中国・大姑娘山爬山 と 四姑娘山フラワーハイキング

中国・大姑娘山爬山

爬山(パーシャン)は中国語で登山の意味。

登山(ダンシャン)でも意味は通じるが、一般的には登山という漢字より、爬山が一般かな中国では。

大姑娘山は、姑と嫁のセットで申し込まなければ行けないツアーです。

ってわけではありません(笑)

大姑娘山の読みはタークーニャンサン。

「姑娘」とかいて、「娘さん」という意味(笑)

「大」は、まんまの大きいとか、上っていう意味で、

「大姑娘」=「長女」という意味になります。

今回は、四姑娘山連山の大姑娘山登山です。

中国では末っ子が大きい扱い。
日本だと上が大きいイメージをもっていると思うけど。

羽田空港から一人で関西空港へ。

今の時代はなんでも便利ですねー。
スマホでGoogle検索したら自分の予定やフライトまで瞬時に教えてくれます。

(メールでのやりとりが反映されます)

チェックインも画面見せてスムーズ。
ホントにペーパーレスです。

では〜、関西空港へ!

キーン、ターギーツーミッドEXP、THULE
スーツケースのタイヤが〜取れた。(泣)

靴はキーンターギーツーミッドのEXP、ザックとダッフルバッグはTHULEです。

そして、その先の国際線もこの通り。
Eチケットを保存していたので、スマホの画面に出てきます。

発着時間のみならず、飛行時間、飛行距離マイル
機材まで〜!!!!!ウッホー。

記憶不要。
記憶力が日々低下していっていること間違いない気がする(泣)

大姑娘山ツアーは私、高千穂有康が同行。
四姑娘山ツアーは馬場康法(ババヤスノリ)ガイドが同行です。

馬場さんは私のことをアリさんと呼びますが、私は馬場さんのことを馬場さんと呼びます。
親しく下の名前を呼んだとすると「ヤスさん」。なんか自分で自分の名前を呼んでるみたいになるから。

なので、これはアリ・ ババツアーの第一弾なのです。

AIR CHINA
中国国際航空

まーまーそんなことは良いとして、
それでは中国・四川省・成都へ行ってきまーす。

去年は、到着が4時間遅れたが、今年は大丈夫でした。

高千穂ガイドブログ

広告

Himalaya Over Flight

中国からヒマラヤ越えフライトでーす。

みんな山が見えすぎててテンションあがりまくりー。

成都を飛び立ってすぐより到着寸前までの3時間半ずーと「Top of thd world」と呼ばれる

正面(やや左の山)で雪煙があがっているのが、世界最高峰のエベレスト8848m

天気良すぎてやばかったー。

尼泊尔・加徳満都!!


わかります?

ヒント中国語です。

Ni bo er(ニーボーアール)
jia de man duo(ジャダマンドウ)

尼泊尔(ネパール)
加徳満都(カトマンズ)

高千穂ガイドブログ