黒部源流の山々(太郎平小屋~折立==富山寿司)⑥

今日も良い天気ー。
やっぱり1日延ばして薬師岳登ろー!と言い出しかねない天気の良さ(笑)
朝食は5時30分より

image
太郎平小屋のbreakfast


ご飯はTV日本昔話(古い?(笑))レベルの山盛り(笑)このあともう一杯おわかりしたのは言うまでもない。
荷物準備して河野さんの見送りを受けて出発。
image
太郎平小屋 河野さん


「太郎平小屋」看板の前でパシャリ!
ではでは今年もお世話になりました。ここ太郎平小屋は10月24日に小屋〆。次はGW期間中オープン、冬は立山スキー場のロッジ太郎。
その合間で登山したりスキーしにいったりしてるそうです。今年か来年はネパール登山も考えてると言ってました。
また来まーす!さよならー。
★今日の行程★
623太郎平山荘出発・・・五光岩ベンチ714/720・・・ベンチ805・・・ポール(黒赤黄色)815・・・三角点830/853・・・アラレちゃん918・・・岩場休憩所935・・・折立登山口1010===白樺ハイツ(入浴)===すし玉(寿司三昧)===鯖寿司店===立山の湧水(いたち川添い)===富山駅

image
さよならーと手を振って木道に乗ろうとするとー!Σ( ̄□ ̄;)おーっともっ木道が凍ってる~。うっすらと白くメチャメチャ滑る~。普通は便利で有難い木道がほぼスケートリンク状態。恐る恐る歩いたり木道降りて脇を歩いたりで時間が歩き始めから倍かかる。
折立に迎えのタクシー10時に呼んでいる。折立は携帯電波が入らないからタクシーの無線は入るのかな?まぁちょっと余裕を見ての10時だから大丈夫だろうけどあまりゆったりももたもたもしてられない。頑張らねば。
太郎平~折立の間も携帯電波入るところと入らないところがあるし、折立に近くなればなるほど入らない。
image

image
五光岩と薬師岳

太陽当たれば木道の霜もすぐ溶けるかと思いきや、標高も高いのですぐとはいかなかった。
五光岩展望台ぐらいでまで下ればと思っていたが、まだ完全に溶けてはいなかった。
まぁそこからはじょじょには溶けてきて歩きやすくなったかな。
image
三角点


展望が利くのはここまで!太郎平から折立までの約3分の2下った。大休止を取る。お湯を沸かし、dripコーヒータイムー。
あとは樹林帯の中をひたすら下るのみ1時間強!最後気を抜かず、お昼の寿司なに食べようかーなど余計な事も考えず歩きましょう!
富山はしろえび美味しいからなぁー(笑)絶対食べよー・・・とかもまだ思っちゃーダメですよー(^o^
ガツガツっドカドカっ登りは汗かきながらヒーヒー登ったのに下りは楽チン。
車の音も聞こえてきたー。あっ下が見えてきましたー。
到着~~\(^o^)/
6日間お疲れ様でしたー。
軽い腹ごしらえにポタージュsoup飲んで終了!
城南タクシーの竹内ドライバーに迎えられ、タクシー乗り込み一路白樺ハイツの温泉へー。
途中、有峰湖がキレイだったので、写真ストップ
image
今回は、入浴のみでご飯は食べずに「すし玉」へ直行。
※(去年は他のメンバーを長野の新穂高温泉から雲の平縦走に案内した際は、あまりにもお腹すいてて、寿司にたどり着くのが待てず、風呂上がりに白樺ハイツでソバなりご飯を食べてからのタクシードライバーお勧めの「すし玉」へ)
image

とやま湾セット~\(^o^)/
しろえびー、蟹、ホタルイカからスタート!
みんな金色皿ものばっかり注文(笑)
タクシー待たせて1時間オーバー( ̄あかむ ̄*)ゞさすがにドライバーさんから「いつでも出れるよう待機してますけど、電話が(笑)」
image

回転寿司だけど、ネタが新鮮&デカイ!
でも、回転寿司で一人7000円ってどんだけ~!(* ̄∇ ̄)ノ
去年の写真
お昼を白樺ハイツで食べてからの7人で80皿越え~!全部映らないし、皿を各人の取り皿として使ってるし(笑)Σ( ̄□ ̄;)↓↓
image
2013年8月もの

富山県民じゃないけど、「すし玉」のポイントカード作りました2013(笑)
ポイントカード持参し忘れました2014。レシートにハンコ押してもらい来年持ってきます(笑)
満腹満足でタクシーに乗り込み富山駅へ。
竹内ドライバーが「登山の方って下山後全く観光もしたがらず早く駅に向かって~と言うんですよねー。富山何回か来てるけど、山しか行ってないという方多いですがなんでですかー?」と質問される。「あーそう言われればそうですねー(笑)。山でいっぱいいっぱい時間と日にち使ってるから下りてからの観光時間は取ってないんですよね。」
メンバーの一人は「私は全然下山後に観光したい派ですよー。せっかく遠く富山まで来て山だけ登って帰るのもったいなーい。ちなみに富山で観光するならどこ?」の質問に「富山湾から見た立山連峰キレイですよ!」
っておいっ!それ山やし~。立山は今回も山の上から見れたし(笑)
えー他には?と聞くと「日本三大大仏が高岡にあります。」「へーなるほど、奈良、鎌倉はよく知ってるけど高岡ね。一度行ってみよー」
「運転手さん、富山と言えばマス寿司!駅で買って帰ろうと思ってるんやけど、どこのがいい?」「駅には売ってない天然マス使用のマス寿司屋さんありますよ!お店に立ち寄りましょうか?もー売り切れてるかも知れませんが!」「お願いいたします!」
image
天然マス寿司の関野屋


「関野屋」はひらがなの「せきのや」もありますが、漢字の方がドライバーさん的には美味しいとのこと。
2段ものと、1段もの、そして弁当の3つのみが残っていました!私たちですべてお買い上げー(笑)
image
マス寿司お弁当

いたち川沿いの立山の湧水にも立ち寄ってもらい富山駅へ。
お買い物して時間がギリギリになり走って改札を抜け、富山駅は改札からホームが遠い~!京都・大阪方面の方は3~4分走って特急サンダーバードの閉まる扉に飛び乗りー。
今回の6日間で一番疲れた~と捨て台詞を残しドアがプシュー(–)==3
さようならー!

東京行きはそのあとのはくたかで越後湯沢にて新幹線に乗り換え東京へ。
来年には東京から富山まで新幹線が開通されれば東京からは直行。今度大阪や京都からは金沢で乗り換えとなるみたいですね。

高千穂ガイドブログ

広告

黒部源流の山々(雲の平山荘~薬師沢~太郎平小屋)⑤

台風は去ったのに昨晩は大荒れでした。
朝方は雨音も風の音もしてなくって、台風の影響去るまでにやっぱり半日かかったなぁーと下界だと去ればすぐに晴れ間がみれるのに。
で、朝窓が真っ白で外が見えず。外と中の気温の差で曇ったのが凍ってるのかなーと思っていた。
辺りが明るくなってきて外見たら真っ白~(*_*)??
えー雨音しなくなって止んだと思っていたら雪が降ってたんだ~っ!木道も真っ白で5~10cm積もってる。景色的にはとってもキレイはキレイだけど~、一難去ってまた一難(TT)

image
雲の平山荘ベランダより

image

image
雲の平からの景色・三俣蓮花岳、笠ヶ岳
image
雲の平からの景色・水晶岳、ワリモ、祖父岳
image
雲の平からの景色・雲の平、水晶岳
image
朝のコーヒータイム

朝にゆったりできるのは贅沢ですねー。
さてさて、朝食の時間です。
朝食の準備出来たら、山小屋のスタッフ全員写真撮りに出て不在に。

image
雲の平のbreakfast

雲の平山荘2泊!お世話になりました。
小屋主のジローさん↓

image

image

↑みんなで記念撮影!
★今日の行程★
雲の平山荘707・・・722祖母分岐(荷物デポ)・・・祖母岳739/749・・・分岐802・・・アラスカ庭園855/900・・・木道終912(942)・・・途中休憩1003/1008・・・沢と別れる1115・・・岩場から土道1120・・・薬師沢小屋1135/1240・・・第3徒渉点1341・・・第二徒渉点1404・・・もう一頑張りポイント1420・・・77番(青字)1451・・・木道1456・・・第一徒渉点1507・・・太郎平小屋着1515

ギリシャ庭園や奥日本庭園、アラスカ庭園と名のつく美しい台地が続きます。雪が溶けてきて、木道が滑るので庭園散策を通常だとあっち見、こっち見で楽しみながら歩いて通過するけど、今日はほぼ足元注意歩きで通過(汗)

image
雲の平の雪景色

image

薬師沢へ。

image
雲の平から見た 雪の薬師岳と立山連峰

とても天気が良いので、祖母岳(ババダケ)に寄り道登頂!
8座目祖母岳~\(^o^)/
360度の大展望!

image
雪の水晶岳
image
雪の槍ヶ岳、三俣蓮華峰、笠ヶ岳

image


雪のついた雲の平の木道をズリズリ滑ったりしながらなんとか怪我はなく終了。
これからは沢に向かって急な急な下り坂。ここがまた大きな石や岩が苔をつけて連なる晴れていても湿っていて難儀なところ(*_*)。
今日はさらに雪がちょこちょこ着いてる。
通常より時間を掛けてゆっくり慎重に下る。

image

滑らないよう転けないように注意して緊張して、余計に疲れる。もう少しでーす。
※高千穂さんのもう少しは全然もう少しじゃない!30分以上1時間未満やーと後ろから声が聞こえました。あはは(^-^)
なので、多分「もう少しでーす」と声をかけてから約1時間ぐらいたったのでしょう。薬師沢小屋まで下って来ましたー。
本日の底値です。

image
薬師沢小屋


写真左に見える吊り橋を渡って小屋に到着。

image
薬師沢小屋吊り橋

元々の日程では昨晩はここに泊まる予定でしたが、台風18号通過のため雲の平に停滞したので、今日はここでお昼を取って通過して太郎平へ。
image
薬師沢小屋カレーライス

image

かれこれ4~5年お世話になってる薬師沢小屋の小屋番赤塚君。今回は一緒に飲めなくて残念~(TT)
またの機会に(^o^)/
薬師沢小屋を出発して太郎平へ向けてどんどん登ります。
木道が出てきて緩やかな登りとなり辺りが湿地帯のここは河童が化けてでると伝説の「カベッケガ原」です。そんなのお構い無しにモクモクと木道を歩きます。
今日の朝イチはこの木道に霜が降りていたみたいで、とてもスリッパリーだったみたいです。今はもう霜どころか所々ほぼ乾いた状態なので歩きやすいです。
第三徒渉点、第二徒渉点と2日目に登頂した北ノ俣岳源流の川を渡りペース良く歩きます。
image
↑もう一頑張りポイントに到着(あと1時間ぐらいポイント)薬師岳の尾根筋がまだ山に見えます。
どんどん標高あげて、薬師岳の全体が見えてきて左側には太郎平小屋が見えてきましたー。↓
image
太郎平小屋と薬師岳

3日前に通った、北ノ俣や黒部五郎岳への分岐に到着。ここらまっすぐ進んで太郎平小屋に到着~\(^o^)/
image
太郎平と薬師岳

チェックインして、食堂に設置されたこたつ(2台)に入り、団らん。
せっかくここまで来てるし薬師岳目の前やから、明後日の予備日を使うことにして明日、ここ太郎平小屋からピストンで薬師岳登って明後日太郎平小屋から下山という話で進んでいたが、薬師岳にどっぷりたっぷり雪がついてるから、またまた日程の再検討。
結果は「また折立からしんどい思いしてここ太郎平まで来て薬師岳登るの、いややなぁー&日にちもかかるし~という思いが強く、今はもう太郎平まで来て、明日ここからピストンして、明後日下山が一番楽やし、日にち的にも楽やしなぁー。」でしたが、雪が多くちょっとそっと岩場なんか大変そうやなぁということで、来年立山から五色ヶ原、薬師岳縦走にしようと話がまとまりました。薬師岳登ったらもう五色ヶ原からここに縦走したいと思わんかもという理由も付け足しといての結論。
夕食は17時30分からいただきました。
image
太郎平小屋dinner


高菜でご飯一膳いただきました(笑)
夕食後もこたつで団らんしたあと部屋へ。
消灯の21時前には寝てしまいました(笑)。
昨日は雲の平であんなにゆっくりしていたのに眠いとは(笑)

高千穂ガイドブログ

黒部源流の山々(三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳~祖父岳~雲の平山荘)③

昨晩&今朝の予報では、今日は午後から雨模様(T_T)なんか9月よりずーと天気良かったからこの晴れ男ぶり続くんじゃー?的な根拠のない確信も本日午前までとなりそうです(泣)
まぁその9月は日本全国天気良かったですからね、自称晴れ男&晴れ女も各地にいたことでしょう(笑)とにかく9月はラッキー過ぎましたね(笑)

image
三俣山荘breakfast


通常は5時30分からの朝食を5時からにしてもらいました。
他のパーティーの人たちは「5時~5時30分には出発したいので、5時30分からの朝食なら朝も昼も弁当をお願い」と言っていたみたいで、小屋の女将がどうせどこかで時間取って食べるなら温かいものを食べて出てもらいたいとの心使いで全員5時になりました。有りがたい有りがたい。
image
オーストラリアからのジョン夫妻


「See ya some where in the earth!(また地球のどこかで会いましょう!)」
彼らは、三ツ俣越えて双六小屋から西鎌尾根にへばりつきながら槍ヶ岳へ。
image
私たちは、反対の鷲羽岳へ。↓
image
鷲羽岳

image
朝の槍ヶ岳


まだ天気良いです!↓
image
槍ヶ岳と紅葉

鷲羽岳へガレ場をジグザグに登り高度を上げていきます。
泊まっていた三ツ俣山荘がどんどん小さくなって、見上げてた三ツ俣や黒部五郎岳がほぼ同じ目の高さに(*^ー^)ノ♪

image
三ツ俣蓮華峰、黒部五郎岳展望

image
鷲羽岳


もうひと登りで山頂だ!
image
鷲羽岳山頂


4座目の百名山の鷲羽岳山頂~(*^ー^)ノ♪
image
5座目のワリモ岳↓
マルマルもりもりみんな食べるよー!くるくるほっぺに明日も晴れるかなー(≧▽≦)♪
あっそれはマルモかっ(笑)
image
ワリモ岳山頂

槍ヶ岳山荘~徳沢園⑤

おはようございます。4時30分起床。
槍ヶ岳は天気良いですが、強風です(*_*)
5時30分朝食

image
槍ヶ岳山荘のbreakfast

5時37分御来光!食堂から

image
image
image
堀田


堀田さんとはここでお別れ(/_;)/~~
かなりの強風で寒いです。
いやー昨日登っておいて良かった~。
昨日はメンバーの体力も残っていたから行けて良かった良かった。
★今日の行程★
640槍ヶ岳山荘・・・708殺生ヒュッテ・・・749(1500m/岩沢横切り)・・・833/837天狗原分岐・・・920/930大曲・・・954ババ平テント場・・・1020/1114槍沢ロッジ・・・1150二ノ俣の橋・・・1257/1314横尾山荘・・・1403新村橋・・・1415徳沢園
夕食①17時30分、消灯21時。
image
槍と有


ダウンの帽子を被るほど風強い!
image
ガレガレの下りがキライな(苦手な?)方若干一名(笑)
でもでも今回はブツブツ言いながらもいいペースで下ってます。
image

image

日があたる前の黄葉
日があたっての紅葉

image
image
image
image

image
槍沢と雪渓

image
ババ平の槍沢テント場

もう一息で昼食~の槍沢ロッヂ!
image
槍沢ロッヂの位置

↑槍沢ロッヂなう
お腹がかなり減ったー。
牛丼にしようかな?焼き鳥丼にしょうかな?ラーメンにしようかなー?迷う~(*_*)
えーい!全部頼んじゃえー♪
image
ふー美味しかったー(笑)
まぁ全部食べたわけじゃないですけどね(笑)
ここにはシャーベットが売ってました!
1つじゃもの足りず、出発前に途中でも食べようと購入する方も。
でも、食べるの忘れて1時間すぎたくらいに思いだしたようにシャーベットをザックから出すが、すでに固形物→液体化していた。封を切ったため食べるではなく、飲むハメに。
高級な甘~い液体だったそうです。
1時間30分ぐらい経つと♪docomo携帯の電波が1本突如入った!これは9月中旬前には起こり得なかったことだ!
9月中旬より「docomo」と「SoftBank」2社の電波は衛生電波にて横尾山荘付近で入ることになりました!「au」社はこの事業に賛同せずということで「au」は入りません。
1本電波が2本、3本と入るようになり横尾山荘が木々の間からちらほら見えてきました。
そして、横尾山荘到着。
image
横尾山荘

↑ 着くやいなや山荘に飛び込み「アイスクリーム」求む方!
「ここでは売ってません。徳沢園でソフトクリーム売ってます」と言われてガックリして戻ってきました。残念っ(>_<)
我慢してもう1時間歩き今日の宿泊地・徳沢園へ。
ダラダラ平坦な砂利道をてくてくと
image
到着!お疲れ様でしたー。
image
名物徳沢園ソフトクリーム

なぜか溶けるの早いソフトクリームです。
急いで食べなきゃ落ちるー。
チェックインしてお部屋は「前穂」。
4日分の汚れを~↓
image
徳沢園のお風呂

徳沢園の楽しみはお風呂だけではなくてー、
夕食~(*^ー^)ノ♪
image
徳沢園のdinner

ステーキに茶碗蒸し~\(^o^)/
image
徳沢園ステーキ

まいうー(*^^*)
さてさて今日は、クラブツーリズム九州のガイドとして原口剣太郎が同じく徳沢園に。そして、旅本大阪のガイドとして三浦さんと神浦さんが徳沢ロッヂに来てるので、徳沢ロッヂにて一杯いや二杯飲んで再会を楽しみました。
21時の門限の前に徳沢園へ戻りました。

高千穂ガイドブログ

ヒュッテ西岳~東鎌尾根~槍ヶ岳登頂~槍ヶ岳山荘④

4時30分起床
おはようございます。
昨日は、白鵬の14勝1敗で見事な千代の富士に並ぶ優勝31回!すごいですね。
私はモンゴルのウランバートルで白鵬に会ったことあります(笑)
さて、そんな私も凄いことに、9月は1敗しかしていません。27勝1敗。9月は1日しか雨にあってない!すごいー。
5時朝食↓

image
ヒュッテ西岳のブレックファースト

image
ヒュッテ西岳からの御来光

image
常念岳横から御来光

630ヒュッテ西岳出発・・・759水俣乘越・・・922(ヒュッテ大槍まであと40分看板/&1.6km)・・・928(1.5km)・・・(休憩10分)・・・959(ヒュッテ大槍まで10分)・・・1014(ヒュッテ大槍まで3分)・・・1019/1100ヒュッテ大槍・・・1133(300m)・・・1153槍ヶ岳分岐・・・1156/1200槍ヶ岳山荘・・・1230/1251槍ヶ岳・・・1323槍ヶ岳山荘着  夕食1700、消灯2030

image

image
大キレット、南岳、中岳、大喰岳、槍ヶ岳
image
奥穂高、涸沢岳、北穂高、大キレット
image
槍ヶ岳

image
長い階段の下り


ヒュッテ西岳出たらすぐさま下り~。かなり下って、まだ下って~、今日はあの槍ヶ岳に登るのにこんなに下ったら登り大変じゃんって思いながらも下るしかない(笑)
image
槍ヶ岳

image
紅葉

image
紅葉と槍ヶ岳


槍ヶ岳がどんどん近くなる!

image
槍ヶ岳と黄葉
image
東鎌尾根

image
鉄梯子を下る

水俣乗越まで下って、ここから槍ヶ岳東鎌尾根のギザギザルートの登りが始まります。
image
槍ヶ岳まで2.0km

image
梯子の乗り継ぎ
image
北鎌尾根(左)
image
10分と書いて20分かかる(笑)

image
槍ヶ岳まで1.2km


いよいよです。
image
槍ヶ岳


ガンガン登って槍に近づきます。
ヒュッテ大槍に到着!ここでランチタイム。

image
image

image
大槍ヒュッテにてランチ

image
槍ヶ岳と殺生ヒュッテ


小さく殺生ヒュッテ見えてきたー。
青空に聳える峻峰と北鎌尾根↓
image
槍ヶ岳

image
image
槍ヶ岳まであと500m

image
トウヤクリンドウ

image
槍の先にとりつき

image
槍ヶ岳山荘がどんどん小さくなってくー

最初のとりつき岩場クリアー!そして見上げると、次なる難所が!
image
第2パートの梯子(計4パート)

長い梯子を登り岩板にしがみつきながら、しっかりホールドを確認しながら第3パートクリアー!
image
image
振り返ると穂高連峰

最後のアプローチ~(第4パート)は梯子の登り換え登り換えで~
image
長い梯子の先は~


一手一歩慎重に!
やったー!\(^o^)/槍ヶ岳登頂~

image
おめでとうございます。
人も少ないっ!てかほぼいない(喜)
山頂は狭いからドンドン上がってくれば危険なところなので、タイミング良かった良かった。
ゆっくり360度見回して感動にしっかり浸って。残念ながらここには動画がアップ出来ない(*T∇T)ノ(泣)

話によるとここ槍ヶ岳は先週末の連休には登り待ちが1~2時間だったとのこと!Σ(×_×;)!。
すごすぎる越えて可哀想~(T_T)
まぁ先週末は天気も良かったしどこの山も混んだことでしょう。

image
槍ヶ岳


下山して山頂を振り返る!まだまだ天気がいいー(*^ー^)ノ♪
image
槍ヶ岳山荘


チェックイン。
image
槍ヶ岳ワインと槍ヶ岳


4人で2本フルボトル&ハーフ1本を空けちゃいました。祝賀会モード!おめでとうございまーす。
image
槍ヶ岳山荘のディナー

もう明日は下るだけなので、そんなに張りきって降りる必要もないので、白米のおかわりは控えめに(笑)

本日は大変にお疲れ様でした。
心配こともなくなりましたので、ゆっくり寝ましょう!

高千穂ガイドブログ

八ヶ岳(赤岳~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉)③

やっぱり山頂山荘に泊まれば見たいのはー!

image
富士山

image
八ヶ岳山頂でのご来光

朝食は自炊で五目アルファー米と味噌汁。
ゆったり出発!

今日の行程
山頂小屋7:30→赤岳天望荘800/830→地蔵の頭分岐835/844→23夜峰848→日の岳→鉾岳→石尊峰→三又分岐942/950→横岳主峰・奥の院2829m1004/1035→1054台座の頭→1114硫黄岳山荘→硫黄岳1146/1240→沢渡る1357→赤岳鉱泉1405着

登山靴を履こうと玄関口に出ると、昨日の登りで靴底の剥がれが起きてしまった男性がバンドなどで補修していた。「今日は地蔵尾根を下る」と言う。口調は西日本方面の方でした。んー平らな道ならそれでOKかもですが、あの地蔵尾根を下るなら、かなりしっかり固定しないと危ないな~と思い、声をかけてテーピングやバンドで修理をさせてもらった。これで下りきるまでは大丈夫ですよ!
私の幼年期からやってきたサッカーがこんな所でも役に立っちゃった(笑)
なんとスパイクの修繕は得意中の得意だったんです。

image
靴底剥がれ

「一日一膳」本日分は朝イチに達成!(*^^*)
何はともあれ、出発が遅くなりメンバーの皆さんすみません。ありがとうございました!
いつでも誰の登山靴にでも起こり得ることですので、出発前に底が剥がれてないか確認してても歩きだして、いきなりガバーと底が剥がれることもあるみたいです。
買って5年以上経つ靴で半年や1年履いてない靴はとくに危ないので、2~3時間程度履いて歩いてチェックしましょう!

image
靴底剥がれ

image
横岳と硫黄岳


今日は南に向かって稜線歩き!
鎖場やはしご、そしてカニの横ばいも出てきますのでスリル満点ですよ。緊張の連続なので楽しく頑張りましょう!
image

昨日の山頂山荘で買ったTシャツ「赤岳頂上」かっこいいね!( ^-^)ノ
買ってすぐ着るっのもいいね。
image
赤岳天望山荘と赤岳

image
赤岳、中岳、阿弥陀岳

image
横岳山頂


4座目~横岳主峰・奥の院2829m
イエーイ♪
さぁここからはしご、鎖、カニの横ばい気をつけましょう!
image
横岳鎖場

image
横岳のカニの横ばい


一歩一歩慎重に!
image
八ヶ岳 台座


真下には、赤岳鉱泉や行者小屋が小さく見えます。
image
台座と阿弥陀岳


昨日の阿弥陀岳があんな遠くに~。何気によく歩いてるなー(笑)
image
硫黄岳山荘


立ち寄りますかー?の質問に別にーとのことで、今回は素通り~。実は後で聞いたが、ここにはまだ色んな色の手拭い売っていたみたいです。残念~。
image
硫黄岳への登り


ジクザグで比較的登りやすい。
image
硫黄岳山頂


かなり広い山頂です。
山頂にて八ヶ岳の山々を見ながらランチTIME!
image
硫黄岳山頂 SOTO バーナーとOBOZカップ

image
image
硫黄岳からの下り


赤岳鉱泉に向けて下り道
image
八ヶ岳 紅葉


キレイに紅葉始まってまーす!
紅葉と黄葉の仕組みの違いについて説明しましたー。みなさん覚えていますかー?(笑)
赤岳鉱泉に到着。
image
八ヶ岳 赤岳と阿弥陀岳


えー15時すぎてもこの天気ー!ヤバイね。
みんなでビール飲んでリラックスムードで和気あいあい!
夕食は高千穂特製ハンバーグとミンチ&野菜具だくさんカレー!
おいしくいただいてもらいましたー。

一日お疲れ様でしたー。

高千穂ガイドブログ