Kilimanjaro Machame Route4

今日はバランコキャンプ3976m〜バランコの壁〜カランガキャンプ3930mへ。

【歩行約4時間30分・行動5時間20分】

image

朝のstaffたち

image

バランコの壁へのアプローチ。

image

バランコの壁を登ります。

DSC06776

ポーター達も大きな荷物やイスを運びます。
ポーター泣かせの壁です。

image

本日もまた雨降り始めましたー。
えー:'(

もう、10回もキリマンジャロ来てるけど、こんなに毎日雨に降られたのはじめて。

何度も来てるのに、今年は雨期がかなり前倒しなのかな?

image

my cap and my sunglass with ロベリア.

image

カランガへ最後の急登。

image

カランガキャンプ3930mでーす。
キリマンジャロの山頂部分が雪でどんどん白くなっていく。

image

ダイニングテント!
元気ですかー!

image

スタッフはめちゃ元気(笑)

image

高千穂特別メニューの大根サラダmade in Japan food!

image

これがディナーでーす。

恒例の朝晩数値測定!
酸素飽和度80以下の人は居残り腹式呼吸練習!

OKーみんなクリアー!

高千穂ガイド

広告

Kilimanjaro Machame Route3

キャンプ場のトイレ

image

今日は、カランガキャンプへ。

image

おー!晴天でしょー(^-^)/

DSC06715

今日のランチ

シーラキャンプ3837m〜ラバータワー4500m〜バランコキャンプ3976m
【歩行7~7時間半・行動9h】    

image

では、出発でーす。

image

あらっm(__)m
せめて、午前中いっぱいもってほしかったなぁー。もー曇った。
腹式呼吸しながら、一歩一歩!

image

本日の最高地点のラバータワー峠4,500m

ラバータワーにてランチタイム&高度順応40分。

歩き始めたら雨(>_<)
毎日雨(TT)

image

ラバータワーからの下り。
ジャイアントセネシオが育っています。
キリマンジャロでかかせない植物。
キリマンジャロパイナップル!

少し降られたが、バランコキャンプ3976mに到着

image

ダイニングテントでコーヒーやホットチョコレートをいただき、テントへ。

洗面のお湯サービスはありがたい。

DSC06751

しばらくすると、雲やガスが一気に晴れた!
おー!
キリマンジャロの山頂部分が目の前だー。

でも、すぐに隠れちゃいました泣

image

今日の夕食はsoupと

image

トマトソース・スパ

また、雨が降ってきた泣
早めの就寝。
山に入ってめちゃ規則正しい生活(笑)
&睡眠バッチリ❗
あははー

高千穂ガイドブログ

Mt,Kilimanjaro Machame Route 1

image

朝、荷物を3つに分けます。

置いていくスーツケース。
ポーターに預けるダッフルバッグ
自分で背負うザック

image

バスにてマチャメルートの登山口へ。

image

途中のタンザニアの風景

image

おっ!キリマンジャロがきれいに見えましたー。
1週間後はあの山頂に一人でも多く立てるといいですねー。

image

ここから、マチャメルート登山口への山道。

※ノーマルの単調マラングルートよりバリエーションのマチャメルートの方が1日長いけど、オススメ!
全然難しいわけでなく変化に飛んでておもしろく、登山者を飽きさせません。

マチャメゲートで荷物の確認と各ポーターへの荷物振り分け。

image

ポーターは、登山口で国立公園係員のチェックあり。一人25kg以上持たせてはいけないルールです。

image

元気でキレイな顔のうちに写真をまず一枚!(笑)

こらから出発でーす。

マチャメゲート1800mからマチャメキャンプ3010mへ。

【歩行約4時間30分~5時間・行動6時間】

image

前半はゆるやかな登りです。
道はキレイに整備されているでしょー。

そしてそしてー、
豪華なランチセット

image

キッチンstaffたちーありがとー。

image

本日は、ずーと樹林帯の中を歩きました。

image

本日の宿泊地のマチャメキャンプ3100mに到着!

image

ウェイターのグッディーとロビンソンです。
いつも笑顔で優しい二人です。

image

各自テントで荷物整理

image

OBOZのトレッキングシューズで快適登山。

image

アフリカンシチュー。ジャガイモではなく、煮bananaです。生では食べれないけど、調理するとおいしい。

image

温かい食事は有難いですねー。

高千穂ガイドブログ