MOUNT ASSINIBOINE PROVINCIAL PARK

日の出は5時15分。

ちょうど5時にトイレに起きて外観たらちょっと曇ってはいるが、朝日が当たるマウントアシニボインでも観に行くか〜とロッジの前に出る。

マウントアシニボイン3618mの頭には雲がかかっていてあまり期待はできないが、湖をみると静寂!!!
逆さマウントアシニボイン見れるかも〜と湖畔へ。

ぼーと眺めているだけでも贅沢やなーと思っていたら、まさかの

朝焼け〜
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

早起きは3文以上の得でしたー。
ロッジに戻ってもう一眠りして

“MOUNT ASSINIBOINE PROVINCIAL PARK”の続きを読む

キリマンジャロ登山の装備について

まず、キリマンジャロの登山のポイントは5つ!
①高山病対策(酸欠にならないように腹式呼吸が大事)
②登頂日の防寒具(マイナス10〜マイナス20度)
③体力(登頂日は歩行10時間以上)
④睡眠不足
⑤食欲

山頂は氷河&雪

どこのルートからでもだいたい1600m〜1700mより登山スタート。
3000mぐらいまでは、夏用の登山服でOK。ジャングルを歩くので湿度も比較的感じる。
3000m〜4600mは天気にもよるが、夏服〜薄いジャケットかフリースや雨具があればOK。湿度はあまり感じない。
4600m〜山頂は、日中なら5〜10℃前後あるが、アタック開始は深夜。
一番寒いのは3時〜6時かな。普通の登山と違いゆっくり歩くので歩いて身体を温めることは不可と思ったほうが良い。なのでしっかりとした防寒の装備が必要。
カイロやテルモスにお湯など!

・速乾性Tシャツ(半袖)    x3
・ウールのTシャツ(長袖) x1
・保温性下着(上下)
・夏用山パンツ
・冬用山パンツ
・下着パンツ       x3
・ソックス(中厚・厚手・防水用)
・雨具上下(持っていればオーバージャケットとオーバーパンツが良い)
・フリース(厚手)
・ダウンジャケット(厚手)
・ニット帽
・ネックウォーマー(薄手)
・耳あて
・サングラス
・手袋(薄手とスキー用などの厚手)
・登山靴(4600mまではトレッキングシューズでもいける)
・ナルゲンボトル(ペットボトルは持ち込み禁止!ゴミ軽減のため)
・行動食(登頂日用に500カロリー以上)
・食欲不振になったときのために、非常食としてアルファー米とかフリーズドライ系かカップ麺など。
・ウォーキングストック
・アイゼン(6本爪以上)※山頂に雪がある際はステラポイントからウフルピークまで必要
・ヘッドランプと予備電池
・カメラ
・カイロ(登頂日2〜4使う。さらに+2〜4ぐらい)
・テルモス(山用テルモスが一番保温率高い)

2017山旅人高千穂ガイド千秋楽ツアー出雲の国 Vol.2 Day2

出雲大社へ!
今年3回目の参拝です!
大国主大神様をおまつりする出雲大社。
また“えんむすび”の神としても知られている出雲大社。
この“縁”は男女の縁だけではなく、目に見えないご縁を結んで下さっているのが大国主大神様なのですって。
うまいこと言うなー。3回参拝したから来年男女のご縁があるとは限らないということかー(笑)

昼食は一福にて

津森家御用達のおすすめの蕎麦屋さん

飯南町にある大しめなわ創作館
どなたでもしめなわ手作り体験できますよ!
https://ohshimenawa.com

今年も多くのご参加ありがとうございました。
とても充実した内容の濃い千秋楽ツアーとなりました。
企画、下見、実行と主となって頑張ってくれた津森豊くん
ありがとうございました。
「今回は、彼の地元への凱旋ツアー的なところもあり、このツアーへの思い入れは相当なものだっただろうから、最後、バスの挨拶で感極まらせてゼッタイ泣かしてやろう!と彼がマイクをもったときにワイドショーのマスコミ記者かっ!ってほど感情が出る質問責め!&褒めまくり〜(笑)
こちらが、感極まってもらい泣きしそうでした((微泣))

さて、去年の「那智大社」から、高千穂ガイド千秋楽は「神めぐり」が始まり、今年は「出雲大社」でした。そして来年2018年の千秋楽は、「伊勢神宮」へ!

多分いや絶対私より関西のお客さんの方が、回数も行っているだろうし詳しいだろうけどー。頑張りまーす。

高千穂ガイドブログ

2017山旅人高千穂ガイド千秋楽ツアー 出雲の国Vol.1 Day1

今年もやってきました。山旅人社の千秋楽ツアー。
各ガイドさんが登り納めとしてツアーを作って一緒に楽しみます。
今年の高千穂ガイドの千秋楽は!
出雲の国の山に登り、出雲大社に参拝へ行き、出雲のご飯食べて、出雲の秘湯へ泊まり、出雲の注連縄作り 〜 with 出雲出身スタッフと共に〜

出雲国!
古事記には「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」(雲が湧き出るという名の出雲の国に、八重垣を巡らすように、雲が立ちのぼる。妻を籠らすために、俺は宮殿に何重もの垣を作ったけど、ちょうどその八重垣を巡らしたように)
雲が湧き出る国・・・出雲神話を訪ねます!

大山

出雲の国に到着するやいなや、山旅人スタッフの津森くんの家から、奥さんのお姉さんと娘さん(次女)がバスに乗り込んできて歓迎の挨拶!
あー、あまりの突然の演出に圧倒されて写真撮り忘れた。

まず初日は出雲国の東玄関口となる東出雲へ。
着後、おちらと村にて地元の野菜をふんだんに使ったお弁当をいただきました。

ここは有名な干し柿の産地。

畑地区の柿小屋は独特の構造で、木造3階建ての総ガラス張り。
11月〜12月は、各生産農家の柿小屋の2階3階部分の窓を取り外し収穫された柿がずらっと垂れ下がり、じっくりと天日に干され、その甘みを熟成、濃縮。
建物がオレンジに染まりキレイ!

“2017山旅人高千穂ガイド千秋楽ツアー 出雲の国Vol.1 Day1″の続きを読む

訪れてみたい村 フネス谷 ドロミテ イタリア

Buongiorno!!!
ブォーンジョールルノー!!!

今日は、ドロミテ山塊をずーとドライブ。
終日、ドロミテの山々の展望を楽しめます!

途中、ファルツァレーゴ峠からロープウェイにてラガツォイ小屋 (27 92m)へ。小屋からラガツォイのピークへ登ります。
下山後、移動して
昼食は、エルベ峠1987mにある山小屋レストランにていただきます。

そして、ガイスラー山群の麓にある渓谷の村で、訪れてみたい村のフネス谷サンタマッダレーナへ。

では〜ANDIAMO!(レッツゴー!)

いやー昨日もだったけど、今日も雲一つないイタリア晴れ!

 

ファルツァレーゴ峠

やばいっしょこの天気〜。
左の白い山の肩にローブウェーの上駅がある。
ヨーロッパのロープウェーや山岳鉄道技術というか職人魂すごいなー。

ファルツァレーゴ峠

ここファルツァレーゴ峠2105mからロープウェーで一気に2700mへ上ります。
もちろん登山道もありますが。
おいしいとこだけ歩くのも近代登山の醍醐味ですよー!


ウィ〜〜ン
うぁーお!
ここのロープウェーの扉は上に開くっ (゜o゜;(驚)

日本の常識=世界の常識ではない!


ラガツォイ小屋 2752m

MONTURA

ドロミテ最高峰・マルモラーダ(Marmolada、3343m)が見えています。

MONTURA IN DOLOMITI ITALY

お〜〜〜〜い!

KEEN Jasper

山頂の稜線部分の岩場は、多少整備されていて歩きやすいため、ここまでロープウェイで上がるおかげで、キーンのジャスパーで歩けます(喜)

MONTURA Dolomiti Italy

空はとても青い。
人も負けないぐらい全身青かった。
偶然〜!

お〜〜〜〜い


逆バージョン

天気が良いとみんな気分上々↑↑\(^o^)/

ラガッツォイの頂上(2,762m)が見えてきたー。

ラガッツォイピッコロ(Lagazuoi Piccolo)の頂上(2,762m)

Dolomiti Panorama

大パノラマ

KEEN JASPERKeen with  Marmolada 3343m(Highest mountain in Dolomiti)

イエーイ〜!
天気最高〜!!
今年なんか言ったかな〜このセリフ。

ドロミテ最高峰 マルモラーダ

こんなに天気が良い日にラガッツォイからマルモラーダばっちり見えるってラッキーすぎ〜!

Cinque Torri

針峰群・チンクエトーリも見えます。
チンクエトーリ = 5塔

※昨晩のレストランの名前になってる山。

ロープウェーで下山後、エルベ峠へ。

Passo delle Erbe

峠は車だらけ。
天気良いから、みんな登山やハイキングに来ているのでしょう。

Utia de Borz 2006m   Albergo alpino Almgasthof

ここでランチ!

ボリュームすごっ!

 

ランチビア〜!

Utia de Borz

スタッフは、イタリア語、ドイツ語、英語を当たり前に喋る。

では一路、一度は訪れたい村として人気がある・フネス谷へ。

ガイスラー山群をバックにフネス谷のパノラマ

緑の牧場とドロミテの岩壁のコントラスト&紅葉

そして、このフネス谷で一番泊まってみたい宿ナンバーワン!

Hotel Tyrol Santa Maddalena

フネス谷のサンタ マッダレーナのホテルチロルです。

住所が複雑(笑)
あれ?マッダレーナじゃなくてマグダレナ?と思ったら、

このあたりは、フネス谷の中の大まかなエリア名はサンタ マグダレナ。
で、
その中のサンタ マッダレーナ村。

S. Maddalena, 39040 Santa Magdalena BZ, イタリア

※Santo とSanは男性聖人、 Santaは女性聖人。

サンタ・マッダレーナの丘の上の教会。

Santa Maddalena

ここからの景色も絵になりすぎて、やばーい!

教会前の空き地に小屋がポツポツ。
作業中に人に聞くと

なんと〜!

10月1日、2日でオクトーバーフェストやってたって。
今はもう終わって、屋台の取り壊し中〜。

うあー(泣)
残念。

いっぱい人が集まって楽しかっただろうなー。
名産の地ビールとか飲みたかった〜m(_ _)m

でもその時期に当たってたら、間違いなくホテルチロルは泊まれなかっただろうなー。

さて、ここサンタ・マッダレーナの一番のベストシーズンは、

紅葉です。

ジャジャーン

Monte Geisler

ガイスラー山群と紅葉!
キレイに撮れすぎた〜。

Monte Geisler

プロの写真かっ!
ってぐらい良いのが撮れましたー。\(^o^)/

 

天気が良すぎて、写真の撮ればいがやばいっ。

hotel Tyrol

ただいまー!

Monte Geisler

ホテルから撮ったガイスラー山群の夕焼け

 

ホテルチロルの夕食

4コースです。

まずは冷菜で

Dinner salad buffet Hotel Tyrol

サラダはBuffetです。

茄子でかっ!(笑)

カットパンケーキ入りコンソメスープ

 

メインを贅沢に生ハム&メロンにしましたー。

 

超レアレアチーズケーキ。

美味しすぎ〜。

MONTURA OFFICIAL SHOP「MONTURA TOKYO」

本日、東京にモンチュラのオフィシャルショップがオープンしました。
「モンチュラ 東京」 

お店に顔を出してきました。

モンチュラ東京 杉岡店長とスタッフ&梅野社長

フレンドリーな杉岡店長とスタッフさん。
めっちゃおしゃれな店です。

アクセスは
都営地下鉄新宿線(三田線)・神保町駅のA5出口を出て左へ靖国通りを進み、石井スポーツを過ぎてマクドナルドを超えて三井住友銀行を左へ、で一個目の角を右へ曲がり進んだ右手にモンチュラショップ。

または
JR中央線・御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口を出て、左へ下り坂道を下って明治大学側に渡って、大学の前を通り過ぎ角を右へ曲がり、道沿いに歩いていると右手にモンチュラショップ。

または、地下鉄丸ノ内線淡路町駅(都営新宿線・小川町)から靖国通りを西(神保町方面)へ進んで、エルブレス、ニッピン、Victoria、石井スポーツ神田本店を通り過ぎ、三井住友銀行沿いに入って、一個目の通りを右に曲がっても行けますよ。

[MONTURA TOKYO]

住所:〒101-0052東京都千代田区神田小川町3-14-3
TEL:03-5577-6820
営業時間:平日/11:00-20:00  土日・祝/11:00-19:00

地図貼っときます
↓↓

モンチュラ東京地図

さらなる詳細地図
↓↓

モンチュラ東京地図

新宿ビックロ店・石井スポーツ内のモンチュラコーナーもよろしくです!

MONTURA TOKYO

モンチュラホームページ
↓↓

 

モンチュラオフィシャルサポート
高千穂ガイド