TANZANIA

JUMBO!!
オムレツの列(笑)
DSC07366

DSC07367
キリマンジャロ登山で絞った身体は、この2〜3日でしっかり食べてたので、もう体重も戻ったことでしょう!

専用車にてアルーシャに戻ります。(所要:4時間30分)
DSC07369

おあー!象がいたぞー。
あれダジャレみたいになっちゃてる。

 

 

途中のお土産屋さんにて休憩。

アフリカンペインティングや動物やマサイ族の木彫りなどなど。

DSC07374

昔、キリマンジャロから帰国の翌日が弟の結婚式で、お嫁さんがキリン好きということだったので、1mを越す木彫のキリンをザックに入れたはいいが、顔がザックから飛び出したまま持って帰ったの思い出すなー。
式の始まる前に手渡ししたら、式場の前テーブルに急遽飾ってくれていて、司会者が「この大きな木彫のキリンは、なんとアフリカに住んでいる新郎のお兄さんが、新婦に買って帰ってきてくれたものだそうです」 お兄さんどこにいますか?『あっはい!』
あー確かにしっかり焼けていますねー。

って(笑)ちょっと話が大げさになっとる。

そのあと父親と各テーブルを回った際に、「弟の高千穂くんからうちの兄は世界飛び回りよるっち聞いています。今アフリカですかー。」「いや、住んでるんじゃなくて旅行ね(笑)」
と補足してまわったなー(懐)

DSC07376

ランチ弁当。
ビーフステーキが美味しい!

食後、キリマンジャロ空港へ。

DSC07379

道路の拡張やっています。
次来る時は、片側2車線になっているんだろうなー。

DSC07381

QR1357便にてドーハへ。 (1700/2235)、飛行:5h40m、時差なし、機食1回)

 

DSC07382

おー!キリマンジャロのキボ峰とマウエンジ峰が綺麗に見えました!
ラッキー!

高千穂ガイドブログ

広告

SAFARI@Manyara lake National park

アルーシャのインパラホテルの朝食image

image
キリマンジャロの登頂写真を掲げてニコニコ記念写真。
みなさんよく頑張りましたー!

image

さて、登山のあとは~
そのまま帰国はもったいないので!
今日から本場アフリカンサファリへ!

image

 

大きな蟻塚っ‼

image

高級・赤バナナ。黄色いバナナしかしらない人にはびっくり!ですねー。太くて短い(笑)
食べると甘~い(⌒‐⌒) あるいみバナナの「あまおう」(笑)

image

道路が浸水。
山でも毎日降っていたもんなー(笑)
麓でも大変なことに。

image
まずは、マニヤラ国立公園にてサファリです。

DSC07095

このサファリカーは、サファリの時は上のルーフが開いて、
楽しめます。

image

まずは、バブーンがお出迎え!
バブーンは、マウントヒヒ!
みんな、車から身を乗り出しパシャパシャ。

そんなに頑張らなくても、ここにはいっぱいいますよ(笑)

DSC07127

ほらー!うわぁーおー(笑)ヒヒだらけ

DSC07129

ピポプールに立ち寄り。
カバたちがいっぱい。でもほぼ動かず、まー日中は暑いですもんね。
DSC07132

GIRAFFE!!(ジラフ)キリンだー!
なんか黒っぽく見える。
遠いから?それとも日差しが強いから焼けてる?

DSC07134
ZEBRA!シマウマだー。

さて、シマウマは黒地に白?白地に黒?
知っていますかー?
DSC07135
こんな草原でのんびりと気持ちよさそう。
DSC07138
あっ近くてみたら黒くない(笑)

DSC07146
ピクニックランチタイム〜!
木陰で気持ち良いです。

DSC07149
バッファローの骨

DSC07151

子供のシマウマは毛がまだ茶色い。
これでシマウマの色わかりますねー。

DSC07161
アフリカゾウだー。
横切ってるところをパシャり。

そのほかにも
ブルーモンキー、ベルベットモンキー、ホロホロ鳥、イボイノシシ、バッファロー、フラミンゴ、インパラ、ガゼル、ヌーなど見れました。

一路、ンゴロンゴロ自然保護区へ。
日本語にはない「ン」から始まる名前。

DSC07169

KARIBU〜(ようこそ!)
ドライバーは入園手続きへ。

DSC07173

ンゴロンゴロのクレーターの模型です。
この模型は日本の支援で作成されました。
クレーター内には年中、水が豊富で緑も豊かなので動物たちは移動する必要がなくなり、年中うようよ見れるのが魅力!

DSC07180
タンザニアのお偉いさんたちと記念写真。

DSC07181

ここが明日サファリするンゴロンゴロクレーター。
このクレーターの上の標高は2200m。展望地もホテルもクレーターの上にありますので、動物に襲われる心配なし。
DSC07188
高級リゾートホテルSOPAロッジ。

DSC07186

部屋もゆったり。
DSC07191
レストランの雰囲気。
DSC07193

バイキングです。前菜もりもりあわせ(笑)
このあと、メインにBBQいただきます。
DSC07196

本日、誕生日の新井さん!
スタッフ30名が歌って踊ってお祝いしてくれました。
感動ですねー。
このキリマンジャロ登頂直後に誕生日を迎えるってモッテますね〜!おめでとうございます。

高千穂ガイドブログ

Kilimanjaro Mweka Route down 7

おはようございます。

みなさん口を揃えて、「よく寝たー」
昨日はお疲れ&昨日までに比べたらここは標高低いですからね。
といっても富士山より高いですが(笑)

DSC07010
あらっ。食欲ないかたいましたが、半日下る元気さえあれば大丈夫でしょう!
もう、今日は数値計ったり、検査したりはないですよ(笑)

DSC07012

うっすらキリマンジャロ。
昨日あそこにいたんですよー。
すごいすごい!
DSC07016

さー、ガイドやスタッフやポーターたち総勢33名!

歌えや踊れ〜!!!
DSC07018

キリマンジャーロ🎵
キリマンジャーロ〜、キリマンジャーロ〜〜🎶
キリマンジャロ〜♪
ミマレーフサナー♪( ´θ`)ノ

サンキュー!!
感謝の握手やハグをして〜
ではでは、ジャングルの中、ムエカキャンプを経てムエカゲートへ下山。

ミレニアムキャンプ3790m〜ムエカキャンプ3080m〜ムエカゲート1630mへ

【歩行約6時間】

DSC07040

7日目となると食料もほとんどないからポーターたちの荷物は少しは軽くなったかな?

DSC07042

ピンクッションフラワー

DSC07044

えー!今日も雨。
結局7日間降られました。
これまた記録だ。

DSC07050
ムエカキャンプにて休憩。
私のスペシャルドリンクをみなさんに一口ずつ。どうぞ!
長い長い下山をを下ります。

DSC07061

ムエカゲート到着!

2名はガイドと一緒に、だましだまされあとからポレポレ。
ここでランチ。

DSC07068

荷物を詰め込みアルーシャへ。

DSC07071
キリマンジャロコーヒー園
がダ〜と続きます。

途中、モシのホテルにてスーツケースを積み込み、ガイドやポーターに別れを告げ、アルーシャへ。

インパラホテル!!
普通のホテルだー!
シャンプー2回目で泡立つ(笑)

すっきりしてーディナーだー!
DSC07077

 

中華&キリマンジャロビール&ワイン!
贅沢だ!

食欲なかったかたも少し戻りましたね。

大変お疲れさまでした。

テントに慣れすぎてベッドで寝れない?

高千穂ガイドブログ

SUMMIT DAY for Mt. Kilimanjaro Day6

いよいよ!
登頂日です。

深夜1時30分に起床。
海外高所の登頂日に食べるのは「どんべい」(笑)
和風だしで食べやすくて、お腹もちもいい。

DSC06844

3時に、ヘッドランプを点けてバラフキャンプを出発。
※キリマンジャロ登山行かれた方は、『え?3時?12時じゃないの?』とお思いでしょう(喜)
実は、マラングルートを使わず、このマチャメルートを行く良いポイント理由は、3つあります。

キリマンジャロ

1、縦走路!(マラングは往路も下山路も一緒)
やっぱり往路と下山路違うと楽しい。
2、2名1テント(マラングはバンガローハットで4〜大勢で1室)
部屋に人が多いとうるさい。気を使う。気が休めない。寝れな
い。どのコースもトイレはどっちみち屋外。
3、なによりも最大のポイントは!
ウフルピークへの距離が近い!
それに伴い出発を深夜ではなくて未明に出発で登れることです。

※キリマンジャロ登頂の課題は3つ。
①高山病、②登頂日の寒さ、③睡眠不足(体力)。
その②と③がこのルートだと、マラングルート(通常ルート)より緩和される点です。

DSC06850

今日は、風もないし全然寒くない!
それでもマイナス5度はありますが・・・(笑)
ひどい時は、マイナス10度に風が吹くと体感温度はマイナス20度になりますからね!
DSC06859
太陽さえ昇れば、寒さも解消!
DSC06860
周りが明るくなり、山頂の氷河が見えて来ました!
DSC06867
かなり暖かくなりマイナス2度!
5000m超えてきましたー。
とりあえずの山頂ステラポイントまで標高差700m!

DSC06873
一歩ずつ!一歩ずつ!
フ〜〜〜、ハ〜〜〜、と腹式呼吸をMAXでしていまーす。
DSC06874
立ち止まりが増えて来た人も出てきましたが、がんばりましょう!とにかく足を1歩前に出して〜
DSC06888

高山病で降りてくる他のグループの人たち。
2名ほど遅れがちなので、ここまで頑張って着いてきたけど、グループを分けて歩くことに。

DSC06901
ジグザグの登高を繰り返し、ステラポイント(5730m)の看板が見えてきたー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

DSC06913
MountKilimanjaro!
Conguratulations!!!
STELLA POINT到着です!
あれまた看板が新しくなってる。
そして標高が5756mになってる(笑)
おめでとうございます!!!!!!!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
DSC06917

やったぞー!
遅れてる2名をしばらく待ちましたが、まだ来ない。
高山病や下山するという無線は入っていなので、頑張っています!
DSC06926
向こうに見えるのが、最高峰のウフルピークです!
ここからもう1時間!遅れずに着いてこれた6名にはウフルピークを狙う権利があります!がんばりましょう!
DSC06928
これがキリマンジャロの上の階段氷河!
厚み(高さ)はなんと10m〜20m
DSC06933
おー!赤道直下のアフリカに氷河があるなんて誰が信じるでしょうかねー。

DSC06943

5800m超えています!
酸素の薄すぎてみんな息苦しそう。
超スローペースで1歩1歩!
DSC06953

ウフルピークの看板が見えてきましたよー。
よくがんばりました〜感動!
DSC06958
アフリカの最高地点!!
Mount Kilimanjaro!!
Congratulations!!
UHURU PEAK5895m!!!登頂!
やりましたー。
UHURUとはスワヒリ語で「自由」と言う意味です。
登頂写真だー!いえーい!
(((o(*゚▽゚*)o)))

残りの2名もステラポイントに登頂できたと無線あり!
おー!やったー!
DSC06985

下りは、砂走りをガンガン降ります。

でも、酸素は薄いのでゆっくり歩いてくださいよー!
8時間もかけて登った道を2時間30分でバラフキャンプまで下山。
すごいでしょー!

DSC06990
フレンチトーストとベジタブルクリームスープいただきました。
テント内の荷物を整理してテントを撤収して、一路ミレニアムキャンプへ!まだ歩きます!

 

DSC07005

みなさんヘロヘロ!でミレニアムキャンプに到着。

DSC07006
高千穂特製登頂おめでとうちらし寿司          

【登り/8時間(バラフ~ステラ7h、ステラ~ウフル1h)
・下り/4時間30分(ウフル~ステラ30分、ステラ~バラフ2h、バラフ~ミレニアム2h)

【行動約:14~15時間】

安心して爆睡してください。
1日大変にお疲れ様でしたー。

みなさんの感動を目の当たりにして、私も感動しました。
今回もいい仕事したなー。

高千穂ガイドブログ

Kilimanjaro Machame Route5

JUMBO!!!

朝から曇りです(泣)

DSC06824
準備していたら、虹がでたー!
おー!おー!
DSC06822
しっかり食べすぎ(笑)
元気な人はちゃんと食べれています。
軽い高山病の人や体調不良の方はあまり食べれないですね。
食べないと体力ももたいないのですが、食べたくても食べれないとか食べたくない人は、大変です。
どんな良い車でもガソリンないと走れないのと一緒かな。

DSC06825

さー今日も頑張りますよー!
カランガキャンプ3930m〜バラフキャンプ4640mへ。
【歩行約3時間30分+2時間】

DSC06826
ガスってるけど、雨じゃないだけで十分。
せめて登頂日の明日は晴れてほしーい!
DSC06830

休憩の風景

DSC06831

止まらず、一歩一歩!
歩いて〜バラフキャンプへ。
DSC06833
本日のテント場、バラフに到着!4600m

DSC06837

昼食食べて、
午後、高度順応のため4800mポイントへ。

DSC06838

テント場が小さく見えます。

夕食は、高千穂メニュー!

DSC06843

皆さんの登頂を祈願して、特製シャケ雑炊。
しっかり食べていただけました!作りすぎましたが(笑)

早めに寝て明日の登頂に備えましょう!

 

高千穂ガイドブログ

 

Kilimanjaro Machame Route4

今日はバランコキャンプ3976m〜バランコの壁〜カランガキャンプ3930mへ。

【歩行約4時間30分・行動5時間20分】

image

朝のstaffたち

image

バランコの壁へのアプローチ。

image

バランコの壁を登ります。

DSC06776

ポーター達も大きな荷物やイスを運びます。
ポーター泣かせの壁です。

image

本日もまた雨降り始めましたー。
えー:'(

もう、10回もキリマンジャロ来てるけど、こんなに毎日雨に降られたのはじめて。

何度も来てるのに、今年は雨期がかなり前倒しなのかな?

image

my cap and my sunglass with ロベリア.

image

カランガへ最後の急登。

image

カランガキャンプ3930mでーす。
キリマンジャロの山頂部分が雪でどんどん白くなっていく。

image

ダイニングテント!
元気ですかー!

image

スタッフはめちゃ元気(笑)

image

高千穂特別メニューの大根サラダmade in Japan food!

image

これがディナーでーす。

恒例の朝晩数値測定!
酸素飽和度80以下の人は居残り腹式呼吸練習!

OKーみんなクリアー!

高千穂ガイド