は試験前だけで、盆と正月以外サッカー漬けの毎日だったなー。しか覚えていない(笑)全く使えないなー(笑)。

タイトルは

「僕の職場は地球!」

P3038819
250人相手はちょっと緊張!

P3038821
質問や話しかけトークで開始〜!
P3038820
いや、みんな何気にいろいろよく知っている!
すごいなー(喜)
P3038822
皆さんの聞く姿勢に感動
P3038825
マサイ族ネタ
P3038828
二島中学全員すごい。
でも、笑いは生徒からより後ろの先生からの方が・・・・・。
ジェネレーションギャップ(笑)

P3038829
そろそろ旅の話も終盤!
P3038830

50分お疲れさまでした!
みなさんは何に興味をもったかな?
楽しかったです。
溝尾先生いろいろとありがとうございました。

そうそう、27年ぶりの給食いただきました。
これがまた今日は3月3日でひな祭り!
自分で具材を混ぜるチラシ寿司。
懐かしいというより美味しかった〜(笑)

2016-03-03 12.53.21

高千穂ガイドブログ

TANZANIA

JUMBO!!
オムレツの列(笑)
DSC07366

DSC07367
キリマンジャロ登山で絞った身体は、この2〜3日でしっかり食べてたので、もう体重も戻ったことでしょう!

専用車にてアルーシャに戻ります。(所要:4時間30分)
DSC07369

おあー!象がいたぞー。
あれダジャレみたいになっちゃてる。

 

 

途中のお土産屋さんにて休憩。

アフリカンペインティングや動物やマサイ族の木彫りなどなど。

DSC07374

昔、キリマンジャロから帰国の翌日が弟の結婚式で、お嫁さんがキリン好きということだったので、1mを越す木彫のキリンをザックに入れたはいいが、顔がザックから飛び出したまま持って帰ったの思い出すなー。
式の始まる前に手渡ししたら、式場の前テーブルに急遽飾ってくれていて、司会者が「この大きな木彫のキリンは、なんとアフリカに住んでいる新郎のお兄さんが、新婦に買って帰ってきてくれたものだそうです」 お兄さんどこにいますか?『あっはい!』
あー確かにしっかり焼けていますねー。

って(笑)ちょっと話が大げさになっとる。

そのあと父親と各テーブルを回った際に、「弟の高千穂くんからうちの兄は世界飛び回りよるっち聞いています。今アフリカですかー。」「いや、住んでるんじゃなくて旅行ね(笑)」
と補足してまわったなー(懐)

DSC07376

ランチ弁当。
ビーフステーキが美味しい!

食後、キリマンジャロ空港へ。

DSC07379

道路の拡張やっています。
次来る時は、片側2車線になっているんだろうなー。

DSC07381

QR1357便にてドーハへ。 (1700/2235)、飛行:5h40m、時差なし、機食1回)

 

DSC07382

おー!キリマンジャロのキボ峰とマウエンジ峰が綺麗に見えました!
ラッキー!

高千穂ガイドブログ

NGORO NGORO Reserve park

image
専用車にてンゴロンゴロ自然保護区内クレーターへ。
クレーターへ降りる前に途中、マサイ族の村に立ち寄り訪門。

image
独特な歓迎ダンスでお出迎え。

image

じゃー みんなで踊っちゃえ!

image

マサイ族のモテる基準は、高く飛べる人ほどモテる。
木村さーんがんばれー!

ジャンプの競いあいは、イマイチモテず に終了(苦)

image
村の横には、Kindergarten(幼稚園)がありましたので、訪問。

マサイ語、スワヒリ語、そして英語で数字を1~10まで言えました!
すごい、トライリンガルっ。
みんな目がクリクリで可愛い~。

マサイの牛の糞を乾燥させて張り付けた壁の自宅へ。

image
牛皮のベッド。
明かり取りは1ヶ所。しばらくいると目が慣れてきて、誰もいないと思っていた部屋に二人もいました(焦)
おっとー。あっお邪魔しています(笑)
m(。_。)m

image

アサテンテサーナ(Thank you)!

では、では、クレーター内へ降りていきます。

image

おーインパラだっ!

動物と相性がいい私が「インパラーちゃーん」と呼ぶと

image

「なーに?たかさん?」と言ってるみたいでしょ(笑)

続いて、シマウマー!

image
寄ってきた(笑

image
鼻だけ出すカバ。
かなり粘ってみていたが、あきらめて車で移動していると、カバの大あくびがー。
全然構えてなかったので、撮れず(泣)

そして、劇的な瞬間!
まさに動物の王国のテレビ番組みたいー!

image

たったいま、ヌー(Wild Beast)の出産に立ち会えました。
ボトッ!
このあと10分もせず、細い足で、フラフラながらも立とうと頑張り、後すぐに立ち頑張って歩き始めました。

人間なんて歩くまでに1年以上もかかるのに。

image

今日のピクニックランチ。
私はbeef steakサンドをオーダー。
冷めても全然美味しかったです。
外で食べたかったですが、鳥がとりに来るので、車内で食べろ!との指令。

午後も引き続きサファリを楽しみます。

image
サイだー。
あんな重い身体ですが、ダッシュはめちゃ速いとのこと。

image

ライオンだー。

周りの動物のビビり方が半端ない。

image

ライオンに群がる人々。
やっぱりみんなライオン見たいね。
シャッターが芸能人なみ(笑)

楽しいサファリもあっという間!
クレーターを出てホテルへ戻ります。

ビッグファイブ(ライオン・ゾウ・ヒョウ・サイ・バッファロー)は4つ見れましたが、ヒョウは見れませんでした。

※BIG5(ライオン、ゾウ、サイ、バッファロー)、シマウマ、グランドガゼル、トンプソンガゼル、コリーバスタード、ヌー、ダチョウ、イボイノシシ、ベルベットモンキ、フラミンゴ、カバ、アイビス、ジャッカル、ハイエナ)
などなどがみれましたー。

image
夕食は、作りたてバイキング

image
夕食風景

image

今日はゴスペルコーラス!
めちゃうまいし、かっこいいー。

 

ンゴロンゴロ自然保護区/SOPAロッジ泊

SAFARI@Manyara lake National park

アルーシャのインパラホテルの朝食image

image
キリマンジャロの登頂写真を掲げてニコニコ記念写真。
みなさんよく頑張りましたー!

image

さて、登山のあとは~
そのまま帰国はもったいないので!
今日から本場アフリカンサファリへ!

image

 

大きな蟻塚っ‼

image

高級・赤バナナ。黄色いバナナしかしらない人にはびっくり!ですねー。太くて短い(笑)
食べると甘~い(⌒‐⌒) あるいみバナナの「あまおう」(笑)

image

道路が浸水。
山でも毎日降っていたもんなー(笑)
麓でも大変なことに。

image
まずは、マニヤラ国立公園にてサファリです。

DSC07095

このサファリカーは、サファリの時は上のルーフが開いて、
楽しめます。

image

まずは、バブーンがお出迎え!
バブーンは、マウントヒヒ!
みんな、車から身を乗り出しパシャパシャ。

そんなに頑張らなくても、ここにはいっぱいいますよ(笑)

DSC07127

ほらー!うわぁーおー(笑)ヒヒだらけ

DSC07129

ピポプールに立ち寄り。
カバたちがいっぱい。でもほぼ動かず、まー日中は暑いですもんね。
DSC07132

GIRAFFE!!(ジラフ)キリンだー!
なんか黒っぽく見える。
遠いから?それとも日差しが強いから焼けてる?

DSC07134
ZEBRA!シマウマだー。

さて、シマウマは黒地に白?白地に黒?
知っていますかー?
DSC07135
こんな草原でのんびりと気持ちよさそう。
DSC07138
あっ近くてみたら黒くない(笑)

DSC07146
ピクニックランチタイム〜!
木陰で気持ち良いです。

DSC07149
バッファローの骨

DSC07151

子供のシマウマは毛がまだ茶色い。
これでシマウマの色わかりますねー。

DSC07161
アフリカゾウだー。
横切ってるところをパシャり。

そのほかにも
ブルーモンキー、ベルベットモンキー、ホロホロ鳥、イボイノシシ、バッファロー、フラミンゴ、インパラ、ガゼル、ヌーなど見れました。

一路、ンゴロンゴロ自然保護区へ。
日本語にはない「ン」から始まる名前。

DSC07169

KARIBU〜(ようこそ!)
ドライバーは入園手続きへ。

DSC07173

ンゴロンゴロのクレーターの模型です。
この模型は日本の支援で作成されました。
クレーター内には年中、水が豊富で緑も豊かなので動物たちは移動する必要がなくなり、年中うようよ見れるのが魅力!

DSC07180
タンザニアのお偉いさんたちと記念写真。

DSC07181

ここが明日サファリするンゴロンゴロクレーター。
このクレーターの上の標高は2200m。展望地もホテルもクレーターの上にありますので、動物に襲われる心配なし。
DSC07188
高級リゾートホテルSOPAロッジ。

DSC07186

部屋もゆったり。
DSC07191
レストランの雰囲気。
DSC07193

バイキングです。前菜もりもりあわせ(笑)
このあと、メインにBBQいただきます。
DSC07196

本日、誕生日の新井さん!
スタッフ30名が歌って踊ってお祝いしてくれました。
感動ですねー。
このキリマンジャロ登頂直後に誕生日を迎えるってモッテますね〜!おめでとうございます。

高千穂ガイドブログ

Kilimanjaro Mweka Route down 7

おはようございます。

みなさん口を揃えて、「よく寝たー」
昨日はお疲れ&昨日までに比べたらここは標高低いですからね。
といっても富士山より高いですが(笑)

DSC07010
あらっ。食欲ないかたいましたが、半日下る元気さえあれば大丈夫でしょう!
もう、今日は数値計ったり、検査したりはないですよ(笑)

DSC07012

うっすらキリマンジャロ。
昨日あそこにいたんですよー。
すごいすごい!
DSC07016

さー、ガイドやスタッフやポーターたち総勢33名!

歌えや踊れ〜!!!
DSC07018

キリマンジャーロ🎵
キリマンジャーロ〜、キリマンジャーロ〜〜🎶
キリマンジャロ〜♪
ミマレーフサナー♪( ´θ`)ノ

サンキュー!!
感謝の握手やハグをして〜
ではでは、ジャングルの中、ムエカキャンプを経てムエカゲートへ下山。

ミレニアムキャンプ3790m〜ムエカキャンプ3080m〜ムエカゲート1630mへ

【歩行約6時間】

DSC07040

7日目となると食料もほとんどないからポーターたちの荷物は少しは軽くなったかな?

DSC07042

ピンクッションフラワー

DSC07044

えー!今日も雨。
結局7日間降られました。
これまた記録だ。

DSC07050
ムエカキャンプにて休憩。
私のスペシャルドリンクをみなさんに一口ずつ。どうぞ!
長い長い下山をを下ります。

DSC07061

ムエカゲート到着!

2名はガイドと一緒に、だましだまされあとからポレポレ。
ここでランチ。

DSC07068

荷物を詰め込みアルーシャへ。

DSC07071
キリマンジャロコーヒー園
がダ〜と続きます。

途中、モシのホテルにてスーツケースを積み込み、ガイドやポーターに別れを告げ、アルーシャへ。

インパラホテル!!
普通のホテルだー!
シャンプー2回目で泡立つ(笑)

すっきりしてーディナーだー!
DSC07077

 

中華&キリマンジャロビール&ワイン!
贅沢だ!

食欲なかったかたも少し戻りましたね。

大変お疲れさまでした。

テントに慣れすぎてベッドで寝れない?

高千穂ガイドブログ