高千穂ガイドブログ

ようこそ!
高千穂ガイドブログを見ていただきありがとうございます。

Whats NEW?

Challenge!シリーズ2018年はヨーロッパの名峰・マッターホルンへガイド仲間と登ってきました。

ポイント
※天候
※歩行スピード
※高山病
※終始クライミング
※体力
※装備

など、言われています。
確かに天気が一番!
次はルートファインディングでした。

しかし、現地ガイド付き登山だったら全然大丈夫ですよ(笑)
現地ガイド付き登山だったらたしかに歩行スピードがポイントです。

チャレンジ・マッターホルン4478m登山の詳細はまたUPします。

“高千穂ガイドブログ”の続きを読む

広告

2017山旅人高千穂ガイド千秋楽ツアー 出雲の国Vol.1 Day1

今年もやってきました。山旅人社の千秋楽ツアー。
各ガイドさんが登り納めとしてツアーを作って一緒に楽しみます。
今年の高千穂ガイドの千秋楽は!
出雲の国の山に登り、出雲大社に参拝へ行き、出雲のご飯食べて、出雲の秘湯へ泊まり、出雲の注連縄作り 〜 with 出雲出身スタッフと共に〜

出雲国!
古事記には「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」(雲が湧き出るという名の出雲の国に、八重垣を巡らすように、雲が立ちのぼる。妻を籠らすために、俺は宮殿に何重もの垣を作ったけど、ちょうどその八重垣を巡らしたように)
雲が湧き出る国・・・出雲神話を訪ねます!

大山

出雲の国に到着するやいなや、山旅人スタッフの津森くんの家から、奥さんのお姉さんと娘さん(次女)がバスに乗り込んできて歓迎の挨拶!
あー、あまりの突然の演出に圧倒されて写真撮り忘れた。

まず初日は出雲国の東玄関口となる東出雲へ。
着後、おちらと村にて地元の野菜をふんだんに使ったお弁当をいただきました。

ここは有名な干し柿の産地。

畑地区の柿小屋は独特の構造で、木造3階建ての総ガラス張り。
11月〜12月は、各生産農家の柿小屋の2階3階部分の窓を取り外し収穫された柿がずらっと垂れ下がり、じっくりと天日に干され、その甘みを熟成、濃縮。
建物がオレンジに染まりキレイ!

“2017山旅人高千穂ガイド千秋楽ツアー 出雲の国Vol.1 Day1″の続きを読む

2017m雲取山 2017年 Vol.4

4時起床!
標高1600mの朝はさすがに寒い(笑)

ソト ストームブレイカー
SOTO STORM BREAKER

みんなが起きてくる前に朝食作り。

ホットサンドです。
ハムとチーズとポテトサラダ(じゃがりこ)、&からしマヨネーズを挟みます。

ハムはちょっと焼いてる方が生より美味しい。

ホントに火を起こした祖先の猿人は偉すぎる!
この世に「火」がなければどんな人類になっていたのだろうか?
みんな生ばっか食べていたのだろうか?

こんなに人類が増えなかったかもなー。

これがSOTOストームブレイカーバーナーの全景。
風防もついているから、横風にも強いし、なんどもいうが火力がめっちゃ強いのは使っていて、優越感&気持いい!!!

新富士バーナーさんいつも良いモノ作ってくれてありがとうございます。

 山頂に不要な鍋や荷物などを小屋にデポさせてもらい、出発!

ガスが深い道を歩く。

 

 

ダンシングツリー

ダンシングツリーは、いつみても絶妙な腰使い。

ダンシングツリー

リクエストされたのか、自らのポーズなのか?

イメージはジョン・トラボルタ!

奥多摩小屋にてキレイな蜘蛛の巣見っけ!
糸張りは、スパイダーマン並のうまさやな~(笑)

 

奥多摩小屋

ここからちと急登を登って、知られざる藪道登ったら

小雲取山山頂の札・1937m

そのあと稜線歩きして、雲取避難小屋へ

この避難小屋がきれいなんだなー。
寝袋と食料もってここに泊まる人たちも多い。

小屋のすぐ裏からみた山頂方面。
もうすぐそこ!!!!

雲取山山頂!

1都2県の頂きです。
東京最高峰であり、山梨百名山であり、埼玉県・信仰の山でもある。

雲取山
コモパン

コモパンガールズをバックに雲取山山頂!
みんなが持ってるパンの種類が見えない(笑)

 

 

2017年仕様の山頂!
東京都の山頂標識。
奥は、東京・埼玉・山梨の山の会の方々で作られた山頂標識。

下っていたらちょっと晴れた。
でも富士山はキレイに見えず(泣)

奥多摩小屋のゴミや資材の運び出し。

ヘリでの運搬のため
重さ=お金
です。

 

のーんびりしたいい道〜。

きのこ発見!
きのこの知識薄いが、群生していたら食べれる?

めちゃめちゃ群生しているけど、食べれそうにないな~。
てか美味しそうにみえないー。

七ツ石小屋
コモパン

仲良し藤本夫妻。

高橋あつしくんのコモパンもっての超笑顔バリに笑顔下さい!でハイチーズ。

パンは喜ばれます。

お世話になりました〜。
また来まーす。

直降して、鴨沢へ下山。

雲取温泉
のめこい湯

行ったことないが、青梅ぐらいからずーと、道脇に看板案内がある「のめこい湯」へ。

※のめこい→ぬめこい→ヌルヌル
なだけあってヌルヌル〜!!!!

今回も楽しい山行でした。

高千穂ガイドブログ

8月11日とは? 山の日! & My Birthday!!

4年前に制定されて、去年から導入された8月11日山の日(祝日)

実家が山の中の福岡県英彦山神社。
名前が山の名前
仕事が登山ガイド
誕生日が山の日

の高千穂有康です(笑)

今日は、山と渓谷社と好日山荘主催の山の日イベント

山モリフェス

http://www.yamakei-online.com/yk/yamamori/

が神奈川県・丹沢で行われました。

ピーチクとパーチクを頭にのせた「ヤーマン」がお出迎え。

 

コモ
コモパン

COMOパンのブース

隣には、山専門旅行社・トラベルギャラリーのブースもありました。

バテない山の歩き方と行動食
登山講座

バテない山の歩き方と行動食
講師:高千穂 有康

始まるよ〜!

高千穂有康講師
バテない山の歩き方と行動食

天気が悪く、参加者集まるか心配していましたが、
立ち見席続出!ってほど多くの方々が参加してくれました。

話し甲斐ある〜━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

もうこれで、皆さん明日からバテずに山登れますね!(笑)

高千穂ガイドブログ

山モリフェス2017  in 丹沢

8月11日は山の日🎵

今年も全国各地で山のイベントやTVが予定されてるみたい。

天気どーなるかなー?

8月11日は、山と渓谷社&好日山荘主催で丹沢山の麓・県立秦野戸川公園にて

山の日イベント
「山モリフェス」があります。

私もいきまーす。

登山教室の講師:高千穂有康ガイドとしても登場

8月11日14:30~15:00「バテない山の歩き方&行動食」

※12日はしません。行きません。

バテない山の歩き方!気になりますねー(^ω^)

参加無料ですのでどうぞ!

コモ プレゼンツです!

サイトチェック

↓↓

http://www.yamakei-online.com/yk/yamamori/

好日山荘のアウトレット🎵

アウトドアグッズが当たる抽選会🎵

※時間が登山教室と被ってる~(T-T)

アクセス

【公共交通機関でお越しの場合】

●都心から ・電車:小田急線新宿駅から小田急線で最寄駅の渋沢駅へ(約1時間20分)

●最寄駅の渋沢駅から ・バス:約20分、料金210円(現金の場合) 行きは、渋沢駅北口バス停から神奈川中央交通バス・大倉行きバスで終点「大倉」へ 。

帰り:秦野戸川公園の大倉バス停から神奈川中央交通バス・渋沢駅北口行きバスで終点「渋沢駅北口」へ 。

高千穂ガイドブログ

幌尻岳登山 振内コース 〜渡渉ルート〜

幌尻岳
これも山をやっていない人は読めない難読漢字。
しかもあて字。

山名はアイヌ語で「大きな山」という意味。

ポロシリダケ。

日本百名山の中で、挑戦したけど登れなかった山のベスト5に入るだろう。
まーその登れなかった理由を難易度に置き換えると、下記のようないろいろな難易度があります。

①技術的難易度

②歩行距離的難易度

③アクセス的難易度

④季節・時期的難易度

⑤不可抗力(天候や地形)

くまさん荘からの朝の景色

爽やかな朝です。

今日、明日、明後日と天気は良さそうです!

今回のメンバーは去年からのリベンジ組なので、大喜び!

ホントに天気だけはどうしようもないですからね。

もうかれこれ10年近く前になるが、「今回が幌尻岳4回目!絶対登らせてね〜」と空港で会うなり言われた方もいた。

そう、ここ幌尻岳は難易度的にいうと、⑤の要素がMAXなのです。

予備日は使わずに行けそう〜!

豊糠山荘

旧豊糠中学が廃校になり、今は豊糠山荘となっています。

幌尻岳に登るには、ルートは2つ!

1、振内コース(額平川・渡渉あり)

2,新冠コース(渡渉なし)

1,振内コース
一般登山者は、シャトルバスを利用すると、第二ゲートまで入れます。
第一ゲートは施錠されているため、超えるには車は不可!徒歩となる。
また第一ゲート付近には駐車場的なところもないため、駐車場となるとこことよぬか山荘。
とよぬか山荘から歩くと第二ゲートまで21.6km!
登山口着いたらもうヘトヘトですね。

シャトルバス距離
幌尻岳シャトルバス運行位置図

ずーと砂利のほぼ平坦だが凸凹林道。

シャトルバス利用は、人数制限があります。
事前予約が必要です。
幌尻山荘ととよぬか山荘利用にも、予約が必要なので同時にどうぞ!

予約時に希望の往復便の時間も伝える必要あり!

平成29年・2017年版ですが、シャトルバスの時刻表!

とよぬか時刻表
幌尻岳シャトルバス時刻表

ガタゴト〜ガタゴト〜シャトルバス(マイクロバス)に揺られること約1時間。

第2ゲートの駐車場に到着。
仮設トイレと待機コンテナ小屋あります。

第2ゲートから引き続きのやや上りの林道を7.5km で北海道電力取水施設

 

額平川

額平川がかなり下に見える。

3時間で北電取水施設に到着。

ここにて休憩。

さて、この先から渡渉が、すぐ始まるわけではないのです!

さらに、沢沿いを約1時間歩いて第1渡渉ポイントに到着。
ここでランチタイム&装備を沢モードに変更タイム!

沢靴に履き替え、ヘルメット装着して、登山靴を仕舞って、ハーネス、カラビナチェックしていよいよ渡渉の始まりです!

沢は穏やかで、水量は少ない。
絶好の幌尻登山日和だー!
雪解けも含まれているから、水は結構冷たい。
さー幌尻山荘まで渡渉何回でしょーか!

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,
13,
14〜これも1本と数える?
いやこれは13のほんの支流だから数えず行きましょう。
14,15,16,17,18,19,20

そして〜21本目〜!

奥は深いぞ!冷たいぞ!

終わり〜!

距離として2kmちょい。の渡渉でしたが、道は渡渉してちょっと川沿いに歩いて、また渡渉で反対側へ渡って、川沿い歩いてとかなりクネクネ蛇行山行でもっとあるいたような気もしますがね。

幌尻山荘に到着。

今日はある意味、特別に渡渉が楽でしたねー。
かなり構えてきていたメンバーは、無事に渡渉を終えて大満足。
余裕すら有りました。

 

COMOパン
コモパン

ザックから食料など出して、今晩の夕食用、明日の朝用、明日の昼用の行動食、そして明日の晩用と明後日の朝用と!

コモパンだけ寄せていると、隣に愛知県の山のメンバーがいて、「コモパン?」知っとるだがや〜!と、会話が始まり、でもこのソフトコッティは知らなかったみたいで、興味津々。

食べてみてくださーい。
「コモの輪」広がっています(笑)

 

コモパン
ソフトコッティ

みんなの明日の行動食はコモパン(笑)

 

マウンテンハウス フリーズドライ
Mountain House フリーズドライ食

まだまだ有ります。Mountain Houseのフリーズドライ食。
かなり重宝!

北海道にいながらアメリカのフリーズドライ食を堪能。

これには、周りの人たちもこれまた興味津々。

今晩の夕食メニューは

LASAGNA ラザニア!

RICE & CHICKEN  ライス&チキン

BEEF STEW ビーフシチュー

 

アメリカンミックス!(笑)

 

さて、明日の予定。
元々はここ幌尻山荘に2泊の予定。
ですが!
今日の渡渉が思ったより楽だったのか(メンバーのレベルと言うより、額平川の水量がかな〜り少ないおかげがその楽だった一番の要因)明日登頂後ここに泊まらずそのまま下山出来るのでは?案が出てきました。
もちろん出来ますが、第2ゲートを17時のバスに乗るための逆算してみましょう!

万が一を考え16:30第2ゲート着で考えます。
今日は、第2ゲートから渡渉始まりまで3時間30分かかりました

そして、渡渉の繰り返しで幌尻山荘に到着まで2時間。

逆算式
16:30第2ゲート←←←13:00渡渉終わり←←←11:00/10:00幌尻山荘←←←7:10/6:45幌尻岳←←←2:30幌尻山荘

ということは、朝2時に起きて、2時30分に出発すれば幌尻岳登って、渡渉して第2ゲートから17時発のシャトルバスに乗れて、そのまま下山は可能ですよ。
そして降りて、くまさん荘!!に泊まることが出来るかも!

条件は
※2時に起きれるか?
※くまさん荘が空いているか?

高千穂ガイドブログ