北アルプス11座登頂 大周遊 Day 6/6

さーいよいよ最終日。
いやー昨晩しっかり雨が降っていました。
太郎平から折立へ。

太郎平小屋の若旦那・一樹さん

出発時は雨がほぼほぼ止んでくれました。
いや霧雨かな。
わざわざ見送りに!お世話になりました。


太郎平からの下山道は、道ではなくて沢になっています。(T_T)

沢道(笑)をもくもくと下ります。

足場悪すぎ〜。
根っこ滑るー。

6日間で11座登頂縦走無事終了!!!!
みなさんお疲れ様でしたー!
来年も縦走登山楽しみましょう!笑

記録
623太郎平山荘出発・・・五光岩ベンチ712・・・三角点840・・・アラレちゃん等920/930・・・岩場休憩所955・・・折立登山口1035着

高千穂ガイドブログ

広告

北アルプス11座登頂 大周遊 Day 5/6

昨日午後からずーと雨が降り続き、今朝もあいにくの雨。
今日は、ここ雲ノ平から薬師沢への急な下り道を降り、薬師沢小屋経由で太郎平小屋までの7.5kmです。

薬師沢へのいやらしー下り
一歩一歩慎重に下ります。

広く休めるところがなく、雨でゆっくりも休めない!
雨の日は、登山道というよりもう沢です。

いつもこの雲の平~薬師沢を下りで使うか登りで使うかで悩みます。
難易度的な難しさは全くないが、晴れてても樹林の中で日が当たりにくい、当たらない箇所でもあるので、岩にはコケが付き、浮き石多いし、丸太や根っこは滑るしで、緊張の連続。
登りに使うと、急登すぎてこれまたキツイしなぁ。

薬師沢まで降りて来ました−!
※直登とわざわざ書いてくれています。
ただ、太郎平あたりからここまできたら、もー引き返してもしんどいですからね。

薬師沢小屋

増水しすぎてすごいことになってる。
上の廊下
小屋は見えているが最後の鉄ハシゴと吊橋に時間がかかる

メンバー2名遅れをとるが、薬師沢小屋で合流。


ここでおうどんいただきました。
さー太郎平への登りの開始です。

渡渉箇所が3ヶ所あるのですが、しっかり橋をかけてくれていて大変にありがたいです。

雨の山行は、ゆっくりと座って休むこともままならないし、休みすぎると寒いし景色なしの、気分もダウンー。
前進あるのみー。頑張れー‼️

太郎平へ登ってきました!!!!
雨もほぼ止んできました。
全員無事〜に到着して一安心!!!!!

キロク

雲の平山荘645・・・アラスカ庭園731・・・木道終745・・・短いはしご830・・・途中休憩大きなだけ845・・・沢と別れる後倒れ大木940・・・沢別れ954・・・岩場から土道・・・薬師沢小屋(1030(1115)/1151)・・・第3徒渉点1301・・・第二徒渉点1342・・・第一1350・・・木道1440・・・一の沢1453・・・太郎平小屋着1500

高千穂ガイドブログ

北アルプス11座登頂大周遊 Day 3/6

縦走3日目

今日は、黒部五郎小舎から三俣蓮華岳登って、三俣山荘でお昼食べて、鷲羽岳登って水晶小屋へ9kmのコースです。

黒部五郎小舎前からの黒部五郎岳と黒部五郎カールがキレイに見えてます。

よーし、今日も晴天~☀️

小舎のすぐ裏から直登です。樹林帯の中をさくさく登ります。

樹林帯を越えると、展望が開けました。

じゃじゃーん

尖っている山は、

槍ヶ岳っ!

じゃないよ笠ヶ岳です。

左側が抜戸岳。奥~には雲の上に乗鞍岳も見えてます。

登山は頂きを目指して歩くのですが、やはり、周りの山が展望でき、高山植物が見れるとしんどい登りも気持ち救われますね。

“北アルプス11座登頂大周遊 Day 3/6″の続きを読む

権現山の会2018

北九州からようこそ~✨

羽田空港にて今年もお出迎え(笑)

11時ちょーどの~あずさ13号~でー

私は私は私は~小淵沢へ~♪

小淵沢で小海線に乗り換え

日本最高所の駅1345m

野辺山

信濃川上駅に到着。

川上村といえば~

日本全国へ届けているレタスで有名~。

ずーーーとレタス畑

今日の宿は~

金峰山荘です。

さっきアラレ降ってた❄️

マジ寒っ(-_-)

山荘だけど美味しくお料理盛りだくさんっ。

明日の縦走スタミナばっちり!😃✌️

信濃ワインで乾杯!

甘いんじゃなくて、ブドウのフルーティーさがしっかりあって、うっめー。

信濃ワイン!イケる❗

明朝零下予報。。。。。

高千穂ガイドブログ

神代の湯・割烹旅館 大島屋 南信濃

大阪駅の中央口集合して、バスにて長野県・南信濃へ。

大阪駅のバスのりば前を通過するのは、「よさこい」踊りグループたち。100人以上の人だ。
なんか祭りごとがあるのかな?

16時に宿入り。
今日の宿は、南信濃和田宿にある。
神代の湯・割烹旅館 大島屋さんです。

今日も同じ夕食いただきます。
美味しいから全然きにしなーい(笑)

※夜中捻挫。。。。。。。。。。

高千穂ガイドブログ

 

光岳・聖岳 オススメ宿! 山の宿加満屋 登山プラン送迎付き宿

南アルプスは、アクセスが大変な山が多い。

今回の光岳と聖岳もその1つ。

1泊2食+1&送迎付き宿を紹介します。

豊橋経由で平岡到着。

 

南信州の秘境・天龍村 
山のお宿 加満屋 (一日一組限定の貸切宿)

あれ?1日1組限定貸し切り宿?
今回別の1組いたけど(笑)

登山プラン
※初日は駅まで迎えに来てくれて、翌日は登山口まで送り。
※下山後ももう一泊宿泊するなら、下山口に迎えに来てくれます。
夕食+朝食(弁当)+昼食(おにぎり)

しかも!
体調や天候等による日程の変更や中止は、キャンセル料をいただきません宿です。

すごく良心的なお宿です。

10名様以上の場合は別途タクシー代の負担
一人の場合は1,000円増

 

宿より
↓↓
ご到着時間に合わせて駅までお迎えにまいります。
6時頃夕食となります。(お時間はご都合に合わせます)
翌日の打ち合わせ等をしてごゆっくりお休みください。

光岳登山の方は朝4時~4時30分頃
聖岳登山の方は朝5時~6時頃に宿を出発します。
池口岳登山の方はコース設定により出発時間を調整いたします。

光岳、聖岳に登られる方は便ヶ島の東屋にて朝食をとります。
(朝弁当、お味噌汁、お茶等ご用意いたします)
お手洗い、身支度を整えてから光岳登山の方は易老渡までお送りします。

*下山コース・・・ご希望の時間に登山口までお迎えにまいります。
さわらのお風呂に入って疲れをとってくださいね!
ご希望により「かぐらの湯」への立ち寄りもOKです。

 tel 0260-32-2244 e-mail kamaya@yamanoyado.com

kamaya@yamanoyado.com

この日はとても残念なことに、奥さんが外出中で手料理が食べれず・・・・。
そして、外のレストランを手配していますと言われていた。
が、

宿はかなりの奥地で周りに食堂というか民家すらほぼなし。

そして平岡駅まで戻るというではないですか!
何気に何も知らずでランチをとった平岡駅併設の食堂が、夕食の食堂にもなりました。

次こそは奥さんの手料理食べるぞ!

高千穂ブログ