ACONCAGUA Day2(Confluensia3400m~Plaza de Mulas4350m)

周りの山々が高すぎて山麓に日が差し込むのは遅い。
コンフルエンシアの朝

730☀🍴

Desayuno
 メディカルチェック前に水分を多く取る(1L)。
メディカルチェックをパスしないと上へは行けない!
メディカルチェック
850/910メディカルCHK(Spo2,HR,脈,呼吸)OK!全員問題なーし!
Confluensia3400m~Plaza de Mulas4350m 約9時間
18.6km(⬆1100m⬇200m)Confurensia920発・・・1030渡渉・・・1055/1115大岩(休憩)・・・1239/1310ランチ・・・1415/1440大岩看板3870m(後4時間)登りとなる・・・1508/1520・・・1630アート岩・・・1710登り始める・・・1730ケルン・・・下って沢越える・・・1824着Plaza de Mulas(4416m)
コンフルエンシア 

アルゼンチンフレンド
Big Rockこのような平坦な道を行く

アコンカグア見えない
すごい荒涼とした地だなー
唯一の岩陰にてランチ
DSC02271
 ザ・モンチュラ
下山者たちも黙々と歩いていた
プラヤアンチャのパノラマ
赤いオルコーネス川
広大な山だここからまだ4時間も!
Piedra Ibanez

Cuerno角山(5462m)見えてきた

あの向こうがプラザデムーラス!プラザ デ ムーラス

ベジタブルスープ
ビーフステーキ
C1はあの上かー
夕食は1950~
ベジスープ、カルネ、ナッツロールケーキ。
カマボコ型テントで8人。
ベッドは救助用簡易ベッド。チームロシアたちと一緒のテントです。
Spo2:83~86/ HR:79高千穂ガイドブログ
広告

ACONCAGUA Day1(Horcones2850m〜Confluensia3400m)

Buenos Dias!!!
アルゼンチンなまりで、ブエンディアー!

朝食(☀🍴)は8:30からいただきました。

まーセルフですけどね。↓↓
Desayuno
本日のla lonchera(昼食お弁当)↓↓
ハム&チーズサンドウィッチ、アップル、ジュース、キャンディ、クッキーなど

Almuerzo/la lonchera
テントや装備&食料をMulas(ラバ)にてベースキャンプ(BC)のプラザ デ ムーラスへ。
※ラバは馬とロバの間の子。見た目はほぼ馬。
MULAS荷物
このセニョールがラファエル(Rafael).
FITWELL & MONTURA
ALL MonturaとFitwellシューズでいざ登山!
ペニテンテス
天気もよーし!
車にて1030Penitente出発。車には先客が乗っていた。
皆でアコンカグアへ!登山口のオルコーネスへ。
DSC02118
と思っていたら、2名は途中で降りて先に見えるMonte Penitenteにテント泊で登るとのこと。アコンカグアじゃなかったんだ!
Monte Penitente アコンカグアは雲の向こう。Aconcagua
↓あれ?アコンカグアは6962mじゃないの?
6959m? ウィキペディアには6960mと書いてあったけど。
Cerro Aconcagua
↓1044/1055Horcones事務所(手続き)WC有
アコンカグア登山口事務所
本日25日と明日の26日の天気予報
オルコーネス2800m、コンフルエンシア3400m、プラザデムーラス4200mの3カ所が載っています。本日プラザデムーラスは雨?天気予報

↓サインをして、白いゴミ袋をもらいます。番号が書いてあって山中のゴミをきちんともって降りなければ罰金!アコンカグア登山口事務所
1kmほど車で移動して登山口へ。
LANKO車
さあ!これから南米最高峰のアコンカグア登山開始!
1100/1105登山口(Horcones3900m)行動:約3時間50分
距離:7.35km、登り↑485m(下り⬇20m)オルコーネス登山口

オルコーネス湖
雲の合間にアコンカグアの山頂が見えています!
コンフルエンシア3h
今日はコンフルエンシアまで、明日はプラザデムーラスへ。DSC02142

知る人ぞ知る映画「セブンイヤーズ イン チベット」の撮影場所として使われた橋。チベットに雰囲気が似ている&標高はチベットより低いしね。
DSC02143
昨日、ペニテンテスで同宿。そして今日のコンフルエンシアも同LANKOキャンプ予定のブエノスアイレスからアコンカグアBCまでのトレッキングに来たグループ&ドイツ人一人とガイドたち。
DSC02146
1222/1238ランチ(大岩の下の影)
ゴミは1895の袋へ。
DSC02148
日差しが強過ぎる!!!!
日焼け止めだけでは焼けるな。
フル装備!
DSC02149
さー谷を歩いて行くぞ!
DSC02154

DSC02155
13:36/13:40コンフルエンシアまであと30分の看板

テクテク歩いて、30分後の14:10あれまだ着かず(笑)
さらに10分歩いて14:20にコンフルエンシアCAMP(3400m)到着。
DSC02160
↓コンフルエンシアのメディカルチェックセンター&ドクター
DSC02161
明朝に健康状態やSPO2(血中酸素飽和濃度数値)のメディカルチェックに来ます。
↓ここが今夜のLANKO CAMP
DSC02162
↓2段ベッドが11台ぐらいある。
DSC02165
DSC02166
ダイニングテントも大きい
DSC02167
飲み物は豊富
DSC02168
他の会社のCAMP
DSC02169
Bañoトイレ
DSC02170
夕食19:30〜
ベジタブルスープ!具沢山で美味しい!

DSC02171
↑ブエノスアイレスメンバーも合流DSC02173

下界のレストラン並みの豪華料理!!!さすがアルゼンチン。
カルネ(肉)ステーキが山の上でも焼き加減バッチリすぎてウマすぎです。
DSC02174

テント夜景手ぶれ防止夜景モード
上手く撮れた。実は20枚ぐらい撮って一番いいやつ(笑)
数値はSPO2が88~92。まずまず。

高千穂ガイドブログ

Monte Pichincha 4780m ③

今日は高度順応を兼ねて,キトの街から見える山ピチンチャ登山へ。

ピチンチャ山は3つの峰があり、街から見える山頂に鉄塔やアンテナが有る方は寝るピチンチャ峰、そしてその裏がお父さんピチンチャ,そして街から見えないピークが最高峰のGuaGua Pichincha(子供ピチンチャ峰)4780m。
車でぐるーと山を回り込み登山口へ。
ピチンチャ登山口

OBOZアプローチシューズ
アプローチシューズから登山靴へ。
Fitwellフィットウェル
準備して、バモ〜ス!
ピチンチャ山へ

DSC01947
稜線上の岩場に十字架が!
数年前噴火して麓の村に火山灰が降り積もりその後に十字架が建てられ村人達がお祈りへ上がっているとのこと。あの十字架あたりはちょっとした展望台になっていて火口が見えるとのこと。
私たちはその分岐を右へ!山頂へ〜!
登ってきた道を振り返る。
DSC01948

DSC01950
ピチンチャ最高峰に登頂!
ピチンチャ4780m山頂
イエーイまず1座。4780mという高さの山に簡単に日帰り!スゴくないですか?
ピチンチャ山パノラマ
ピチンチャ山展望!
本日の夕食は,イタリアンレストランにてピザー!
イタリアンレストラン

シーフードピザ

プロシュートとたっぷりチーズ

ボーノボーノ!!v(^o^)v

高千穂ブログ

谷川岳 雪山訓練 白毛門山

今日は、来年の南米登山に向けて、「谷川岳へ雪山トレーニング」へ。
朝、6時の地下鉄で上野へ。上野駅で合流して、上越新幹線MAXたにがわにて谷川岳へ(笑)!
と、まずは越後湯沢へ。
上毛高原あたりから雪景色。
雪国・越後湯沢駅に到着。
MAX谷川
おっと〜雪スゴすぎ。m(_ _)m
越後湯沢駅

在来線の上越線のホームへ乗り継ぎ、上りの水上方面行き電車が止まっていたので乗車。ドアは手動です。自分で開けて自分で閉める!
豪快に開けて閉め忘れた人はよそ者とバレバレです(笑)
車内は暖房ガンガンで熱々。
あれ?発車時間過ぎてるけど・・・。アナウンスで「積雪が多いため線路点検を兼ねて貨物列車が先に走ります。通過後に出発します。」マジで?大丈夫かな(;_;)。15分遅れて出発。
ずーと雪の中を走る。
次は土合〜土合〜。よし!
と電車が着いてビックリ。ホームに雪が積もりすぎて全然何も見えない!
土合駅

ホームが・・・・・
誰も歩いてないし(笑)
土合駅
ここ駅内にて、登山靴と装備を装着。
ポンと椅子においていたはずのスマホ。準備を終えスマホを取ると、画面が割れてる!!!!
えっ?今まで使っていて置いただけで落としても無いのに・・・何故?画面が割れてるからタッチしても無反応。えー!
歩いて土合橋へ。
スマホの脇についているカメラボタンを押せば写真は撮れた。
DSC_6202
これ、降り過ぎですけど・・・すごい。
土合

土合〜谷川
雪上車フル活動。大変だなー。
土合橋から白毛門へ。
登山口に登山者1人いました。
数メートル先までルート確認に行きましたが、トレース上誰も歩いた跡は無く、膝上まで積もっている。今日は登頂目的でなく、アイゼンやロープワーク訓練が目的なのでラッセルしてまで奥に進む必要ないので、白毛門方面への歩きは私たちは諦めました。

1人の登山者は頑張って入って行きました。
てなわけで、入ってすぐの斜面を使っての訓練をしました。
ハーネスを付けて私が雪をかき分け登ってザイルを張って、確保しながら登って、エイト環で下降の練習。
少しは確認も出来て良かったかな?次は1月にもう1回雪訓予定です。
下り遊びながら下って雪に埋もれました(笑)
歩いて土合駅へ戻っていると、ちょうど谷川ロープウェイ発の路線バスが下ってきた!ラッキー!
飛び乗り水上駅へ。バス車内でスマホを・・・・あれ?スマホがない。あーあの雪に埋もれた時に落としたかもー(泣)
下車後、
折り返しバスにて戻るハメに。
メンバーの方も1人で探すよりということで一緒に戻ってくれました。すみません、ありがとうございます。
スマホの色は「白」なんだけど、見つかるかなー。
壊れてはいるけど、データーが・・・・。
ドライバーさんに聞くとこのバスは土合駅を通過して谷川岳ロープウェイまで行って戻って来るとの事。
1時間に1本のバスなので帰りにどうにか拾ってもらうために急いで探さなきゃ!
慌てて降りたつもりは無いが、なんと手袋を車内に置き忘れての下車(焦)。トホホ。
スマホ探すのに手袋無しで探す。さらさら雪とスマホなどの硬いものの違いは素手の方が感覚で分かるけど、さすがに冷たすぎてしんどい(笑)メンバーに借りて探す。手袋はめると雪の柔らかさもスマホの硬さも感覚がなくなる。しかも「白」。
むやみにかき分けていると余計に分からなくなる心配が出て来た。
諦めかけた時、あったーーーーーーーーーー。
いやー奇跡。神様ありがとうございます。
谷川ロープウェイからバスが戻って来た。
ドライバーさんに「ありましたよー!」と喜び乗車。
水上駅を経由して上毛高原へ。
LINEやメールが届いているみたいだが画面にタッチしても無反応。電話も取れない状況。
上越新幹線にて上野へ。

赤城山

着後、DOCOMO上野駅前へ直行!
『ケータイ補償サービス』に入っているので、修理と交換を同料金5000円で選べました。
ただ、画面がタッチ出来ないこのスマホから、データーやアプリの機種変出来るのですか?
なんとマウスを出してきてマウス操作が出来た!
「すごい!このマウス欲しい」というと『販売していません』とあっさり回答。あはは

で新しいスマホの受け取りですが、明後日よりバングラディッシュなので明日中に受け取れなければ、新年明けての5日以降になりますと伝え、センターに電話して調べてもらうと明日受け取れるとの事。ギリギリセーフやったね。

自宅の最寄りのDOCOMOで受け取る事にしてもらい一安心。
代替えを借りましたが、もう明日受け取るので何も設定せずに電話用(笑)

そもそも、なんでスマホ画面が割れてたんだろう?不思議。
天井から石でも落ちて来たのかな?
厄年?関係ある?
厄年の〆まであと5日だったのに(泣)

高千穂ブログ

 

丹沢縦走②

5時起床!2階に薄らランプが点く。ほぼみんな分からず(笑)
外を見ると、まだ真っ暗。今が一番サンライズも遅い時期。7時過ぎだそうだ。外に出ると、星が満天に輝いていた!
今日も天気はサイコーそうだ!
朝食は、自炊。
ご飯を温めて、フリーズドライの親子丼とスープ。何気に朝から豪華。朝食

準備して、出発です。
みやま山荘

635みやま山荘/丹沢山頂・・・ 717不動休憩小屋・・・725不動の峰・・・棚沢の頭1614m・・・749鬼が岩の頭1608m・・・815/823蛭ヶ岳1673m・・・(アイゼン装脱10分)・・・945/950臼ヶ岳(ぶながたけ)1460m・・1037金山谷乗越・・・1125/1155青が岳山荘・・・1159/1202桧洞丸1601m(青が岳山荘)・・・1215分岐(ツツジ新道)・・・1310展望園地・・・1345/1350ゴーラ沢の出合(徒渉)・・・(白石沢)・・・1417下山口/車道・・・(キャンプ場)・・・1425西沢自然教室着(WC有)
☆バス平日14:40、1540、1625

 

山荘から蛭ヶ岳への下りに雪や凍っている箇所少しあり。
そこを下り鞍部に出ると!!!!!!!!!
ウァーオー!富士山近い〜!!!
富士山

丹沢の最高峰登頂!1673m
蛭ケ岳山頂

手話で喜びをFB(Facebook)の「手話っていいねクラブ」の友だち達に動画UP!
77人から「いいね!」いただきました!
↓↓
https://www.facebook.com/groups/184441828374515/427667040718658/?notif_t=like
誰でもこのページ観れないのかな?

蛭ヶ岳からのつづら下りが日が当たりにくく、雪やアイスバーン箇所が続き、ここではアイゼン装着。
はしごなどの危険個所もあり。

2014-12-22 10.39.37

結構、ガレガレで、もろく崩れている箇所があり、途中大きな岩の自然落石があり、ゴロゴロゴローと大きな音がすぐ後ろに聞こえてびっくり〜。上に鹿でもいたかな?
2014-12-22 10.40.06

 

臼ヶ岳も登頂!臼とかいてブナ!
日本の山の名前は難しいですねー。
本日最後のピーク桧洞丸でーす。
これは「ひのきぼらまる〜」。
桧洞丸

桧洞丸からの下りも所々凍っている箇所があり注意して歩きました。アイゼン要らず。
ゴーラ川を渡渉して、トラバース道をもくもくと歩き、西沢自然教室に到着!
西沢自然教室バス停
2日間!常に富士山を見ながら&富士山に向かって歩くのでとっても気持ちいいコースでしたー。ただ2日間もと7〜8時間歩くロングコースとなるのでちょい大変です。
トイレの前にこんな紙が!
2014-12-22 14.32.03
なんとこの縦走で、ベスト10中、8座も登っちゃいますよー。
あとは6番目の大室山と10番目の同角の頭を登っちゃえば10座制覇ですよー。

1蛭が岳、2不動の峰、3鬼が岩の頭、4桧洞丸、5棚沢ノ頭、6大室山、7丹沢山、8熊笹ノ峰、9竜ヶ馬場、10同角の頭
高千穂ブログ