LOST PROPERTY

Lost Property=落とし物

ニュージーランドからExpress courier service(国際特急配達便)で荷物が届きました。再配達再配達で申し訳ありませんでした!

サムスン電子のGalaxy Note 7が機内持ち込み禁止は知っているが、その関係からニュージーランドでは、通常の国際郵便ではスマホなどの郵送は禁止されているということで、仕方なく高額なExpress courier service(国際特急配達便)を使って送るしか手がなかったのです。
送料約8,000円かかりました。

まぁ落としたのではなく、落ちたのですが(笑)あっただけラッキーと思わなきゃですね。

海外でスマホの落とし物すると大変ですのでみなさんくれぐれもご注意を!

また、お客さんは日本からオークランド行きの飛行機で座席のポケットに携帯を置き忘れたと思いこんでいたが、見つからずだった携帯が、なんとアメリカから機内で拾ったということで履歴から電話をして当人の娘さんに電話があり、「うちの母の携帯やー」ということで、これまた国際郵便でアメリカから届いたとのことでした。
高千穂ガイドブログ

広告

NEWZEALAND TO JAPAN

早朝4時30分起床!
日本時間でいうと深夜12時30分。

そして5時30分にホテルをチェックアウト。
すると、フロントの人が「今回のホテル代はまだ払われていない」と言うではないですか!
え?そうなの?今カードで払ってもいいけど、でも支払いは、ニュージーランドの現地旅行社からされているか、またはされるはずなので、ここで私が払うと2度払いかお金のやり取りが面倒なことになりかねないので、連絡先渡すからこの旅行社に電話かメールして確認下さい。予約もここの会社から入っているはずだし。
と早朝の出発前にバタバタ。

そしてwifiがあるうちに、現地旅行社の担当者にこのやり取りを伝えておかなきゃ!と思いながら、スーツケースをドライバーと一緒にバスに積み込みを先にして。
出発間際に慌ててスマホを出して早打ち!!!
パチパチパチパチパチ。送信〜っと。
〜〜〜送信中〜〜〜〜
🕚送信済

おー間に合った。

そしてHeatland ホテルからQueenstown空港まで10分。
出国カードやE-ticketを暗い車中で、たまーに入ってくる街灯の明かりをかりて確認しているとすぐに空港到着。
慌ててバスを降りて、スーツケースをバスの後ろから取り出す。

dsc02661
まだ真っ暗です。

dsc02662

自動チェックイン機でみんなのチェックインも手伝いながらバタバタ。

ここで預けたスーツケースはオークランドでのピックアップは不要で日本まで行くので楽!

そして手荷物検査場へ。
で、あれ?スマホがない。
さっき、ホテル出る際はメールしたから手元にあったはず。
どっか入れちゃったかな?

dsc02665

ニュージーランド航空の国内線・NZ-610便にてまずオークランドへ。07:00/08:50(1時間50分)

そして、着後、シャトルバスでターミナル移動して国際線へ乗り継ぎ、NZ—097便にて関西空港へ。10:30/17:25 (11時間)

去シーズンまでは、オークランド=関西線は運休でしたが、今シーズンは復活。でも毎日ではなく週3便ぐらいだったかな。
行きの成田からオークランドはほぼ満席でしたが、帰りの関西線の機内はガラガラ。
みんな横になって帰れました。
ラッキー!

関西空港で解散して、21時の便で羽田へ。
東京の自宅に帰ったのは00時過ぎでした。

高千穂ガイドブログ

Routeburn Track Day 2

おはよーございます。

昨晩寝る前に、今晩は満天の星空になるかもね。明夜のロッジのほうがロケーションは良いけど、雨予報だから今日しかないかもね。と同室のBENと話して寝た。

深夜、トイレに起きて部屋に戻ろうとしたら、同室のBENが「Hey! ARI Do you know much about stars? Can you tell me which one is the Southern cross?」
「Now?」「Yeah! why not?」
「Okey. Let me go and get a jaket and knit cap. 」
BENはCanonの良いカメラと三脚を持って、私はデジカメ(笑)を持って外へ。
ロッジの非常灯が邪魔〜!!二人で暗闇探しへ。

dsc02372

Southern Cross が良く見える!
&ニセも(笑)
暇だからデジカメでも息を殺して、手ブレしないように撮ってみた。
よーく見たら、星☆☆映ってるー!

dsc02374
ほら!
ホコリじゃないよ!星だよー!

10枚ぐらい撮って2枚ちょこっと成功!

おやすみなさい。

7時30分部屋に電気が点灯。

Good Day!!

it is really good day.

 

dsc02385

鏡のような静けさをもつマッケンジー湖。
この湖面やばい〜!
水量多くて、ノーマルルートは川となっていて渡れず、回り道と判断。

dsc02387-copy

今年65組目のルートバーントラックチーム。

ここからジグザグに向かいの山を登ります。

dsc02399

森林限界を越えたあたりで、マッケンジー湖を見下ろす。

pjyso

キレイでしょー。
久しぶりにエメラルドグリーンのマッケンジー湖みました。
嬉しい!
一発でこんな景色見れるメンバーはかなりラッキー🙆

dsc02403

雲ひとつない晴天!
こーんな感じのルート。とても登りやすく、歩きやすい。
dsc02406

Mountain Fox grab.

山、キツネ、手袋

dsc02408

Wooly Head ウーリーヘッド

dsc02409

Snow yellow Margaret

dsc02415

ジンシャン(ゲンチアナ)

dsc02421-copy Large Mountain daisey

ラージ マウンテン デイジー

dsc02405
パイナップルスクラブ!

This is Pineapple〜!🍍 This is a Pen!✒
アッ〜ン パイナッポーペーン

ニュージーランド人も爆笑していました。
みんな知ってるピコ太郎(笑)

s__204038157
パイナッポ〜ペーン!

dsc02488
もうちよっとで、オーシャンピークコーナーですー。

dsc02430

うぉー!!!!!!
オーシャンピークコーナーに到着。

向かいのマウントクリスティーナ2324m、Mt. Gifford2149mなどのダーランド山脈の壮大な雄姿が、一望!

最高ー🎵

dsc02443-copy

Say cheese!! イエーイ👊😃🎵

dsc02444

眼下には、ホリフォード渓谷!そして遠くフィヨルドランドやタスマン海までを見渡すことができました!。

すごい!
ここからは、トラバース道行きます。

dsc02445

どこを撮ってもキレイー。
dsc02460

この景色!

ニュージーランドで一番オススメのトレッキングコースでーす。
ミルフォードトラックは名前は有名ですが、登山とか山歩き好きな人は間違いなくコッチが楽しい!谷底歩きより山歩きでしょ!

dsc02476

ラージ マウンテン デイジーもこの天気を喜んで咲いてるみたい。

dsc02489

ニュージーランドの山のすごいのが、流れている水は飲料可!

水補給!

dsc02505

ハリス湖とMT.ハリス。
オプションでコニカルヒルピークへ!

dsc02506 ]

ガンバガンバ!

dsc02515

コニカルヒル1515m山頂です!

dsc02518

ニュージーランドエーデルワイス!
ベンケイソウの仲間だけど、薄雪草みたいな花なのでそう名前がついている。

dsc02519

爽快!

dsc02521

みよ!この景色〜
ジャーン\(^o^)/

dsc02530

ルートバーントラック上の案内板。

さーこれからハリス湖から流れ出るルートバーン(川)に沿って歩きます。

dsc02541

森林限界は約1000m。
くっきり線を引いたように森林限界が見える。

 

dsc02551

今日のルートバーンフォールズロッジの屋根が眼下に見えてきた!

dsc02561

Route Burn Falls(ルートバーン滝)!

dsc02568

そして、Routeburn Falls Lodge着。

dsc02569

ルール!
2泊のロッジ泊にインナーシーツを持参して歩きます。
ベッドのシーツや布団が汚れないため!
山奥のロッジなので自然保護もふまえて毎日シーツとか洗わないので、こうやって清潔に保っています。
このシーツは登山前に無料レンタル。

dsc02572

Hey! Izzie!!
ニュージーランド・ナンバーONEビール!
[SPEIGHT’S]スペイツ!

dsc02574
今日のディナーは、ベジタブルスープ

dsc02575

サラダ

そして今日のメインコースは!

dsc02577
ラムチョップ(・∀・)! or サーモン(^O^)!

私がチョイスしたのは〜

dsc02576

サーモン!&ベイクドポテト&チーズとBROCCOLI

今日も22時消灯。
電気点けたまま寝ると、22時には消え、朝7時30分には自動で点きます(笑)

高千穂ガイドブログ

 

Routeburn Track Day 1

テアナウでの集合場所は、KIWI Countryの前です。

dsc02275

バスはクィーンズタウンから来ます。

MASAKOさんに聞くと今回は32名!
定員はMAX40名です。

dsc02279

ディバイド峠に到着

もうすでにここは、携帯の電波は入りません!そして最終日のグレノーキーまで!

dsc02280

元気いっぱいの写真!
これから3日間ルートバーントラックだー Lets GO!!!

残念ながら小雨の中スタート☔

今年の夏は晴れても2日と続かない天気が多い(悲)〜とガイドのJason。

彼とは今季2度目!

ジグザグジグザグ登り、Key Summit分岐に到着。
雨で展望きかないだろうけど、Summit踏みに行ってみましょう。

dsc02287

メインルートを外れる際は、ルールとして荷物をデポしてメンバーやガイドが把握出来るように。

dsc02302

キーサミット!
キリーサミット😅!
風が強く寒いのでちょこっと写真を撮って下山。
冬?っていうぐらい風が強くて冷たい。
「えーと、ただいまニュージーランドは一応 夏 です」

分岐まで戻り荷物を取ってもっと下って、ハウデン小屋へ。

dsc02305

荷物、雨具、靴は外に置いて小屋内に入りいただきます。

 

dsc02306

Ferg Burgerのサンドウィッチ!

激ウマ!

シリアルバーやカップケーキとかあまり食べないけど、これは超うまい。

dsc02308天気予報board

さてさて、何々~

本日29日は、午前はタスマン海から湿った空気が南島に入りこみヘビーな雨&雷注意。午後から回復に向かう⤴。
明日30日は、晴れ!⤴、夜から天気崩れ雨⤵(泣)
明後日31日は、雨。とほほ

2月1日は、もういないけど、予報を見てみると
ヘビーではないが雨予報&ストロングな風。うぁー(-_-;)
よろしくない。

dsc02314

Prince of Weals feather fern

英国・ウェールズの王子の紋章の鳥のはねに似たシダ(Fern)

これが、シダだけど、さわり心地の良いシダなのです。

午後、雨はほが止んできた。

しばらく進み、本日のメインイベント~。

アーランドの大滝の下を歩きます。

雨の後や、雨の中歩くと、ルート上に滝が降り注いできます。

dsc02329

こーんな感じに、びしょ濡れ以上びちょびちょ未満。

予想以上の滝の量にみなさん驚き&おおはしゃぎでしたねー。

dsc02339

オーチャード(果樹園)

樹林帯と樹林帯の間の開けた場所で、リボンwoodの木々がリンゴや桃、梨の木々に見えることからオーチャードと名前がついたそう。

ここから約1時間で本日のマッケンジーロッジだ。半分平坦、半分下り道~。

dsc02341

本日の小屋・Mckenzie Lodgeに到着!
dsc02343

4人部屋で1つが二段ベッド。

2名のアメリカ人と小川さんご主人と私の4名。

アメリカ人は早々と到着していて、早い者順でシングルベッドは取られていました(T-T)
2段ベッドの下に小川さん上に私。

dsc02351

ロッジからの景色!

dsc02354

食堂

dsc02356

山奥のロッジなのに、コジャレた前菜!

dsc02357

メインはガッツリでっかいビーフステーキ!

dsc02359

ガトーショコラケーキとキャラメルソース&アイス

贅沢だ。

間違いなく今日歩いて消化したカロリーより多いね🎵

消灯は22時!ニュージーランドらしく食後の団欒も楽しもー的な消灯時間🎵

まぁ実際22時ぐらいまで外は明るいからね。
高千穂ガイドブログ

Milford Track 1day!

テアナウホテルの朝食

dsc02199

今日は、勇気をふり絞って、ヨーグルトとフルーツのみのヘルシーブレックファースト!

dsc02200

ドライバーのブルース!

dsc02202

ミルフォード・トラックを歩くにはテアナウダンズからボートで1時間乗ったところが登山口。

dsc02203

私達だけ貸し切りボート。
レッツゴー!

dsc02209

ミルフォード・トラックの登山口到着。

dsc02213

平坦な道を歩きます。

ミルフォードトラック1DAYは誰でも歩ける散歩道!

dsc02221

吊橋〜。
しっかり揺れます(笑)

dsc02226

クリントン川
なんと水は飲めます!

dsc02228

WETLAND
湿地帯

dsc02230

ここで素晴らしい展望の山々をバックにパシャリ!

dsc02231

食虫食物のモウセンゴケ

dsc02235
クリントン小屋にてランチタイム!

dsc02238

サンドウィッチとチョコマフィンとジュース
いただきます!

dsc02248

往路を戻ります。
dsc02255

まったく逃げない鳥・ブッシュロビンちゃん

登山口まで戻り、船にて帰ります。

dsc02261

帰りはけっこう揺れました

ホテルに帰る途中、バード園にたちよりました。

dsc02262

絶滅危惧種の飛べない鳥・タカへが見れましたー。

夕食は、明庭園にていただきました。

dsc02272

久々のアジア食!明庭園にて。

明日からのルートバーン2泊3日のためにしっかり食べておきましょう!
まー明日からの山小屋の豪華ですがね

 

高千穂ガイドブログ

QTN – TEU

今日はQTN:クィーンズタウン 〜 TEU:テアナウへ。

 

dsc02164

メルキュールホテルの朝食

dsc02165

午前は、クィーンズタウンの散策へ。

dsc02167

ワカティプ湖畔
自由行動にして、

dsc02173
集合場所の銅像。

dsc02171

ランチは、クィーンズタウンで一番有名なフィッシュ&チップス店・ERIK’S FISH & CHIPSにて。
フィッシュのフライは1人1枚。でもチップス(フライドポテト)は一人1つは多いので、2〜3名で1チップス。
それでも多すぎましたっ。

dsc02174

みなさんいっぱいお買い物していました(笑)

dsc02176

FERG BURGER(ファーグバーガー)
クィーンズタウンで大行列ができているバーガー店。
今日も1時間待ちぐらいの混み具合。

TANKEN TOURバスにて一路、TE ANAUへ。

dsc02181

やっと羊さんたちがいっぱい見れました。
この10年で羊業から牛業に転職している農家が多いみたいです。
羊毛が安く、乳牛の方が稼ぎが良いとのことが第一理由かな?

やっぱりイメージは牛じゃなくて羊ですもんねー。

dsc02185

2時間ほどでTE ANAU(テアナウ)到着。

dsc02186

明後日からここULTIMATE HIKES社でRouteburn Trackを歩きます。

今日から2連泊は、皇太子と雅子さまが宿泊した
Distinctions Te anau hotel and villa
ディスティンクション テ アナウ ホテル アンド ヴィラ
に宿泊です。

dsc02196

素敵なホテルですよー。

夕食も多くのメニューからチョイス。

dsc02187

シーフードチャウダー!
私の大好きなスープ。

メインのチョイスは、みんなバラバラでした。

dsc02192
私はビーフステーキの塊!

dsc02191

これはラム肉!
これも美味しそう!

dsc02190

サーモン!
でかっ!太っ!(笑)
Delicious!だったそうです

dsc02188

ベジタリアンメニュー

dsc02189

チキンのテリヤキソース。

美味しかった〜。

ただ!日差しが強くて、眩しすぎ〜。レストランにカーテン付けてほしい。

高千穂ガイドブログ