Zurich Swiss

 

 

スイスの朝食〜!

ヨーグルトの種類は豊富

さてさて、今日のフライトは午後なので午前はゆったりするか、チューリヒの街に繰り出すか!

バスだと時間かかるみたいだからその先の路面電車の駅へ。

自動切符販売機の前で、チューリヒ駅まで買いたいが・・・路線別になってる・・・・・・・えーとえーと。わからーん

Zurich Bahnhof(チューリヒ駅)行きの電車が来た!
切符の買い方が曖昧・・・・・・・・
なんか適当に買うか?それもわからーん。

車内で話かけた人が親切な人で、このまま乗っていてもチューリヒ駅行くが、2駅先で下りて列車で行くのが一番近いよと教えてくれた。

おかげで、早々とチューリヒ駅に着いた!

このチューリヒ駅がこれまた地下4階層で、路線もいっぱいあるし、お店もあるし迷う。

やっと地上へ出れた。
街の散策へ。

バーンホフ通りを歩いて

おっ!マーケットやってる。
チーズだ〜。うまそー!

 

こんなにマーケット出ていて、あれ今日は週末か?

 

Zurichsee

チューリヒ湖まで歩いてきました。

ちほ散歩

 

fraumuenster

フラウミュンスター (聖母聖堂)教会は中に立ち寄らず外からパシャ!

Evang.-ref. Kirchgemeinde Grossmünster

リマト川にかかるミュンスター橋を渡って向こうに見える

グロスミュンスター大聖堂へ。

ツインタワーだ。
スイス最大のロマネスク様式の大聖堂です。
有料だが鐘楼に登れるみたいだから行って見よう!
かなりな階段でした。
お金を出して苦労を買う!

おー!スイスの街並み。
目の前の青銅の尖塔がさっきのフラウミュンスター教会。
時計塔の教会が聖ペーター教会。
遠くには近代ビルが建っています。

パノラマで撮ってみました。

Zuri Wiesn

駅舎の中でビール祭り!。

Zuri Wiesn(ビール祭り)

Herzlich willkommen!

(ようこそ!)

やっていました。

あー飲みたかった。

さて、電車一本で、ホテルへ徒歩圏内の駅(行きに乗った駅と違う駅に到着)に帰れるのでそれにてGO!

さて、駅を出たら、右も左もわからず。。。

歩行者見つけて、NH HOTEL? ←こっち? それとも →あっち? ちょっと首をかしげて 、←こっちと指を指してくれた。
ダンケシェーン!
しばらく歩く。
んー着くかなー。

見覚えある看板や店が出てきて一件落着。
無事にホテルに戻ってきました。

ホテルのシャトルバスにてチューリヒ空港へ。

 

エミレーツ航空にてドバイへ。

搭乗!

エコノミークラスでもこの17インチのスクリーン!

いやー楽しい10日間でした。

天気最高で、黄葉もバッチリ!メンバーもバッチリ!

高千穂ガイドブログ

 

広告

110カ国目!!!LIECHTENSTEIN

さーいよいよ訪問国110カ国目へ!!!!

ZOLLAMT is Austria and SCHAANWALD is in Liechtenstein.

ZOLLAMT はオーストリア、SCHAANWALD はリヒテンシュタイン。
どちらもEUのシェンゲン協定なので、高速の料金所のETCよりスルーで通過でした。(笑)
あっけなーい。

110カ国目は〜リヒテンシュタインです。

さーみなさんリヒテンシュタイン知っていますか?
名前すら聞いたことない!って言う方も!
国土はなんと、160km2

195カ国中190番目の国土です。
最近行った小さな国と比べてビックリ

109カ国目だったパラオが459km2の3分の1。
107カ国目アジア最小国・モルジブ300km2の約半分。

国相手じゃ〜わかりにくいので、日本の都道府県で比べてみると、一番ちいさな香川県が1862km2 〜 (゜o゜;
遥かに大きすぎて比べる数値として釣り合わない。10倍以上!

東京だと八王子で186km2! リヒテンシュタインより大きい!
大阪だと堺市が約150km2。でちょっとリヒテンシュタイン国に足りず!
福岡だとみやこ町が151km2で近いが、みやこ町であーあそこねって言える人すごい。

ちなみに北九州市はなんと492km2もある!パラオよりでかい!

さて、リヒテンシュタインはここです!
↓↓

 

リヒテンシュタイン
LIECHTENSTEIN

オーストリア(右)とスイス(左)に挟まれている。

リヒテンシュタイン
LIECHTENSTEIN

リヒテンシュタインの国旗。
王国なので王冠ついてかっこいいー。
まー王国というよりほぼ王様私有地が国みたいな?

首都のファドゥーツ(VADUZ)へ向かいます。

VADUZ

ファドゥーツの中心部です。
王様一家が住んでるお城が見えてきましたー。
うぉー!

手前はCOOP生協です。

まずはランチランチと!

Old Castle Restaurant

なんとオールドキャッスルレストランがあり、そこでリヒテンシュタインビールをいただきまーす。

ステーキいただきまーす。
うまっ!

さー観光観光!
LIECHTENSTEINの名物といえば王家のワイン!

王室御用達ワインではなく、王室が作っているワイン!すごいー。

お金を払ってテイスティング。

ぶどう畑を歩いて街中心へと戻ります。

リヒテンシュタインのナンバープレートもっている人が少ないそんな中、有料で希望数字を付けれます。
おっしー、これは偶然ではなく、有料で選んだのでしょう。
22221あー最後が違った〜。22222はもう売り切れだったんだろう。

一般家庭にて、お花をかざってキレイなベランダなどがありました。

音楽ミュージーアムだったが。

 

役所

ビジターセンター

さーいろいろ楽しかった。

色々話をきくとすごい国だ。
1719年に神聖ローマ帝国のローマ皇帝カール6世がリヒテンシュタイン家が買収した地をリヒテンシュタイン公領と認可。
1806年に神聖ローマ帝国崩壊により独立国となる。
1815〜1866ドイツ連邦に加わるがのちドイツ連邦解体
1867年永世中立国となり軍隊廃止する
1990国連加盟
2011シェンゲン加盟

元首はリヒテンシュタイン公で、リヒテンシュタイン家の当主による男子世襲制。

タックス・ヘイブン国
外国資本&外貨獲得の為に、意図的に税金を優遇(極めて低い税率)して、企業や富裕層の資産を誘致している国や地域。
それにより税金免除を目的とした外国企業のペーパーカンパニーが集中し、人口よりも法人企業数が多いと言われます。
これら法人税が税収の30〜40%に及び、この結果、一般の国民には所得税や相続税、贈与税がない。

税の天国のような国(笑)

観光で立ち寄る程度では、物価は安くないし、まったく恩恵なしだけど。

 

一路、スイスへ。

今日のホテルはスイス・チューリヒ空港から近いNHホテルです。
以前も泊まったことがあって懐かしいです。

ホテル内のレストランにてディナー!!!

またまたビーフステーキ!

まいうー

最近は、自分の好みでどっちっでも良いみたいだが、シンプルに肉だから赤ワインをオーダー。

みんなで飲みました〜。

スィーツ。ムースとかぺろり

 

いやー今日は楽しかった〜。

&おかげさまで110カ国目達成!
皆さん!ありがとうございましたー。

高千穂ガイドブログ

 

ZUGSPITZE 2964m The Highest mountain in Germany

ドイツの最高峰・ツークシュピーツェ山2964mへ。

ツークシュピーツェ山は、ドイツの南部・バイエルン州とオーストリア・チロル州の国境にある山です。

ホテルハイモンの朝食

オーストリアもドイツと一緒な黒パンがありましたー。

チーズ1列1列種類が違うー!
ハムやサラミー。迷う〜!
あっ!生ハムも〜。

 

はい、とりすぎ(笑)

さてさて、昨日の電車乗り遅れの件があるので、ゼーフェルト駅まで徒歩3分ですが早めにホテル出発。

チケット売り場が混んでいて、結局ギリギリに飛び乗り。
9:15発ゼーフェルト〜〜ガルミッシュ・パルテンキルヒェン駅10:00着

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン駅

ガルミッシュ・パルテンキルヒェンです。
1936年冬季オリンピックが開催された地。
そうここはもうオーストリアではなく、ドイツです。

3カ国目〜。

下車後、改札を出て、登山電車駅へ。

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン駅

Zugspitzbahn=ツークシュピーツェ駅

と矢印出ています。

列車駅の目の前に登山電車駅。

まずは登山電車にて終点のツークシュピッツプラッツへ。
そこからロープウェーに乗り換えて一気にツークシュピッツェ山頂駅へ。

10:15発の登山電車にてツークシュピッツプラッツへ。

 

ALPS PITZE/アルプスピッツェ
(アルプスピーク)

山頂あたりめっちゃ白いけど、完全雪じゃない?

 

ツークシュピッツプラッツに11:28着
うぁーやばっ!
雪山 & 吹雪いてる

ここからロープウェイにて、ツークシュピッツェ山頂駅(2962m)へ(5分)。

ロープウェーめっちゃ左右に揺れた。

雪のない時の山頂(イメージ)

そして今日

着後、ドイツ最高峰・山頂からのパノラマをお楽しみください!

全くもって楽しめましぇん(T_T)

Munchener Haus

Munchenerだー。
ミュンチェナーは、munich beerです。
でも閉まってる。。。

Deutscher Wetterdienst

ここの扉は何だ?
Deutscher Wetterdienst

Deutscherはドイツ語でドイツ!
あっ!erついているからドイツ人かー。
発音は:ドイチャー

ドイツは、Deutsch。
発音は、 ドイッチ、ドイッチェ、ドイッチュ、 ドイチ、 ドイチェ
の間を言えばネイティブぽく聞こえる。
ドイツ語は読まないというか詰まるというか、無気音や有気音があってムズがしい。

ここはドイツ気象局でした。

 

Freistaat Bayern

バイエルン州のマークだ〜(Freistaat Bayern)

ここはバイエルン州

雪が強風で凍って、エビのしっぽになってる。
看板のしっぽ

こんな悪天候〜
もちろんロープウェーで降ります。

ロープウェー乗り場に隣接されたレストランにてランチタイム〜。

今日はさすがにお客は少ないなっ。

 

ジャーマンビールで乾杯〜。
ドイツではビールは水代わり?ってホントかな?

ドイツだから〜とコテコテものをオーダー。
ソーセージ

 

ドイツのウィンナーコーヒーすごい!
このモリモリ生クリーム最高〜。

ここのウィンナーコーヒーはこの中になんとウィンナー入っています

って嘘です(笑)

オーストリアの首都・Wien・ウィーンの名が取られてウィーンのコーヒー。ウィーン人のコーヒー。

ちなみにWien(ヴィーン)はドイツ語のスペルで、同じドイツ語だけどオーストリアドイツ語では、Wean(ヴェアン)と書くらしい。
英語では、ウィーンのことをVienna(ヴィエナ)と表記。
だからウィンナーコーヒーは英語ではヴィエナコーヒー。

さて、ロープウェー & 登山電車で下山。

行きは満席でしたが、帰りはガラガラ。
多分みんな早々下りたのでしょうねー。

ずーと良かった天気ですが、6日目の今日はダメでしたー。

ゼーフェルトに戻ってくると、露店マーケットがでていました。
手作りチーズとか買いました。

てくてくホテルへ。

おーナプキンがガウン型になってる〜。
これは私も作れます。

Slices of smoked breast of Duck on Apple Celery – salad and sauce cumberland

ダックスライスとサラダの前菜

Mixed Grill of Beef and Pork

贅沢な1品!ビーフもポークも食べれました!

チョイスのもう1品は、サーモングリルでした。

Peachに、ICE−CREAMに、Whippe Creamに、Fruit Sauce。
カロリー気にしちゃーいけません!

美味しいものは美味し〜い!

 

高千穂ガイドブログ

TYROL INNSBRUCK

 

奇跡〜!
まだまだ晴れます。(笑)

さーここサンタマッダレーナのHotel Tyrolをチェックアウトです。

オーナーさんが、えー?2泊だけ?
もっとゆっくりしていきなよ!
2泊じゃ何もできなかったでしょ?
のんびりすらも!

えーまー確かにたった2泊ってのは、残念です。
たしかにここに来てゆったり3〜4泊は理想だなー。

でも、フネス谷来て、1泊で帰るTypical Japaneseツアーもあれば、または1泊もせずに帰るツアーもある。

ありえなーーーーーーい。

こっちの人にしてみれば、日帰りも2泊もどちらもゆっくり出来てないという点では同じレベルに見えるかな。

さて、バス停まで歩いて、路線バスにてブレッサノーネ駅へ。(8:58発/9:31着)
※ホテルのオーナーがブレッサノーネ駅バス停から4分もあれば十分電車に乗れるよ。と

学生も乗っていて、みんなからジロジロ(笑)
まーアジア人が乗っているのは不思議かな(笑)

さて、バスはブレッサノーネ駅前に到着したので駅へのアクセスは迷うことなく分かりやすかったですが、バスの時刻表上は9:31着の予定でしたが、4分遅れの9:35着。

ブレッサノーネ駅から9:35の列車に乗車予定です。
スーツケースひっぱりながら駅へダッシューε≡≡■ヘ( ´Д`)ノー

おっとー閉まるボタンがなーい!
誰も焦らない駅?
まー電車は1時間に1本ですからね。
でも、唯一焦ってる乗客いまーす!!!!

列車が入ってきて、目の前で出発しちゃいました。
バスと列車はもちろん連携しておらず・・・・でした。
私達を待っててくれず、出発していった〜。
あー

Bressanone – Brixen

次の列車は一時間後。
10:35発
ま〜待つしかないです。

駅名見ると
ん?えっ?
駅名2つ。
まじかー面倒〜。

イタリア語でBressanone
ドイツ語(オーストリア)ではBrixen。

ブレッサノーネ駅〜〜イタリアとオーストリアの国境駅・ブレネッロへ。


車内の駅案内板みると国境の降りる駅はイタリア語ではBrenneroブレネッロ。
ドイツ語ではBrennerブレンナー。

まー国境駅だから2カ国語の駅名あってもおかしくはないけど、このイタリア側のドロミテエリアはちょっと領土問題など歴史的関係もありダブルネームなんだろうなー。

乗車時間50分
イタリアからオゥストリア〜到着。

2カ国目!
AUSTRIA!!
正しい発音的には、伸ばさずオゥストリア。

ブレネッロ 〜〜 チロル州の州都・インスブルックへ。
(11:33発/12:11着)

乗車は約40分

Innsbruck

電車が街に入ってきたー。
インスブルック!6年ぶりぐらいだなー

インスブルックから、あちこちに電車出ています。

Flughafen Wien = ウィーン国際空港駅行き
Wien Gauptbahnhof  =オーストリア首都・ウィーン中央駅行き
Steinach in Tirolは来たとこのブレンナー駅行き
Graz = グラーツ(オーストリアの人口第2の都市・西南の街)
Saalfelden = ザールフェルデン(オーストリア)
Telfs = チロルの街
※乗る方向の電車!
Kufstein =ドイツとの国境の街・クーフシュタイン
Munchen = ドイツミュンヘンへの国際列車
bregenz = スイスやリヒテンシュタインとの国境の街・ブレゲンツ

などなどへ電車が出ているみたいです。

スーツケースを駅内のコインロッカーに。
大きいのが€4.5。

Innsbruck

インスブルックの街散策
あの奥に見えるのは!

黄金の小屋根

インスブルックで最も著名なシンボル「黄金の小屋根」です。
あの黄金の小屋根は、2,657枚の金箔を貼った銅製のタイル。
1500年、神聖ローマ皇帝 マクシミリアン1世がビアンカ・マリア・スフォルツァの結婚記念に作られたと言われています。

そして、オーストリアに来れば食べなきゃいけないもの〜

スィーツ編

HOTEL SACHER CAFE

 

SACHER TORTE

じゃじゃーん
ザッハトルテとウィンナーコーヒーでーす。

生クリーム大好き(笑)

激ウマ〜。

おみやげにザッハトルテのホールケーキをみんな買っています。

さーお腹もいっぱい。
歩きましょう!

チロルの山々は真っ白。

歩行者天国にあるデパートTyrol。

洋菓子コーナーでチロリアンは売っていませんでした。
残念っ!

Tyrol

インスブルックの街からは、ロープウェーも出ていてアクセスは簡単。一気に山の上へ行けます。
完全に雪だろうけど、まだスキーには早いかなー。

インスブルックの駅へ戻り、一路ゼーフェルトへ。

ドイツの国境へ向かう電車です。

おー!
めっちゃキレイな景色〜。
チャラッチャッチャッチャチャーラララーラーン♪

「今日は、チロルの山々を見ながらインスブルックからゼーフェルトの旅です」

って石丸さんの声が聞こえて来そうだ。

まさに〜世界の車窓からぽい景色〜。

次は〜ゼーフェルト イン チロル〜 チロル〜。
って車掌の案内はありません。

駅から徒歩で、宿泊地Hotel Hymonへ。

HOTEL HAYMON

ここがホテルハイモンです。

夕食はホテル・レストランにていただきます。

Small Potato-goulash with Sourcream-dip

ポテトの煮込み。
なんかチロルっぽい(笑)

Keringer Mochhof Cabernet 2015 100DAYS

オススメの赤ワインいただきました。
100days?
3ヶ月ちょい。

んー高級ワインで、20ヶ月間熟成、瓶熟成4ヶ月間後にリリースってのは聞いたりするけど、その瓶熟成が100daysってことかな?

何はともあれ、美味しいからいいやー。
赤ワイン飲んでアンチエイジング効果も〜。

Deep fried Camenbert with mixed green salad

メインディッシュでっしゅ。
カマンベールチーズフライとサラダ
量的には物足りなかったけど、美味しかったー。
ワインに合う!

Cheese-Souffle on Pineapple-ragout

スィーツ
なんとチーズスフレ&パイナップルソース

どれも美味しくて〜すばらし~い。

 

 

高千穂ガイドブログ

 

こんなに美しい村ある?

おはようございます。
いやーホテルチロルは、快適ですー。

ドロミテ来たら必ず泊まってくださいね!

朝食は美味しいだけでなく、楽しい。

Comb Honey Hotel Tyrol

なんと〜!
こんなでっかいComb Honeyがあるー。
うまっ〜(゜o゜;! 当たり前だけど・・・。

巣蜜!!!!!

巣蜜 = Comb Honey

※ミツバチが蓄えた蜜が貯まった巣そのものを取り出したやつ。

クロワッサンがこれまた焼き立てでうますぎるー。
イタリアはカフェラテも朝から超一流なの作ってくれます。

今晩のディナーのメニュー&チョイス。
今、選んでおいてと言われました。

Hotel Tyrol dinner menu

迷うー
サーモンのフィレにしようか、スモークポークにしようかなー。
さ〜ここで問題です。

私は本日の夕食のメインは何にしたでしょ〜うか?
※答えは夕食時に!

さて、登山の準備してホテルチロルを出発!
歩いてバス停へ。

今日も天気最高だー!!

バス停でバスを待つ。
時刻をすぎてバスが来る。
路線バスにてフネス谷の最奥地・ザネス小屋へ。

おっと〜ギリギリの超満席。
この後のバス停で乗車客はおらず。これ以上になると、あとは立ち席?または満席で〜す拒否?

さー有料トイレを済ませ、フネス谷ハイキングへ。

ザネス小屋(1680m)・・・マルガギャンペン小屋(Malga Gampen)2062m・・・ジェノバ小屋(Rif Genova)2297m
(歩行約3時間)

ガイスラー山脈バッチリ

黄葉がキレイ!
バッチリ〜!

天気は良いが、風が吹いてきて、結構寒い。

Gampen Alm 2062m

ガンペンアルム の小屋にてモーニングティ。
ホットがあたたまる〜。

この時期でもお花咲いていました〜!
ゲンチアナ

左のピークへ。直下にジェノバ小屋(Rif Genova)2297mがあります。

写真を見ると、風の強さや寒さは伝わってこず、暖かそうですよねー。

急登です。

登りつめて、ジェノバ小屋(Rif Genova)2297mに到着!
ここでランチタイム!

穏やかで良いところですねー。
たまーに登山者に会いました。
さすがに、山ごと貸し切りとは行きませんでした(笑)

10月の日差し。

バスにてマンタマッダレーナへ。

ホテルからの景色

今日は、山は夕焼けせず・・・・・。

さて、夕食は昨晩と同じくサラダはBuffet。

今日も茄子取りました。

美味しい〜。

ハーブのクリームスープ

そして、メインに選んだのは〜!!

メインに選んだのは〜
サーモンのフィレでした〜。
当たりましたか?

そして、スィーツは

Semifreddo of Amaretto

 

セミフレッドアマレットとチョコソース
※Semifreddo = 半解凍
※Amaretto = アーモンドリキュール
アマレットはイタリア語だと甘くない、苦いもの(笑)

民族衣装で給仕してくれたスタッフさん

グラッチェ〜!

高千穂ガイドブログ

 

訪れてみたい村 フネス谷 ドロミテ イタリア

Buongiorno!!!
ブォーンジョールルノー!!!

今日は、ドロミテ山塊をずーとドライブ。
終日、ドロミテの山々の展望を楽しめます!

途中、ファルツァレーゴ峠からロープウェイにてラガツォイ小屋 (27 92m)へ。小屋からラガツォイのピークへ登ります。
下山後、移動して
昼食は、エルベ峠1987mにある山小屋レストランにていただきます。

そして、ガイスラー山群の麓にある渓谷の村で、訪れてみたい村のフネス谷サンタマッダレーナへ。

では〜ANDIAMO!(レッツゴー!)

いやー昨日もだったけど、今日も雲一つないイタリア晴れ!

 

ファルツァレーゴ峠

やばいっしょこの天気〜。
左の白い山の肩にローブウェーの上駅がある。
ヨーロッパのロープウェーや山岳鉄道技術というか職人魂すごいなー。

ファルツァレーゴ峠

ここファルツァレーゴ峠2105mからロープウェーで一気に2700mへ上ります。
もちろん登山道もありますが。
おいしいとこだけ歩くのも近代登山の醍醐味ですよー!


ウィ〜〜ン
うぁーお!
ここのロープウェーの扉は上に開くっ (゜o゜;(驚)

日本の常識=世界の常識ではない!


ラガツォイ小屋 2752m

MONTURA

ドロミテ最高峰・マルモラーダ(Marmolada、3343m)が見えています。

MONTURA IN DOLOMITI ITALY

お〜〜〜〜い!

KEEN Jasper

山頂の稜線部分の岩場は、多少整備されていて歩きやすいため、ここまでロープウェイで上がるおかげで、キーンのジャスパーで歩けます(喜)

MONTURA Dolomiti Italy

空はとても青い。
人も負けないぐらい全身青かった。
偶然〜!

お〜〜〜〜い


逆バージョン

天気が良いとみんな気分上々↑↑\(^o^)/

ラガッツォイの頂上(2,762m)が見えてきたー。

ラガッツォイピッコロ(Lagazuoi Piccolo)の頂上(2,762m)

Dolomiti Panorama

大パノラマ

KEEN JASPERKeen with  Marmolada 3343m(Highest mountain in Dolomiti)

イエーイ〜!
天気最高〜!!
今年なんか言ったかな〜このセリフ。

ドロミテ最高峰 マルモラーダ

こんなに天気が良い日にラガッツォイからマルモラーダばっちり見えるってラッキーすぎ〜!

Cinque Torri

針峰群・チンクエトーリも見えます。
チンクエトーリ = 5塔

※昨晩のレストランの名前になってる山。

ロープウェーで下山後、エルベ峠へ。

Passo delle Erbe

峠は車だらけ。
天気良いから、みんな登山やハイキングに来ているのでしょう。

Utia de Borz 2006m   Albergo alpino Almgasthof

ここでランチ!

ボリュームすごっ!

 

ランチビア〜!

Utia de Borz

スタッフは、イタリア語、ドイツ語、英語を当たり前に喋る。

では一路、一度は訪れたい村として人気がある・フネス谷へ。

ガイスラー山群をバックにフネス谷のパノラマ

緑の牧場とドロミテの岩壁のコントラスト&紅葉

そして、このフネス谷で一番泊まってみたい宿ナンバーワン!

Hotel Tyrol Santa Maddalena

フネス谷のサンタ マッダレーナのホテルチロルです。

住所が複雑(笑)
あれ?マッダレーナじゃなくてマグダレナ?と思ったら、

このあたりは、フネス谷の中の大まかなエリア名はサンタ マグダレナ。
で、
その中のサンタ マッダレーナ村。

S. Maddalena, 39040 Santa Magdalena BZ, イタリア

※Santo とSanは男性聖人、 Santaは女性聖人。

サンタ・マッダレーナの丘の上の教会。

Santa Maddalena

ここからの景色も絵になりすぎて、やばーい!

教会前の空き地に小屋がポツポツ。
作業中に人に聞くと

なんと〜!

10月1日、2日でオクトーバーフェストやってたって。
今はもう終わって、屋台の取り壊し中〜。

うあー(泣)
残念。

いっぱい人が集まって楽しかっただろうなー。
名産の地ビールとか飲みたかった〜m(_ _)m

でもその時期に当たってたら、間違いなくホテルチロルは泊まれなかっただろうなー。

さて、ここサンタ・マッダレーナの一番のベストシーズンは、

紅葉です。

ジャジャーン

Monte Geisler

ガイスラー山群と紅葉!
キレイに撮れすぎた〜。

Monte Geisler

プロの写真かっ!
ってぐらい良いのが撮れましたー。\(^o^)/

 

天気が良すぎて、写真の撮ればいがやばいっ。

hotel Tyrol

ただいまー!

Monte Geisler

ホテルから撮ったガイスラー山群の夕焼け

 

ホテルチロルの夕食

4コースです。

まずは冷菜で

Dinner salad buffet Hotel Tyrol

サラダはBuffetです。

茄子でかっ!(笑)

カットパンケーキ入りコンソメスープ

 

メインを贅沢に生ハム&メロンにしましたー。

 

超レアレアチーズケーキ。

美味しすぎ〜。