キリマンジャロ登山のための富士山トレーニング2017

さー富士山3連チャン目始まるよー!

富士宮口5合目です。
プリンスルートで山頂を目指します。
メンバーは大阪から出てきているので、現在15時。

沖本ガイドが参戦!

メンバーの一人は80歳で5度目の富士山です!
※4回目は、高山病で9合目で断念だったそうです。
今回、傘寿記念で登れるといいですねー!

今日は、30分弱で到着する6合目の宝永山荘泊。

また、お世話になります!
キリマンジャロ登山説明会を行いました。

キレイな雲海!
ちなみに隣の山小屋は雲海荘(笑)


トイレがてらに富士宮ルートを見上げると登山者ポツポツ。
弾丸1日富士山登山は後をたたず。

高千穂ガイドブログ

広告

富士山登山 プリンスルート 剣ヶ峰3776m

おはようございます。

ただいま4時前。
まだ、真っ暗です。
夜空には、静かに大きく瞬ています。
大きく見える原因は、標高高い、外界より遥かに空気が澄んでいる、暗い、気分的にも(笑)

眼下に富士市、そして奥に富士市が見えますねー。

スマホでは星空がキレイに撮れず・・・・。

では、ヘッドランプ点けて出発です。

宝永山の火口の中を歩きます。

3歩進んで2歩下がる〜♬
火山灰台地。
簡単にいういと、砂地。

宝永火口

(2017年8月23日現在)富士山最後の大噴火!
1707年江戸時代中期(宝永4年)
宝永大噴火といわれ、噴火は2週間続き、火山灰は江戸の町にまで降り注ぎ日中に暗くなったと記されています!

310年前!

モンチュラパンツ
Montura Pants

宝永火口の赤に負けず!ダークオレンジ!

 

宝永山・馬の背

晴れないと、クレームを受ける。吉田太陽ガイド。
今回は、メンツを守れました。

 

まー晴れたのは私のおかげだけど(笑)
山中湖と御正体山と奥に丹沢山系。

津森豊が2人

宝永火口から御殿場ルートへトラバース!

赤いザック、青のシャツ、ストック!
同一カラーリングが2人!!!!!!!!

追い抜きで前を歩いているのは一般登山者。
後方でニコニコしているのが津森豊!

まもなく7合目日の出館

吉田ルートは0.5合間隔で山小屋がある。
富士宮ルートは1合間隔で山小屋がある。
御殿場ルートは、7合〜7.9合に3つのみ。

さー稜線が見えてきた〜!
しっかり、フーフーハーハーして、大きく足を出さず、小刻みに(半歩)歩いて下さい。

御殿場ルートのお鉢山頂の鳥居が見えてきたー!

 

おー!富士山の山頂火口と左に最高峰剣ヶ峰3776m!

これからお鉢を時計反対周りに回って、吉田口の山頂通って剣ヶ峰へ。


富士山山頂銀座通り。
富士山の山頂にお土産屋街が〜!
すごいでしょ!

日本最高峰・富士山剣ヶ峰3776m
全員登頂おめでとうざいます!

2500mを超えるとかならず高山病なる〜っていう方も、遅れることなく登りました〜。

「高千穂マジック」

富士宮ルートの山頂にある

富士山頂上浅間大社奥宮

に立ち寄り。
山頂でしか売っていないお守りあり。
また、御朱印ももらえます。

パルスオキシメーターで数値(血中酸素飽和度数と心拍数)を、メンバ〜一人一人測ります。

※80%以下の方は、矯正マンツーマン腹式呼吸をします。

腹式呼吸をしている状態で65%未満の数値の方は、これ以上の高所は向いていないということで即下山となります。
これ以上っていってもここが山頂なので、OKでも下山ですがね(笑)

全員80%以上でクリアー!

今日の宿は高度順応トレーニングも兼ねて9合目の万年雪山荘にて

高千穂ガイドブログ

富士山登山 富士宮5合目〜宝永山荘6合目

山旅人のツアー集合場所は、JR大阪駅の中央口改札横。
今回は、出発から同行!

一路、富士山へ。
富士山の登り口は計4+1
・富士宮口2400m(富士山表口五合目)
・河口湖口2305m(スバルライン・河口湖五合目)
・須走口新五合目2000m
・御殿場口新五合目1440m
・吉田口一合目1520m

 

富士山登山ルートは計4+1
・富士宮ルート
・河口湖・吉田ルート
・須走口ルート
・御殿場ルート
・プリンスルート(富士宮口〜宝永火山〜御殿場)

富士山表口五合目2400m登山口

 

では、日本最高峰・富士山山頂へGO!

今日の登山は30分ほどで、6合目の宝永山荘泊。

宝永山荘にて、海外高所登山レクチャー「キリマンジャロ登山編」!

一般の人たちも興味津々。
富士山の上でこういう説明会始めてはや7〜8年。

21時消灯!
明日は2時半起き〜!

こんな早くから寝れるかな〜?

 

数秒後

ZZZZZZZZZZZZZZ(-_-)zzz

高千穂ガイドブログ

2017年 富士山登山ガイド 3連チャン!

明日から富士山登山ガイド3連チャンです。

8月22日〜25日 山旅人 キリマンジャロ登山のための富士山トレーニング登山(プリンスルート&お鉢めぐり)&講習会 Vol.1

8月26日〜27日 KEEN 清掃登山・富士山登頂(吉田口ルート)

8月28日〜8月31日 山旅人 キリマンジャロ登山のための富士山トレーニング登山(プリンスルート&お鉢めぐり)&講習会 Vol.2

山旅人の 富士山トレーニング登山 2本も出発します。
素晴らしい集客力!

頑張って来まーす。

高千穂ガイドブログ

 

8月11日とは? 山の日! & My Birthday!!

4年前に制定されて、去年から導入された8月11日山の日(祝日)

実家が山の中の福岡県英彦山神社。
名前が山の名前
仕事が登山ガイド
誕生日が山の日

の高千穂有康です(笑)

今日は、山と渓谷社と好日山荘主催の山の日イベント

山モリフェス

http://www.yamakei-online.com/yk/yamamori/

が神奈川県・丹沢で行われました。

ピーチクとパーチクを頭にのせた「ヤーマン」がお出迎え。

 

コモ
コモパン

COMOパンのブース

隣には、山専門旅行社・トラベルギャラリーのブースもありました。

バテない山の歩き方と行動食
登山講座

バテない山の歩き方と行動食
講師:高千穂 有康

始まるよ〜!

高千穂有康講師
バテない山の歩き方と行動食

天気が悪く、参加者集まるか心配していましたが、
立ち見席続出!ってほど多くの方々が参加してくれました。

話し甲斐ある〜━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

もうこれで、皆さん明日からバテずに山登れますね!(笑)

高千穂ガイドブログ

旅の学校 〜《地球の眠り方・海外テント泊デビュー教室》

 

旅の学校 Travel school

今日は、エスティーワルド(STW)社主催の「旅の学校」講座を行いました。

旅の学校
地球の眠り方  海外テント泊デビュー教室

東京・渋谷校です。

 

テント装備 旅の学校

テント装備を持参して会場にセット。
お〜雰囲気出ますね〜。

 

旅の学校

テント泊の良さや、快適な過ごし方、テント泊で訪れた大自然や登山などを語っています(笑)

行動食の話しも〜しましたー。

日本のフリーズドライ

どれも美味しい〜。
種類も増えています。

アルファー米

私は、白米と五目御飯をよく使いますが、いろいろな種類のアルファー米のご飯も出ています。
賞味期限が4〜5年と長いので、防災用に家庭でストックしておくのもいいと思います。

お湯じゃなくても水からでも作れます。

そしてこれがアメリカのフリーズドライ。

FREEZE-DRYING OF FOOD

フリーズドライは英語ですが、アメリカではFREEZE-DRYING OF FOOD (フリーズ ドライング オブ フード)と言います。
INGがつくんですね〜。
Mountain House 社のものをみんなにちょこっと試食してもらいました。

 

Freeze drying food
Mountain House のRice Chicken

これがまた食卓に出してもいいぐらい美味しいんですよねー。

 

旅の学校

こんなレア企画を提案された時、え?STW社でその企画?
だれが来るのかなーと心配でしたが、多くの方にご参加いただき感激でした〜。
さすがSTW社!多種多様なお客さん持っています。

旅の学校

みんな興味津々ぶりには話し手も驚き!

STW・宮下綾乃さんが、モンゴル最高峰・オトコンゲル展望ハイキングのテント泊体験を話してくれています。

質問も飛び交い!
これから世界へ旅立つ人もいて楽しかったです。

次は海外ハイキングとかトレッキング話とか出来たらいいですなー。

Face book紹介文

〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・
世界中の大自然をテント泊で楽しむ方法を、100カ国以上の山をガイドする高千穂先生の壮大なトークと共にご紹介しました!テントやアウトドア飯も登場して、悪天候の渋谷が絶景ベースキャンプになりました♪笑 ”大好きな自然を自分だけの宿にしちゃうテント泊の魅力”を感じて頂けましたでしょうか?!笑いのたえないアットホームな教室となりました!
ご参加頂いた皆さま、お越し頂き大変ありがとうございました。またお会いできる日を心待ちにしています♪ /STW宮下

旅の学校はいろいろな講座をやっています。
チェック

http://stworld.jp/feature/travel_school/

FBやっている人は、FB上でチェックできます。
チェック!

また、STW社は格安航空券、ダイビング、ウエディング、卒業旅行、そして世界への多種の旅行を取り扱っています。
↓↓
クリック

http://stworld.jp

高千穂ガイドブログ