Mt.Cook! Glaciers lake Hiking

早朝。
すし酢をまぶして稲荷寿司、ふりかけたっぷりおにぎりとを作って、味海苔をラッピングして大人のキットカットとカニ味噌汁をランチのお弁当作り。

dsc02107

我ながら毎回良い出来上がりだ!

dsc02109

んーガスの中登山開始!

マウントクック氷河湖へ歩きます。

dsc02113

途中にクッキリと現れたRainBow!!!!!!!!!\(^o^)/
ここニュージーランドは濃い虹の出現率がマジ高い!
まさにこの国は!!!虹大国!
ニ〜ジ〜ランドだー。(大笑)

そしてわかりづらいけど、ガイドはニュージーランドで一番有名なお方!
Richard Ryallさん

dsc02114

往路:吊橋を合計3つ渡ります。
dsc02115

アイブライト

dsc02116

ニュージーランドブルーベル

dsc02121

RAINBOW!!!!!!

dsc02122

ジキタリス

dsc02128

この吊橋は20人!
今回12名だから全員渡れます!

dsc02135

マウントクックリリー

雨に濡れて(泣)かわいそう。

晴れて濡れていなければ、シルキーホワイトの綺麗さ
↓↓
%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc

マウントクックリリー

dsc02140

氷河湖に到着!
ガスっていて残念(>_<)
う〜〜すらマウントクックが見えるけど下半分のみ。あー
氷山あり

dsc02145

往路を戻ります。

dsc02155

TANKEN TOURS のバスdsc02160

バンジージャンプ発祥の地はここなんです!
クィーンズタウンに入るちょっと手前。

今日のホテルはMERCURE QUEENS TOWN!

dsc02161

夕食はビュッフェ。
まずは、前菜のビュッフェ。

dsc02162

続いてメインのビュッフェ。

dsc02163

スィーツもどっさり

ビュッフェのお客は私達だけだったけど、大量に出てきていました。
結果
かなり余ってますが・・・・

 

高千穂ガイドブログ

広告

MOUNT COOK!

クライストチャーチを出発して、マウントクックへ。

dsc02026

ニュージーランドは、踏切で一旦停止しちゃーダメ!!
目視で、減速もせず通過。
減速したりしたら、事故の元!
お国変わればルールも違う。
ニュージーランドでのレンタカー事故は、ランドバード、踏切
1車線橋などなど。

 

今日は天気がいいー!

雲なし!

dsc02040

テカポ湖

あまりにきれいなのでパノラマで撮った!

dsc02056

続いて、プカキ湖!
いやーこの色きれいすぎでしょー!

奥にはマウントクックを含むニュージーランドサザンアルプス山脈が続いています。そちらへこれから向かうけど・・・曇ってる。

dsc02067

マウントクック着いたらちとガスり気味。
横田シンさん、今回もありがとうございました!

dsc02071

 

雲多くてマウントクックの姿が全く見れない〜。

dsc02074

 

ハーミテージホテルの魅力はロケーションもそうだけど、食事も!

dsc02075

 

山奥で海鮮づくしー!!

dsc02105

Mt.COOKです。
マウントクックの高さは3724mとほぼ富士山と同じ高さ。
ただ氷河をまとった山で気象条件も厳しく登頂率はめちゃくちゃ低いです。
が!
私がコーディネートしたマウントクック登山は全員登頂できています!

あっはっは!
まーガイドが超良いからなんだけどね!

夕食後はバッチリ晴れました!
21時でこの明るさ!

 

高千穂ガイドブログ

NEW ZEALAND 2017

ニュージーランドなう!
1ヶ月ちょいぶり(笑)

時差は日本より進んでいます。
+4時間!

dsc01996

おー爽やかな夏晴れ!オークランド空港。

dsc01999

オークランドのオートチェックイン&荷物預けシステムは日本より進んでる。

dsc02000

搭乗券をスキャンして荷物載せる!だけ

ではクライストチャーチへ。

dsc02015

日本人建築家坂茂さんの設計した紙の教会です。
紙と言っても
防水ポリウレタンおよび難燃剤でコーティングされた600ミリ径(24インチ)のボール紙官を使用したシンプルなAフレーム構造
700人収容できるそうです。

 

dsc02016

クライストチャーチのボタニックガーデンにて

高千穂ガイドの定番散策コース(笑)

本日は、シャトーオンザパークホテルに宿泊。

dsc02020

カラマリ リング サラダdsc02021

パンプキンクリームスープ

dsc02022

ローストビーフ〜!&温野菜
dsc02023
フルーツプレートとアイス

さー今回も太らずに帰れると思うと大間違いだなー!

 

高千穂ガイドブログ

NZ to JPN ⑩

朝、ロビーに集合して、徒歩にて目の前の国際線ターミナルへ。

空港内ホテルに泊まっていると、朝の国際線便でもらくらく。

空港でチェックイン
すべて機械相手でスタッフがほとんどいない。
トラブルと大変

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-18-11-26

オートチェックイン機
日本語があるからまだ助かるけど、でも間違うと大変なので時間はかかるが私が全員分しますので!
パスポート読み込ませて、預けバッグの数入れて、危険物持ってないか?で「はい」にして、座席を選んでと進んで行きます。

搭乗券とスーツケースに貼るタグも出てきます。
見たことあるけど、付け方分かるわけないですよね。
私の説明にみなさん見よう見まねでセット完了!
では、奥の
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-18-10-59

のカウンターへ。
ここにもスタッフはいません!
何だこりゃ?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-18-12-14すスーツケースをベルトの上に乗せても進みません。
逆に載せるな!取れ!と言われる(笑)
スクリーンタッチして搭乗券のバーコード読み込ませて、そしてスーツケースをベルトの上に置く。
すると、何重もの赤外線が縦横斜めに動きまくる。
なので
2016-10-31-15-34-44

こんなにバーコードが付いたシールを張っていると、全部読み込むから「❌」

シールが付いているスーツケースは、全部剥いで、載せ直し。
全自動で楽にチェックイン出来るのかと思いきや、かなり面倒でした。
まー時間に余裕はあったので大丈夫。

たったいま渡した搭乗券がない!と慌てるハプニングも。
まー最終的にカバンに入っていましたがね(笑)

さーて、帰国前に日本のNEWSをチェック。
東京都心で「初雪」。11月に初雪が観測されるのは1962年以来54年ぶりで、 記録的に早い初雪となったみたいです(驚)
気温は2度って!寒っ

 

ニュージーランド航空NZ-099便にて、成田へ。(約11時間)
AKL09:55/NRT16:45

成田到着後、寒っ(震)

往復で依頼していた空港ジャンボタクシー2台で埼玉本庄方面へ。

メンバーの中で、本庄より手前組と奥組で上手にグループを分け、乗り場へ。

すると、タクシー会社の方でメンバーの割り振りをされていたみたいでしたが、ご自身たちでメンバー振り分けしたものが、一筆書きで人を降ろしていけるのでとドライバーを説得。
そして道案内もしますから大丈夫ですということでジャンボタクシー2台に分かれて乗り込む。
1台はすぐに出発!「お疲れ様でしたー!ありがとうございました!」
そしてもう一台もすぐに出発かと思いきや、運転手が会社に電話して、会社の振り分けと違う乗客になった旨を伝え、なぜかモメてる。待つこと3分、5分、最終的に多分10分も待たされる。
何にそんなに問題があるのか分からないが、機転も融通もきかないのは大変だ。

いやーそんなに待たされるとは思わなかったから、みなさんが乗り込んで、私はすぐ見送れると思っていたので、外でこんなに待たされ寒かった〜(笑)
見かねたお客さんが「もう帰っていいですよ」と言ってくれましたが、ここまで待ったので待ちました(寒)
なんとか出発してくれた。
「ありがとうございました〜!お疲れ様でした」

さて、私は電車で帰ります。

高千穂ガイドブログ

Queens Town in New Zealand ⑨

今日は、クィーンズタウン(女王の町)。
午前は自由行動。
市内散策組、お買い物組、クィーンズランドヒルのスカイライン展望台へ登山組に分かれました。

私は、スカイライン展望台へ登山組に同行。

dsc01792

Lake Wakatipu(ワカティプ湖)

ニュージーランドで3番目に大きな湖291km²。
でも長さはニュージーランドNo.1。
80kmもある縦長のS字型の氷河が削った湖。
琵琶湖が面積670km²>、長さ64.5km<。

dsc01795
ジグザグに登って行き、スカイライン展望台に到着!

dsc01793

眼下にクィーンズタウンの街が見渡せました。泊まってたホテルも見えました。

dsc01798
こんな大きな椅子のオブジェ。

dsc01801
昼食は、タイ料理!
My Thaiレストラン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-15-23-33

私の一番のお気に入りがこのソフトシェルクラブ(軟甲羅カニ)と要りタマゴ炒め

dsc01799

シーフードビーフン炒め

美味しくいただきましたー。

ホテルに戻り、Tanken Toursバスにてクィーンズタウン空港へ。

dsc01802

ドライバーはエロルでしたー。ありがとう!
またね!(笑)

dsc01803

国内線にてオークランドへ。
着後、シャトルバスにて国際線へ。

空港敷地内にあるノボテル エアポート ホテル( Novotel Airport hotel)へ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-17-31-26

チェックイン後、ホテルの1階のレストランにて最後の晩餐です。
最後もメイン料理はチョイスにしました!

dsc01804
煮込みラム肉

dsc01805
白身魚!

dsc01806

ビーフステーキ

そしてデザートは!

dsc01807

誕生日の斎藤さんと井上さんに誕生日ケーキでお祝いです!
Happy Birth day to Saito-san and Inoue-san!
カットしてみんなおすそ分け!
現地旅行社で手配担当者の黒沢さん(埼玉出身)のチョイスでケーキを買ってきてもらい、めちゃ美味しかったです。
ありがとうございます。

高千穂ガイドブログ

RouteBurn Track Trekking Day3 ⑧

Good morning!!
今日は晴天なーりー。

dsc01682

天気が良いとこんなにも気持ちのいい朝なんだー。

dsc01681

さー昨日より皆さん要領良く&自分が食べる量も分かりスムーズ作成。

dsc01684

サンドウィッチを作り終わり、朝食まで時間があるのでコーヒータイム〜。

dsc01685

さー本日3日目&最終日

行動:9km
時間:4時間

dsc01686

ルートバーン ロードエンドへ向かいます。

まずは、ルートバーンフラットへ下りが続きます。

dsc01691

青空にこの山の緑や雪が映えます!

dsc01694

ここは何年か前に地滑り的な木崩が起きたところ。
いまだに地盤がゆるいのでNone Stopで通過。

dsc01698

今日は吊橋三昧です。
各吊橋に何人までと書いています。

dsc01701

T字路の分岐
←ルートバーンフラットロッジへの分岐
下山口のロードエンドは→

dsc01703

昨日上から見えていたフラット(平地)
トイレ&休憩を取り、分岐まで戻ります。

dsc01705

ルートバーンフラットからは比較的平地を行きます。

dsc01706

右と左の山の稜線が交差している向こうが、ランチ予定のフォブジフラット

dsc01710

原生林をひたすら良いピッチで歩きます。
それでも外国人に抜かれちゃいます。
こっちでは私達が外国人か(笑)

dsc01711

↑ロードエンドとフォブジフラット→
の分岐です。
右へ。

dsc01712

川の水がめちゃキレイ!
川の水は雪解け水なのでかなり冷たかったです。
みんながランチ食べてる間に、がっつり泳いできました。

dsc01716

いえーい!
天気さいこー!

dsc01718

さっきの分岐まで戻ってきてロードエンドへ向かってGO!

dsc01719

山岳展望がとても良かったルートバーントラック

dsc01724

Nature Walkへ。

dsc01725

木々、植物、鳥を観察しながら歩きました。

dsc01729

最後の吊橋を渡り皆さんピースピース!dsc01731

最後の看板のところで完歩記念写真

dsc01733

反対向いたらこの景色!コッチ向きも撮っておきましょう dsc01735

ロードエンドシェルター。

荷物整理をして出発ですよー。

dsc01740

ルートバーンの山をバックにキーン、モンチュラ、スーリー、チャムスのコスチューム。

dsc01748

バスに乗り込み一路、グレノーキーへ。
遠望ですが、羊がいっぱいいます。

dsc01754

緑も自然も豊か!dsc01760

いい景色だ!

dsc01763

ニュージーランド サザンアルプス

dsc01767

Glenorchy(グレノーキー)のpub(パブ)にたちより、完歩証を一人ひとり名前を呼ばれて授与式!

ガイド四人と握手なりハグなり、キスなり、どうぞー(笑)

dsc01778完歩証!今回のリーダーの堀口さん。
お疲れ様でしたー!
ガイドはJames、Kazuki、Charlotte、Elicia でした!

dsc01777

今回サブリーダーの金子さん!
お疲れ様でした〜。

dsc01782

またバスに乗りクィーンズタウンへ。

dsc01791

クィーンズタウンのホテル・ハートランドホテル

dsc01783

外見は普通ですが、部屋はとても豪華~。

夕食はホテル内のレストランにて

メインはチョイスしてもらいました!

dsc01784

①ポークスペアリブ!(テリヤキ味)&フライドポテト ボリューム満点!!

dsc01785

小野澤会長がスペアリブにがっつりかぶりつき〜

dsc01786

②ラムステーキとベイクドポテト&青菜!

dsc01789
③ベジタリアン料理
ほうれん草のナス詰めとマッシュクスクスとハッシュコーン

dsc01790

④ベイクドサーモンとマッシュポテト&チンゲンサイ!!

dsc01787

③ビーフステーキ肉200gの上に目玉焼き!&ポテトフライそしてサイドにサラダー!

dsc01788

④肉500g!&オニオンリングそしてポテトフライ。
がっつり食べたい人〜
500gに飛びついたが、骨が重いねこれ(笑)

このグレイビーソースがたまらなーい

皆さんのちょこっとずつつまみ食い(笑)
あー食べ過ぎた(笑)
高千穂ガイドブログ