SUMMIT DAY for Mt. Kilimanjaro Day6

いよいよ!
登頂日です。

深夜1時30分に起床。
海外高所の登頂日に食べるのは「どんべい」(笑)
和風だしで食べやすくて、お腹もちもいい。

DSC06844

3時に、ヘッドランプを点けてバラフキャンプを出発。
※キリマンジャロ登山行かれた方は、『え?3時?12時じゃないの?』とお思いでしょう(喜)
実は、マラングルートを使わず、このマチャメルートを行く良いポイント理由は、3つあります。

キリマンジャロ

1、縦走路!(マラングは往路も下山路も一緒)
やっぱり往路と下山路違うと楽しい。
2、2名1テント(マラングはバンガローハットで4〜大勢で1室)
部屋に人が多いとうるさい。気を使う。気が休めない。寝れな
い。どのコースもトイレはどっちみち屋外。
3、なによりも最大のポイントは!
ウフルピークへの距離が近い!
それに伴い出発を深夜ではなくて未明に出発で登れることです。

※キリマンジャロ登頂の課題は3つ。
①高山病、②登頂日の寒さ、③睡眠不足(体力)。
その②と③がこのルートだと、マラングルート(通常ルート)より緩和される点です。

DSC06850

今日は、風もないし全然寒くない!
それでもマイナス5度はありますが・・・(笑)
ひどい時は、マイナス10度に風が吹くと体感温度はマイナス20度になりますからね!
DSC06859
太陽さえ昇れば、寒さも解消!
DSC06860
周りが明るくなり、山頂の氷河が見えて来ました!
DSC06867
かなり暖かくなりマイナス2度!
5000m超えてきましたー。
とりあえずの山頂ステラポイントまで標高差700m!

DSC06873
一歩ずつ!一歩ずつ!
フ〜〜〜、ハ〜〜〜、と腹式呼吸をMAXでしていまーす。
DSC06874
立ち止まりが増えて来た人も出てきましたが、がんばりましょう!とにかく足を1歩前に出して〜
DSC06888

高山病で降りてくる他のグループの人たち。
2名ほど遅れがちなので、ここまで頑張って着いてきたけど、グループを分けて歩くことに。

DSC06901
ジグザグの登高を繰り返し、ステラポイント(5730m)の看板が見えてきたー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

DSC06913
MountKilimanjaro!
Conguratulations!!!
STELLA POINT到着です!
あれまた看板が新しくなってる。
そして標高が5756mになってる(笑)
おめでとうございます!!!!!!!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
DSC06917

やったぞー!
遅れてる2名をしばらく待ちましたが、まだ来ない。
高山病や下山するという無線は入っていなので、頑張っています!
DSC06926
向こうに見えるのが、最高峰のウフルピークです!
ここからもう1時間!遅れずに着いてこれた6名にはウフルピークを狙う権利があります!がんばりましょう!
DSC06928
これがキリマンジャロの上の階段氷河!
厚み(高さ)はなんと10m〜20m
DSC06933
おー!赤道直下のアフリカに氷河があるなんて誰が信じるでしょうかねー。

DSC06943

5800m超えています!
酸素の薄すぎてみんな息苦しそう。
超スローペースで1歩1歩!
DSC06953

ウフルピークの看板が見えてきましたよー。
よくがんばりました〜感動!
DSC06958
アフリカの最高地点!!
Mount Kilimanjaro!!
Congratulations!!
UHURU PEAK5895m!!!登頂!
やりましたー。
UHURUとはスワヒリ語で「自由」と言う意味です。
登頂写真だー!いえーい!
(((o(*゚▽゚*)o)))

残りの2名もステラポイントに登頂できたと無線あり!
おー!やったー!
DSC06985

下りは、砂走りをガンガン降ります。

でも、酸素は薄いのでゆっくり歩いてくださいよー!
8時間もかけて登った道を2時間30分でバラフキャンプまで下山。
すごいでしょー!

DSC06990
フレンチトーストとベジタブルクリームスープいただきました。
テント内の荷物を整理してテントを撤収して、一路ミレニアムキャンプへ!まだ歩きます!

 

DSC07005

みなさんヘロヘロ!でミレニアムキャンプに到着。

DSC07006
高千穂特製登頂おめでとうちらし寿司          

【登り/8時間(バラフ~ステラ7h、ステラ~ウフル1h)
・下り/4時間30分(ウフル~ステラ30分、ステラ~バラフ2h、バラフ~ミレニアム2h)

【行動約:14~15時間】

安心して爆睡してください。
1日大変にお疲れ様でしたー。

みなさんの感動を目の当たりにして、私も感動しました。
今回もいい仕事したなー。

高千穂ガイドブログ

広告

Kilimanjaro Machame Route5

JUMBO!!!

朝から曇りです(泣)

DSC06824
準備していたら、虹がでたー!
おー!おー!
DSC06822
しっかり食べすぎ(笑)
元気な人はちゃんと食べれています。
軽い高山病の人や体調不良の方はあまり食べれないですね。
食べないと体力ももたいないのですが、食べたくても食べれないとか食べたくない人は、大変です。
どんな良い車でもガソリンないと走れないのと一緒かな。

DSC06825

さー今日も頑張りますよー!
カランガキャンプ3930m〜バラフキャンプ4640mへ。
【歩行約3時間30分+2時間】

DSC06826
ガスってるけど、雨じゃないだけで十分。
せめて登頂日の明日は晴れてほしーい!
DSC06830

休憩の風景

DSC06831

止まらず、一歩一歩!
歩いて〜バラフキャンプへ。
DSC06833
本日のテント場、バラフに到着!4600m

DSC06837

昼食食べて、
午後、高度順応のため4800mポイントへ。

DSC06838

テント場が小さく見えます。

夕食は、高千穂メニュー!

DSC06843

皆さんの登頂を祈願して、特製シャケ雑炊。
しっかり食べていただけました!作りすぎましたが(笑)

早めに寝て明日の登頂に備えましょう!

 

高千穂ガイドブログ

 

Kilimanjaro Machame Route4

今日はバランコキャンプ3976m〜バランコの壁〜カランガキャンプ3930mへ。

【歩行約4時間30分・行動5時間20分】

image

朝のstaffたち

image

バランコの壁へのアプローチ。

image

バランコの壁を登ります。

DSC06776

ポーター達も大きな荷物やイスを運びます。
ポーター泣かせの壁です。

image

本日もまた雨降り始めましたー。
えー:'(

もう、10回もキリマンジャロ来てるけど、こんなに毎日雨に降られたのはじめて。

何度も来てるのに、今年は雨期がかなり前倒しなのかな?

image

my cap and my sunglass with ロベリア.

image

カランガへ最後の急登。

image

カランガキャンプ3930mでーす。
キリマンジャロの山頂部分が雪でどんどん白くなっていく。

image

ダイニングテント!
元気ですかー!

image

スタッフはめちゃ元気(笑)

image

高千穂特別メニューの大根サラダmade in Japan food!

image

これがディナーでーす。

恒例の朝晩数値測定!
酸素飽和度80以下の人は居残り腹式呼吸練習!

OKーみんなクリアー!

高千穂ガイド

Kilimanjaro Machame Route3

キャンプ場のトイレ

image

今日は、カランガキャンプへ。

image

おー!晴天でしょー(^-^)/

DSC06715

今日のランチ

シーラキャンプ3837m〜ラバータワー4500m〜バランコキャンプ3976m
【歩行7~7時間半・行動9h】    

image

では、出発でーす。

image

あらっm(__)m
せめて、午前中いっぱいもってほしかったなぁー。もー曇った。
腹式呼吸しながら、一歩一歩!

image

本日の最高地点のラバータワー峠4,500m

ラバータワーにてランチタイム&高度順応40分。

歩き始めたら雨(>_<)
毎日雨(TT)

image

ラバータワーからの下り。
ジャイアントセネシオが育っています。
キリマンジャロでかかせない植物。
キリマンジャロパイナップル!

少し降られたが、バランコキャンプ3976mに到着

image

ダイニングテントでコーヒーやホットチョコレートをいただき、テントへ。

洗面のお湯サービスはありがたい。

DSC06751

しばらくすると、雲やガスが一気に晴れた!
おー!
キリマンジャロの山頂部分が目の前だー。

でも、すぐに隠れちゃいました泣

image

今日の夕食はsoupと

image

トマトソース・スパ

また、雨が降ってきた泣
早めの就寝。
山に入ってめちゃ規則正しい生活(笑)
&睡眠バッチリ❗
あははー

高千穂ガイドブログ

Kilimanjaro Machame Route 2

初テント泊の方、寝心地はどーでしたか?

image

キリマンジャロの頭が見えています

image

テントの設置や撤収はstaffがやってくれます。

今日はマチャメテント場3010mからシーラキャンプ場3,837mへ。【歩行5時間・行動5時間30分】

image

今日も頑張りましょう!

image

神技!
手ぶら(笑)

image

ケニアとの国境に近いメルー山です。

image

キリマンジャロ・キボ峰

image

エバーラスティングデイジー🌼

image

一歩一歩!

image

休憩風景

image

シーラキャンプ

着いたら、すぐにどしゃ降りー(>_<)
ギリギリsafe

image

テントディナー!
豪華でしょー(^3^)/

高千穂ガイドブログ

Mt,Kilimanjaro Machame Route 1

image

朝、荷物を3つに分けます。

置いていくスーツケース。
ポーターに預けるダッフルバッグ
自分で背負うザック

image

バスにてマチャメルートの登山口へ。

image

途中のタンザニアの風景

image

おっ!キリマンジャロがきれいに見えましたー。
1週間後はあの山頂に一人でも多く立てるといいですねー。

image

ここから、マチャメルート登山口への山道。

※ノーマルの単調マラングルートよりバリエーションのマチャメルートの方が1日長いけど、オススメ!
全然難しいわけでなく変化に飛んでておもしろく、登山者を飽きさせません。

マチャメゲートで荷物の確認と各ポーターへの荷物振り分け。

image

ポーターは、登山口で国立公園係員のチェックあり。一人25kg以上持たせてはいけないルールです。

image

元気でキレイな顔のうちに写真をまず一枚!(笑)

こらから出発でーす。

マチャメゲート1800mからマチャメキャンプ3010mへ。

【歩行約4時間30分~5時間・行動6時間】

image

前半はゆるやかな登りです。
道はキレイに整備されているでしょー。

そしてそしてー、
豪華なランチセット

image

キッチンstaffたちーありがとー。

image

本日は、ずーと樹林帯の中を歩きました。

image

本日の宿泊地のマチャメキャンプ3100mに到着!

image

ウェイターのグッディーとロビンソンです。
いつも笑顔で優しい二人です。

image

各自テントで荷物整理

image

OBOZのトレッキングシューズで快適登山。

image

アフリカンシチュー。ジャガイモではなく、煮bananaです。生では食べれないけど、調理するとおいしい。

image

温かい食事は有難いですねー。

高千穂ガイドブログ