油断大敵下りもかなり危険! Denali Expedition 2017 Day17(デナリC5(17200ft)〜デナリC4)

おはようございます。
12時すぎ起床

まー朝帰りでしたから(笑)

白夜とは言え、キャンプ場に日が当たりだしてみな行動開始しています。
じゃなきゃー寒すぎ〜。
この高さでは、日が当たっても風吹けば激寒だけど。

オーバーブーツはカチコチ。

しっかり薄っすら凍っている(冷)
息を吹きかけて、温め開始。
は〜は〜は〜は〜っ。
息が苦しい。
手が。。。。。かじかんでるー。

では、装備を片付けて、テント撤収してC4へ下山。
足や手の指先の感覚が遠くてにぶい。
かじかんでる〜ので細かい作業がしづらい・・・・。

あっちはグループ登山チーム。
多分AMS(アラスカ マウンテン スクール)だろうな。

16時出発して下山。

昨日、6190mの地から降りてきているから、この5300mの地は呼吸少し楽かと思いきや、全然苦しい。


ロープを上から張り気味に下山。
まだ全然気が抜けない!急な下り。

ナイフリッジの細い稜線
慎重に下ります。

フィックスロープの下りも1ピッチ1ピッチ、確保しながら下りました。

ぱっくりクレバスを越え、安全な斜面まで降りてきました。
いやー危ない所だらけ。


ガスってきてホワイトアウト。

キャンプ4のテント場に戻ってきたのは23時すぎ。

7時間かかりました。

数日前、停滞中にテント内で、紙面上でしたが残り少ない日にちに対しての山行スケジュールを考えていましたが、「キャンプ5からアタックして、そしてキャンプ5へ戻り、荷物をまとめてテント撤収してキャンプ4まで降りてくるまでを1日で考えたりしましたが、案は紙面上可能そうにみえても、高度的、体力的、精神的には、かなりハードで無理なことでしたね。24時間行動。
危険危険。

リフィル カップヌードル〜。
2個いただきまーす。
SOTOバーナーのウインドマスターは、沸きが早い!

明日からまた荒れる予報(泣)

デナリ登山ブログ

広告

D線上のアリヤス Denali Expedition 2017 Day14(デナリC4(14200ft)〜デナリ稜線上(約16000ft)

⑭6/12(月)

C4(14200ft/4330m)
Snow、 気温:華氏9度(摂氏マイナス10度)、
風については書いてない!
そしてTomorrowは曇り一時SUNNY!
華氏2〜マイナス5(摂氏:マイナス13〜マイナス20度)
寒っ!
OUTLOOKは、<15MHP (最大風速6m)
デナリキャンプ5(17000ft/5100m)も風は15MPH!(最大風速6m)
風は、ここキャンプ4も上のキャンプ5も弱まるっぽいぞー!

よっしゃー!
回復が予定の予報より早い〜!!!!!
般若心経のおかげ?

おっと!
デナリキャンプ4からキャンプ5へのヘッドウォールに大人数の団体が登っていっている!トレーニング?デポ?それとも移動?
雪崩の心配があるから危険だ!とレンジャーは言っていました。

雲に切れ間が入りましたー!

ドンドン切れ間が広がっている!

フォーレイカー山がキレイにみえたー!
何日ぶりだ?

チームアルゼンチン!
南米最高峰・アコンカグアのガイドチームです。
Hola!


完全に青空が帰って来ました

デナリの空の雲もほぼ取れてきました!

まさに銀世界!!!

私たちは準備して、トレーニング散策兼ねて、デナリキャンプ4の奥にあるEnd of the World(この世の果て)という断崖絶壁へ。GO!

途中、クレバスがあるのでみんなで繋がって往きます。

道は比較的平坦です。
すでにEnd of the Worldに立っている人たちが見えます。
片道20分ほどです。

ここがEnd of the worldです。

絶景!!!!

今にも落ちそうな氷河がデナリの山にへばり付いています。

アラスカの山々を見下ろす!
気持ちいい〜!
コレが見れただけでも大感動!

パシャ!


いやーすごい!

次々に人がやってきました。
撮影ポイントは順番待ち。

テント場に戻って、ランチ。


久々のソトでSOTO!

ホントに久しぶりにみんなでご飯。

Mountain Houseのラザニアとミートソース


とビーフシチュー!

もう一丁!
七面鳥のクリームシチュー!


七面鳥のクリームシチュー!

ここで会議が行われ、もう今日キャンプ5まで行こうという話になり、デポ日なしの荷物を必要最低限にして出発することに!
バタバタテントを畳んで準備。

あっ!やべーオーバーパンツのチャックが壊れた・・・・・・・。

他の隊も出発しています。

準備やテント撤収に時間がかかりすぎて、出発は16時です。(汗)
白夜で24時間歩けるとはいえ、夜になるとやはり昼より寒いから決断に多少の不安はあるものの。
さー勝負のときがやってきました。
行きましょう!!!!

出発早々ガスりはじめた。
先行き不安。

他の隊は、このヘッドウォールを確認&トレーニングだったみたいで、途中まで来て引き返して行きました。
キツイ登りが続きます。

ヘッドウォールの半分過ぎた辺りに大きなクレバスがあり、ここからの登りはさらなる急登なためフィックスロープが張られています。

重たい荷物を持ってこのクレバスからの最初の1歩の壁に取り付けないため、荷物を荷揚げ。
これがまた、荷物が重すぎて動かない。
酸素は薄いし、大変でした。

ユマールを掛けて登ります。
フーフーハーハーでは、間に合わない苦しさ・・・・
まだ5000mにも達していないにこの苦しさ。
やっぱり赤道直下の5000mと極地の5000mは全然違います。

重い荷物で思い通りには足が上がりません!

ガンバーーーーーー!

ヘッドウォールを登りきり、稜線に出ました。
一気に風が強くなり、体温を奪われます。

ここで防寒具をさらに強化します。
失敗は、ここでダウンの上下を着れば良かったけど、思考能力も低下しているし、そこまで必要とは思わなかったことがこのあとの最悪の事態を招きました((泣))

ここから先はどこも風を避けるところがなく、結構な斜面だったし、体力は使い果たすし、急いで準備してパッキング順のミスも災いとなり、必要な装備のいくつかは、ザックのテントやシュラフの下に入っていて、取り出すことが出来ずしばらく寒さを我慢して歩きました。
パートナーを組んでいた相手が歩行スピードが上がらず、私は常に待つ状態となり、立ち止まり回数が多くなり寒さは増しました。

太陽が反対の山に隠れて、一気に寒くなり、時は22時を超えもうすぐ23時。
暗くはないけど、風はかなり強風になっています。
かなり不安はよぎります。
岩陰をどうにか見つけて、とうとう座り込んでしまいました。
完全に身体が冷え切った状態でダウンの上下を着たのでなかなか寒さは取れず、震えていました。

ここは、キャンプ5までまだ3時間〜4時間はかかりそうなところです。

まだ多少の体力があるうちにと、テントやシュラフがあるからここでビバークでもしようかと荷物を下ろして考えていた所、この先の稜線でちょっとした平らな所があるとPATから聞き頑張ってそこまでどうにかこうにか歩き、テントを1張り張って全員でそこでギュウギュウ詰めでシュラフに入り朝までしのぎました。

テントに入る前、自らのアイゼンを外す体力さえギリギリでした。手先&足先はかじかんできていました。
夜中の12時か過ぎていたかと思います。

シュラフに入っても寒さは収まらず、手足足先を擦りながら、しばらく震えていたことを覚えています。

明日は続けるか?撤退して下山か?

C4(14100ft/4330m)・・・ヘッドウォール・・・稜線上泊
※C5/High Camp(17200Ft/5240m)まで行き着かず・・・・・

 

デナリ登山ブログ

 

さーどーなるデナリ登山! Denali Expedition 2017 Day13(天候待ち④・デナリC4(14200ft))

おはよーございます。
本日、登山DAY⑬ 6月11日(日)。
天候待ち④日目です。
今日も動きません。
いや動けませんの方が聞こえがいいかな。

晴天日は、苦でもなかった雪集め。
悪天候&強風の中での雪集めは大変です。
まーちょっと飽きた感も出てきていますが。。。。

その後は、日課のWeatherチェックへ。
てくてく、レンジャーステーションへ。

C4(14000ft/4330m)
Snow :<6インチ(15cm)、
気温:華氏14度(摂氏−9℃)
風:南風25-45mph(11〜20m歩行不可)

C5(17000ft/5200m)はSnow:< 6インチ(15cm)、
気温:華氏−6°(摂氏−21℃)

風:35-60mph(15〜26m歩行難〜暴風域)

OUTLOOKに火曜Taper off*と書いてある!
水、木とClearing!!!!!!!!!!!

*Taper off=弱まる!細る。

雪山と夏山の大きな違いは、
夏山は天気回復すればすぐ行動出来る。
雪山は天気回復しても、トレイルは1週間ほど人が歩いていないのでトレースは完全に消えているだろう。先に行けば間違いなくラッセル歩行で雪をかき分けかき分け歩くため体力は消耗。
また、キャンプ4からキャンプ5への直登は雪崩の危険性もあるため、回復しても一日は様子見で待った方がいいのが通常の判断。ただ!日数やその先の天気を考えるとあまり待っても居られない人々も多いはず。
判断がムズかしい!

 

○気温:米国/℃(華氏)、日本/℃(摂氏)
ざっくり計算(華氏)ー30 ÷ 2 =(摂氏)
正確計算:(華氏)ー32  ÷  2 x 1.1 =(摂氏)
○風速:米国/MPH(時速)、日本/m/s(秒速)
MPHx0.44=m/s(秒速)
※風速についての説明は下記に!
○長さ:米国/Inch(インチ)、日本/cm
1inch=2.54cm

🍃≈風速についてin日本🌀
静穏 – 風速0.3m/s未満の風
3〜5m/s(軟風)木の葉や細かい小枝がたえず動く。軽く旗が開く
5〜8m/s(和風)砂埃がたち、紙片が舞い上がる。小枝が動く
10〜15m/s(やや強風 )大枝が動く。電線揺れる。傘はさしにくく風に向かって歩きにくい。
※10m/s(23MPH)傘無理
※15m/s(35MPH)歩行難
17〜20m/s(強風)小枝が折れる。風に向かっては歩けない。
※17m/s(40MPH)歩行不可、禁テント外出
20m〜25m/s(暴風域)人家にわずかの損害がおこる。煙突が倒れ、瓦がはがれる。
30m/s以上(台風🌀)

今日の朝ごはん。
いつもながらのシリアル系とホットチョコ。

まーも見栄えがそんなに変わらないから、朝食は別にもう紹介はいらないかな。
テント内では、ダウンのテントシューズロング履いています。

オレンジパウダージュースを作ってみよう!

ホットでも、アイスでも美味しい〜!!
※テントの外の雪の上に挿しておくと、キンキンに冷えます。

本は返して、般若心経を写メったものを見ながら!


はい、本日2回写経しました。

では、皆さん一緒に!

羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶
般若心経

どうかデナリの天気が予報どおり回復しますように!

外の風が弱くなり、雪が一旦止んだかな?


テントの周りの雪かき雪かき。


今日も、登頂を断念して下山者がちらほら。
段々、こちらの日程も少なくなってきて不安。
こうなりゃーせめてデナリキャンプ5まででも見に行けたらいいなー。
6月5日に上がってきて、6月8日から全くもって動いてないので、なんか身体がなまってきて、般若心経ばかり読んでるから、欲もなくなってきたかも。
厳しい自然環境と厳しい現実を目の当たりにして登頂出来なかったら出来なかったでしかたないと思うしかないのかなー。(悲)

私は、6月21日のアンカレッジ朝発の便で帰国予定。
でもメンバーの中に6月19日帰国予定者がいるから、そこを考慮して逆算して日程組んでみよっと。
最悪6/18(日)にタルキートナーに下山できればいいから。

一気に荷物もってキャンプ5への移動は大変そうだから、荷物半分キャンプ5にデホして、降りてきて残り半分を持って次の日キャンプ5への移動が希望と理想だが、そうも言ってられない残日数になってきてる。
また、登頂日もC5を出発して、山頂行ってまたC5に泊まる方がベターだろうけど、頑張ってC4まで降りるしかチョイスはなさそうだなー。
そして、下山も①C5→C4、②C4→C3、③C3→C1、④C1→BC、⑤BC→タルキートナー、⑥タルキートナー→アンカレッジの6日間プランが、①C5→C4、②C4→C2、③C2→BC、④BC→タルキートナー→アンカレッジ4日間で降りるとして、14日登頂がラストチャンス。それ以降は、帰国フライトをチェンジするしかない。
BCからタルキートナーのAIRタクシーも往路のように2日も3日も飛ばない危険性を考えだしたら、私の帰国フライトフライトは21日だからといって余裕があるわけではない。
さータイムアウトとの戦いも始まった。
うーん。

デナリ登山ブログ

デナリの装備行動食編 Denali Expedition 2017 Day11(天候待ち②・デナリC4(14200ft))

待機が決まっていたので、ゆっくり起床。
朝から雪が降っています。
まず、天気予報ボードを見にいきました。

雪ですでに字が消えかけてる〜😥

Today:Mostly Cloudy 20-15°(-10℃)。
50%Chance of snow 6~12インチ(9~30cm)
風:35mph(15m) ※歩行難~歩行不可
※ちなみにデナリキャンプ5の予報は、ー12°(-22℃)、風30~40mph(18m))
キャンプ5にいたらテント飛ばされる〜。

Tomorrow:曇りのち雪
Outlook:日曜〜月曜にかけて、低気圧ががっつり入ってくる(泣)
雪&強風と天気荒れます予報。

さー今日も強風

テントから出れそうもないので、

テント内で何しようかな?

おっ!そうだ
デナリキャンプ5と登頂日の装備チェックでもするかー。

まずは食料から!

デナリキャンプ5にての夕食
・アマノフーズのフリーズドライのビーフシチュー2袋とアゲナススープ。Mont-bellのアルファー米2食分。

登頂日の出発前食!
日清Cup Noodleのぶっこみ飯・カップヌードル味。と贅沢にアマノフーズのフリーズドライ牛とじ丼


デナリ登山の行動食(登頂用編)
尾西のアルファー米・赤飯とふりかけと干し梅干し(成田空港であっ!梅干し忘れたーとゲート近くのショップで見つけた高級干し梅)とおにぎり味のり。

1gでも軽く

高所用パッキング!無駄な袋や、精密に分量を計算して分ける。
変わらんやーん!って?乾燥剤とかも重たいと思ってしまう高度(笑)
気持ち的の問題もあります。


補助行動食もいっぱい持って上がっています。
しかも今食べながら、選定中。
①C5から登頂日に食べるもの。
②C4からC5に上がる時に食べるもの。
③C4に置いていくもの(今食べてる(笑))

選ばれし登頂組は・・・・・・・・・・

デナリ登山行動食②(登頂用編)
ルーティーン的な好物品。
・湖池屋カラムーチョ!
(この辛さが寒い身体に温かさをもたらすと信じてる。)
・COMOパン
 今回はクリームパンとソフトコッティーが選ばれました!
(やっぱりこのしっとり感はのど越し最高!カロリー高めで登山には嬉しい一品!コモパン)
・溶けないチョコM&M’s!
(まーこの寒さじゃーどんなチョコでも溶けんね)
・マカダミアナッツチョコー!
(第二の故郷・オーストラリアで食べ続けたマカダミアチョコ!アーモンドよりマカダミア派)
・KitKat
(一般庶民の高級チョコ(笑)、第三の故郷・中国で食べまくった)
・森永ミルク練乳
(日本の雪山やハード系の定番?普段全然食べないが、お守りがてらに1品)
・ハッピーターン
(アリヤスベストバイ3大銘菓の1つ。この絶妙な濃い目の塩加減とオイリーさ。作った方はすごい!)
基本せんべい系大好きです。
○三大銘菓:ハッピーターン、カール、かっぱえびせん
・ブラックサンダーミニ・イチゴ
(今回初選抜!どのような働きや喜びを与えてくれるか楽しみです)

※アーミーの方々からもっらった食料に入っていたから急遽メンバー入りした2品)
・ミックスナッツ
・シリアルバーChewy

グリナ これもC5用に持っていこっと。

ガイド兼登山用品プロの平川ガイドからオススメされた寝れない時はグリナ飲みナと(笑)


靴用カイロ、くつ下用カイロ、ハンドウォーマー(ミニカイロ)、貼る&曲がるカイロ(スマートオンパックス)そしてはるカイロ。
いろんなカイロ持ってきました。普段全然使わないカイロですが、今回は必要&重要です!
凍傷予防は絶対ですからね。

おっ!外が明るくなってきた!
テントから外へ出てみると

ちらっと青空!
ただデナリキャンプ5やその後ろの山頂方面はがっつり雲かかっていて強風そうやなー。
怖い怖い。


今日も下山予定者が余ったガソリンや食料の配布に各テントを回っていました。


ランチは、シャレおつな
ブラウニーチョコとアップルソース&レーズン

Armyからいろいろもらって急に食生活が山セレブ(笑)

そして、
やることないから〜。メンバーに本借りて。

高千穂〜有康っ♪読書〜はじめました・・・・♬

真面目の読んでいます。
なーんにも邪魔されるものも遮られるものも、気が散ることもなく、かな〜り集中できました。
受験勉強者は、デナリ来たらかなり良いかも!

さて、何の本を読んでいるでしょう〜か?

夕食は、Premavalla Spaghetti(春野菜のスパゲッティ)。
こんな極地の山奥で、イタリアン・パスタなんて、お洒落すぎでしょー。

すべて順調に行けば今日のデナリ登山DAY11の6月9日(金)が登頂日でした。
ただいま予備日を消化しながらの天気の回復待ち!
時間切れが先か!天気回復が先か!
予報では週末まで天気悪く、週明けのDAY14の6月12日(月)辺りから回復見込み。
祈るしかない!

デナリ登山ブログ

とうとう天気が崩れた! Denali Expedition 2017 Day10(天候待ち・デナリC4(14200ft))

天候待ち①
明日の金曜日が大雪&強風予報のため今日は動けず、キャンプ4にて待機。

今日の朝食
シリアル&ホットチョコ+丸パン


他の人達も動きなく待機っぽい。

レンジャーの話によると、現在デナリキャンプ5でアタック(登頂登山)待ちだった人たちは今日から天気が崩れるため、みな今日一旦キャンプ4まで降りて来ているとのこと。

いろいろな人にいろいろなタイミングがあると思うが、一昨日や昨日とデポしになのか、キャンプ5へ移動なのか分からないが結構な人が上がっていたもんな。
ここから山頂を狙うには、最低3日の好天が必要!無理や無謀は命取りと思うが、みんな挑んでるなー。
まー過信している人たちしかこんなとこ来ないね。(苦笑)

テント内でぐだぐだ。
何にもしてないから、昼食は抜きでっ!

いやーお陰でよく昼寝も出来た。

外が明るく感じるから出てみると、


全くもってよろしくない日。

なーんにもしてないけど、お昼抜いたからお腹すいたー。
今日のディナーは!


フリーズドライ ラザニア(from Army)

デナリ登山ブログ

C3にキャッシュ荷物取りに行ってきます。 Denali Expedition 2017 Day9(デナリC4(14200ft)〜デナリC3(11200ft)〜デナリC4(14200ft)泊)

ただいま朝6時前。

昨晩沸かしたお湯でグラノーラとホットチョコ。
&ハムとチーズのサンドとコーヒー。


まずはインナーブーツに息を吹きかけ、冷た〜くなっている靴を温めます。
外に出るのも一苦労。
※靴の匂いを嗅いでるんじゃないよー!

お湯をNALGENEに入れてアウターブーツに入れて凍りかけて冷たいブーツに温もりを。
※凍傷予防!
インソール(靴の中敷きも2重)はシュラフにいれて寝ています。


ユベラ軟膏を塗って血行をよくします。
足先と手先に塗り塗り。

7時30分

明日からの悪天候に備え、朝一番デナリキャンプ4を出てデナリキャンプ3へCacheを取りに行く〜。
Rafaelはちょっと風邪気味ということでPATと二人で。
先日は、キャンプ3から9時間もかかったので朝早めにスタート。

C4辺りは太陽当たらず、まだ日陰。

気温はマイナス11度。摂氏ね。

トイレの汚物を決められたクレバスへ処理。
自分がこのクレバスに落ちないように注意!

Windy Cornerを下ります。
風は穏やか。


ほぼ走るように降りてます。ずーと日陰を歩いて降りているが、身体は冷えずに来れてる。


まー荷物やソリがなく、雪もしっかり絞まっているからサクサク下れるー。

おっ!ガスが晴れてきた。

デナリキャンプ3からの登りは大変だった急登、下りは滑るようにあっと言う間。
ただいま8時40分。
おっと〜ってことは、キャンプ4から1時間10分で降りてきた。
早っ!

キャッシュを掘り出し、必要なものだけ取り出し。
昨日、食料は大量にアメリカアーミーからもらえたから、食料はいっぱい置いていける。


キャッシュものとゴミを再度埋め直し。

目印の旗をいっぱい立てて、デナリキャンプ4へGO!
ただいま10:10発!
あら、掘って荷物確認して、埋めての作業 & ここにて持参したランチを食べました。
合計滞在:1時間30分

PATとハイピッチで歩く。

デナリキャンプ3からすぐの急登の壁
前方に1パーティーが取り付いていた。

よしっ!気合を入れて行くぞ〜!

前のパーティーがジグザグ行かず、直登してるので後を辿る。
結構シンドい(笑)
フーフーハーハーと最大限腹式呼吸で挑む!

鞍部まで来ました。
天気は良いけど、風が強くなってきました。

奥にデナリの主峰が!
風はドンドン強くなってきた。

風速1mで体感気温は1度下がる。
身体に感じ、たまにまっすぐ歩くのに支障があるほどだから風速10m/s以上だろう。となると体感気温はマイナス20度以下。
うー寒寒〜😣


途中に、こういうデポ場が沢山。
これだけ目印棒立ててれば間違うこともないなー。

風はゴーゴーいいだしたー。
急げ〜!

あの上のWind cornerは太陽があたってる。

Wind Cornerへ登っているパーティーが前方に見える。
よし!次はあそこに追いつけるかなー。
フーフーハーハー!

下る人と登る人と雄大なデナリのバックを撮ったベストショット!

前のパーティーに追いついたぞーーー!
ふふ~はーはー

大きなクレバスの割れ目が見えてきた。
あそこを超えるとデナリキャンプ4だー!

キャンプ4に戻ってきましたー。
14時25分着。登りは4時間15分。

行動
C4(14200ft/4330m)――C3~C4
下:1時間10分、登:4時間15分
Denali Camp4(7:30発)ーーーDenali Camp3(8:40/10:10(Cache pick up)・・・鞍部(10:50)・・・Windycorner(13:00)・・・Denali Camp4(14:25)

荷物の仕分け後、休憩。

今日の夕食は、MOUNTAIN HOUSEのフリーズドライ食
CHILI MACARONI WITH BEEF

これまたフリーズドライとは思えないクオリティー!

本日もお疲れ様でしたー。

デナリ登山ブログ