易老渡880m〜(易老岳2354m)〜光岳2591m 南アルプス縦走

朝3時30分に、天龍村の加満屋さんを出発。

約1時間半かかり易老渡(いろうど)の登山口に到着。

易老渡もなかなか見ない漢字ですねー。

易老渡の駐車場から易老岳方面を眺める。

 

加満屋さんお手製のおにぎり弁当。
美味し〜。

5時40分
易老渡出発880m
さーではでは、5日間の光岳〜聖岳への大縦走へGO!
今回のコースの一番の難関は、今日のここ易老渡から易老岳への登りと三吉平から静高平への登りが急です、トータル的にもかな〜り長い1日となるコースです。皆さん頑張りましょう!

易老渡登山口・遠山川を渡りスタート!(標高880m)

 

易老渡から易老岳までで、距離が4.8km。
さらに易老岳から光岳までがさらに5kmぐらいあるのでこれまた大変。
すでに500m登っていますが、本日のトータルの獲得標高差は登り2000m以上。まだまだ(゜o゜;

面平1480m到着。
やっと平らになった(苦)
一休みします。

易老渡から易老岳への登りの距離的には半分。
高さ的には3分の2〜。

うぉー!
トリカブトだらけ

花は観たことない人でも、毒性を持つ植物としてみんな知っていますね。
毒は根っこ!

静高平への急登を登る。

静高平の水場は、枯れているかなと心配しましたが、2箇所とも水アリました!
まさに、南アルプスの天然水!

イザルヶ岳の下のセンジヶ原の木道。
先には光岳小屋が見えてきましたー。

10時間弱かかり、光岳小屋に到着。
山頂まで15分程度なので、荷物を置いて、光岳へ。

 

南アルプス・光岳2591m山頂!
光岳と書いて「ヒカリダケ」と読まず
「テカリダケ」と読む

登頂おめでとうございます!

小屋のすぐとなりがテント場です。
場所的にそんなに大きくないので、MAX10張はれるか程度。

獲得標高差は約2000mきつかったですねー。

外でSOTOでコーヒータイム!
さきほど汲んだ南アルプスの天然水で沸かします。
美味しい〜!

光岳小屋は、50歳以上&3名以下のメンバーのみ、食事提供あり。

食事提供者のあとに自炊。

今日の夕食は、外国で買ってきた世界のフリーズドライナイト!
ライス&チキン
マサラカレー
ラザニア

メンバーの皆さん喜んでくれました。

隣のクラブツーリズムもフリーズドライ食べていました(笑)

トイレは小屋の外!

薄っすら映った、山と夜空の景色。

19時30分消灯。

MC230、Dep330===500/540易老渡880m(朝食・登山準備)・・・600コル・・・803/810面平1450m・・・935広場1800m⑱2.4km/2.4km・・・1000/1010標高2000m・・・馬の背・・・(1105/1110)2254m・・・1140易老岳分岐2354m・・・1317/1327三吉平・・・1442/1455静高平(水場)・・・1505木道・・・1525/1535光岳小屋・・・1552/1557光岳・・・1620小屋
※430~530AMPM食堂利用不可
※1930消灯400点灯

高千穂ガイドブログ

広告

光岳小屋 南アルプス 〜条件アリの山小屋

光岳小屋
(テカリダケ小屋)
素泊り:3000円
※寝袋レンタル1500円

テント泊400円

1泊2食
※50歳以上かつ3名以下&3時までに光岳小屋に到着が条件
6000円

営業:7月中旬〜9月中旬
所要人数:45人

 

※10人以上のグループは要予約。

期間外は冬季小屋として小屋の宿泊棟を開放してくれています。
寝袋や食料・自炊セットなどは持参要。

 

詳細
↓↓
県営光岳小屋
http://alps2592.c.ooco.jp

 

光岳山小屋の空室状況
↓↓
http://alps2592.c.ooco.jp/newpage8.htm

アクセス情報
2017年9月現在
易老渡への林道が北又渡(芝沢ゲート)より先、一般車両通行止め。

芝沢ゲートより易老渡まで歩くと約75分。

遠山タクシーと天竜タクシー&平岡などの近郊の宿送迎車は易老渡登山口まで通行可。

遠山タクシー(平岡、和田)   TEL:0260-32-2121
天竜タクシー(上村)        TEL:0260-36-2205

料金:(目安)

平岡~易老渡 約13000円  約1時間20分
ジャンボタクシー 約18000円

飯田~易老渡 約18000円  約1時間40分
ジャンボタクシー 約23000円

道の駅遠山郷よりシャトル車あり!
1.道の駅遠山郷 ~ 易老渡 間
(途中乗車・途中下車は不可)

道の駅遠山郷~易老渡 約60分(車で)
料金目安 おおよそ1万円(乗客3人の普通車)

2.予約時間帯

往路 早朝 4:30、6:00(道の駅遠山郷 発)
復路 昼  12:00、14:00、16:00(易老渡 発)

光岳・聖岳の長野県側のアクセス地図
↓↓

土砂崩れなどで入れない年もあるので、登山も大変なところですが、登山口までたどり着くもの大変。

 

高千穂ガイドブログ