巴郎山隧道 和 大熊猫 

バスに乗り込み成都へと帰ります。

今日も天気が良〜い!
いやーラッキーだ。

天気が良いので、行きにも立ち寄った「猫鼻梁展望台」にて、最後の四姑娘山展望を楽しみました。

四姑娘山、三姑娘山、二姑娘山、大姑娘山がちょっと霞んだり雲出たりしているけどキレイに見えています。

手前の尾根は日隆から1時間ほどジグザグを歩いてたどり着く、トラノオ平とかってに名付けたところ。

行きは、高度順応や高山植物ウォッチングを目的としていたので、巴郎山の峠4500mをわざわざ通ったが、帰りは今年出来たての巴郎山隧道(トンネル)を通って臥龍へ。

中国国内最長のトンネル。
なんと8.8km!

中国交通規則では、トンネル内は時速40km以下!
めっちゃトロい。

ブイブイ飛ばすの大好き中国ですが、トンネル内で事故や火災があると対処が大変ということでかなりな速度制限。

それでも、峠を越えること考えたら2時間ほど時短になっている。

臥龍に到着。

新臥龍 大熊猫 繁育 研究 中心
(ジャイアントパンダ繁殖研究センター)
外の露店のお土産屋で売っているものはパンダばっか(笑)。

PANDA
大熊猫

中国ではPANDAとは呼ばない。
中国語名:熊猫(ションマオ)

ネコ目(食肉目)に属するクマ科。

で、ジャイアントパンダは大熊猫(ダーションマオ)!

動いただけで歓声があがる。
たくさんの人をとりこにする人気者。

子パンダが木登りすれば、シャッターラッシュ。
アイドルです(笑)

何度、観ても愛らしくて釘付けになってしまう。
どうにか良い写真を撮ろうと張り付く。

手を使わず、わざわざ足で頭を掻く。
身体柔らかいらしい。

幼児のはずだけど、ちょっと動くとハーハー言って疲れてる(笑)
おっさん(笑)

あの目の周りの黒いのが垂れて見えるから、さらに可愛くみえてしまう。ズルい。

みんなで明日目の周り黒く塗ってみますか?

パンダの主食は笹や竹。
手足で笹を固定して、牙を上手に使って、硬い部分の笹皮を上手に薄く剥いて食べる。

手際良さと早さにもこれまた釘付け。

話によると元々は肉食だったらしいが、氷河期に肉食動物が絶滅していく中、その寒さでも、枯れることなくあった竹を食べ続けたことで、滅亡を阻止したのではないかとのこと。

かなーり昔の話しですよねー。
もう肉食だったかどうかいう次元ではない昔話し。

という説と

動きが遅くて、獲物を仕留めることができないパンダは、だんだん竹以外のモノを食べることがなくなっていった。

竹にはほとんど栄養がないので、パンダは好きで食べているというよりも「やむを得ず食べている」というのが現実という説。

1日15KG〜20kgは食べるらしい。

食事にかける時間は12〜14時間。
食べた笹は10時間後にはほとんど消化されないまま、排泄物として出てくるというから大変。

食いしん坊〜っていう見方から、苦労しているな〜。
頑張れーといいたくなる(笑)

あんなドデカイ身体を維持するためには、ほんとに食べ続けなければですね。

冬眠するほどの蓄えをもてないため冬眠せず、冬も食べ続けているみたいです。

さ〜って、
私達もお腹空いてきました〜。

今日のランチは!

笹づくし!!!!
食べ終わるころにはみんな目の周りが黒くなるかもー(笑)


高千穂料理は

チラシ寿司〜!
美味しそうでしょー。
めちゃ美味しいです。
すし酢は、どんなお米でも美味しくしちゃう!
万能調味料!

中華料理の醍醐味!
人が多ければ多いほど品数も多い。

お腹も満腹になり、標高どんどん下って酸素もどんどん増えて、バスでみんな爆睡(笑)

成都の金河賓館到着!

ドライバーさんお疲れ様でした〜!
辛苦了!(シンクーラ)
謝謝!

ホテルチェックイン後、みんなで寛窄巷子へ散策。

寛窄巷子(カンサクコウシ) とは?

中国・大清の時代(約300年前)の四合院と呼ばれる古民家群が残っている古街の名前。
寛巷子、窄巷子の路地からなります。
最近、その古民家などをリノベーションして、おしゃれなショップやレストランやカフェに大変身!

寛巷子は通りの通路が少し広い。
窄巷子は通りの通路が激狭い。(窄い)

寛巷子、窄巷子とを繋ぐ通路が「井巷子」

寛巷子
変面もやっています。

窄巷子
激混み(笑)

シャレオツなお店。
金額もシャレオツです。手が出ません!

景観を失わないために同色看板の星巴克咖啡。

よく見て!日本語漢字のコーヒーと中国語の漢字のコーヒーはちょっと違う!

楽しかったけど・・・・・。
写真では伝わってこないだろうけど

 

激暑でした。
35℃は間違いなく越えていたでしょう。

散策終えて、ホテルに戻り夕食。

金河ホテル内の別館にあるレストラン金順。

 

金河ホテルの金順!

どこまでもキンキラネーム。

四川省の豪華料理!

唐辛子だけでなく山椒のしびれ辛さもばっちりな麻婆豆腐もありました〜。 ビリビリ〜。

 

高千穂ガイドブログ

広告

PANDA KINDERGARTEN

日は成都の大熊猫繁育研究基地(ジャイアントパンダ繁殖研究センター)へ。

成都の人口は1400万人!
高層ビルやマンションがドンドン建っています。

大熊猫繁育研究基地

今日は日曜日だからお客はめちゃ多い!

パンダは熊なんだけど、あの黒い目の周りのタレ目が何とも言えない可愛さをかもし出しているんでしょうね。
動けばみんな大喜び。
みんなメロメロで観ています!
パンダかわいいー。

パンダ幼稚園
パンダの子どもたちがじゃれ合ってみんな釘付け!!!

パンダ動画!

昼食は竹食堂。
笹スープや竹ステーキなど竹づくし(笑)
レストラン出る頃には、目の周りが黒くなってるかも!

一路、成都空港へ。
中国国際航空CA-459便にて成田へ。(15:10発/21:00着)

遅延したら、全員成田後泊だなーと言いながら帰りましたが、定刻より早く到着しました。

道中トラブルやハプニング、事故もありいろいろお世話になりました。お疲れ様でした。

私もタンボチェでひいた風邪や咳を早く治さなきゃ。

日本寒っ!

高千穂ガイドブログ

日隆~大熊猫繁殖中心~成都 ❽

おはよーございます。

高千穂料理も本日最後。

鮭お粥作りました。

dsc00225
これで食材ほぼ使い終わり、荷物も軽くなりました。

今日は、往路と同じく4WDに分乗して、バーロンシャン峠を越えて、臥龍へ。

2016-07-09-07-17-59
巴郎山峠へ向かう途中の展望台から振り返ると大姑娘山など見えていましたので、ストップ。
昨日までの5日間を振りかえってみました。

手前の緑の尾根筋を向こう側から上がってきて鍋荘坪、
ずーと尾根筋歩いてそのあとアップダウンのトラバースでその緑色の山を巻いてBC、大姑娘山のガタガタの稜線の下あたりがC1。
登頂したのはもう一昨日ですもんねー。あっという間でしたね。

巴郎山峠で、フラワーウォッチング
dsc00250

今年はブルーポピー!開花時期と訪問時期ドンピシャでしたdsc00252

赤ポピー!

dsc00256

はっぱデカっ!
オタカラコウの仲間かな?

峠を下って臥龍に到着。臥龍は、パンダの故郷。

ここに大熊猫繁殖中心(ジャイアントパンダ繁殖センター)があるので立ち寄りました。

dsc00261
寝てます。
寝てても人気者。

dsc00267

このパンダ顔だけ白い(笑)

dsc00292
それ笹じゃないけどー。食べてる(笑)

dsc00281
ぱんだー!
と呼んだらこっち向いた(笑)

dsc00297

子パンダ
十分でかいけど。

dsc00300
子供のくせに態度がおっさん(笑)

dsc00306
全部歩いたけど、カートもあります。


熊見て可愛いとは言わないでしょうが、同じ熊でもパンダは可愛く見えてしまう、

竹の皮を上手に剥いて食べていました。

私達もお腹すいたので、ここ臥龍にて昼食。
もちろんメニューは私たちも笹づくしです。

dsc00308

んなぁ わけはない(笑)
通常の田舎中華料理です。

大都会・成都に帰ってきました。

dsc00311

お世話になった4WD車。
ドライバーさんたちは今日これから日隆へ戻って行くとのこと。
お疲れ様です。

dsc00312

宿泊のホテル天仁大酒店

夕食はホテル内レストランにて!

2016-07-09-18-28-13
なんか盛り付けなどおしゃれ(笑)

高千穂ガイドブログ