ICELAND ⑤

 

 

 

 

早朝起床!
アメリカンブレックファーストは朝7時からとのことでしたが、4時からコンチネンタルブレックファーストの対応してくれました。
結構私たちの他にも早くから朝食食べていました。みんな朝便に乗るひとたちだろう。
朝食がパンとチーズとハムとジャムだけなので、高千穂おにぎりを作りました!
皆さんホテルからの朝食と思っていたみたいですが(笑)
バスに乗込み空港へ。
またあの長いアルミニウムの工場横の道を通り抜けました。
チェックインは自動チェックイン機にて。
荷物預けに長蛇の列。
レイキャビーク==コペンハーゲン==成田まで荷物を預けます。
中には大阪までと言われた!と言う方もいましたが、残念ながら税関検査のため成田で受け取りです。(笑)
免税店充実していました。
余ってるアイスランドクローナを使ってしまいましょう!
2015-03-12 16.43.15 アイスランド航空FI-204便にてコペンハーゲンへ。
の予定が、雪が降り出し便が次々と遅延。
私たちの機体にも雪が一瞬で積もり、こんなホースを持った人が現れジャージャーと機体に水?お湯?をかけて回っています。2015-03-12 18.18.24
1時間30分ほど遅延して出発。

2015-03-12 21.31.00
コペンハーゲンが夏にみえる(笑)
2015-03-12 22.04.54
コペンハーゲン空港では回転寿司レストランへ。
Oh My God!!
何もかもが回転寿司のくせに高額過ぎる!!
一番安いお皿で420円!
一番高いお皿で910円!
日本の北欧物価は日本の2〜3倍は高い。
SK-983便にて帰国の途へ。
ゲートには日本人ばかり(笑)

2015-03-13 01.21.28
こんな
機内食でした。
中央4人席の端だがトイレの真横。
飲み物有料だからみんな飲まないのかトイレに来る数少ない(笑)
そんなに並んでもいない。

高千穂ガイドブログ

広告

ICELAND ④

早朝、ドンドンドン!とドアを叩く音が。
「はーい!」と返事はしたもののロフトのため下に降りるまでちょい時間がかかります。
「オーロラ」かもとAさんが声をかけてくれました。
まだまだ強風で三脚で撮影してもブレブレ
P3100847
ほぼ一面に雲が覆っていますが、雲の切れ間が薄ら緑のようにも見えました。
P3100849
辺りが明るくなり、強風でブレるので撤退。
P3100850
朝食はビュッフェスタイル。美味しいです。P3100854
出発の時は風も少し弱まっていました。
まずまずの天気だ!
P3100857
少し進むと一気に雲の中へ。
ドライバー曰く、アイスランドの天気は読めないよ!
P3100858

P3100860
アイスランドでスゴかったのは除雪車が普通の車並みに飛ばしながら除雪をしていること。

一旦レイキャビックの町を通り抜け空港方面へ。
P3100861
世界一長い工場で検索してもHITしないので、世界一長いアルミニウムの工場とでも言っておきましょう。長さ1000m。
車で時速100km近いスピードで走ってもしばらく車窓から見えます。
ブルーラグーンに到着。水着、タオル、その他必要なものを持って下車。
P3100867

P3100868番号入りゴムのブレスレットキーをもらい入館。

飲食やショッピングをこのブレスレットキーでして最後に清算。
大きなプール施設のような感じです。
男女別々の更衣室に入り、奥の温泉は一緒です。
日本式温泉と違ってタオル巻いても裸はダメですよ!(笑)
2015-03-11 20.12.17

泥パックで顔も肌もきれい!
熱い温泉が注ぎ込まれている奥まで行くと深いところで150cm以上。アップアップ言いながら辿り着いた方も(笑)
しっかり浸かり終え、着替えて出口で集合。
出口の所でトラブル発生3名。
1人は、たった今まではめていたそのブレスレットキーがないと荷物やら何やらを探す。
1人は、出口で出れない。
1人は、ブレスレットキーを出口で差し込み出るタイミング分からず出口がロックされて出れない。
1番目の人は取りあえず探していてください。
2番目の人は、係員に言うと「清算が終わっていない」と言う。
お客さんは何も買ってないという。そのブレスレットキーには「タオルレンタル」と打ち込まれている。「タオル借りました?」と聞くと「いいえ、自分で持ってきました」という
係員に「このグループは全員タオル持参して借りていない。」というと「ずっと付けていましたか?誰かのブレスレットとすり替わっているかも知れないです。」と言われた事を伝えるが、ずっと自分で着けていた。というのでそのまま伝えて、しぶしぶレンタル分を削除してくれて出口から出ようとすると、また開かない。 807番のドアがこのキーでロックされているから解除してこないと出れないというので、解除へ。すると、「誰かの荷物が入っている」というではないですか〜。んーどうしよう。これは間違いなく、何かの拍子にすり替わっちゃっていますね。
もう一回しめて来てもらって良いですか?フロントに言いましょう。説明すると、すり替わった相手を自分で見つけるか、すり替わった方のタオルレンタル代を払わない限りここを出れません。
今までCASHレスで便利なシステムと思っていましたが、こんなことが起こってしまうと大変です。いくら何を言っても自分がもってるキーに借りたというデータがある限り、借りたことになってしまう。
レンタルタオル代高額€10でした。
ランチはブルーラグーンのレストランにていただきました。
P3100870

P3100871

P3100874
ガウンを着ている人たちは、ここブルーラグーンに一日滞在するのでしょう。
P3100875
ブルーラグーンの周りの散策路を歩きました。端っこの方は、冷たくなり凍っています。
バスに乗込みレイキャビークのホテルへ。
2015-03-11 19.44.59
初日に泊ったグランドホテルです。
午後はフリータイム。
希望者は一緒にメインストリートのLaugevegurを散策&ショッピング。
P3110882

P3110884
ジャンボ トブレローン! え?17,990クローナ!!!
アイスランドクローナ1=1円 高っ!
アウトドアショップやお土産屋さんや、北欧雑貨、絵画などのお店を見て回りました。
歩いていて寒くなればどこかに飛び込む式散策でした(笑)
お疲れ様でした。
夕食は、ホテル内レストランにていただきました。

P3110885

P3110886

P3110888
誕生日の方は特別メニュー!
↓Happy Birth Day to YOU!!
P3110887

今日はオーロラどうかなー。

 

高千穂ガイドブログ

ICELAND ③

Góðan dag!ゴーザンダフ!おはようございます。
本日の悪天候予報により、宿泊者全員向けに朝食を早くしてもらいました。
P3090785

数日前から騒がれています台風並みの爆弾低気圧がアイスランドの島を直撃する予報は、私たちが本日いるエリアは15時〜22時に注意勧告が出されました。

北極やグリーンランドから吹き下ろしてくる低気圧ってすごそうです。今年は異常で9月頃からすでに4回ぐらいこの台風並みの強風に襲われているとのことでした。
ホントに世界中の天気や気候がおかしくなっているのですね。
ドライバーは今日私たちが宿泊予定のHoltel Glymurへ抜ける道は山沿いのため、普通でも山から直接風が吹き下ろして来て風が強いため、今日はとても危険だ!と言っていた。
出来たら今日はそこを通りたくない。または午前か午後イチで強風になる前に通過したいと言って来た。

昨晩、皆さんと話した時、登山が出来たら後はなくても良いという意見でした。
ドライバーは、日程上の何をしたいか!より時間や距離的な問題も含めて何が出来るかで今日の予定を決めようと話してきました。
日程内容の変更もそうですが、宿泊のホテルをキャンセルして他に泊るか、ランチをキャンセルして他にて取るかの変更も必要となりそうです。

ただ、朝8時今現在の天気は昨日より良い晴天です。
P3090787

P3090789
しかも風もないのです。そんな中、車中で「ドライバーと話して、様子を見ながらですが、可能性としてはいくつかの予定をカットして早めに切り上げる内容に変更するようになると思います。またそれにより昼食の場所が変わるかもですし、最悪本日宿泊予定のホテルが変わることもあり得ます・・・」などと話をしていますが、皆さんは「えっ?こんなに天気ええのに?」と半信半疑どころか嘘でしょ?ぐらいの反応です(笑)
ドライバーとの話し合いの結果、登山の火山は朝一番に向かえばルート的に可能ということで意見は一致したので向かいます。
P3090790
グラウブロウク火山登山口到着。
すごくいい天気で、台風並みの風?強風?何処?って笑えるほどの無風なのです。
「高千穂さん、ホントに吹くの?」と質問が出るくらい。

準備をして登山開始。
とても快適な登山で火口を巻いて山頂へ。
P3090799

P3090800
天気良い登山が出来ました。
そして次は、ここの近くのグランニ滝へ。
分岐から細い道へ入ると昨日の雪で車の轍は消えていて人と犬?の足跡のみでした。
グランニ滝へウォーキング。
P3090807

P3090808

ここを歩き終わってもまだまだ全然天気が良いです(笑)

そして次に
欧州最大の湧出量を誇る温泉源泉デイタルトゥンガクヴェールへ。
その道中、手配先より連絡があり予定の昼食のレストランをキャンセル(返金なし)して宿泊予定のホテルにて遅めの昼食(追加料金)を用意してもらう変更連絡でした。当日の当日で、時間も迫っているので、もうスムーズに行くことが一番で料金や内容は従うのみみたいです。
風をまだ感じていませんが、希望の登山はこなせたので異議なく了承。
向かっている温泉源泉はそこで温泉に入れるわけでもないので、別に見に行かなくてもという声も有りましたが、ここはルート上通るということなので立ち寄りました。
P3090816
(毎秒180Lの温泉噴出量)
P3090820
まだ午前だけど、強風が吹き始めました。
風がキタ――――(゚∀゚)――――!!ー
と皆さんビビる(笑)
ここで観光は修了。
今日宿泊予定のホテルへ直行!
山から吹き下ろす横風がかなり強い!!
ドライバーには「急ぐ必要ないからね」とみなさんからのコメントを伝える。ドライバーも『YES YES I know!』と慎重。
P3090827ハンドルをやや左に切りながら直進する場面も。

元の日程は後、「溶岩の滝」フロインフォッサル、「子供たちの滝」バルナフォスを巡る予定でした。
P3090830
空は一気に雲が張り巡ってきた。
1時前に無事にHoltel Glymurに到着。
風はビュービューです。
P3090833ここは、北欧風モダン&アンティークホテル。

部屋はロフト付き。食器、家具や調度品がすべてアンティークかデザイン物でとても雰囲気の良いホテル。女性にはとても好評です。
P3100853
ここも外にジャグジーが有ります。

フロントのスタッフに「ランチは14時30分から」と告げられる。「もっと早く出来ない?」と聞くと
元々ランチの予約がなく、今日出勤予定のランチシェフが病気のためディナーシェフが早出をして作ってくれるらしい。そのシェフはまだ到着していないとのこと。
それ以上交渉は無理と判断してそのままをお客さんに伝えゆっくりと過ごす。
コーヒーのサービスしてくれた。

外はますます風が強くなっている模様。
木が揺れるから曲がりなびきだした。
いやーホントに良かった良かった。
P3090835

P3090836ランチから豪華!
マッシュルームのクリームスープにラム肉です。


P3100837
ロフト付きのお部屋。

昼食後、皆さんでトークタイム。
ゆっくりと過ごせてこれはこれで贅沢でした。
昨晩、数人の方とオーロラ観測を粘り3時すぎまで起きていたのでさすがに眠く、夕食まで仮眠を取られた方も・・・・・・。
ドンドンドンドン!
ドンドンドンドン!
「えっ!あ〜」
と時差8時間&昨晩の睡眠不足などから目覚ましかけずに寝入ってしまっていた人3名?
いやー完全に寝ていました。
P3100839

P3100840

P3100843

デザートはアイスランドデザートのヨーグルト(skyr)です。

今日もオーロラ観察!
しかし雲が・・・・・しかもまだ強風。。。。。。

高千穂ガイドブログ

ICELAND ①

本日より、山旅人手配旅行groupで「アイスランド」へ出発。
スカンジナビア航空SK984便にてコペンハーゲンへ。飛行:11時間35分(時差-8h)
image

このスカンジナビア航空乗ると、各座席にミネラルウォーターが一本置いてあり、おっ!いいサービスだと思っていたら、 ビールやワインのお酒などは終始有料。ジュースなどのソフトドリンクも食事時に1杯サービスがあるのみで、前後は有料。
水やコーヒーは無料でしたが、その他の軽食なども有料。
image
image
これが有料メニュー。コーラとかジュースが3ドルって(*_*)高っ!

コペンハーゲン空港はWood floorで「あー北欧インテリアだー」と寒い北欧で温もりが感じられます。
image
乗り継ぎの待ち時間で、北欧といえば~のサーモン食べた~い3名を空港レストランへご案内
image
かなり美味しかったです。
image
今度はアイスランド航空FI-213便にて、アイスランドの首都レイキャビークへ。 飛行時間は3時間。
アイスランド航空は、すべての飲食物有料でした。
image
ホントにアイス状態のアイスランドの空港(*_*)
image
image
ようこそアイスランドへ!
image
雪が舞ってます。
スーツケース転がらない(笑)
バスにてレイキャビークへ。30~40分。

ホテルにチェックインして明日の予定を話しておやすみなさい!
時差が8時間あるからまだ8日の23時50分!

高千穂ガイドブログ

山旅人 研修会②

7時出発!
まずは昼食をコンビニで買い出し。そして吉野家で朝食をいただきました。

一路、甲山森林公園(かぶとやま)へ。
とってもキレイに紅葉しています。
神呪寺からのルートで甲山の山頂へ登ります。甲山
山頂はとても広くて便利!

本日は実地研修
『ツアー登山で起こりえるケガや事故時の適切な対応』
ケガや事故後の搬送法、滑落者の救助ロープワーク、登山道崩壊時や渡渉時のフィックスロープワーク、様々な理由からの停滞時のツエルトなどなど、5つのテーマで研修&実施訓練しました

搬送法その1
研修 研修

午後は樹林帯へ移動して、色んなシチュエーションを素にロープワークザイルワーク

最後には、応用編&ロープとツエルトを使ってのビバーク準備。
ツエルト
有意義な2日間でした。
即来年の予約がはいりました(笑)
また安村ガイド宜しくお願いします。

高千穂ブログ

山旅人 研修会①

安村ガイドの研修会です。私はコーディネーター兼アシスタントとして同行しました。
安村ガイドと6時30分頃東京駅で待ち合わせて、のぞみで新大阪へ。
みどりの窓口で指定席券を出して指定席をお願いすると「指定はいっぱいで並びで座れないですよ!」
しょうがなく自由席車両に並ぶ。乗車すると始発ということもあり並びで座れた。指定席代もったいないけどしょうがない(笑)
名古屋からめちゃくちゃ乗車してきて立ちもいっぱい(驚)
すごいなー。

新大阪着後、在来線で大阪駅へ。あいにくの雨。阪急電車へ移動して西宮北口まで乗って、宝塚線に乗り換え門戸厄神駅で下車。門戸厄神(もんどやくじん)!

厄払いで有名な門戸厄神東光寺が近い駅です。
アッ!そういえば今年は厄年(泣)。
去年は前厄でお祓い行ったけど、今年は本厄できちんと厄払いはしてもらっていない。今年もあと1ヶ月!平和でありますように!

10時ちょい前に事務所に到着。

今日は座学です。
午前&午後で
「ツアー登山の危機管理」
『ガイドの装備』
簡単なロープワーク
を行いました。

安村ガイド講習座学

あくまでも安村ガイドの講習会です。ちょうど私が喋っているところが撮られているから逆に見えちゃいますが!

山旅人研修
その私は、どっぶり講習を聞き入りすぎて撮影忘れてしまった(笑)これ終わりの片付けシーン!

夕食時から山の話や登山運営など話は盛り上がりました。

高千穂ブログ