キリマンジャロ登山の装備について

まず、キリマンジャロの登山のポイントは5つ!
①高山病対策(酸欠にならないように腹式呼吸が大事)
②登頂日の防寒具(マイナス10〜マイナス20度)
③体力(登頂日は歩行10時間以上)
④睡眠不足
⑤食欲

山頂は氷河&雪

どこのルートからでもだいたい1600m〜1700mより登山スタート。
3000mぐらいまでは、夏用の登山服でOK。ジャングルを歩くので湿度も比較的感じる。
3000m〜4600mは天気にもよるが、夏服〜薄いジャケットかフリースや雨具があればOK。湿度はあまり感じない。
4600m〜山頂は、日中なら5〜10℃前後あるが、アタック開始は深夜。
一番寒いのは3時〜6時かな。普通の登山と違いゆっくり歩くので歩いて身体を温めることは不可と思ったほうが良い。なのでしっかりとした防寒の装備が必要。
カイロやテルモスにお湯など!

・速乾性Tシャツ(半袖)    x3
・ウールのTシャツ(長袖) x1
・保温性下着(上下)
・夏用山パンツ
・冬用山パンツ
・下着パンツ       x3
・ソックス(中厚・厚手・防水用)
・雨具上下(持っていればオーバージャケットとオーバーパンツが良い)
・フリース(厚手)
・ダウンジャケット(厚手)
・ニット帽
・ネックウォーマー(薄手)
・耳あて
・サングラス
・手袋(薄手とスキー用などの厚手)
・登山靴(4600mまではトレッキングシューズでもいける)
・ナルゲンボトル(ペットボトルは持ち込み禁止!ゴミ軽減のため)
・行動食(登頂日用に500カロリー以上)
・食欲不振になったときのために、非常食としてアルファー米とかフリーズドライ系かカップ麺など。
・ウォーキングストック
・アイゼン(6本爪以上)※山頂に雪がある際はステラポイントからウフルピークまで必要
・ヘッドランプと予備電池
・カメラ
・カイロ(登頂日2〜4使う。さらに+2〜4ぐらい)
・テルモス(山用テルモスが一番保温率高い)

広告

キリマンジャロ登山 準備

12月12日から山旅人社の「マチャメルートで登るキリマンジャロ5895mとンゴロンゴロサファリ14日間」に行ってきます。

日程表と登山マップを見ながら、買い出しもののチェック。
シーラキャンプで大根サラダ。
朝はおかゆと味噌汁と漬物。
バラフキャンプ4600mの夜はカレー作ろっと。
あと、出発前の夜食はルーティンのどんべい(笑)
登頂日の行動食はカラムーチョとチョコ


現地でみんなに配るようの「スワヒリ語」講座と
キリマンジャロの歌やジャンボの歌を人数分コピー

いつも準備がギリギリ(汗)

高千穂ガイドブログ

山旅人 海外旅行説明会

IBS 石井スポーツ神戸三宮店にて「山旅人」社の海外説明会が行われました。
スピーカー兼ガイドとして話してきました。

7/13発
大姑娘山5025m登山 9日間
7/13発
四姑娘山麓フラワーハイキングと美人谷・丹巴村 9日間
〜ブルーポピーを探せ!〜(馬場康典ガイド同行)

10/23発
アメリカ国立公園グランドサークルハイキング 10日間

12/12発(出発日変更:元2018年1月)
アフリカ最高峰・キリマンジャロ5895m登山とンゴロンゴロ国立公園サファリ 14日間

2018年1月31日(仮)発
失われた世界 ギアナ高地登山とエンジェルフォール 14日間

満員御礼!
ご来場ありがとうございましたー。今年もよろしくお願いします。

いやーよく喋った(笑)

山旅人社のホームページ
↓↓
http://yamatabito.com

Check it out!

最終新幹線で東京へ。

高千穂ガイドブログ

Kilimanjaro Mweka Route down 7

おはようございます。

みなさん口を揃えて、「よく寝たー」
昨日はお疲れ&昨日までに比べたらここは標高低いですからね。
といっても富士山より高いですが(笑)

DSC07010
あらっ。食欲ないかたいましたが、半日下る元気さえあれば大丈夫でしょう!
もう、今日は数値計ったり、検査したりはないですよ(笑)

DSC07012

うっすらキリマンジャロ。
昨日あそこにいたんですよー。
すごいすごい!
DSC07016

さー、ガイドやスタッフやポーターたち総勢33名!

歌えや踊れ〜!!!
DSC07018

キリマンジャーロ🎵
キリマンジャーロ〜、キリマンジャーロ〜〜🎶
キリマンジャロ〜♪
ミマレーフサナー♪( ´θ`)ノ

サンキュー!!
感謝の握手やハグをして〜
ではでは、ジャングルの中、ムエカキャンプを経てムエカゲートへ下山。

ミレニアムキャンプ3790m〜ムエカキャンプ3080m〜ムエカゲート1630mへ

【歩行約6時間】

DSC07040

7日目となると食料もほとんどないからポーターたちの荷物は少しは軽くなったかな?

DSC07042

ピンクッションフラワー

DSC07044

えー!今日も雨。
結局7日間降られました。
これまた記録だ。

DSC07050
ムエカキャンプにて休憩。
私のスペシャルドリンクをみなさんに一口ずつ。どうぞ!
長い長い下山をを下ります。

DSC07061

ムエカゲート到着!

2名はガイドと一緒に、だましだまされあとからポレポレ。
ここでランチ。

DSC07068

荷物を詰め込みアルーシャへ。

DSC07071
キリマンジャロコーヒー園
がダ〜と続きます。

途中、モシのホテルにてスーツケースを積み込み、ガイドやポーターに別れを告げ、アルーシャへ。

インパラホテル!!
普通のホテルだー!
シャンプー2回目で泡立つ(笑)

すっきりしてーディナーだー!
DSC07077

 

中華&キリマンジャロビール&ワイン!
贅沢だ!

食欲なかったかたも少し戻りましたね。

大変お疲れさまでした。

テントに慣れすぎてベッドで寝れない?

高千穂ガイドブログ

SUMMIT DAY for Mt. Kilimanjaro Day6

いよいよ!
登頂日です。

深夜1時30分に起床。
海外高所の登頂日に食べるのは「どんべい」(笑)
和風だしで食べやすくて、お腹もちもいい。

DSC06844

3時に、ヘッドランプを点けてバラフキャンプを出発。
※キリマンジャロ登山行かれた方は、『え?3時?12時じゃないの?』とお思いでしょう(喜)
実は、マラングルートを使わず、このマチャメルートを行く良いポイント理由は、3つあります。

キリマンジャロ

1、縦走路!(マラングは往路も下山路も一緒)
やっぱり往路と下山路違うと楽しい。
2、2名1テント(マラングはバンガローハットで4〜大勢で1室)
部屋に人が多いとうるさい。気を使う。気が休めない。寝れな
い。どのコースもトイレはどっちみち屋外。
3、なによりも最大のポイントは!
ウフルピークへの距離が近い!
それに伴い出発を深夜ではなくて未明に出発で登れることです。

※キリマンジャロ登頂の課題は3つ。
①高山病、②登頂日の寒さ、③睡眠不足(体力)。
その②と③がこのルートだと、マラングルート(通常ルート)より緩和される点です。

DSC06850

今日は、風もないし全然寒くない!
それでもマイナス5度はありますが・・・(笑)
ひどい時は、マイナス10度に風が吹くと体感温度はマイナス20度になりますからね!
DSC06859
太陽さえ昇れば、寒さも解消!
DSC06860
周りが明るくなり、山頂の氷河が見えて来ました!
DSC06867
かなり暖かくなりマイナス2度!
5000m超えてきましたー。
とりあえずの山頂ステラポイントまで標高差700m!

DSC06873
一歩ずつ!一歩ずつ!
フ〜〜〜、ハ〜〜〜、と腹式呼吸をMAXでしていまーす。
DSC06874
立ち止まりが増えて来た人も出てきましたが、がんばりましょう!とにかく足を1歩前に出して〜
DSC06888

高山病で降りてくる他のグループの人たち。
2名ほど遅れがちなので、ここまで頑張って着いてきたけど、グループを分けて歩くことに。

DSC06901
ジグザグの登高を繰り返し、ステラポイント(5730m)の看板が見えてきたー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

DSC06913
MountKilimanjaro!
Conguratulations!!!
STELLA POINT到着です!
あれまた看板が新しくなってる。
そして標高が5756mになってる(笑)
おめでとうございます!!!!!!!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
DSC06917

やったぞー!
遅れてる2名をしばらく待ちましたが、まだ来ない。
高山病や下山するという無線は入っていなので、頑張っています!
DSC06926
向こうに見えるのが、最高峰のウフルピークです!
ここからもう1時間!遅れずに着いてこれた6名にはウフルピークを狙う権利があります!がんばりましょう!
DSC06928
これがキリマンジャロの上の階段氷河!
厚み(高さ)はなんと10m〜20m
DSC06933
おー!赤道直下のアフリカに氷河があるなんて誰が信じるでしょうかねー。

DSC06943

5800m超えています!
酸素の薄すぎてみんな息苦しそう。
超スローペースで1歩1歩!
DSC06953

ウフルピークの看板が見えてきましたよー。
よくがんばりました〜感動!
DSC06958
アフリカの最高地点!!
Mount Kilimanjaro!!
Congratulations!!
UHURU PEAK5895m!!!登頂!
やりましたー。
UHURUとはスワヒリ語で「自由」と言う意味です。
登頂写真だー!いえーい!
(((o(*゚▽゚*)o)))

残りの2名もステラポイントに登頂できたと無線あり!
おー!やったー!
DSC06985

下りは、砂走りをガンガン降ります。

でも、酸素は薄いのでゆっくり歩いてくださいよー!
8時間もかけて登った道を2時間30分でバラフキャンプまで下山。
すごいでしょー!

DSC06990
フレンチトーストとベジタブルクリームスープいただきました。
テント内の荷物を整理してテントを撤収して、一路ミレニアムキャンプへ!まだ歩きます!

 

DSC07005

みなさんヘロヘロ!でミレニアムキャンプに到着。

DSC07006
高千穂特製登頂おめでとうちらし寿司          

【登り/8時間(バラフ~ステラ7h、ステラ~ウフル1h)
・下り/4時間30分(ウフル~ステラ30分、ステラ~バラフ2h、バラフ~ミレニアム2h)

【行動約:14~15時間】

安心して爆睡してください。
1日大変にお疲れ様でしたー。

みなさんの感動を目の当たりにして、私も感動しました。
今回もいい仕事したなー。

高千穂ガイドブログ

海外旅行説明会in 西宮&大阪

今日は、登山専門の旅行会社「山旅人」社の主催する海外旅行説明会にスピーカーとして参上してきました。
午前10時30分〜12時30分「IBS石井スポーツ ダイエー三宮駅前店」
午後2時30〜4時30分 「大阪駅前第二ビル」

①「ニュージーランド・ミルフォードトラックハイキングとマウントクックハイキング」
②「冬のアイスランド オーロラとゴールデンサークル&ブルーラグーン」
③「キリマンジャロ登頂のための海外高所登山トレーニング富士山登山と富士サファリ」
④「スイスアルプスの屋根を行く オートルート トレッキング」
⑤「キリマンジャロ登頂&秘訣」

それぞれ20名以上ずつお集りいただき、来場者の中にはとっても懐かしいお方も多くいらっしゃりとても嬉しかったです。
だいたい皆さんの質問は「今どこに住んでるの?」「いろいろなところで活躍しているみたいねー」が8割以上(笑)
なので 「住所不定 不明職」(職種不明瞭)的な感じですかね?

さてさて、5つのツアーの説明を2時間〜2時間30分で写真や資料を見せながら行いました。
思ったより反応も食いつきも良く、とても良い雰囲気の中お話しさせていただきました。
ただ三宮と大阪の間の時間が短すぎて、来場者とゆっくりお話しする時間がなくて残念でした。
image
image

また、スポンサーのコモパンの宣伝もしっかりして皆さんにサンプルをお持ち帰りいただきました。
「賞味期限が1〜2ヶ月も先!」「なんていったて無添加!」「しっとりしていてとっても美味しい」

詳しくは・・・・・
http://www.comoshop.jp/

高千穂ブログ