Sri Lanka Day7 Back to Tokyo

早朝、成田空港に到着。

東京から参加の方はここでお別れ!
みなさんを羽田空港まで見送ってさようならー!

自宅に帰ったらもう午後。
今晩からのスノボーツアーの準備〜。

2016-01-19 18.20.34

バタバタっバタバタっ(笑)

夜、板とダッフルバッグもって家を出て池袋へ!

先日のスキーツアーバス事故のこともあり、利用会社は違うけど出発時に行程チェックやドライバーさんからの一言などありちょっと緊迫。

高千穂ガイドブログ

広告

Sri Lanka Day6 Colombo

おはようございます。
DSC06274
フレンチトーストとクロワッサンとオムレツ&ソーセージ
からのカマンベールチーズやサラダ&フルーツ
今日は少し控えめブレックファースト!
イヒヒ( ^ω^ )

専用車にてコロンボへ。

DSC06275
途中、フルーツ購入。
DSC06281

コロンボ〜なーうー!

DSC06283

なんか、インドのTAJ系のすごいホテルができるとのこと。
DSC06290
スリランカ人も服着たまま海に入る。

DSC06292
ここにもコブラ使いがいた!
&猿回しもするのかな?

DSC06280

スリランカの国会議事堂

DSC06277
途中で、リアルな「午後の紅茶」タイム。

DSC06299

ホワイトハウスだー!
色的には確かにホワイトハウスだけど、大統領官邸じゃなくて

市庁舎だとのこと(笑)
ややこしい(笑)

後、空港へ。

2016-01-15 19.01.58

2016-01-15 19.18.38

空路、UL-454便にて、帰国の途へ。

直行便は楽だなー(飛行:9時間/ 時差+3時間30分)

DSC06306

 

高千穂ガイドブログ

Sri Lanka Day5 Ceylon Tea

朝一番、ペラデニア植物園へ。

ガイドが、「日立のこの木なんの木」はこの木です。
と説明
DSC06161

みんなで、「えー、あの映像はハワイの木って聞いたよ!」と攻撃(笑)
同じ種類ジャワ・ビンローの木ですねー。本家はハワイです!

DSC06167
なんじゃこの木!
風によって曲がったとはいえ、「ぐぃー」とどちらの木も内側に曲がってるのは不思議。ダンシングツリー!

DSC06189
ムユウジュが玉状に満開です。
仏教三大聖樹(仏教三霊樹)のひとつ。

DSC06181
巨木・エレファントツリー!!!
根っこがこんもり盛り上がって、形といい、太さといい、色といい、象の足みたいなだからその名がついたとか。納得

DSC06174
葉っぱ? へんな実?
うぁーコウモリだー。夜行性なのに、朝から普通に明るいけど・・・・こんなとこいて大丈夫?

DSC06207
イエロートランペットツリー。
綺麗ですねー。
なんとこの木は、そう!まさに
天皇陛下がスリランカを訪問した際にプレゼントとして植樹した木なのです!風情ありますねー。

隣には温室のラン園です。
DSC06220
スパイダーオーキッドだったかな?

DSC06223
スリランカの王族たち

の衣装を着て記念撮影に来た家族(笑)

DSC06224

園外にいたコブラ使い。
隠れてパシャ!
見つかると$1ドル取られます(汗)

専用車にて高原地帯を走りヌワラエリヤへ(移動:2時間30分)

DSC06227
山並みが見えてきました。
向こうがセイロン紅茶の高原・ヌワラエリヤです。

DSC06232

途中の高原レストランにてランチ。
もちろんビュッフェ!DSC06234

じゃじゃーん
高千穂大根サラダー!!!
美味しいでしょ!美味しいでしょ!(笑)
DSC06235

山に入ってきました。

約170年の歴史を持つ由緒あるMACKWOODS社の紅茶工場に立ち寄り〜。
DSC06245

紅茶工場見学。
ふるいにかけられ、乾燥させています。

DSC06250
紅茶の知識チェック!
みなさん紅茶のランク知っていますか?

◎ゴールデンチップ(GT)※普通売っていない
◎シルバーチップ (ST)※レア
◎オレンペコー  (OP)※一般的には高級紅茶。一枚葉
◎ブロークンオレンジペコー(BOP) ※葉っぱがブロークン
◎ブロークンオレンジペコーファイニングス(BOPF)
※葉っぱが細かいのでミルクティとして飲むには適している。◎ペコ 摘む葉っぱがもう一段下部。

DSC06251
へ〜オレンジペコーってある意味一番高級な紅茶なんだー。と感心しました(笑)
※昔〜昔の中学生ぐらいのころ、オレンジペコーというフレーズを聞き、オレンジのフレイバーが付いてる紅茶をオレンジペコーというと思っていた時期もありました(笑)

DSC06255

オレンジペコーの試飲。

なにこの後味のスッキリさ!

全然苦味がない!スーと入っていく。

DSC06261

でたー!ゴールデンチップだー。
うん万円!!

きゃー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
え?石田さん買うんですか?
すごっ!

DSC06262
ちょっと遠くて見えずらいけど、白文字で
ハリウッドのぱくりで
MACKWOODの文字(笑)
DSC06265

紅茶畑が続きます

DSC06269
本日の宿は、高原リゾートのアラリヤ グリーンヒルズ ホテルです。

DSC06273

夕食にぎやか(笑)ビュッフェスタイルでした。

 

高千穂ガイドブログ

Sri Lanka Day4 Not CANDY Its KANDY!!!

連泊だったコテージ式のアマヤレイクホテルも今日チェックアウトです。
DSC06004

 

快適でした。さよーならー( ´ ▽ ` )ノ

DSC06005

がっつり!
皿2枚私のです(笑)
DSC06007

のどかでしょー!
スリランカいいところですよ!
このあと行く、スパイスガーデンのぼったくり価格さえなければ(笑)

DSC06008

院です。
ライオンの口が入り口。

まさにおはようからおやすみまで、暮らしを見つめるライオンです。

脇から裏手の山を登ります。

上には石窟寺院がありました。
DSC06014
ここが、スリランカ最大の仏教壁画で有名な石窟寺院です。
DSC06021
涅槃像
DSC06022
壁画もすごいですが、仏像の数もすごい!
DSC06033

ここにも多くの中国人観光客。

DSC06038

ナチュラル脱毛クリームを熱心に説明するスタッフ。
そのほか、細くなった毛が太くなるココナッツオイル、歯が白くなるパウダーとかもろもろ、スパイスガーデン(香辛料畑)を見学しました。

DSC06045

スパイスガーデン内レストランにて

RED RICE?赤飯?

DSC06046
ランチもがっつり!

その後、シンハラ王朝最後の都・キャンディへ。(72km/2時間)
途中、おきまりの宝石工場見学へ。

DSC06051
細かい仕事お疲れ様です。
原石が取れるし、人件費安いから品物も安い!
らしい
DSC06055

キャンディーの街に到着。
ちょうど、学校の下校時間。親が校門でお出迎え!

先にキャンディダンスの鑑賞
キャンディ(飴)もっての踊りではありません(笑)
DSC06064
キャンディレディーダンス
DSC06083

伝説?神話のダンス

後ろはスリランカの国旗です。DSC06122
最後は、火を咥えたり、熱せられた石の上を歩くアクロバットショーになっていました。

そのあと隣の仏歯寺を見学しました。

DSC06128

DSC06133
仏歯は見れないけど、仏歯が祀られているであろう間の前には長蛇の列。

専用車にて本日のホテルへ。キャンディーの丘の上にあるアマヤヒルズホテルです。
到着後、先に夕食へ。

kDSC06148
前菜のシーフードサラダ
DSC06149

パスタ入りトマトスープ
DSC06151

ラムチョップステーキ!DSC06153

スイーツはチョコムースとアイスクリーム
または
カットフルーツ盛り
DSC06154

どちらもおいしいいーーーー
こんなに毎日ご馳走食べて太るな(笑)

高千穂ガイドブログ

 

Sri Lanka Day3 Sigiriya Rock

おはようございます。
DSC05874

朝、何人かで一緒にカートをお願いしているのになかなか来ない!

2度も3度もフロントに電話して「もう30分も待ってますけど!」
で、やっと来た。
なんとこんな大きなホテルなのにカートがまさかの2台のみ(泣)

明日はもう歩くかな。

DSC05875

がっつりしっかり朝食。

2016-01-12 07.25.06

ホテルフロント

2016-01-12 07.25.17

ガーデンズレストランで朝食を済ませ、
専用車にて、シーギリヤロックへ。(移動:1時間30分)

天空の城ラピュタのモデルとも言われています。

着後、まずは博物館へ。
入り口に看板あり。
↓↓

DSC05878

友好の証に日本国民から贈与。

DSC05896 特に笑顔もないデスクの人たち。
DSC05879

シーギリアロックの模型
DSC05881

現地民族衣装のコスプレ体験(笑)
このあとカゴを頭の上に乗せられ、の水瓶を腕に抱えてのポーズで写真を撮られました。

DSC05885

蓮の花が咲いています。

DSC05886

さぁさぁ!登りますよー。

世界遺産シーギリアロックへ。

DSC05901

登り口は、朝は逆光。

高さ約200m!
ちなみにオーストラリアのエアーズロックは355m。

DSC05910
壁に設置された階段や通路。

DSC05912

高所恐怖症の人はどうだろうなー。

DSC05913

中腹からの景色・周りはジャングルー。DSC05914 みんながんばれー!
螺旋階段は渋滞。
DSC05918
18人の美女のフレスコ画シギリヤ・レディです。
美しい!

DSC05920

ミラーウォール。
ピカピカですが、ミラーってほどの映りは、今はないですが昔は映っていたのかな?

DSC05924
ここから山頂の宮殿へのライオンゲート。

昔はこの両前脚の間にライオンの顔があり階段を登るとライオンの口の中に入っていくようなデザインだったとのこと。

それが5〜6世紀に作られたものっていうからすごすぎる。
では、頂の宮殿へ。

DSC05926
登りと下り1列。
DSC05927

おー高度感ありますねー。DSC05930

頂の宮殿跡地です。DSC05943振り返ると、
んーすごいところだったなー。

DSC05946

アーユーボワーン
ランチタイムです。
もちろんブッフェ(笑)
午後、かつてシンハラ王朝の首都があったポロンナルワへ。(移動:70km/2時間)

着後、ポロンナルワの遺跡観光。
最初に、パラークラマ・バーフ1世の宮殿跡を見学。
DSC05954

あまりに崩れているので、すごさがわからないけど7階建だったらしい。11世紀に7階建ってどれだけすごい技術があったんだろう。よく考えたなー。

続いてクォートラングルへ。
トゥーパーラーマと呼ばれる仏塔内へ。
靴を脱いで(笑)帽子を取って、タンクトップ不可なので上に羽織って、半ズボン不可なので巻きスカートなど着用。

DSC05959

この仏像は明かりを照らすと石がキラキラ光る!
城壁で囲まれ小高くなった四角い敷地に11の建物が建っている。
当時のポロンナルワの仏教の中心的地区だったそうな。

DSC05962

円形の仏塔跡・ワタダーゲ

 

DSC05973
ヨガの立ち木のポーズ
安心してください。
靴履いていません!

DSC05977
ワタダーゲ内部には東西南北を向いた4つの仏像がありました。
DSC05985

ランカーティラカ
仏像の高さは17.5m

DSC05988
キリ・ヴィハーラ

DSC05989
本日最後の靴脱ぎ。ポロンナルワ最後にガル・ヴィハーラ!
大きな花崗岩の岩山を削って座像、立像、涅槃像の3体。

DSC05993

ゴールデンココナッツ!
冷たきゃ美味しんだろうが。

まー普通〜😔

本日の靴脱ぎは5箇所!(クォートラングルで3回、ガル・ヴィハーラ、ランカーティラカの仏像)

DSC06002
ホテルにてスリランカ風チャイニーズディナー
DSC06003

スイーツもしっかり。

高千穂ガイドブログ

Sri Lanka Day2 Aayuboowan

シンハラ語(スリランカ語)の挨拶
Aayuboowan (アーユボーワン)
2016-01-11 07.02.14
フルーツが豊富!
これとこれとこれーって頼むと、皮をむいてミックスフルーツを作ってくれます。
2016-01-11 07.09.43
ヘルシーな朝食!

スリランカは、4〜5年ぶりで楽しみー。
専用車にて、文化三角地帯ヘ。(移動:170km/5時間)

DSC05774

車内風景
DSC05775

道は良いです南国でしょー。
分かりづらいか(笑)

スリランカ最古の都があったアヌラーダプラへ。
イスルムニヤ精舎到着です。
なんと敷地外で靴を脱ぎ、砂地を歩きます。
ミャンマーと違って靴下はOK!

DSC05777
イスルムニヤ精舎は、別名ロックテンプル。
3世紀に王様によって、岩の中にお堂が作られたとのこと。
歴史あるなー。

DSC05779

神々をモチーフにした仏教彫刻

DSC05780
岩の中のお堂

DSC05782
巨大な仏像の、この色鮮やかな色は日本浅草寺による援助でいろの塗り替えられています。

DSC05783

お堂の岩の上に登れます。
現地の人も多く来ています。

DSC05784

岩の上からの展望
緑豊かですー。

DSC05785
王宮庭園から発見された像が展示

Please Do Not Touch!

ランディヤホテルにてランチタイム!
DSC05791
ビュッフェスタイル。
スリランカは辛い料理が多いけど、ここは外国人向けにマイルド〜。
DSC05797
学生さんたちだ!
もう下校?(笑)
DSC05801
高床式住居

次なる観光地ルワンウェリ・サーヤ大塔に到着。
DSC05802

巨木〜
DSC05807
お供え物持ってお祭り行列です。
アユーボアーン!
DSC05810
白い巨大な仏塔

DSC05812
白いストゥーパの土台部分に象のモチーフ。
この地をならしたのは、象の力のおかげだったという話です。

DSC05815
2000年前から作られていて高さ70m!!
すごすぎる。

DSC05817

仏教の旗、六色仏旗です。
なんとスリランカの仏教協会がデザインして公式に発表して、第1回世界仏教徒会議で採決されとのことです。へ〜 へ〜 へ〜
とへぇ〜の連続でした(笑)

  • 青は仏陀の頭髪の色で、「定根」
  • 黄は仏陀の身体の色で、「金剛」
  • 赤は仏陀の血液の色で、「精進」
  • 白は仏陀の歯の色で、「清浄」
  • 橙は仏陀の袈裟の色で、「忍辱」

ほー!
あれ六色仏旗と呼びながら5色?
残りの1色は「輝き」をあらわし、旗の6列目には独自の色は配されずとのことです。
深い〜。
DSC05818

DSC05821

有名な熱心な信者さん。
ほぼ毎日いるらしい。
DSC05823
こんなとこにも前方後円型(鍵穴型)!

続いて
お釈迦様が生まれた地・ブッダガヤ(ネパール)の菩提樹の分け木
スリー・マハー菩提樹です。
DSC05832

菩提樹の葉
菩提樹の葉っぱ
なんとこれがあれの!デザインのモチーフ!!!!!
DSC05833

仕組みはこれ!!!
葉っぱを半分に折ると・・・・・・

あの半円形で先が伸びている仏塔はこの菩提樹の葉っぱをデザインに取り入れていたのであるーーーー。
おーー!

今日は『へぇー』とか『ふーん』とか『おー』とか多い(笑)

DSC05834
聖なる菩提樹!
DSC05836

しっかりお供え物して

DSC05840

あっ!
さっき行列で歩いていた人たちだ!
向こうも覚えてくれていました。

DSC05841

スリー・マハー菩提樹の寺院

 

DSC05843
のどかです
DSC05845
いやーのどか
DSC05846

エレファントトレッキングDSC05852

いってらっしゃーい!
1時間のはずが・・・・
30、40分で戻ってきました(ん?)

楽しかったですか?
乗りすぎ&揺れすぎてで疲れて早めに戻ってきたとのこと(笑)

DSC05861
今日のホテルはジャングル&湖のリゾード系の

Amaya Lake HOTELです。
DSC05863
食事も豊富
DSC05873

部屋はコテージタイプで素敵ですが、カートじゃないと歩いていけない遠さ(笑)

 

タカチホガイドブログ