北九州やまびこ会 雲取山2017m、両神山1723m、高尾山599m  5日間

みなさん早朝5時30分のスターフライヤーにて羽田空港へ。

その便の羽田空港到着予定が、7時やったんで、私は7時に着いたら、大丈夫やろーと思って、向かいよったら「もー着いて、荷物も取って到着ロビーにおるよ」っち溝尾さんからの電話!

えー!と思って時計をみたら7時。
ウァーオ!「すみません!余裕ぶっこいとりました!今私は、電車で羽田空港に着きました!これから5分弱でそこ向かいます!」と急ぎました。

一路、雲取山のお祭り登山口へ。

今日は富士山🗻バッチリ✋

奥多摩湖(長閑)ここも東京ばーい。

鴨沢抜けたら山梨県です。
お祭りから登山開始~。

後山川

東京都の重要な水源の源流っちゃ。

今日のお宿は、三条の湯ばーい!

ツルツル温泉も入れてから、皆さん満足満足っち。

本日の宿泊者は多くないので、大部屋貸しきりーでーす。
36人部屋を18人で使えるっち、山小屋とは思えん!

オーナーにいただいた鹿肉~。

やべーでたんうまかった~。
高千穂ガイドブログ

広告

ガイドは社家 春の大祭り 英彦山御神幸祭2017

日本中にいろいろなお祭りがあります。
ここ英彦山にも年間いろいろな祭典・式典が行われています。

春の大祭り・英彦山御神幸祭
毎年4月第2週目土曜日から2日間

ツアーにしました!
日本初?(笑)

田川に工場がある福岡のお土産でベスト10にはランキングされる有名お土産品・めんべい!(明太子せんべい)へ。
工場は土曜日なのでお休み(笑)
売店は開いていました(笑)イワシ明太など買いました(笑)

ひこさんのしゃくなげ荘に立ち寄り、ランチ。
・ヤマメの唐揚げ定食
・鯉のあらい定食(英彦山の美味しい水で育った鯉なので全然臭みがないと人気です)
・ジャンボ唐揚げ定食
・しょうが焼き定食
・お蕎麦
・しゃくなげ定食
ヤマメの唐揚げや鯉のあらい、鯉こく(鯉の味噌汁)付いています。
などなど

私は迷わず!


しゃくなげ定食!
めちゃうまい!
やばいっ!今晩またすごい豪華料理なのにあんまり食べたら夕食までにお腹すくやか?

銅の鳥居に立ち寄りました。
銅の鳥居と書いて「かねのとりい」と読む。
この英彦山という文字は霊元法王の文字だそうで、すごいフォントです。
鷹巣高原ホテルに荷物を置いて、神幸祭一日目【お下り 】へ。
14時開始。
英彦山中腹(標高約700m)にある奉幣殿(ほうへいでん)から約900段の急な石段で、標高差 約160mある参道をいっきに駈け下り、銅(かね)の鳥居のそばにある下宮(お旅所)に 一泊し、翌日の日曜日に奉幣殿(ほうへいでん)まで参道を駆け上がります。


神輿が3基、奉幣殿より下って来ます。

神輿1基につき20〜25人の担ぎ手がいます。

神輿の重さは400kg!!


参道の中間地点にて休憩。

稚児の舞

可愛いですねー。
当人より、お母さんなどが必死(笑)

そして、さらに御旅所へ下ります。

わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!

御旅所

そしてここでも稚児の舞。

まさかりの舞
大きな重いまさかりを持ち、堂々と舞っています

獅子舞

ちと変わっています(笑)

神仏習合
山伏、お坊さん、宮司

高千穂宮司三代!

てくてく歩いて(お腹空かさなきゃ!)
宿へ。
※有康さんこの前も同じもの食べたけ、料理内容変えようか?と気を使っていただきましたが、みんなと同じもの(先日と同じもの)でいいです!ということで!
ふぐも、佐賀牛も、大海老も、ムカゴも何回食べても美味しいから(笑)!
のりこさんお気遣いありがとうございます。

 

ということで〜
本日の日本一の夕食は〜!

じゃじゃーん!アラカブ(別名:カサゴ)

はい、出ました!
日本一の豪華な夕食の宿

アラカブの食べ方?
頭からガブっ〜とかぶり付いちゃって下さい!
こんな感じで

↓↓

ガブっ!

この天ぷらそばもめっちゃ美味しいけど、こんなお腹いっぱいの時食べたらもったいない!


デコポンの一種・ハマサキー!
めちゃうまい。

宣伝してるのか?って
しています(笑)
ここの宿は、みんな一回は泊まってみてもらいたいから!
山登らなくても泊まれますよー(笑)

予約時に
「高千穂ガイドのブログ見た!」
でぜんざいのサービスあるかも!
しかし、お腹いっぱい過ぎて食べれるかなー(笑)
イヒヒー

食後、宮司に呼ばれ御旅所へ。

ここで神輿の番という名目で語りが始まっています。
地元の盟主の方々もいました。

塩でタイが隠れるぐらい包んで、タイの〜塩焼き〜!

美味しそうやけど、明日の朝も宿でこれ出るからっ!
どんだけ贅沢〜。

山旅人社のブログでも紹介しています
↓↓
http://yamatabito.jp/blog-entry-193.html

 

高千穂ガイドブログ