金峰山縦走&登頂2599m① 日本百名山

今日は土曜日。
朝、5時前?大型バスが瑞牆山荘前に止まりました。
関西からのパステルツアーの皆さんです。
総勢40名+スタッフ!
どんだけー😰

瑞牆山荘のオーナーが朝から怒って何か注意していました(笑)
あとで聞くと、公衆トイレが混み合っているから山荘内のトイレ使わせてくれーと押しかけられたので断ったと言っていました。

占領されると宿泊している私たちが使えなーい!

2016-05-28 05.56.47

瑞牆山荘の朝食

さて、私たちはゆっくり目に出発。
私たちはゆったり縦走コースで金峰山山頂直下の金峰山小屋に宿泊します。

1520mの瑞牆山荘を出発して、昨日と同じ道を富士見平まで!
そして途中の天然水を補給。
昨日はガスって見えませんでしたが、今日はここ富士見平小屋前から富士山が綺麗に見えました!

2016-05-28 07.52.47

富士見平はテント場もあります。

2016-05-28 08.04.27

富士山って見るだけで感動しますねー。

富士山は見る山!山中汚いから登る山ではない!という人も多々いますが、私は見るのも登るもの好きです。

2016-05-28 09.18.43

今日のルートもシャクナゲだらけー!
花に励まされながら一歩一歩!

2016-05-28 09.18.58

いままで見た中で一番綺麗に咲いていれば写真ストップ!

2016-05-28 09.24.10

途中、通過した大日岩の下にある大日小屋
もう営業はしていないみたいですねー。

2016-05-28 09.39.50

しろっぽいシャクナゲも!

2016-05-28 10.03.48

南アルプスの大展望!

2016-05-28 10.12.30

八ヶ岳も!

2016-05-28 11.10.04

木々の間に岩山が見えます。昨日登った瑞牆山です。

あんなに必死に登ったのに~低っ!(-_-;)

2016-05-28 11.48.14

2016-05-28 11.50.40

ここからだと、瑞牆山バッチリ

親指岩もきれいに見えますね。

2016-05-28 11.50.49雲の上に富士山🗻

ガンガン登りまくって、ここにて休憩!

ここまでの登りは急登続きで大変でしたね。

2016-05-28 12.14.38

金峰山が見えてきました。

この尾根筋を登り詰めたら金峰山山頂手前の五丈岩が見えてきましたー。

さーもー一息いや二息(笑)

その前に40人の団体が前に列なってる~。

2016-05-28 13.30.56
五丈岩到着!

しっかりお参りしてゴロゴロ岩を登り詰め、山頂へ。

2016-05-28 13.36.38

歩きにくい岩岩道

2016-05-28 13.36.10

お疲れ様でーす。

金峰山2599m山頂でーす。

あとはちょこっと下って今日の宿です。

2016-05-28 14.11.09

キバナしゃくなげ~!

2016-05-28 14.17.10

右下に金峰山小屋が見えてきたー。

最後気を抜かずに~!(^^ゞ

2016-05-28 14.20.27

ついたー!

ここの料理も美味しくてボリュームありー!

2016-05-28 17.45.50

chickenが激ウマ~。

これで終わりじゃーない!

カレー食べ放題🍴🆓✨~

そんなに食べれーん。

食べたら腹いっぱいすぎー✴

2016-05-28 18.33.28

小屋前より夕陽観賞。

いい一日でしたー。

瑞牆山荘1520m➡➡富士見小屋 →  → 大日小屋 → → 大日岩 → → 五丈岩➡➡金峰山 ➡➡金峰山小屋 

高千穂ガイドブログ

広告

瑞牆山登頂2230m

朝はゆっくりめに増富温泉から瑞牆山登山口へ。

2016-05-27 08.45.41
今日は平日のため登山口は誰もいません!
週末は人だらけですからね!

2016-05-27 08.45.44

さー今日は、瑞牆山を登ってここに降りてきて瑞牆山荘に泊まります。時間もゆったりたっぷりあります。贅沢〜!
東京からだと瑞牆山は日帰りで行けちゃいますからね。
2016-05-27 09.09.26

最初の30分しんどいですねー。

2016-05-27 09.39.38
途中にある水場!
天然水です。

2016-05-27 09.44.18

1時間ほどで富士見平に到着。

まっすぐ登っていくと金峰山へ。

今日はここを左に曲がって瑞牆山へ。

2016-05-27 10.10.35

トラバースの途中で岩岩したピークが見えます。
瑞牆山でーす!
うぁーあんな岩山登れるのー!と皆さん喜んでいるのか不安がこみ上げてきたのか!(笑)

2016-05-27 10.25.58

しゃくなげ綺麗です!

今年はいろいろな花の開花時期が通常より早いとのことでしたが、しゃくなげはバッチリ!

2016-05-27 10.36.01
雲取山でもいっぱい咲いていましたが、ここでもミツバツツジがいっぱい咲いていました!

2016-05-27 10.40.46

桃太郎岩
から桃太郎?

いや、浮田だ〜(笑)
ちと奥に入りすぎ、写真的には小さい。
2016-05-27 11.01.28

おーとずーとしゃくなげが満開!
めちゃめちゃ咲いていてキレイ!
2016-05-27 11.05.15

さー急登の始まり〜!

2016-05-27 11.11.53

ねっ!シャクナゲだらけでしょ!
みんな登りに必死だが、シャクナゲに癒され山行!

2016-05-27 11.58.26
親指岩
よくクライミングで親指岩登っています。

2016-05-27 12.01.14

イワカガミ!これまた群生すぎてびっくり

2〜3輪咲いていたらけなげで可愛い〜と言いたいが、多っすぎて可愛いとは言い難いですね。
2016-05-27 12.05.47

岩と根っこの連続!

ガンバー

2016-05-27 12.29.28

登りに登り分岐に到着。
あとは鎖場とはしごをクリアーすれば山頂ですよー!

2016-05-27 12.37.50
瑞牆山山頂でーす!

あの岩の向こうは断崖絶壁!行き過ぎないように(笑)
2016-05-27 12.41.35

360度とまではいきませんが、300度ぐらいの大展望!
きもちいいー。

2016-05-27 12.48.36

見上げていた親指岩があんなに低い(笑)
登山者が少なくてラッキー!
山頂でゆっくり休憩できました。
往路を下山。

2016-05-27 15.50.38

瑞牆山荘到着。

瑞牆山荘〜富士見平〜桃太郎岩〜(急登)〜瑞牆山山頂2230m〜(急下り)〜桃太郎岩〜富士見平〜瑞牆山荘

往復8km、所要:登り3時間50分/下り2時間50分

瑞牆山荘はご飯が美味しい!
オーナーの奥さんが腕をふるってご馳走作ってくれます!
2016-05-27 17.36.02
ローストビース!うまっ!

瑞牆山荘オリジナルラベルの勝沼ワインもいただきました!
明日はここから金峰山へ!

高千穂ガイドブログ

雲取山縦走② 2017m

今日は山頂を目指して2017mへ!

2016-05-25 06.18.51

今年は2016年ですから、山頂での写真を来年の年賀状に使える! 

富士山をバックに🗻

2016-05-25 06.20.15

あーでも雲多過ぎ(T-T)

2016-05-25 06.50.20

立派な雲取山避難小屋

2016-05-25 06.50.41

予報は雨だったけど、降ってない!富士山もしっかり見えてる!

2016-05-25 06.55.45

小雲取山へ縦走

2016-05-25 06.59.24

富士山は見えてるけどー。天気が…ちと不安:twisted:💧

下山までもってくれー!

2016-05-25 09.58.44

樹林帯に入れば、安心。

奥多摩湖への鴨沢ルートもめちゃくちゃ歩きやすいところです。

2016-05-25 10.54.04

雨にうたれず無事下山~!

奥多摩のもえぎの湯温泉に立ち寄り~。

2016-05-25 13.09.34

2016-05-25 13.02.51山菜そば食べました。
新横浜駅で解散。

2016-05-25 15.40.30

お疲れ様でしたー。

なにげに新横浜から東京方面帰るの乗り継ぎ乗り継ぎ(笑)
高千穂ガイドブログ

東京最高峰!雲取山縦走 ①

今日から1泊2日で雲取山縦走です。

今日は三峰神社から登り、山頂直下の雲取山荘まで登ります。

2016-05-24 06.28.44
埼玉県側の登山口の三峰神社駐車場から雲取山が見えています!

2016-05-24 06.28.48
体操をして出発!

2016-05-24 06.43.29
とても整備されている

2016-05-24 06.49.09

雲取山荘までは9kmほどの道のりです。

 

2016-05-24 06.57.28
奥の院との分岐で休憩

2016-05-24 07.42.34

細かく表示看板が立っています。
ありがたいありがたい
2016-05-24 07.44.17

落雷?

2016-05-24 08.30.21
地蔵峠

2016-05-24 08.38.07
ミツバツツジ

2016-05-24 08.39.48

登山道

2016-05-24 08.41.17

霧藻ケ峰の秩父宮両殿下のレリーフ

2016-05-24 08.42.08
その秩父宮雍仁親王が昭和8年に雲取山へ登山に訪れた際、
この地を「霧藻ヶ峰」と名付けたのが名の始まりの峰。

2016-05-24 09.57.46

白岩山どころか、前白岩山でもなく、その手前〜の前白岩の肩に到着しただけです(笑)まだまだですよ(笑)

2016-05-24 10.23.33
鹿!

2016-05-24 10.28.46

はーい急登を登りつめやっと「前」白岩山。

ここからまた登らないと白岩山じゃないです(笑)

2016-05-24 11.25.32

はーい!やっと白岩山・山頂です。

しかし雲取山荘まではまだまだです。

2016-05-24 11.46.50

芋の木ドッケ

ドッケとは尖った山のことを意味します!

2016-05-24 12.13.14

前方に雲取山が見えてきたー!
いやー実に長い縦走です。

2016-05-24 12.27.15

ツツジが綺麗!

2016-05-24 12.38.23

大ダワに到着。ここで一服。

※大ダワは大たるみ的な意味で、鞍部。
直登ルートを避けて女坂で巻き道で雲取山荘へ。

2016-05-24 13.16.40

雲取山荘到着!

皆さん頑張って早めに到着できましたー。

夕食までゆーったり過ごせました。
平日だけど、結構大勢のグループが2組。

2016-05-24 17.54.19
夕食
ハンバーグ一個( ;  ; )

まー山だからしょうがない?

高千穂ガイドブログ