Snow @ Mt. TANIGAWA in Autumn

本日は10月19日。まだこれから秋本番という紅葉ぶりが昨日の景色から伺えた。


予報はドンピシャ以上当たった。
外を見ると〜

銀世界

谷川岳肩の小屋の朝食

さーてどうしましょう。
とりあえずに現場の下見へ。

一晩でこんなに降っているなんてー。

まー、しっかりと言えばしっかり。まだギリギリ薄っすらといえば薄っすら。凍っているわけではないので、雨よりマシかな。

木道や枕木の木の板を踏んで滑ることさえ注意すれば大丈夫そうだ。

よっしゃー、出発を遅らせて8時30分出発で下りましょう!

Tsumori Yutaka

GOO!グー!サインの津森豊くん

さ〜一歩一歩気をつけて下りましょー。

 

ナナカマドが雪被って美しい。

下るにつれ、まだ誰も歩いてないルートですが、雪は積もらず溶けています。

 

 

おー!
昨日、見たときより紅葉進んでない?
昨日は天気良かったもんなー。
雪化粧がプラスされてめっちゃーキレイ〜。

間違いなく昨日1日で紅葉すすんでる。

今日登って来る人なんて〜って思っていたら、数組登ってきていました。(笑)
すごいなこんなに日。

下山して、谷川岳ロープウェイの土合駅で昼食を食べようと思ったが、ちょっとメニューがシンプルなものばかりだったので、谷川岳ドライブインまで移動して、昼食を取ることに。

谷川岳ドライブインはバスツアー客予約で、このドお昼時はいっぱいとのことで飛び込みグループはお断りされました。

湯檜曽の駅を通過して、そのさきのまつやにて昼食をいただきました。

私は煮込みうどんセット!

いやーアツアツで美味しかったです。

一路、赤城山の中腹900mにある隠れていないけど隠れ宿(笑)
赤城温泉へ。


毎回お世話になっている赤城温泉のにごり湯の宿です。

にごり湯の宿HPより〜
元禄十三年より薬湯として親しまれてきた温泉は、「生きている」源泉で、無色透明で自然湧出した源泉は、空気に触れ茶褐色に変色します。湯舟や床に付着した湯花の造形は源泉に含まれる濃厚な成分の証しです。 その「にごり湯」を掛け流しで、新鮮な源泉をご提供させて頂いております。

いやーホントにすごい温泉だ。

 

そしてお食事もめっちゃ美味しくてまだ出てくるか?っていうぐらいボリュームいっぱいです。

とっても良い温泉と美味しい料理&楽しい女将さん

よかったら泊まって見て下さい!
(送迎もしてくれますよ)
にごり湯温泉・赤城温泉
http://www.akagionsen.com

 

高千穂ガイドブログ

広告

双耳峰 上州谷川岳1977m&1963m登山

今回の谷川岳登山プランは、かな〜り贅沢で肩の小屋に1泊する2日です。
土合口から急中の急登の西黒尾根を5〜6時間かけて登頂するから

ではなく、土合口駅746mからゴンドラで一気に天神平1320mへ。

はいっ!あっという間に天神平1320mでーす。

では、ここから谷川岳山頂を目指し、肩の小屋に泊まるゆったり山行プラン。セレブ登山プランですねー。
参加者の方々見た目も中身もセレブ〜!
タイト日程の山行は気持ち的な余裕もないけど、こういう「隠れ予備日」付きの日程は、天気が多少悪くてもフレキシブルに対応出来るから気持ち的な余裕もありあり。

って思っていたら、今日は超天気良い!
奥には至仏山、小至仏山&至仏笠ヶ岳がキレイにみている

今日の登山ルートが見える。
左の稜線の奥のゴツってしたところは天狗のたまり場。右の稜線のポコッとしているのはラクダのコブ、その上の鞍部はラクダのコル。
山の中腹は紅葉してきています。

熊穴沢の避難小屋出て急な登りの開始〜!
どんどん登ります。

さっき天神平から歩いてきた樹林の中のトラバース道がラインになって見えていますね。赤い屋根がさっきの小屋ですよ〜
を理由に振り返り立ち休憩

ところどころキレイに紅葉していました。
さっきの至仏山もまだ見えています。右の大きいのは上州・武尊山(じょうしゅう・ほたかやま)
キレイですねー。

今日はホントに天気が良い〜。
隣の尾根筋は中ゴー尾根です。
奥には俎倉山稜の稜線の先にポコッと尖ったのは川棚の頭です。

「天狗のたまり場(岩場)がもうあんな下に〜」
と登ってきた天神尾根を振り返る。

 

あの道標あたりが小屋ですよ〜。

小屋横のトイレを借りて、本日宿泊なので不要な荷物を置かせてもらい、軽荷で山頂へ!
数分で

谷川岳双耳峰の手前の峰・トマノ耳1963m登頂!

 

トマノ耳山頂からオキノ耳峰を望む ルートも見えます。

一旦下って登り返しです。

 

オキノ耳手前からトマノ耳がキレイに見えてるのでパシャ!

じゃじゃーん
谷川岳・双耳峰のもう一つ・&主峰・オキノ耳1977m山頂です。

見下ろせば、一ノ沢、二ノ沢〜。

万太郎山や平標山(たいらっぴょうやま)方面はすでに雲で覆われて少ししか見えません。

オキノ耳からみたトマノ耳。

トマノ耳へ戻ります。

トマノ耳からみたオキノ耳。

※トマノは、手前の・・・テマエノ・・・トマエノ・・・トマノ。
※オキノは、奥の・・・・オクノ・・・オクキノ・・・オキノ。

との訛りらしい。

ただいま、14時20分。
谷川岳の肩の小屋に到着。
多く見ても2時間あれば天神平まで下りれます。
ということは、全然帰れます。

今晩から明日にかけて寒波が来る予報で、この付近だと雪が降る可能性大。

予報で2cm〜以上雪積もる。
添乗員は津森豊くん!
あーそりゃーつもるな(笑)
じゃーその津森とそのつもりで!準備。


何言ってるかわかりますか?

さてさて、小屋管理人の森下さん曰く、仮に雪が降ったとしてもこの時期なら小屋から最初のくだりは大変だけど、天狗のたまり場あたりまで下れば、そっから下は雪積もらないでしょう!とのこと。

谷川岳の肩の小屋の夕食。
結構すごい!おでんつき!

美味しくてご飯お代りしてもーた。

予報が外れて雪降らないといいなー。

高千穂

トレラン 金峰山

今日はトレラントレーニングで金峰山です。

川上牧丘林道からの金峰山&五丈岩と鉄山。

大弛峠から出発!
13:20分

大弛峠〜朝日峠〜朝日岳〜鉄山の北を巻いて〜金峰山のピストンです。
地図タイムで往路:2時間30分、復路:2時間です。

※一般登山とハイスピードトレランの大きな違いは目線です。
ハイスピードトレランのトレーニングは足元ではなく、かなり先に目線を置くこと。&捻挫しないために意識としてはちょっと足幅を肩幅またはそれよりちょい広く保つのと重心を足の小指ラインの外側ではなく内側に重心を置いて走る。
でないと簡単に捻挫する。

朝日峠通過が13:43。
ほどよい寒さが、ランニング日和

大ナギからの富士山展望
13:54通過

朝日岳山頂2579m
14:00

ここからガレ場の下りです。

金峰山山頂手前で北側が開けた所。
眼下に岩岩した瑞牆山が見えます。
遠くには八ヶ岳連峰も見えています。
天気がよーーーーい!

14:30山頂到着。
往路:1時間10分(2時間30分)
まずまず!

Keen Aphlex Waterproof
キーン エーフレックス

KEEN DRYでWaterproofです。


雲が湧いてきましたが、復路でも富士山まだ見えています。

もうすぐ大弛峠だー。

15:30大弛到着。

いい汗かきましたねー!
お疲れ様でした。

帰路の道脇にはぶどう販売所があちこちに

アウトレットと書かれた看板の販売所に立ち寄り
巨峰とシャインマスカットを購入。

あとでその他の販売所の値段をみて気づいたが、アウトレットだから安いってわけではなかった。

お腹も空いたので、高速乗る前に、山梨名物ほうとう屋さんみつけて

ほうとう食べて帰りました。

 

高千穂ガイドブログ

苗場山2145m登山 日本百名山

新潟県と書こうと思ったが、山は新潟県だけでなく長野県北東部との県境なのです。

今日は4時前に起きて、5時から朝食。

しっかり食べてLets go NAEBA!

 

和田小屋登山口からスタート!

今日も長〜い1日となります。
頑張りましょう!

かぐらのゲレンデを横切って登っていきます。

早くも6合目!
登山口の和田小屋5合目でしたから(笑)

 

順調順調

 

昨日の巻機山も紅葉キレイでしたが、ここ苗場はもっと紅葉しています!

7合目手前の下の芝。

紅葉ドンピシャ!

上の芝から小松原稜線分岐を見上げる。

ヘリ!が結構旋回していました。
パトロール?山頂小屋への運搬?遭難者探し?

稜線を歩いて、もう間もなく神楽ヶ峰。
神楽ヶ峰で8合目ですから、7合目の下の芝からはもう2時間近く経ってる。遠い〜長い〜。

いえーい!
神楽ヶ峰登頂!2029m

苗場山が2145mであと100mちょいだがっ!

だがっ!

だがっ!

ここはまだ8合目。

この先が何気に長い。
急な下りが出てくるし、そしてもったいないぐらい結構下る。そして急な登りを登りつめなきゃ。
神楽ヶ峰からの楽々稜線歩きを15分ほどいくと

じゃ~ん

苗場山

はいこれっ から

ここからは山頂がそーんなに上には見えないけど、ここから一旦下ってあの鞍部を歩き稜線を登りつめます。

 

さー9合目通過!
ここから30〜40分登って苗場山の山頂だ〜

 

紅葉がキレイ!

振り返ると、神楽ヶ峰(右)、と奥から黒倉山、日陰山も見えています。

苗場山への急登を登りきると、
あら不思議!

山頂部分は、まさかのめっちゃだだ広い〜高層湿原です。

「苗場山」名前の由来は苗代田のような湖沼。

山頂標識へ。

 

 

苗場山頂ヒュッテです。

今日は泊まらず、日帰りです。

外でゆったりランチ休憩取らせてもらいました。
風がでてきたので、そそくさと下山準備。

山頂部の高層湿原および雪田草原。
池塘が多く見えます。

 

振り返ると山頂部はガスが発生しています。

いやーホントにキレイな紅葉やー。

日程をドンピシャに合わせて良かったー。
いや、紅葉が日程に合わせてくれた!のほうが正しいかも(笑)

途中、山の会やクラツーさんと20名前後の大きなパーティー2組に会い、こんな時間から?といくら山頂泊りでもね〜と、心配してしまいました。

 

無事下山。

苗場山 日帰り 山行記録
湯沢スキーハウス530==祓川駐車場トイレ==和田小屋登山口(605/610)・・・⑥655・・・林道730・・・⑦下の芝・木椅子(742/747)・・・リフト上(827)・・・中の芝・椅子835/845・・・上ノ芝・椅子902・・・小松原稜線分岐(910)・・・⑧神楽ヶ峰2029M(930)・・・鞍部1792M(955)・・⑨1012/1022・・・急登・・苗場山2145M(1100/1130)・伊米神社・苗場山自然体験交流センター
(1130)・・・お花畑1225・・・⑧神楽ヶ峰1255/1300・・・小松原分岐1312・・・リフト上1340・・・⑦下芝1420/1425・・・⑥1500・・・和田小屋登山口1535着/1545発===1630スキーハウス着

 

天気に恵まれた2日間でした!

YUZAWA SKI HOUSE

外国人の宿泊者も多いみたいで、看板は英語だ。

お風呂に入って

Sapporoビールから新潟限定
キリンからは地ビール
魚沼酒

を部屋のみしてからの夕食

毎日違う夕食〜。
ありがとうございましたー。

めっちゃ美味しかったです。

 

高千穂ガイドブログ

新潟・越後湯沢へ

東京駅より上越新幹線・MAXときにて新潟・越後湯沢へ。

プロフェッショナル!
毎回、ぼーっとみてしまう。
きっちりと時間内に清掃しあげます。


MAXとき号

越後湯沢〜越後湯沢〜。

越後湯沢のコンビニで
見っけ!!!!!!!!!!!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ルマンドアイス

Bourbonのルマンドアイス!
美味しい〜!
これはインスタにも報告Upしなきゃー!(笑)

今日から3泊お世話になります。
湯沢スキーハウス泊まりです。

奥さんの手作り料理が最高!
新米!魚沼産コシヒカリ〜
やばいっ何杯でも食べれちゃう・・・・・・・・。

温泉にも入って〜
幸せ〜幸せ〜!

明日は、日本百名山の一座・巻機山(まきはたやま)1967mへ日帰り登山です。
明後日は、日本百名山の一座・苗場山(なえばさん)2145mへ日帰り登山です。

※湯沢スキーハウスは、どちらの山への登山口まで30〜50分でアクセス出来る便利なところです。

高千穂ガイドブログ

茶臼小屋・・・上河内岳200名山・・・南岳・・・聖平小屋

photo by Kenichi Ukita

茶臼岳小屋からのご来光!With FUJI-SAN.

昨日の大雨とはうってかわって晴天!!!!!!
そして富士山の横から朝日が昇る〜。

鬼富士とご来光
Photo by Kenichi Ukita

やべー!めっちゃきれいー。
富士山🗻はやっぱり南アルプスから見るのが一番かっこいい!
男前っぽい!鬼っぽい!
そう鬼富士だー!毎回、鬼富士〜鬼富士〜言ってるのは私だけ?

この写真からは分からないでしょうが、天気はめっちゃ良いですが、早朝の時点で、この茶臼小屋でけっこうな強風が吹いています。
単純に考えて今稜線へ上がれば、もっと強い風が吹いていることでしょう。私たちは徐々に天気が回復する予報を信じて、時間を少し遅らせての出発としました。
同日程で来ていたとあるパーティーのベテランガイドさんは、「この強風とお客さんの足力などを考え〜」とかなり悩んだあげく、聖岳へ向かわず易老岳へ戻って易老渡へ下山すると決断。
その決断にびっくりしました。「え?帰るんですか?」
早々と小屋を後にして出発していきました。
私達は、とりあえず遅らせて出発のまま。
稜線まで出て、どれぐらい強い風が吹いているかでまた判断しますと伝えて出発!

歩きながらたまに風が吹き降りしてくるが、稜線へ向けて登る。

photo by 浮田健一

稜線に出ましたー。
おー!風・・・・・・ほぼ止んでる!

前のパーティーもこれだったら、予定変更して聖岳向かってるかもですねー。良かった良かった。と昨日の茶臼岳を振り返る。
へーこんな景色やったんやん。と
昨日は、この稜線辺りは強風横殴りの痛い雨で顔をまともにあげることすら出来てなかったような。

では、予定通り聖岳を目指します!

photo by 浮田健一

本日一番の大変どころ上河内の肩まできました。
天気も良いし、風も止んだし、時間もあるしー、希望者はオプションで上河内岳へご案内しますよー。

お一人以外全員希望。
そのお一人がキョロキョロして「え〜みんな行くの?私だけ〜?そんな〜、じゃー行くわー」

上河内の肩に荷物をデポして空荷で上河内岳山頂へ。

山頂に到着!
登頂おめでとうございます。

そして、想像どおりというか期待通りのオチというか、

photo by 浮田健一

「うぁーめっちゃキレイ〜。来て良かった〜」と唯一上河内岳へ登るオプションを希望されなかったお一人が大きな甲高い声で喜んでいました。
富士山もまだ見えるし、

photo by 浮田健一

進行方向見ると
聖岳が堂々と聳え、右奥に赤石岳、さらに右奥に悪沢岳と日本百名山が三座どーん!
これはすごいわー。

photo by 浮田健一

いやー今日はずーと富士山🗻見えてるー。

テンション上がるわ(´∀`∩)⤴

茶臼小屋からなのでらくらくで聖平に到着。
行動:4時間30分

聖平小屋に到着すると名物のフルーツポンチ!

いやー疲れた身体にありがたい。

photo by 浮田健一

夕方でもこの富士山🗻!

 

私のスマホ壊れて、写真は本日から撮れておらず・・・・・・・

camera by 浮田健一

聖平小屋から撮った一枚といっても、添乗員の浮田健一のスマホ借りてですが(笑)

高千穂ガイドブログ