太郎平・・・折立  北アルプス縦走

太郎平の朝


小さくてわかりづらいが、右から北ノ股と赤木岳、黒部五郎岳、ほぼ分からんがちょこちょこしている辺りが笠ヶ岳や双六岳だろう。そして丸山と三俣蓮華、ギューンと下って登り返して鷲羽岳だが手前の雲ノ平の祖父岳が邪魔して見えない。よーく見ると祖父の後ろにちょこっと鷲羽の稜線が見える。
その隣に尖ったワリモ岳。そして水晶へと続く!手前は薬師岳の稜線!

ぐるーと日本百名山が4つ+薬師岳も見える大展望!

気持いい〜!!!!!!
予報では今日の午後から台風の影響を受けて天気が下り坂。

どんだけラッキー????


福岡・天神にある登山用品店ラリーグラスの社長であり、全九州ガイド協会の重鎮のお方・浦一美さんが九州からグループ連れて来ていました。
昨日入って黒部五郎登って槍へ抜けて行くコースと話していました。

記念撮影(笑)

半日、雨降らずによろしくー!

 

北アルプスの女王・薬師岳〜!
デカイなー。

下山後、白樺荘にて温泉に入り、すっきり。

富山への途中、雄山神社へ参拝。

富山でご飯〜といえば〜!
新鮮なお魚〜!


すし玉へ。
富山のお寿司はいつも美味しい〜!!!!!!!
食べすぎた(笑)

5日間大変お疲れ様でした。

富山のアルクトラベルへ営業兼ねて顔だし。

その後、お隣の石川県へ。

広告

スゴ乗越小屋・・・間山・・・北薬師岳・・・薬師岳2926m・・・太郎平小屋  北アルプス縦走

スゴの朝です。

朝食はホットサンド。

昨日の午後は、ガスって展望がきかなかったが、今朝は薄っすら雲ははっているが山は見えています。

スゴ乗越小屋からの展望。

左の奥から南沢岳、ここからだと烏帽子岳が尖って見える、ボコボコと三ツ岳、目の前の雲の上に赤牛岳、後ろはちょっこり水晶。

では、薬師岳目指してGO!

 

しばらく、展望しながら間山へ登ります。

間山2585m登頂!

奥の尖ったガレてる山が北薬師岳だー。

手前の緑色のピークは名前がなく標高が頂きの名前で地図に載っています。2832m頂。

しばらく稜線歩きは気持ちいいが、北薬師岳の稜線へは大岩がゴロゴロ。

トラバースからゴロゴロ。
北薬師岳の登りもゴロゴロ。
主峰の薬師岳登るよりたちの悪い登山道(笑)

イエーイ!
北薬師岳2900m登頂!

ここまでも嫌な道だったがここから、嫌らしい痩せ尾根がれ場尾根です。
注意して登りましょう。

北斜面は雪が沢山残っています。
今年は天気悪い日続いて、比較的残雪多めみたいです。

東京は8月1日からずーと雨ですからね。
富山晴れてて良かった〜。

薬師岳への登山道。

 

日本百名山薬師岳2926m登頂!!!!

ここから薬師岳小屋へザラザラ道を下って、さらに沢沿いを薬師峠テント場へ下り、ちょっと登り返して太郎平へ。

メンバーの一人は7〜8年前に折立から薬師岳をピストンしていますが、記憶では、薬師岳からの下りは楽々、でも沢沿いに岩が多く、ちょっと滑りやすかったり、思っていた以上に距離があると、これ別ルートある?と聞くほどでした。
このお方は昔は飛ぶように山を歩いていたに違いない(笑)
今は歩いています(笑)

太郎平到着!

 

今晩お世話になります。
太郎平小屋です。

 

五十嶋社長と一樹さん

 

今日も美味しくいただきます。
漬物だけで一膳いけそう(笑)

 

スゴ乗越小屋545発・・・間山2585m710/715・・・830・・・北薬師岳2900m935/950・・・薬師岳2926m1100/1130・・・薬師岳山荘2701m1215/1225・・・ケルン(薬師平)1305・・・薬師峠キャンプ1405・・・2294m・・・太郎平小屋1430

距離:9km

 

高千穂ガイドブログ

薬師岳(2926M)登頂

城南タクシーの森本ドライバーがホテルまでお出迎え〜。
新鮮なトマトの差し入れまでいただきました!
ありがとうございます。
Let’s go!!
天気も最高!
DSC04239
折立の登山口で下車して薬師岳へ出発!
DSC04241

DSC04242
薬師岳がキレイに見えています。

DSC04243

「あれ?今日予約入っていました?」と一樹さん
いえ、トマトの差し入れで立ち寄りっただけです(笑)。
今回は薬師岳ピストンですみません薬師岳山荘に泊まります。
また8日に泊りに来ます!
DSC04244
薬師岳、ワリモ岳、雲の平、三俣、黒部五郎、北の俣とパノラマ展望!
DSC04245
ここ太郎平にて、薬師岳を観ながらのランチタイム
土曜ということもありテーブルに空きほぼなし(笑)

DSC04247
いつ来てもいい眺めだー。
先週もここにいたのが変な感じ(笑)
DSC04248

さー、薬師へ。
木道歩いて、キャンプ場を抜けて樹林の登りを行き、沢を渡り、ゴロゴロした岩場を頑張って登り、ザラザラなジグザグを登りつめて薬師岳山荘に到着!
DSC04249

午後になっても天気は崩れていません!
チェックイン!
DSC04252

ご無沙汰しています。
今日はお世話になります。
DSC04251

今日はここ山荘までの予定でしたが、明朝は強風予報が出ているのでちょっと休憩を取って荷物をデポして、今日もう登ってしまいましょう!
いざ!薬師岳山頂へ。

DSC04255

ジグザグ登ります。
DSC04256

振り返ると「オー!」
DSC04258
遭難モニュメント
※昭和38年冬 愛知大学山岳部13人のパーティーが山頂を目の前にして登頂断念、下山途中にルートを誤り全員が遭難死してしまう。その記念碑がここ東南尾根の分岐に立てられている。
その年は豪雪だったと記録も残っています。

DSC04259

奥に薬師岳の山頂が見えて来たー!
DSC04261
しっかりとしたお堂があります。
薬師岳登頂!!!!!!

DSC04263
立山へと続く縦走路
DSC04265

雲海だー!

無事に下山。いやーロングな一日大変お疲れ様でした。
荷物を整理して夕食〜。
私たちは第2班でした。
DSC04267
ご飯は薬師盛り(笑)
オムレツにケチャップで「やくし」(笑)
DSC04268
夕日がキレイでした。

富山ホテル5:50発==タクシー==折立1350m710/730発・・・岩場804/810・・・アラレちゃん833/838・・・三角点ベンチ(915/925)・・・五光岩ベンチ(1045/1105)・・・太郎平小屋2325m(1200/1242)・・・薬師峠キャンプ場1303・・・薬師平1340/1350・・・薬師岳山荘2701m(1447着)
薬師岳山荘1527発・・・愛知大学遭難碑1610・・・薬師岳2926m(1627/1642)・・・碑1654・・・薬師岳山荘(1719)
◎距離13.4km、行動予定約9時間、獲得標高1760m

高千穂ガイドブログ