キリマンジャロ登山の装備について

まず、キリマンジャロの登山のポイントは5つ!
①高山病対策(酸欠にならないように腹式呼吸が大事)
②登頂日の防寒具(マイナス10〜マイナス20度)
③体力(登頂日は歩行10時間以上)
④睡眠不足
⑤食欲

山頂は氷河&雪

どこのルートからでもだいたい1600m〜1700mより登山スタート。
3000mぐらいまでは、夏用の登山服でOK。ジャングルを歩くので湿度も比較的感じる。
3000m〜4600mは天気にもよるが、夏服〜薄いジャケットかフリースや雨具があればOK。湿度はあまり感じない。
4600m〜山頂は、日中なら5〜10℃前後あるが、アタック開始は深夜。
一番寒いのは3時〜6時かな。普通の登山と違いゆっくり歩くので歩いて身体を温めることは不可と思ったほうが良い。なのでしっかりとした防寒の装備が必要。
カイロやテルモスにお湯など!

・速乾性Tシャツ(半袖)    x3
・ウールのTシャツ(長袖) x1
・保温性下着(上下)
・夏用山パンツ
・冬用山パンツ
・下着パンツ       x3
・ソックス(中厚・厚手・防水用)
・雨具上下(持っていればオーバージャケットとオーバーパンツが良い)
・フリース(厚手)
・ダウンジャケット(厚手)
・ニット帽
・ネックウォーマー(薄手)
・耳あて
・サングラス
・手袋(薄手とスキー用などの厚手)
・登山靴(4600mまではトレッキングシューズでもいける)
・ナルゲンボトル(ペットボトルは持ち込み禁止!ゴミ軽減のため)
・行動食(登頂日用に500カロリー以上)
・食欲不振になったときのために、非常食としてアルファー米とかフリーズドライ系かカップ麺など。
・ウォーキングストック
・アイゼン(6本爪以上)※山頂に雪がある際はステラポイントからウフルピークまで必要
・ヘッドランプと予備電池
・カメラ
・カイロ(登頂日2〜4使う。さらに+2〜4ぐらい)
・テルモス(山用テルモスが一番保温率高い)

広告

MANILA NOW!

フィリピンのマニラの朝です。

いやー活気もあって賑やかな街でした。
そういえば2〜3年前に台湾の不動産で働いている友人が、フィリピン・マニラの地価は必ず上がる!10〜20代の若者が人工的に多いので、これからマイアパートやマイホームを持ち出すと言っていたのを思い出した。
これからどうーなるフィリピン!

ちなみにフィリピン人に音痴がいない伝説は本当なのだろうか?
確かにとりあえず未だに音痴にあったことがない!(笑)

高千穂ガイドブログ

Philippine MANILAへ

ただいま福岡空港です。

フィリピン航空425便にてマニラへ!
フィリピン行く人めっちゃ多っ。
でも、日本人が多い。
今日から連休だからかな?

ゲートから搭乗はバス移動してタラップで機内へ。
飛行時間は

 

3時間50分。
近っ!


マニラ空港到着。
いや〜一気に南国〜。
めっちゃ暑い(笑)ムシムシ〜。

高千穂ガイドブログ

KEENイベント 清掃富士登山3776m登頂!

真っ暗な中、山頂目指して出発です。

 

途中の本八合目の江戸屋

にて休憩

9合目あたりで辺りが明るくなってきました!
のでここで止まってご来光を待つことに。

気温は5℃前後。

ご来光!!!!!!!
見れた〜!\(^o^)/

さー目指せ全員登頂〜(・∀・)/

 

寝不足?高山病?の人たちを追い抜き先へ進む・

山頂直下大渋滞。

 

もうちょっとです!
ガンバガンバ!

 

山頂への鳥居が見えてきた〜!
ヤッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

全員登頂おめでとうございます。

山頂で、お湯を沸かしてカフェオレサービス!

 

富士山山頂の火口!
大きいですね〜。
山頂1周は1時間30分〜2時間。

登頂写真!!!!

下山は、登り道と違う須走ルートを駆け下ります。

砂埃も半端なかったですねー。

無事下山

清掃登山で拾ったゴミゴミ。

富士山の火山灰を被ってみんなの靴が赤い。

KEEN!Shot!

お疲れ様でしたー!

石澤ガイドは、またお客さんと合流して富士山へ。
すごすぎる、いってらっしゃーい。

ここから富士吉田への下山バス乗り場も大渋滞。
1時間ほど待ってバスに乗り下山。

富士山登山ルート地図

 

高千穂ガイドブログ

KEENイベント 清掃富士登山〜2017! 

富士吉田駅よりバスにて、スバルライン五合目へ。
ちょうどバスが来ていて、まだ乗れますよ〜ということで飛び乗る。
すると、バス満席 (゜o゜;
後ろまで歩いて席を探すが、ないっ!!
げっ、補助席に座らされました。
ヤラれた。降りようと思っても次次と知らずに乗ってくる。。。。

しょうがなく補助席出して肩身の狭い思いをして2400mへ。

富士宮口とは比べ物にならない人の多さ。

ここずーと週末は天気悪かったが、今日明日の土日は天気良さそうなので、ある意味今年最後のチャンスとして登山者殺到しているということもあるみたい。富士山ガイド話

ここで、メンバーと集合。
バスに乗れない!とかでちょっと遅れる人もいて待つことに。
時間つぶしに私の自己紹介。
「えーと昨日まで富士山登っていました。そしてこの後も月曜からもう1本富士山登ります」
「え〜!!!!!人生に1回で十分と思っていますけど〜」とのメンバーの驚きに、「最低年1回は登っているからもう10回じゃきかないぐらい登っていると思います」とちょっとドヤ顔で対応(笑)

すると今回サブガイドとして同行してくれる富士山ガイドの石澤弘範さんは、「えー私は、今年だけで40回目ぐらいです(笑)」

えー!(゜o゜;
ケタが違いすぎる〜ドヤ顔した自分が恥ずかしい(T_T)

全員集合後、諸注意を話して、体操をして、


の前に集合写真。
一番左が富士山ガイドの石澤弘範ガイド。

ルート確認!
今日は、7合目の東洋館までの3時間。
明日は、7合目から山頂へ登って一気に下山。

さー
ロングトングゴミ袋を持ってゴミ拾いながら富士山登山へGO!

皆さん最初っから積極的にガンガン拾ってくれます。

捨てたのか?、落ちたのか?、飛んだのか?
ゴミはちょこちょこ落ちていました。

こんな登山者?下山者もいました。
後ろ向きに降りてきている登山者。

ラクかな〜?

山頂まで見えて天気良いです〜!

シーズン最後の週末。
吉田口ルートは、御殿場ルートに比べると登山者は100倍〜!

富士吉田ルートは、山小屋がいっぱい。
15軒もあります。

須走ルートは、8軒。
富士宮ルートも8軒。
御殿場ルート3軒(営業小屋)。

1歩1歩ゆっくり腹式呼吸しながら歩きます。

キーン富士清掃登山メンバーたち

 

富士山ガイドの石澤さんいわく、とにかく今日の大渋滞はいつもよりヒドイ!

鳥居荘

赤い鳥居が見えてきた!
東洋館の1軒手前の鳥居荘でーす。

あとちょっと!

東洋館到着〜!
みんな高山病は大丈夫そう!
この大渋滞でペースがさらに遅かったのも良かったかな。

東洋館の夕食と明日の朝食用のおいなりさん弁当。
ご飯おかわりOK!
富士山の山小屋の夕食定番カレーではない小屋。

 

夕日鑑賞!
雲が湧き出てきてて、沈んで行くところは見えなかったけど、これはこれでキレイですねー。
雲の上〜!

建物もキレイです!

富士山の山小屋
布団1枚に2人!
それ普通です。
富士山の山小屋で激混みの時は2枚に5人とか、1枚に3人〜(泣)

トイレに行って戻ると場所がない〜!

明日は1 時分起床の2時出発でーす!

おやすみなさい!

高千穂ガイドブログ

Lenin Peak 7134m

高千穂プロデュース海外登山遠征隊7000m峰!
LENIN PEAK /レーニンピーク(
7134m)
日本隊+スペイン隊!

中央アジアのキルギス国とタジキスタン国の国境に聳える山。
パミール高原の最高峰

首都ビシュケクから国内線でオシュへ飛び、陸路でアチクタシへ。(280km/約8時間)
アチクタシ・ベースキャンプ(3600m)常設テント泊

BC(3600m)②、⇒キャンプ1(4200m)②、⇒キャンプ2(5200m)⇒BC。
BC②、⇒キャンプ1⇒キャンプ2②、⇒キャンプ3(6100m)⇒キャンプ1。
キャンプ1⇒キャンプ2⇒キャンプ3
キャンプ3②、⇒レーニンピーク登頂⇒キャンプ3
キャンプ3⇒BC⇒
予備日:2〜3日!
※キャンプ4を使わずキャンプ3からレーニンピーク登頂!

※キルギス国内線の預け荷物重量:1人1個 15 kg
(超過分 1kg/U$1)

装備
冬用シュラフ、
マットレス、
高所ダウンジャケット、
厚手フリースジャケット、
インナーダウンパンツまたはフリースパンツ、
ゴアテックスまたはソフトシェルジャケット&パンツ、
3 レイヤーグローブ(アンダー、ウールか ウィンドストッパー系ミドル、オーバーグローブ)、
ウール厚手ソックス、
ニット帽、
UV カット サングラス、
日焼け止め、
ダブルプラスチックブーツ、
ロングスパッツ、
12 本爪アイゼン、
ピッ ケル(ダブル)、
ストック、
ロープ9mm 以上30m以上、
ハーネス、
プルージックコード、
アイススクリュー (各2〜3 本)、
ユマール、
下降器、
ヘッドランプ&予備電、
ガスヘッド(ガスは現地購入)、
テルモス (保温水筒)、
マグカップ、
プラスチック食器類(箸、フォーク&スプーン、皿、カップ)、
C3や登頂日の食事は各自準備。
朝:3〜4回、昼:4〜5回、夕:3〜4回
(アルファー米やフリーズドライ、シリアル系、コモパンなどの軽量で長持ちするものがオススメ)
行動食としては、高カロリーなナッツやチョコ、エナジージェル系をお持ち下さい。

 

キルギスってどんな国?

キルギスの国旗

中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和制国家で、
正式名はキルギス共和国
旧:キルギスタン
天山山脈(テンシャン)がほぼほぼ国土を覆っている。
南にパミール高原という大きな2つの山塊の国。

国境は4カ国と接していて、
西:中国・新疆
北:カザフスタン
東:ウズベキスタン
南:タジキスタン

シルクロード(絹の道)はタクラマカン砂漠を渡り、このパミール高原を越えて東西を結んでいました!
すごいロマンあふれる地

レーニンピーク
Lenin peak

アチクタシ・ベースキャンプ(3600m)

レーニンピーク
Lenin peak

尾根を登り急斜面を直登

レーニンピーク
Lenin peak

氷河
クレバスを避けながら歩く

レーニンピーク
Lenin Peak

レーニンピーク・キャンプ1

レーニンピーク
Lenin Peak

レーニンピーク・キャンプ2

レーニンピーク
Lenin PEAK

レーニンピークキャンプ3(6100m)
すでにキャンプ3がほぼほぼアラスカ・デナリと同じ標高。

レーニンピーク
Lenin peak

稜線を登る。

レーニンピーク山頂!
Summit of Lenin Peak

レーニン ピーク 山頂! 7134m

レーニンピーク山頂からの景色
View from Top of Lenin Peak

レーニンピーク山頂からの絶景!
TOP of Pamir Mountains!!!

※パミール(Pamir)はペルシャ語で「世界の屋根」という意味。

高千穂ガイドブログ