BUENOS AIRES

ブエノスアイレスって良い名前ですよねー。
きれいな空気の町。もうそんなにキレイではなさそうですが・・・・。

Buffet Breakfast!

fruitも豊富❗嬉しいね~。

朝、遅めの出発!

ホテルから徒歩にて、ブエノスアイレスの中心地の歩行者天国Florida通りを散策。

ただいま、小雨🌂

地元の人たちは、傘さしてない。

お店に入ってショッピングも楽しみました。

アルゼンチンといえば、牛肉!

なので、革製品もかなり安かったです。

ランチは、イタリアンレストランのLa Parolacciaへ。

 

ランチだけど激混みな人気レストラン!

サーモンのマンゴーソース。
サーモン大好き、マンゴーも大好き!でも
サーモンにマンゴーソースって(苦)
別にソソられない・・・・。

でも、サーモン食べたいから、オーダー!
そしたら、これが意外に美味しかった。
食べず嫌いはダメですねー(笑)

そしてメインはイカスミマカロニのサーモンのクリームソース和え。
あえてイカスミパスタ?普通のパスタで良いのに〜。

残念ながらこれはイマイチ評価。

デザートはティラミスいただきました。
これは絶妙!

食後は市街中心部・5月広場へ。

ブエノスアイレス大聖堂

カテドラル メトロポリターナ

Catedral Metropolitana

サンマルティン将軍の棺

アルゼンチン、ペルー、チリを象徴する3人の聖女像があり、南米解放の父サン・マルティンの棺の上には水色と白のアルゼンチンの国旗がかけられています。

将軍が率いた独立軍の軍服を身に着けた衛兵さんが入口を警護しています。

写真OK!


何の車でしょー。

スペイン語でPOLICIA。
英語に似てるから、すぐ分かりますね。

バリケードはここにおきっぱなし。

デモやストライキは日常茶飯事なブエノスアイレスとガイドさん。

この先にあるのは〜!

この建物何でしょう?

ピンクハウス PINK HOUSE

ここが大統領府です。

あの上のバルコニーからファーストレディのエビータが国民のための演説をしたところ。

劇団四季のエビータで、そのシーン観ました(笑)

映画エビータでは、マドンナが熱演してましたね。

続いて、港町のボカ地区へ。
ここは、世界的にも有名なクラブチーム・Club Atlético Boca Juniors(ボカジュニオールズ)のホームグランドです。
アルゼンチンの総合スポーツクラブのサッカー部門で、サッカーの他にバスケットやバレー、体操、水泳、そして柔道も!など10数種の競技セクションを持っているクラブチームです。

マラドーナがここでプレーしていました。

そして、元日本代表の高原直泰選手もプレーしていましたが、エコノミー症候群になり、撤退しちゃいましたね。残念。

アルゼンチンの有名人・マラドーナとエビータ像が(笑)

港町・Caminito(カミニート)のカラフルな通り

みんなここで記念写真

ブエノスアイレスの街路樹

よっぽらいの木

ピンクや白の花を咲かせています。

ちょーど、お花のシーズン!

ではでは、これから地球の反対側アルゼンチンから日本へ丸1日以上かけて帰りまーす。
帰国は明日の15日ではなく、時差の関係で日本時間の16日の午後。なげー!

それだけ時間かけても絶対訪れるべきパタゴニア。

高千穂ガイドブログ

広告

IGUAZU

まだまだ旅は続きます。
イグアスの滝〜!
ブエノスアイレスからイグアスへー!

アルゼンチン航空です。

アルゼンチンカラー

小・中学生の頃、アルゼンチンはマラドーナひいきる最強軍団でした。

アルゼンチン国カラーのミサンガとかつけていたのが懐かしい!

イグアス空港に到着。

高千穂さまじゃなくてアリヤス様ってウケる。アリヤスさんはナニジンですか?

えーと、確かに名前をカタカナにしたら日本人ぽくないけど(笑)

ガイドはブラジル在住の日系三世です。

名前はジョージです。

インターナショナルな名前ですね。

バスで、イグアス国立公園へ移動。

世界遺産です。世界三大瀑布🎵

ここの他2つは、

ビクトリアの滝とナイアガラの滝。

これがイグアスの滝の全景。

左側がブラジル。以外はアルゼンチンです。

園内には、トロッコ列車入口駅↔中間駅、中間駅↔悪魔の喉笛駅の2本あります。

が、いきなり入口入ってすぐトロッコ列車待ちの大渋滞!

あっはっはー!

実はここから中間駅までは遊歩道もあるんです。トロッコ列車待ってる間に歩いて到着出きるわ!イヒヒ😁

と遊歩道の方へ行くと道が閉鎖されてる!

今朝、プーマがこの遊歩道に出たとのことで、通行止めになっています(T-T)

えー😵

じゃーこのトロッコ列車に並ばなきゃなの?

×××××

とりあえず、トイレへ。

すると、トイレ横にバスが止まり乗り降りしてる。係員に聞くと、中間駅近くまでバスが臨時で運行しているというではないですかー!

ほとんどこの情報誰も知らないみたいで、バス待ちの人は少ない!ラッキー。

バスを待ってると次々に人がこのバス停に並びだした。あーみんなこのバスのこと知り出したな(笑)

立ちも満員で出発。

まずは、ランチへ

ビュッフェスタイルです。

結構いろいろな種類あるー。

サラダバーも充実
そして、BBQグリルバーもあり、牛肉、豚肉、ラム肉焼いてくれています。

私の前に並んでいた韓国人の人が「プルコギ!」と韓国語で言うと、ちゃんと肉が差し出された❗

すごいっ。

私も真似してプルコギ~

と言ったらちゃんと肉が出てきた(笑)

ただ、韓国人の肉のもらい方半端ない(笑)

中高年の女性が一人でステーキ5枚ももらってた。一気にもらったら、冷めるだろうに。

食事を終え、中間駅へ。外は雨が降っていた模様。今は止んでます。

おっ!動物が!

アライグマみたいだが、鼻が長いので、ハナクマ。

今、繁殖しすぎて&みんなが食べ物あげるから、あちこちにいます。

ハナクマが可愛いく見えちゃうし、寄ってきてほしいから子供たちがついつい食べ物あげちゃうんですねー。

すでに外のピクニックテーブルの上に乗ってきたりしているから、食べ物荒らされたり、襲われたりするようになっちゃうだろうな。

危険だ!

トロッコ列車の列に並び終点駅へGO!

川の名前もイグアス。町の名前もイグアス。

しぶきがめちゃ上がってるー。

うぁーおー!さすが水量世界一~😵

ナイアガラの滝の何倍!

悪魔の喉笛~😆

イエーイ👊😆🎵

これが世界一の水量の大瀑布〜。ここのポイントは悪魔の喉笛と呼ばれています。

絶対一度は観てみたい絶景の1つ!

トロッコ列車に乗ってる間、スコールがすさまじかった。

トロッコ列車に屋根はあるけど、サイドは壁も窓もない吹き抜け。

端っこに座った私は半分びしょ濡れ(;_;)

中間駅で下車するころには雨が止んだ!

野生のオオハシだー。

滝に突っ込むボート🚤に乗るぞー💦!

今日は滝の水量多すぎくない?

ライフジャケット受け取って、乗船。

Are you ready to very very WET?

濡れるとかいうレベルじゃなくて、びっしょびしょのずぶ濡れになりますからねー。

Lets GO!

まずは小さな滝へデモンストレーション!

ここでは小さい滝だけど、普通に考えたらメチャクチャでかいですけどー。

うぉー!

バシャー😵

続いてあのBig fallsへ!

今日、水量多すぎない?

毎日来てるわけやないけど(笑)

では~ツッコミまーす。

Ready Go🙋🙋! Vamos🙌🙌!!Yeah!

Oh No~😵😲

Oh my God!😵💦

WOW!😨😨😨

Giya—! 😫

Kya—😂!

Oh! Shit!😄

F○○○!😝

童心に返ってはしゃぎすぎました。

こんだけマイナスイオン浴びて、これだけはしゃげば、間違いなく若返りますねー。

歳を取らない秘訣!

感動してはしゃいで楽しんでよく笑うにつきますね。

あー今回も楽しんだー。

あっトカゲ。デカっ!滝もデカけりゃなんでもデカイなぁー(笑)

こんな小さな滝1つでも、日本にありゃー立派な観光地だわ。

あっ1つじゃなくて、夫婦滝だった。

日本でこれだけの水量(雨量)あるって言えば、屋久島か南紀の方ぐらいかっ。

うぁっ!

イチジク~🙋めっちゃ成ってる。

イチジク好き~。

なぬっ!食べられないイチジク。鳥も食べない?

まじかっ。

バスにカーテンがあり、女性は車内でお着替え。まぁほぼ乾いたけど。

Mercureホテルへ。

とてもキレいなホテル。

夕飯はチョイスメニュー。

みんなの前菜🎵をパシャリ

洋梨とグリーンサラダ

生ハムとグリーンサラダ

クリアーsoup

ベイクドポーク&チーズとフライドポテト

コジャレたチキン🎵

スイーツのチョコアイス

フラン(プリン)
どの盛り付けもきれいで、観ても美味しい、食べても美味しい❗

はしゃいだあとだけに、お腹も減っててみんなペロリ❗
イグアスの滝に突っ込むボート!
動画はこちら
↓↓

あはっはー。
今見ても楽しい。

高千穂ガイドブログ

 

PATAGONIA to BuenosAires

パンパを走り空港へ。

家一軒もない。

アルゼンチンといえば!マテ茶!
未だ、アルゼンチン人でマテ茶キライって言う人会ったことがないっ。マテバッグを持ち歩きあちこちで飲んでる(笑)
また、ホテルの朝食でもマテ茶用コップとこのストローが置いてあるほど。

今は日本でも商品化されていますね。
日本で売ってるボトルの「マテ茶」はとても飲みやすい。
スーパーに行くとマテ茶コーナーは種類もフレーバーも料金も様々!

一般的に飲まれているマテ茶は、渋ウマ〜。
でも、アルゼンチン人ほど飲みまくれない(笑)

葉っぱ淹れたての最初の1杯はさすがに苦い〜(笑)

カラファテ空港に到着。
You are here!!
ホントに果てだな。

では、パタゴニアを去ります。ブエノスアイレスへ。

ヴィエドマ湖とフィッツロイの山々

あーフィッツロイ山が見え〜(た)〜そうで、頭は隠れてる(TT)

ホテルで正装して、タンゴショー&ディナーへ。


老舗La Ventana


生ハムサラダ


クリームスープ
そしてメインコースのチョイスは!
ビーフステーキ!!!

スィーツは洋梨とアイス

そして、ショーはスタート

元アルゼンチン大統領フアン・ペロンの妻(ファーストレディ)エバ・ペロンさん(愛称:エビータ(故33歳))の「No llores por mí Argentina(スペイン語)」(アルゼンチンよ!泣かないで!)が歌われました。劇団四季でもミュージカル化されていますね。

アルゼンチンとウルグアイにまたがるパンパのカウボーイ。
ウシの放牧に従事する人々。
オリジナル的にはウシの足元に投げ付けて絡ませる道具のボーラを使ってミュージックに合わせてのさばきを披露。

息のピッタリあったタンゴ。
速さ、激しさ、密着感、しなやかさ、足さばきが見るものを釘付け!
すばらしいー!
日本でみるタンゴとはまた違った激しいタンゴでした。

ブラボー!!!!!!

DVD販売していましたが、それは買いませんでしたが(笑)

ショーが終わるころもう12時です。アルゼンチンの夜は長い(笑)
帰って寝よーと。

高千穂ガイドブログ

We are in ARGENTINE.

ダラスからブエノスアイレスへの飛行経路は、南米の太平洋側を飛びます。
コロンビアやペルーリマ沿いを飛び、チリ領土に入り、サンティアゴちょい手前から航路を西に取りアンデス山脈を超えブエノスアイレスへ飛びます。

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200004

南米の夜明け

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200005
チリアンデス

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200006

アルゼンチンアンデス

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200007

南米最高峰・アコンカグア見えるかなー?

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200008

あの雲の中がアコンカグアかも!

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200009

ブエノスアイレスのエセイサ国際空港(Aeropuerto Internacional de Ezeiza)に到着です。
正式名所はミニストロ・ピスタリーニ国際空港(Aeropuerto Internacional Ministro Pistarini)
ややこしい(笑)。

Hola!!

そしてパタゴニアへ向かう飛行機はブエノスアイレスのもう一つの空港(ホルヘ・ニューベリー空港/Aeroparque Metropolitano Jorge Newbery)から出発なので、専用車にて空港移動。約45分〜1時間。
これまたややこしい。
2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200010

Aerolineas Argentinas(アルゼンチン航空)利用です。
預け荷物は国内線なので15Kg!
空港が変わったので、国際線からの乗り継ぎ扱いにならず(-_-;)
国際線は23kgまでOKだったので、ほぼみんな超過!
でもカウンターの人によって融通はいろいろ。
私の荷物は、15kgどころか、国際線に預けた時23kgもゆうに超えていたのでヤバイ。

でも!私にはアルゼンチン航空が加入しているSky Teamメンバーのゴールド会員なので、大丈夫でしょう!とカウンターに行くと、ゴールドの人は15kgを2つ預けれます!
でも1つの荷物は15kgまで!それ以上はゴールドでもプラチナでも関係なく超過料金対象です。ときっぱり言われました(泣)
そーなの?
てなわけで2つに分けるカバンもないので超過料金。
トホホ

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200012
この飛行機でパタゴニアの玄関口・カラファテへ。

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200014

超天気良い!
しかもパタゴニア特有の風は吹いていない。
奇跡のような天気!

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200015

こんな地球の裏側まで来ちゃいました!
と実感するMAP。

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200018

一路、カラファテの町へ。
これが教科書で習ったパンパ地帯です!

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200019

宿泊は懐かしのSierra Nevada Hotelです。
ホテルに荷物を置いて、カラファテ散策へ。

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200021
おー!今日もラムちゃんが・・・・焼かれてる。
うまいんだなーこれが。

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200022

昼からみんな飲んでるねー(笑)

夕食はホテル内レストランにて。

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200023

パンプキンスープ

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200024

メインはアルゼンチンの郷土料理!
Casserole of lamb, vegetables and lentils。

キャセロールとは、野菜や調味料と共にとろ火で煮込んだ料理のこと。

2017%e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a200026
今日は金田さんの誕生日!バースデーホールケーキ&フルーツサラダも出てスィーツがダブル!

アルゼンチンの料理も美味しくて食べ過ぎちゃう〜!

なんか、いよいよグルメブログだなこれ(笑)

高千穂ガイドブログ

Here we are!! in MENDOZA! ARGENTINA

早朝,チリのサンティアゴに到着。
眠い(笑)

ここチリの税関はニュージーランドやオーストラリアと同じく食べ物や植物の持ち込みが大変厳しくうるさいところだ。
以前,梅干しを持ち込もうとして、種があったため果物扱いされ,没収されたことがある。今回は国際線の乗り継ぎだから検査は無し。リマの空港や機内で寝ていたとはいえ、午前2時30分に到着したらさすがに眠い。あっ時差+2時間だから時計を2時間進めてここチリタイムでは午前4時30分。ここで乗り継ぎ5時間。乗り継ぎだけでほぼ1日だ。スタバが開いているが他の店はすべて閉まっている。
ここでもPriority Passが使えるラウンジをキョロキョロ(笑)
あった!
だが,リマと違い食べ物大して無し。ネット利用不可。
まー椅子が良いからいいとするか。
ここで4時間待機。
早朝なので、みんなまったりしている(笑)
パソコン開いてみるが,椅子をリクライニングにしてほぼ寝てた。

9:25発のLA930便にていよいよアルゼンチンのメンドーサへ。

おっ!コックピットちらり。パシャ!コックピット

国際線だけどフライトタイムはたったの55分。
COTOPAXI
あれ?チリ〜アルゼンチン線だけど・・・TVモニターにエクアドルの先日登ったコトパクシ山だ!南米では有名な山なんだなー。パシャ!
さて、これからアンデス山脈横断フライトだ。座席はB.
位置的にアコンカグアはA側の窓から見えるはずなので、カメラ用意!
Flight to Mendoza
おー飛び立ってすぐにもーこれがアンデス山脈だ!
そう、アンデスなんです!
Flight to Mendoza
おっ〜すごい氷河だ!
あれ?向こうに高い山が!いや手前にもぽつんと高い山があるぞ!アコンカグアは3峰からなる独立峰です。
Flight to Mendozaズームズーム!これアコンカグア?
一回、ズーム解除して引いて写してみよう↓Flight to Mendoza
もうちょっとひいて写すと、やっぱりこれアコンカグアだ!
Flight to Mendoza進行方向のメンドーサの盆地からこう来て〜そびえ立っているからやっぱりこれアコンカグアだ!
ズーム!ズーム!
アコンカグア空撮おーラッキー!
アコンカグア空撮
もっとズームズーム!アコンカグア空撮ありゃ、デジカメの限界越えちゃった?ちょっとアップにしすぎた(笑)手ぶれの限度も越えちゃたみたいね(汗) ボケボケ(笑)アコンカグア空撮ちょい、ズームをもどしてパシャ。あっ離陸
↓メンドーサの畑だ。Flight to Mendoza

遊覧飛行感覚で乗ってたのであっと言う間でした。
ここは時差がないので時計の変更不要。10時20分。
キトから長かった〜。(-_-)zzz…やっとついたー。メンドーサだー。
荷物を受け取り、今回現地をお願いしたLANKOのスタッフが迎えに来てくれた。
メンドーサ
MENDOZA INTERNATIONAL AIRPORT
メンドーサ空港 車に乗込みLANKO事務所へ。

メンドーサぶどう畑
おー空港出たらすぐにぶどう畑!
アコンカグアの山よりワインの山地としての方が知名度高い。
LANKOアコンカグア
今回はここLANKOに手配をお願いしました。
あとINKAとか、アイマラとかBCにテント群を持つ会社は数社あり。
SUMMIT of Aconcagua
オー!アコンカグアだー。厳しそう。
Aconcagua
パノラマポスター(アコンカグアを中心とした)

この後、入山手続きをアコンカグア国立公園中央事務所にしに行って,スーパーなどで買い出しして今日はメンドーサのホテルでゆったり宿泊の予定だったが、「今日登山口近くのペニテンテスまで行っておけば明日は楽よ」とのことで、急遽変更してペニテンテスのLANKOのロッジへ宿泊変更になった。移動はここから3〜4時間。向こうに行ってしまうと何もないので、ここメンドーサのスーパーで買い出しをして行かなければならない。急に忙しくなる。
するとスタッフが代理で登山申請に行ってくれるとのこと。
お願いしまーす!
申請書にサインして事務所を後にして車に乗込むと、ペルー人のフリオが乗っていた。彼もアコンカグアへ挑戦一緒にペニテンテスへ移動。
彼は友だちと3人でメンドーサへ来たが,なんと友だち2人は飛行機に預けた荷物が出て来ず、メンドーサに今日は残ることになってしまったとの事。
えーマジで!(;_;)/
いやー私自身の荷物は普通に出て来て良かった。
まーまー、宜しく!
一緒にスーパーへ買い出しへ。
私はフルーツ、チョコ、ナッツ、ドライフルーツ、コーラなどを購入。共同装備として、生ハム、サラミ、チーズ、卵など。
アルファ米やコモパン、フリーズドライ、みそ汁、お菓子などは日本から持参。

スーパーで買い物している間に、もう登山入山許可書ゲットしてくれていた。車に戻るとドライバーが「はいっ」と手渡し。↓PERMISO de Aconcagua
(なんて書いてあるかな?首を横にして見てみて下さい(笑))
一路、メンドーサからアコンカグアの麓・ペニテンテスへ。
DSC02081-8
荒涼とした地を進む。これの道はチリ・サンティアゴへと抜ける主要な国境道路でトラックが多い。
途中、ぽつんと現れたレストランへ。

時間的に遅めと思ったが,レストランは満席でした。びっくり。
カルネー(ビーフステーキというより肉の塊!)のセット料理。
焼き加減は?と聞かれレア?またはミディアムレア!と言いたかったが明日からの登山を考え「ミディアム」と答えた。
アルゼンチンは、世界一の牛肉消費国。ご存知でした?

女の子でも焼き肉パーティーなどすれば1人1kg食べるというのだからスゴい。
そして,革製品も良いモノが安いですよ。
前菜も肉(笑) 前菜ハム
でたー!焼き加減マジでバッチリ!
CARNE

もーお腹いっぱいですけど・・・・・
チョコアイスこれまたうまい。
チョコアイス ↓みんなめちゃ食べるボリューム!!!!
焼き場の風景。網に乗ってる肉はどれもデカい!
ステーキ焼き場ここのカルネ(肉)は激ウマでした!
さて、このステーキセットいくらだったと思います?
前菜のハムとあのボリュームのステーキとデザートのセットでU$20!安っ!(喜)
DSC02082-6

DSC02082-7
食後,1時間ほどでペニテンテスに到着。
ペニテンテスLANKOロッジ
↑ここが今日泊るロッジです。
ペニテンテス
目の前には砂岩の山が尖っています!

スタッフに挨拶をして2段ベッドが2つある部屋にRafaelと取りあえず2人のみ。

夕食まで時間があるので、プエンテ デル インカという温泉が出ていてインカ時代から栄えているオアシス的地へ。
今はアンデスマーケットになっている。
川の向こうの硫黄色した建物が温泉保養所だが今は利用していないとのこと。
記念写真撮ってマーケットを散策して、1時間もらっていたが、20分で十分だった(笑)
カフェにて時間を潰して,迎えを待つ。
プンテ デ インカ

プンテ デ インカ

あのインカ橋を渡って、温泉保養所へ。
今は柵がされていて向こうへは渡れない。岩の色を見ると、温泉はまだ湧き出てきているみたいだ。
プンテ デ インカ
ペニテンテスのロッジに戻る。
ペニテンテス
明日,ここで預けた荷物は馬で一気にコンフルエンシアを越えて,プラザ デ ムーラスまで運ぶので,明日1泊するコンフルエンシアで必要なものは自分で持って行く。

寝袋と洗面道具と。。。取り分けていると,「明後日のコンフルエンシアからプラザ デ ムーラス(BC)は砂地を歩苦貯め,風が強ければサングラスよりゴーグルの方が良いぞ」と言われる。「OK〜!」と忘れないうちにゴーグルを取り出そうとゴーグルを探す・・・・・が見当たらない!えっ!まじで〜。
明後日はまだ良いとしても,登頂日は−30度だからサングラスではなくゴーグルが絶対必要。えー間違って、キトにおいてきた?スーツケースに入れたかな〜?いやーそんなことはないはず!
最後に見たのは・・・・キトのホテルでゴーグルを黒の袋に入れたのは覚えている。えー黒だから分からずそのまま置いて来たかな?
まじでー装備不足で登頂出来ないのはイヤだー。
漫画並みに,荷物をバッグからほっぽり投げ投げながら探す(焦)
ないー(泣)
はー、やっちまった(/≧3≦)。
「落ち着いて探して」と周りが言うが落ち着いて探してもないものは出てこないでしょう。
んーと考え直す。コトパクシ登山で使って部屋で仕分けの際に持って行く方に置いた。
登頂日まで使わないと思っていたから、防寒具たちと一緒に入れているかな?
その袋をさっきも触ったが,また触る。んー硬い感触は無い。
ん?とグルグル触りまくると感触有り!!!!!!!!!!!!!!
袋の中を出すとキレイにネックウォーマーや分厚いミトンなどに包まって出て来た!

ふー危ない危ない。ご心配かけました〜ありました〜!神は見捨てなかった!←ちょっと大げさだけど(笑)

昼食は遅めで重めだったから全然お腹空いてないから、夕食要らないと言ったが、じゃー軽めにとラザニア出された。 ラザニア
食べ始めると普通に食べれた(笑)

しばらくお風呂もシャワーも浴びれないだろうから、しっかりシャワーシャワー!

うーさっぱり!ヾ(´∇`)ノ゙

高千穂ガイドブログ