表銀座縦走(燕山荘~大天井ヒュッテ~ヒュッテ西岳)③

今日も読み方が分かりづらい山1つ。
「大天井」と書いて「おてんしょう」と読みます。

おはようございます。
4時に電気が点き起床。
本日も晴天なり!

image
朝食並ぶ


どこの山小屋も夕食は到着順で案内。
朝食は小屋によりけりのシステム。
ここ燕山荘の朝食システムは並んだ順に席に案内。1回目は4時45分からだったかな?
私たちは2回目の朝食に並ぶ。
image
燕山荘のブレックファースト


ご飯とお味噌汁のお代わりOK!
がっつりいただきました。ちょい食すぎたかも(* ̄∇ ̄)ノ

今日の行程 10.1km
710燕山荘・・・820/830(大天井岳3,5km/燕岳3km)地点・・・1010/1020喜作レリーフ・・・1035大天井分岐・・・1100あと30分看板・・・1140分岐・・・1145/1230大天井ヒュッテ・・・1315ビックリ平・・・1413/1435岩場のピーク・・・1443ヒュッテ西岳1.3km・・・1541ヒュッテ西岳着
夕食1700/消灯2000
image
ほぼ360℃展望がすごい~!全部の山々が見えました。
image
image
穂高連峰、槍ヶ岳、笠ヶ岳、三ツ又蓮華、黒部五郎、鷲羽、水晶、野口五郎、立山連峰&劔岳、針ノ木、白馬連峰~、上信越の山々、浅間山、八ヶ岳、富士山、南アルプス、乗鞍などなど。

image
ヤリとアリ

さぁーこんな最高の天気の下での稜線歩き~。
気持ちいいー(*^ー^)ノ♪
※昔、風に吹かれまくりながら歩いたこともあったなぁー。良い思い出。
image
image
紅葉の表銀座

image
振り返れば燕岳

image
大天井岳と槍ヶ岳

image

image
紅葉

image
image
image
鎖場や梯子

image
常念と槍ヶ岳の分岐

image
黄葉と槍ヶ岳

image
黄葉と槍ヶ岳

image
image
大天井ヒュッテ


ランチはここ大天井ヒュッテにて。
ハヤシライスにしよーかなー?
でもやっぱり王道の
image
ビーフカレー

あはは。最近のレトルトは美味しい!
image
横通岳、常念岳


今日の宿ヒュッテ西岳まであと1.3km~!
image
槍ヶ岳と草紅葉


今日も午後になっても曇らないガスらない!
ラッキーすぎでしょ!
そういえば、台風17号の行方が気になりさっき大天井ヒュッテで天気予報と台風17号について聞いたら、「台風は反れるみたいでここらへんは大丈夫みたいですよ」と言ってたので一安心。
image
ヒュッテ西岳からみた槍ヶ岳


明日はここからガーンと下ってからの東鎌尾根を槍ヶ岳へ。
image
ヒュッテ西岳


はーい、お疲れ様でーす。今日の宿ヒュッテ西岳到着でーす。
燕山荘から大天井岳の分岐までは、予定時間よりかなり早くほぼコースタイムで歩けました。また、大天井ヒュッテからヒュッテ西岳までもすばらしいほどコースタイム通りでしたー。しかし、岩場、ガレ場の大天井岳分岐から大天井ヒュッテまでが、倍の時間かかっちゃいましたね。
トータルでは予定より早くて良いペースでした。
image
ヒュッテ西岳のdinner

TVでは、白鵬が1敗を守りきり優勝出きるか~!と盛り上がっていました。
image
影槍


なかなか見れない影槍!おー\(^o^)/

食後は食事テーブルが一緒だった2人と飲みました。
一人は仲間は今日のヒュッテ大槍まで行ったが、歩くのが遅いと置いていかれた山形の男性と、もう一人は名古屋で居酒屋の店主をしていて働きすぎで休養が必要と医者に言われ、【しばらく休業】の札をかけてきた堀田さんと3人で飲みました。
山形さんは「明日仲間が槍ヶ岳へ登頂して、上高地まで下山なので、それに合わせるため、明日はこの先の水俣乗越から槍沢ロッジ経由で横尾山荘へ降りてメンバーと合流しなければ」と言う。「明日も明後日も天気良さそうなのでここまで来て槍を目の前にして下山はもったいなーいから一人でも行けばいいのにー。一緒に行きますか!」と誘ったが、本人は「行きたいけどー。しょうがない」と悲しそうだった。
3人でほどよく飲んで20時消灯。
おやすみなさい。

高千穂ガイドブログ

広告

中房温泉~燕岳~燕山荘②

さて、この燕岳、読みは「つばくろだけ」。
そして小屋の燕山荘は「えんざんそう」。
「つばめ」とはどちらも読まない。

image
中房温泉の朝食


館内放送で、牛乳販売~。何でも追加料金(* ̄∇ ̄)ノおいおい!

今日、明日は天気良さそうですが、台風17号の進路次第では、明々後日から2日ぐらい台風の影響で崩れる可能性もあるような予報が出てます。
9月は比較的天気よ良い日が多く、週末や連休絡みで皆さんあちこち登山や旅行に出掛けられた方も多いのでは!

今日の行程
830中房温泉登山口・・・913/920第一ベンチ・・・953/1003第二ベンチ・・・1040/48第三ベンチ・・・1128/1136富士見ベンチ・・・1201あと10分・・・1212/1250合戦小屋・・・合戦沢の頭・・・1410/1420燕山荘・・・1453/1457燕岳・・・1535燕山荘 夕食③610/消灯2100

さて、これから北アルプスの三大急登の1つ「合戦尾根」を登りまーす。

image
中房温泉登山口


夜行で到着して、みんな朝早くから登ってます。
image

自分撮り(笑)
image
第1ベンチ

image
第2ベンチ

image
第3ベンチ


ここの登りはちょうどいい間隔で第1~3そして富士見とベンチ場があります。
image

頑張れ~頑張れ~
今年は紅葉が早いっ&すごいっ!\(^o^)/
↓↓
image
黄葉

image
紅葉

image
橙葉

image
紅葉

image
image
image
image
image
すごいでしょー!
やっと合戦小屋に到着。
ここでお昼に山菜うどんを食べました。
image
合戦小屋

image
山菜うどん

image

合戦沢の頭あたりも黄葉してまーす。
image
ちょこっと槍ヶ岳と紅葉

image

天気快晴(^^)v
image
大天井岳と槍ヶ岳


明日はあの稜線(表銀座)歩きだー。
image
燕山荘


燕山荘に到着!
休憩挟まず、燕岳へ~。↓
image
燕岳
image
イルカ岩


後ろには槍ヶ岳が尖ってるー!早くて明後日にはあの山頂です!
image
燕岳登頂


15時でもこの晴天!
山頂は広くなく、山頂待ちの列が・・・。
流れるようにそれぞれ写真を撮り、休むことも出来ず、喜んだりしてるまもなく山頂より下山(苦)(。>д<)
image

またまたお世話になりまーす。
紅葉まっさかりの週末ということもあり、300人収容小屋に倍の約600人が本日の宿泊客(驚)一枚の布団に2人で寝ることに(TT)
山小屋の食事システムは山小屋に到着順で案内。私たちは3回転目の6時10分からと案内受ける。1回の食事でこの食堂は100人以上入れるから~ということはすでに200人以上はチェックイン済み。後で聞くと今日の夕食は合計5回転とのこと。(。>д<)

image

恒例の赤沼さん挨拶とホルン↓
image
「この標高でホルンは正直苦しいです」と赤沼さん。

高千穂ガイドブログ

北アルプス表銀座大縦走から槍ヶ岳登頂(東京~中房温泉)①

さて、国内最長の日程6日間で今回の登山挑みます!(*^ー^)ノ♪
といっても、本日は移動日。
9時30分に新宿駅の9番のりばに集合。
私は朝一番年金の振込支払いをしようと8時に最寄りの郵便局へ。
※会社勤めじゃなくなるといろいろと面倒な個人手続きがある。国民年金、個人年金、国民健康保険、いろいろな送付物の不在届(笑)、3月にはお初の確定申告(苦)

ぼーとしてたつもりはないが、郵便局の前まで歩いていき、入口の前に立ち、開くはずの自動ドアが開かず!あれっ??
立ち位置がズレてるかなと動いたが、開かないっ。え?もー開いてる(営業している)と何も疑わなく信じ込んでいたが、ドア横に貼ってある看板に営業時間9時~と書いてあるー!Σ(×_×;)!
げっマジで!(苦)開店待ってたら、9時30分の新宿集合間に合わない(* ̄∇ ̄)ノ
しょうがない松本か穂高駅付近で探すか~。
しぶしぶ最寄りの駅に向かい地下鉄で新宿へ。
合流して特急スーパーあずさ11号にて松本へ。
松本駅内にて駅弁を買い込み、穂高へ。
平日の午前遅めのローカル線の普通電車だからお弁当食べながら行けると思い込んでいたら、かなり混み混みで、旅行気分にお弁当食べることなんて出来ませんでした。
image
image
穂高駅着~。

image
穂高駅


ん?何か見慣れた字だけどちょい違う?
穂高→高千穂?。 有明→有康?
あはは(*^ー^)ノ
image
穂高からの展望


中房温泉行のバス時間まで1時間ほどあるので、ここでさっき買った信濃味わい駅弁を食べました。
image
私は郵便局探しへ。
通りがかりの人に聞くと「1つ目の信号を左に曲がってまっすぐ行くとありますよ。」と教えてくれたので、歩くが長野銀行はあるけど、郵便局なーい。しぐさ的には左側と教えてくれたはずだけど・・・。
右にSeiyuのスーパーはあるが・・・郵便局がなーい。あと1ブロック行ってみてなければ引き返すかっ。
そしたらあった立派な郵便局。
カウンターもズラリ!
番号札を取る、待ちは0。やったね。
しかーし、待てど暮らせどカウンター内の人たちは何かしらしていて全然呼ばれる気配なし。「すみません!全然呼ばれないのですが・・・」「あっ、次ですね、お待ちください。」「いやもー次状態で10分ぐらい待ってますが、まだまだかかりますか?」というとやっと対応してくれた。
Seiyuでお買いものして駅に小走りで戻る。
バスはもう来ていた。
乗車して中房温泉へ。くねくね道を行き終点中房温泉着。
今日はここ中房温泉に宿泊!
image
中房温泉

image
中房温泉

チェックインして夕食までの間温泉巡りへ!
中房温泉登山口は何度も来てるが、中房温泉宿泊は初めて!温泉場の数がいくつかあって驚いた。混浴風呂も多くあるのにはビックリ(笑)
館内の混浴覗いたら、おじいちゃん一人が入っていた。
明日から登山なので、外湯のうたせ湯と男性の大場にだけ入った。
image
中房温泉 外湯

image
貸切 うたせ湯


最初はいい温度だったけど、何故かだんだん熱湯うたせ湯になってあちちっ(* ̄∇ ̄)ノ
image
大湯 男湯


大湯とはいえ、せいぜい4人!全然大きくはなかったけどね(笑)
image
中房温泉 夕食


山菜つくし。そこらへんで採れそう(笑)

高千穂ガイドブログ

山と渓谷社主催の登山イベント・涸沢フェス

登山の雑誌・山と渓谷社の主催で登山のイベント「涸沢フェス」が8月28日~8月31日で行われています。
2年ぶり4回目の開催です。

私は、登山ガイドとして&登山イベントの地図とコンパス講習の講師として、伊藤忠ホームファッションチームや山と渓谷社イベントにスタッフとして会場を盛り上げてまーす。

長野県の上高地から入って、徳沢会場、横尾会場、涸沢会場と3箇所にて企業やSHOP、雑誌社のブースがあり私は徳沢会場で、OBOZ(オボズ)ブースにてシューズ紹介したり、登山ガイドによるコンパス講習の講師を1日4回講演しています。

image
Team OBOZ

伊藤忠HFIの吉田さんと高馬さん

image
OBOZ ブース

予報を裏切り天気はまずまず!雨降らず!で、いいね!

大学講師の次はコンパス講師
(講習風景)
地図の上↑は真北(北極点)。
磁石のN極(北)は真北じゃない!北磁極を指しています。北磁極はカナダのハドソン湾あたりなのです。
↓↓
「ふーん」「そうなんだー」

image
高千穂コンパス講師

北極の磁極ではコンパスの針はどうなると思いますかー?に皆さん興味津々!
磁極は一点ではなくその周辺域なので、磁針は結構定まらず揺れてます。
↓↓
「へー !」「ほぉー!」

image
高千穂コンパス講師

このコンパス持って南半球いくとー、磁針のNは方角的には大体あっていますが、針の先が地面を指します!
↓↓
「南半球は南半球のコンパスがあるのー??」「ありますっ!」

image
高千穂コンパス講師

じゃー実際、地図とコンバスで実践!
●地図上で現在地から目的地を決めコンパスに覚えさせ、コンパスのみ使って目的地へー
●山頂に立ちました!あの山な~に?
コンパス使って山座同定しよー。
●今どーこ?(クロスベアリング!)
などなど大変大盛況いただきましたー。
1日4回のコンパス講習頑張りました。
ヤマケイスタッフから先生呼ばわりされてます笑

※CHUMSのキャップ
※MONTURAのTシャツ
※MONTURAのパンツ
※OBOZシューズ
といづれもスポンサー仕様(^^)v

高千穂講師.com

横尾山荘〜上高地〜東京⑤

今日は,上高地からの帰りのバスに合わせての行動。
朝,ゆっくりご飯食べて出発!
今日はほぼ平坦な道を歩くので登山靴は仕舞い,OBOZのかなり軽量化されたシューズを履いて下山。
OBOZシューズ CHUMSキャップ
キャップはCHUMS.

徳沢園でソフトクリームを食べました。
徳沢園
明神館から、穂高神社&明神池巡りを楽しみました。
2014-07-26 09.31.12

2014-07-26 09.32.30
明神館に戻り,リンゴジュースを飲んで小梨平へ。

看板にお風呂は12時からと書いてあって現在11時。あれ?去年は11時から入れたような?
受付に聞くと,「あっ今日はもう今から入れますよ!」とのこと。去年も今年も単なるラッキー??

しっかり入浴して身体洗ってさっぱりー!
小梨平食堂にて、悩みに悩み焼き肉丼定食にしましたー。
2014-07-26 12.05.16
まだまだ時間があるのでビジターセンターにも立ち寄りゆっくり展示物を見て回っていたら,あら!時間が〜(笑)
ヤバい!そろそろ行きましょう(汗)
あれだけ時間が有り余っていたのに、最後の最後は足早に「上高地さわやか信州号」バス停へ。
2014-07-26 13.59.39
まずは,京都・大阪便「お世話になりました〜ありがとうございました。またですねー!」
そして、続いて新宿へ。「お疲れ様でした〜」

とてもラッキーで展望も楽しめた5日間でした。ありがとうございました。

PS.談合坂にて1時間事故渋滞(≧◇≦)あちゃ

高千穂ガイド.com

槍ヶ岳登頂!④〜横尾山荘

朝、4時ごろにお天気チェックに外へ出てみました。玄関の土間には多くの人が雨具を付けヘルメットを被り靴を履いてと準備中や、待機中の人で賑わっていました。

外は小雨&深いガス(霧)でした。

ぱっと見た感じまだ誰も出発してなく、多少の回復か時間待ちしてるようでした。

私は、こりゃー急いで出る意味ないな。何てったって、今日は午前中いっぱい時間あるし~。仮に午後イチに登っても宿泊地を予定の横尾山荘まで降りず、手前の槍沢ヒュッテにすれば全然大丈夫。

最終的に明日の14時までに上高地に降りれば良い行程だからー。

メンバーにも話していたが、『横尾山荘は確認したらまだ空きもあるとのことで実はまだ予約してないので、宿泊地変更もありえちゃいます。これは個人プランのいいところでもある!

予定は予定。臨機応変に対応や変更出来ちゃいまーす(*^ー^)ノ♪』

朝、待機している人たちは今、登れても登れなくても今日中に上高地に降りなきゃ!や朝イチで移動していかなきゃ人たち。いろんなプランがそれぞれにある。

てなことで、『外は、ガスって何も見えません。待機している人が多く玄関口土間にいましたが、私達はゆっくり7時ごろから朝食食べて、槍ヶ岳登山へ向かいましょう。』と説明&案内をしてまた寝ました。笑

7時前に起きたら、小屋の中には人が結構いました。でも、寝起きはうちらぐらいで、見ていると、荷物を置いて登って下りて来て荷物を詰めなおしている人たちのようでした。

部屋の中の蚕棚向かいのご夫婦と挨拶を交わすと「槍ヶ岳にもう登ってきました。」と話す。聞くと、いや聞いてなく向こうがそのまま喋りだした笑

「実は2泊目で昨日は全く天気悪くて登れなかったのでね。」ということだ。今日はこれから頑張って上高地までおりなきゃなので、朝イチ登ってきました。ということであった。

食堂に行くと、朝準備して玄関口土間にて待機していたグループが向こうで一テーブル使ってご飯食べていた。あれ?行ってない?と思ったが、登って下りてきて今ご飯食べてるとしばらくしてわかった。

私達が座ったテーブルは、20~30代ぐらいの男性5人組とソロの男性が2~3人がほぼ同じ時間で食事した。

私達を除いて、みな登って下りて来た人たちだった。

その5人組の若い20代二人のすごいこと。

私は控えめにご飯お代わり2回して計3杯。ほとんどの男性はお代わりを1~2回していたが、その二人のうち一人は5杯。もう一人は6~7杯も食べていた。いやいや、朝からすごいかった。その彼らは先ほどまで、山頂で30分ほど晴天や晴れ間を待っていたが、一瞬ふーとガスが切れることがあってもまた次の瞬間ガスってなにも見えない状態がつづいたとのこと。

食堂には、スタッフが集まってきて食事が始まった。

食後、荷物を全部持って玄関出たとこの軒先下に、メンバーの不要な荷物を置いた。

フェリス女学院の子達がいたが、もう登ってきたっぽい。これから降りるのであろう。

ガスが、一瞬晴れて槍の先が見えた。

「あっ!槍っ・・」と言っていたらすぐにまた隠れた。

カメラを構える隙もなく(泣)

写真with ガス

2014-07-25 07.40.12

さて、小屋から出てくる人もいないし、山頂への取りつきを見ても、人は混んでなさそう。

よし! 焦らずゆっくり登れそうですよ。山頂まで集中切らさず、いきますよー。

いきなり手足を使っての三点確保。落ち着いて岩場を

見れば手や足の掴み場、置き場ありますから!

「はいっ!」とメンバー必死に登る。

第一岩場を登り、ちょい平らになり目の前上部に梯子見える。梯子までの岩場が第二関門。視野が狭くなると足場や手の掴み場がちょっとわかりづらいところが1~2箇所あるがまぁ落ち着いて探せば全く問題ない。

そして、梯子にとりつけば、一手一歩登る。

梯子が終わりカスガイが打ってある壁がちょい足の長さの差で難易度が変わる。

ここら辺でいなかったはずの後ろに人が増え続ける。

かといって抜いてもらったり、譲る場所もないので、追われて急かされているように感じてしまうが、極力焦らず、がんばるしかない。最後の梯子連チャンを登り切り『おめでとうございま~す槍ヶ岳山頂でーす』

『わぁー!登れたー。やったー(≧◇≦)/』と不安や恐怖の顔からゆるんで感動の表情に変わる!

山頂で証明写真を取って、ガスが晴れるのを待ってると、ちらほら小屋や北尾根の方が見えた。

2014-07-25 08.13.48

2014-07-25 08.22.53

どんどん登ってきていたので、混む前に下り始めた。

下りも慎重に集中しながら一歩一歩降りた。

2箇所ほど、上りの人たちを譲りながら上手に離合して下った。

埼玉の熊谷の高校生が多く登ってきていた。

無事に槍ヶ岳山荘について喜びあった。(*^ー^)ノ♪(^^)v

振り返ると山頂はガスの中

2014-07-25 09.19.02

荷物を取って、ご主人の穂苅さんに挨拶をして「あっ!9月にまた来ます。」槍沢へ下山。

2014-07-25 09.05.30

フウフウハーハー〓〓頑張って登って来る人たちに、こちらは下りだから声をかけながら、軽快に下る。

2014-07-25 10.25.29

雪渓が大小4~5箇所残っていてステップ切りながら降りる。

天気は完全に回復

2014-07-25 11.01.19

2014-07-25 11.25.27

予定より良いペースで降りれていたが、熊谷高校生に抜かれる笑

彼らは荷物は軽装。

槍沢のテント場でテント泊からの早朝登り始めピストンだったみたい。

テント場を越え、樹林に入り槍沢ヒュッテに到着。ランチは中華丼をいただく。

今日の宿泊は、横尾山荘にしましょう!と横尾山荘に電話入れて予約する。

時間的に急ぐ必要もなくなりゆっくりと横尾山荘に到着。ベッドを割り当てられ、お風呂の時間まで荷物整理したりして過ごす。

お風呂は、シャンプーや石鹸使用は自然保護のため不可。みんな上手にタオルでゴシゴシ水洗い。

湯船につかってリラックス。

風呂上がりに一杯!ぷはぁー美味しいなぁー。

フェリス女学院の子達もここに宿泊みたいだった。

宿泊客は多く、夕食でかなり並んでいた。

急いで食べる必要ないので、並びの列がなくなるくらいに行って夕食いただきました。

2014-07-25 17.46.18

1日お疲れでした。&槍ヶ岳登頂おめでとうございました。

狙ってない、行かないよ!と言っていた奥穂高、来年?って話になっていました笑

高千穂ガイド.com