PATAGONIA to BuenosAires

パンパを走り空港へ。

家一軒もない。

アルゼンチンといえば!マテ茶!
未だ、アルゼンチン人でマテ茶キライって言う人会ったことがないっ。マテバッグを持ち歩きあちこちで飲んでる(笑)
また、ホテルの朝食でもマテ茶用コップとこのストローが置いてあるほど。

今は日本でも商品化されていますね。
日本で売ってるボトルの「マテ茶」はとても飲みやすい。
スーパーに行くとマテ茶コーナーは種類もフレーバーも料金も様々!

一般的に飲まれているマテ茶は、渋ウマ〜。
でも、アルゼンチン人ほど飲みまくれない(笑)

葉っぱ淹れたての最初の1杯はさすがに苦い〜(笑)

カラファテ空港に到着。
You are here!!
ホントに果てだな。

では、パタゴニアを去ります。ブエノスアイレスへ。

ヴィエドマ湖とフィッツロイの山々

あーフィッツロイ山が見え〜(た)〜そうで、頭は隠れてる(TT)

ホテルで正装して、タンゴショー&ディナーへ。


老舗La Ventana


生ハムサラダ


クリームスープ
そしてメインコースのチョイスは!
ビーフステーキ!!!

スィーツは洋梨とアイス

そして、ショーはスタート

元アルゼンチン大統領フアン・ペロンの妻(ファーストレディ)エバ・ペロンさん(愛称:エビータ(故33歳))の「No llores por mí Argentina(スペイン語)」(アルゼンチンよ!泣かないで!)が歌われました。劇団四季でもミュージカル化されていますね。

アルゼンチンとウルグアイにまたがるパンパのカウボーイ。
ウシの放牧に従事する人々。
オリジナル的にはウシの足元に投げ付けて絡ませる道具のボーラを使ってミュージックに合わせてのさばきを披露。

息のピッタリあったタンゴ。
速さ、激しさ、密着感、しなやかさ、足さばきが見るものを釘付け!
すばらしいー!
日本でみるタンゴとはまた違った激しいタンゴでした。

ブラボー!!!!!!

DVD販売していましたが、それは買いませんでしたが(笑)

ショーが終わるころもう12時です。アルゼンチンの夜は長い(笑)
帰って寝よーと。

高千穂ガイドブログ

広告