茶臼小屋・・・上河内岳200名山・・・南岳・・・聖平小屋

photo by Kenichi Ukita

茶臼岳小屋からのご来光!With FUJI-SAN.

昨日の大雨とはうってかわって晴天!!!!!!
そして富士山の横から朝日が昇る〜。

鬼富士とご来光
Photo by Kenichi Ukita

やべー!めっちゃきれいー。
富士山🗻はやっぱり南アルプスから見るのが一番かっこいい!
男前っぽい!鬼っぽい!
そう鬼富士だー!毎回、鬼富士〜鬼富士〜言ってるのは私だけ?

この写真からは分からないでしょうが、天気はめっちゃ良いですが、早朝の時点で、この茶臼小屋でけっこうな強風が吹いています。
単純に考えて今稜線へ上がれば、もっと強い風が吹いていることでしょう。私たちは徐々に天気が回復する予報を信じて、時間を少し遅らせての出発としました。
同日程で来ていたとあるパーティーのベテランガイドさんは、「この強風とお客さんの足力などを考え〜」とかなり悩んだあげく、聖岳へ向かわず易老岳へ戻って易老渡へ下山すると決断。
その決断にびっくりしました。「え?帰るんですか?」
早々と小屋を後にして出発していきました。
私達は、とりあえず遅らせて出発のまま。
稜線まで出て、どれぐらい強い風が吹いているかでまた判断しますと伝えて出発!

歩きながらたまに風が吹き降りしてくるが、稜線へ向けて登る。

photo by 浮田健一

稜線に出ましたー。
おー!風・・・・・・ほぼ止んでる!

前のパーティーもこれだったら、予定変更して聖岳向かってるかもですねー。良かった良かった。と昨日の茶臼岳を振り返る。
へーこんな景色やったんやん。と
昨日は、この稜線辺りは強風横殴りの痛い雨で顔をまともにあげることすら出来てなかったような。

では、予定通り聖岳を目指します!

photo by 浮田健一

本日一番の大変どころ上河内の肩まできました。
天気も良いし、風も止んだし、時間もあるしー、希望者はオプションで上河内岳へご案内しますよー。

お一人以外全員希望。
そのお一人がキョロキョロして「え〜みんな行くの?私だけ〜?そんな〜、じゃー行くわー」

上河内の肩に荷物をデポして空荷で上河内岳山頂へ。

山頂に到着!
登頂おめでとうございます。

そして、想像どおりというか期待通りのオチというか、

photo by 浮田健一

「うぁーめっちゃキレイ〜。来て良かった〜」と唯一上河内岳へ登るオプションを希望されなかったお一人が大きな甲高い声で喜んでいました。
富士山もまだ見えるし、

photo by 浮田健一

進行方向見ると
聖岳が堂々と聳え、右奥に赤石岳、さらに右奥に悪沢岳と日本百名山が三座どーん!
これはすごいわー。

photo by 浮田健一

いやー今日はずーと富士山🗻見えてるー。

テンション上がるわ(´∀`∩)⤴

茶臼小屋からなのでらくらくで聖平に到着。
行動:4時間30分

聖平小屋に到着すると名物のフルーツポンチ!

いやー疲れた身体にありがたい。

photo by 浮田健一

夕方でもこの富士山🗻!

 

私のスマホ壊れて、写真は本日から撮れておらず・・・・・・・

camera by 浮田健一

聖平小屋から撮った一枚といっても、添乗員の浮田健一のスマホ借りてですが(笑)

高千穂ガイドブログ

広告

光小屋から茶臼小屋 南アルプス縦走

今朝は、浮田雑炊。

これがまた朝からうまいっ!

しかし、外は雨。

今日は、雨の中茶臼小屋へ。

 

雨の中でも目立つモンチュラのレインウエアー

 

前半の稜線部分は樹林帯の中だから、易老岳、希望峰を越えてと風はそれほど受けずに通過。

茶臼岳への登りからビュービュー。
写真なし

茶臼岳も写真撮影無しで次々と通過。

稜線から茶臼小屋へ下ってもしばらくは風を受ける。

ふーなんとかびしょ濡れはびしょ濡れだけど、全員無事茶臼小屋に到着。

下着までびっしょびっしょ(笑)

 

今回こそは濡らさないぞ!とザックにしまいこんでいたスマホがさらなる湿気で?電源入らず。

いよいよ終わった(T_T)

トホホ

高千穂ガイドブログ

南アルプス縦走 易老渡〜光岳

早朝、宿を出発してジャンボタクシーにて易老渡登山口へ。

宿で作ってもらった朝食を登山口で食べます。

山口屋旅館の2層弁当。

易老渡からの登りスタート!

登りがしんどいので足元撮影。

ガンガン登ります。

明日は雨予報なので、本日易老岳2,354m登頂しましたー!

易老岳にてオレンジ~ジュース〜。

ここまでも大変だったが、ここから光岳小屋までも大変(苦)


光岳小屋が見えてきたー。
やっとついたー

明日は雨予報なので、光岳も今日登っておきましょう

日本百名山・南アルプスの光岳登頂!
標高は2591mピカピカメートル(笑)
違うかっ

光岳〜!山頂〜イエーイ!!!!

光岳小屋へ戻る。
光岳小屋は、有人小屋ですが、食事に関しては条件付きな小屋です。

食事は下記の条件をすべて満たした人のみに提供(有料)

※50歳以上
※3人以下のパーティー
※15時までに小屋に到着者

私たちは、すべてに適せず不可(笑)

 

なので、自炊!

超具沢山の山旅人鍋!
重かった〜(苦)

初・山旅人ツアー参加の沖本ガイド。今回はサブガイドとして同行です。

めっちゃ美味しいですよー!

 

高千穂ガイドブログ

神代の湯・割烹旅館 大島屋 南信濃

大阪駅の中央口集合して、バスにて長野県・南信濃へ。

大阪駅のバスのりば前を通過するのは、「よさこい」踊りグループたち。100人以上の人だ。
なんか祭りごとがあるのかな?

16時に宿入り。
今日の宿は、南信濃和田宿にある。
神代の湯・割烹旅館 大島屋さんです。

今日も同じ夕食いただきます。
美味しいから全然きにしなーい(笑)

※夜中捻挫。。。。。。。。。。

高千穂ガイドブログ

 

聖岳3013m登頂!

今日は聖岳(ひじりだけ)へ登ります。

メンバーは小屋で朝食。
私は、行動食が余っていたので、温めて食べましたー。
温めたり、焼くと美味しさUP!!

火をおこした祖先はホントにすごい!感謝感謝(笑)

朝、小雨。
1日待機も考えたが、明日も天気が同じ予報なので今日登ることに。

雨、強風なため途中の写真は撮れず・・・・

小聖岳からガレの縁のヤセ尾根を歩き、稜線をジグザグに登りつめます。

おっ!聖岳山頂が見えたー!
3000m峰です!
登山中、誰とも会わなかったのですが、山頂に

2名
百間洞山の家から中盛丸山、小兎、兎岳、兎のコルを越えやって来た方でした。
天気が良くても大変なルートなのによ〜来ました(笑)
その2名と山頂での登頂写真を取り合い。

ブレブレやーん(笑)

聖岳登頂!3013m
ゆっくりできず、即下山。

小聖岳手前の痩せ尾根はすごい強風。
みんなで、高梨沙羅ちゃんのジャンプモノマネ。

飛んでる感でてますねー。
これだけ倒れても大丈夫なぐらいの強風。

そしてその後
スマホが勝手に、バイブ

 

げっ!画面が・・・・・・・・・・・

浸水?水没?
防水スマホなのに・・・・・・

小屋に戻り、
このあとストーブに3時間スマホ当てまくるが、電源入らなーい(T_T)

防水スマホなので密封差が逆に乾かない原因でもあるみたい。

あーあ、データーが・・・・・

凹む

午後はずーとスマホとストーブ前に

起床530、朝食600、Dep745聖平小屋・・・薊平分岐・・・930/933小聖・・・1105/1110聖岳・・・1210小聖・・・薊平・・・1315聖平小屋

高千穂ガイドブログ

易老渡880m〜(易老岳2354m)〜光岳2591m 南アルプス縦走

朝3時30分に、天龍村の加満屋さんを出発。

約1時間半かかり易老渡(いろうど)の登山口に到着。

易老渡もなかなか見ない漢字ですねー。

易老渡の駐車場から易老岳方面を眺める。

 

加満屋さんお手製のおにぎり弁当。
美味し〜。

5時40分
易老渡出発880m
さーではでは、5日間の光岳〜聖岳への大縦走へGO!
今回のコースの一番の難関は、今日のここ易老渡から易老岳への登りと三吉平から静高平への登りが急です、トータル的にもかな〜り長い1日となるコースです。皆さん頑張りましょう!

易老渡登山口・遠山川を渡りスタート!(標高880m)

 

易老渡から易老岳までで、距離が4.8km。
さらに易老岳から光岳までがさらに5kmぐらいあるのでこれまた大変。
すでに500m登っていますが、本日のトータルの獲得標高差は登り2000m以上。まだまだ(゜o゜;

面平1480m到着。
やっと平らになった(苦)
一休みします。

易老渡から易老岳への登りの距離的には半分。
高さ的には3分の2〜。

うぉー!
トリカブトだらけ

花は観たことない人でも、毒性を持つ植物としてみんな知っていますね。
毒は根っこ!

静高平への急登を登る。

静高平の水場は、枯れているかなと心配しましたが、2箇所とも水アリました!
まさに、南アルプスの天然水!

イザルヶ岳の下のセンジヶ原の木道。
先には光岳小屋が見えてきましたー。

10時間弱かかり、光岳小屋に到着。
山頂まで15分程度なので、荷物を置いて、光岳へ。

 

南アルプス・光岳2591m山頂!
光岳と書いて「ヒカリダケ」と読まず
「テカリダケ」と読む

登頂おめでとうございます!

小屋のすぐとなりがテント場です。
場所的にそんなに大きくないので、MAX10張はれるか程度。

獲得標高差は約2000mきつかったですねー。

外でSOTOでコーヒータイム!
さきほど汲んだ南アルプスの天然水で沸かします。
美味しい〜!

光岳小屋は、50歳以上&3名以下のメンバーのみ、食事提供あり。

食事提供者のあとに自炊。

今日の夕食は、外国で買ってきた世界のフリーズドライナイト!
ライス&チキン
マサラカレー
ラザニア

メンバーの皆さん喜んでくれました。

隣のクラブツーリズムもフリーズドライ食べていました(笑)

トイレは小屋の外!

薄っすら映った、山と夜空の景色。

19時30分消灯。

MC230、Dep330===500/540易老渡880m(朝食・登山準備)・・・600コル・・・803/810面平1450m・・・935広場1800m⑱2.4km/2.4km・・・1000/1010標高2000m・・・馬の背・・・(1105/1110)2254m・・・1140易老岳分岐2354m・・・1317/1327三吉平・・・1442/1455静高平(水場)・・・1505木道・・・1525/1535光岳小屋・・・1552/1557光岳・・・1620小屋
※430~530AMPM食堂利用不可
※1930消灯400点灯

高千穂ガイドブログ