ACONCAGUA Day10 Plaza de Mulas to Horcones

image

天気は良いのに、ここ数日ヘリコプターが全く行き来していない。
強風で飛べないのか?故障?なのかわからないが本日も飛んでおらず。

メンバーの1人が、ヘリコプターで一気に下山したいと3日前ぐらいから言っていたが、結局、ムーラ(ラバ)で下山。
朝10時発と言われていたが、ムーラ達が下からあがってこない。
今日は、ここプラザ デ ムーラスからコンフルエンシアを経由してオコーネルまでの23kmを一気に下る。
予定は8時間。10時に出発して途中でランチして19時ごろには下山と思いっていたけど、ムーラがこない。
では、いろんな人たちと記念撮影。
image

image

image
では、みんなありがとー❗
さ~よ~な~ら~アディオース
11時すぎにムーラたちが来た。
image
12時ちょい前に出発。image頑張ってガンガン歩いて下る。
ムーラスが荷物を背負って追い抜いていく。
ムーラス

1時間30分でここまで降りて来た
かなり良いペースでというよりほぼ小走り状態で川沿いを歩いて1時間ちょいで到着。かなり飛ばしたな(笑)下までもつかな?
行きはここからホントに4時間ぐらいかかったもんな。
小休止。アコンカグアピーク
登りの時にはガスで見なかったアコンカグアのピークと南峰。
DSC02918
永遠と平らな道をセッセと歩く。
出発遅くなりすぎた(笑)
ラバたちはガンガン下れるからいいだろうけど・・・。
DSC02921
あっここ岩の上に乗って写真撮った岩や!懐かしい。
ただいま14時30分。
よし、もう1、2頑張りして、コンフルエンシアでランチにしよっと。
ガツガツ・・・

ガツガツ・・・・
歩く
コンフルエンシア遠望
コンフルエンシア見えて来たー!
グーンと下って橋を渡って登り返し(苦)。
コンフルエンシアキャンプ
15時48分コンフルエンシア到着。
向こうの人裸ですけど(笑)
あのガタイからするとロシア人かな?
まー良いご飯ご飯にしよーと。まーご飯と言っても米飯じゃなくてBCでもらったパンですが、
パクパク。
裸の人たちはグループで来ているみたいで、5〜6人ぐらいの人がダイニングテント出入りしている。

ラファエルと二人で食べていると、向こうの裸の1人が喋りかけて来た。
裸:『You go UP? go DOWN?』
ラファエル:「We go down.」
裸:「Did you make SUMMIT?」
ラファエル:「Me no, He YES.」
と私を指差した。
裸の人はさすがに裸でハグはして来なかったが、「Congratulation(おめでとう)」と握手を求めてきてくれた。
「Thank you Thank you」
そこからいろんな人が絡んできて話が始まった。
聞くとみんなはポーランド人とのこと。
かなり話し込んだ。
時計を見ると16時30分!おっ!そろそろどころかもー行かなきゃ!
1時間も滞在していた。
記念にみんなで写真を撮った。裸だった右から2番目の男性はシャツを着てハイチーズ!(笑)
チームポーランド
「Good Luck!! Bye Bye」
アコンカグア
今日はすごいなー。ずーとアコンカグア見えてる。
アコンカグア
国内の山でもそうだが、下りて来て見上げると、あんなところ登って来たんだなー。すごいなーといつも感心してしまう。
オルコーネス湖 やったー着いた!
18時無事下山です。
10日間やりきった〜感でいっぱいです!!!ヾ(´∇`)ノ゙

事務所に登山カードを提出(返却)してロッジへ。
お疲れさんでした〜!
男は黙ってアンデスビール

TEAM TAKACHIHO

肉よ〜肉〜肉!
3切れも食べました。まず1切れ目(笑)
完全肉食男!
世界の国旗&日の丸

シャワー!
入浴写真はこちら
↓↓

ないない(笑)

高千穂ガイドブログ

広告

ACONCAGUA Day2(Confluensia3400m~Plaza de Mulas4350m)

周りの山々が高すぎて山麓に日が差し込むのは遅い。
コンフルエンシアの朝

730☀🍴

Desayuno
 メディカルチェック前に水分を多く取る(1L)。
メディカルチェックをパスしないと上へは行けない!
メディカルチェック
850/910メディカルCHK(Spo2,HR,脈,呼吸)OK!全員問題なーし!
Confluensia3400m~Plaza de Mulas4350m 約9時間
18.6km(⬆1100m⬇200m)Confurensia920発・・・1030渡渉・・・1055/1115大岩(休憩)・・・1239/1310ランチ・・・1415/1440大岩看板3870m(後4時間)登りとなる・・・1508/1520・・・1630アート岩・・・1710登り始める・・・1730ケルン・・・下って沢越える・・・1824着Plaza de Mulas(4416m)
コンフルエンシア 

アルゼンチンフレンド
Big Rockこのような平坦な道を行く

アコンカグア見えない
すごい荒涼とした地だなー
唯一の岩陰にてランチ
DSC02271
 ザ・モンチュラ
下山者たちも黙々と歩いていた
プラヤアンチャのパノラマ
赤いオルコーネス川
広大な山だここからまだ4時間も!
Piedra Ibanez

Cuerno角山(5462m)見えてきた

あの向こうがプラザデムーラス!プラザ デ ムーラス

ベジタブルスープ
ビーフステーキ
C1はあの上かー
夕食は1950~
ベジスープ、カルネ、ナッツロールケーキ。
カマボコ型テントで8人。
ベッドは救助用簡易ベッド。チームロシアたちと一緒のテントです。
Spo2:83~86/ HR:79高千穂ガイドブログ

ACONCAGUA Day1(Horcones2850m〜Confluensia3400m)

Buenos Dias!!!
アルゼンチンなまりで、ブエンディアー!

朝食(☀🍴)は8:30からいただきました。

まーセルフですけどね。↓↓
Desayuno
本日のla lonchera(昼食お弁当)↓↓
ハム&チーズサンドウィッチ、アップル、ジュース、キャンディ、クッキーなど

Almuerzo/la lonchera
テントや装備&食料をMulas(ラバ)にてベースキャンプ(BC)のプラザ デ ムーラスへ。
※ラバは馬とロバの間の子。見た目はほぼ馬。
MULAS荷物
このセニョールがラファエル(Rafael).
FITWELL & MONTURA
ALL MonturaとFitwellシューズでいざ登山!
ペニテンテス
天気もよーし!
車にて1030Penitente出発。車には先客が乗っていた。
皆でアコンカグアへ!登山口のオルコーネスへ。
DSC02118
と思っていたら、2名は途中で降りて先に見えるMonte Penitenteにテント泊で登るとのこと。アコンカグアじゃなかったんだ!
Monte Penitente アコンカグアは雲の向こう。Aconcagua
↓あれ?アコンカグアは6962mじゃないの?
6959m? ウィキペディアには6960mと書いてあったけど。
Cerro Aconcagua
↓1044/1055Horcones事務所(手続き)WC有
アコンカグア登山口事務所
本日25日と明日の26日の天気予報
オルコーネス2800m、コンフルエンシア3400m、プラザデムーラス4200mの3カ所が載っています。本日プラザデムーラスは雨?天気予報

↓サインをして、白いゴミ袋をもらいます。番号が書いてあって山中のゴミをきちんともって降りなければ罰金!アコンカグア登山口事務所
1kmほど車で移動して登山口へ。
LANKO車
さあ!これから南米最高峰のアコンカグア登山開始!
1100/1105登山口(Horcones3900m)行動:約3時間50分
距離:7.35km、登り↑485m(下り⬇20m)オルコーネス登山口

オルコーネス湖
雲の合間にアコンカグアの山頂が見えています!
コンフルエンシア3h
今日はコンフルエンシアまで、明日はプラザデムーラスへ。DSC02142

知る人ぞ知る映画「セブンイヤーズ イン チベット」の撮影場所として使われた橋。チベットに雰囲気が似ている&標高はチベットより低いしね。
DSC02143
昨日、ペニテンテスで同宿。そして今日のコンフルエンシアも同LANKOキャンプ予定のブエノスアイレスからアコンカグアBCまでのトレッキングに来たグループ&ドイツ人一人とガイドたち。
DSC02146
1222/1238ランチ(大岩の下の影)
ゴミは1895の袋へ。
DSC02148
日差しが強過ぎる!!!!
日焼け止めだけでは焼けるな。
フル装備!
DSC02149
さー谷を歩いて行くぞ!
DSC02154

DSC02155
13:36/13:40コンフルエンシアまであと30分の看板

テクテク歩いて、30分後の14:10あれまだ着かず(笑)
さらに10分歩いて14:20にコンフルエンシアCAMP(3400m)到着。
DSC02160
↓コンフルエンシアのメディカルチェックセンター&ドクター
DSC02161
明朝に健康状態やSPO2(血中酸素飽和濃度数値)のメディカルチェックに来ます。
↓ここが今夜のLANKO CAMP
DSC02162
↓2段ベッドが11台ぐらいある。
DSC02165
DSC02166
ダイニングテントも大きい
DSC02167
飲み物は豊富
DSC02168
他の会社のCAMP
DSC02169
Bañoトイレ
DSC02170
夕食19:30〜
ベジタブルスープ!具沢山で美味しい!

DSC02171
↑ブエノスアイレスメンバーも合流DSC02173

下界のレストラン並みの豪華料理!!!さすがアルゼンチン。
カルネ(肉)ステーキが山の上でも焼き加減バッチリすぎてウマすぎです。
DSC02174

テント夜景手ぶれ防止夜景モード
上手く撮れた。実は20枚ぐらい撮って一番いいやつ(笑)
数値はSPO2が88~92。まずまず。

高千穂ガイドブログ