宝満山829mと英彦山1200m  〜九州百名山 福岡編 第3弾 

Good Morning from KITAKYUSHU〜!

新門司港に着きました。
このツアーも今年で3年目。
大好きなコースの1つです。

まずは、宝満山(ほうまんざん)へ。
宝満山は太宰府天満宮の裏に聳える山。

ということで、じゃー太宰府天満宮立ち寄っちゃいましょう!
ただし時間の余裕がそんなにあるわけではないので、表参道から歩いて本殿へ向かうのではなくて、学問の神様の神社だからじゃないけど〜裏口(入学)からの近道本殿!
まー替え玉じゃないだけいいでしょ(笑)

裏口から入り、本堂の裏に出ます。

本殿!
菅原道真公に今年も「安全登山お参り」

吉田太陽ガイドと合流して、3名体勢で宝満山登山開始!

表登山道は、階段が多い。

百段ガンギを登ります。

ちょっきり100段でしたか?

山頂直下

宝満山829m登頂!!!

所々滑りやすい石があるので注意しながら下りました。

登山口の竈門神社

桜はキレイに咲いています。
今年は遅い!

一路、英彦山の中腹のお宿・鷹巣高原ホテルへ。

高千穂有康(ありやす)が高千穂有昭(ありあき)祢宜を紹介。
鷹巣高原ホテルに来てくれ、「英彦山の歴史」などのお話をしてくれました。

「英彦山」という山名は、社伝では天照大神(神様)の御子(日の御子)である天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)を祀ることから「日子山」と呼ばれる。
819年、嵯峨天皇に上申し詔によって[日子山」を「彦山」に改めたとされ、1729年、霊元法皇より、日本三彦山の中で天下に抜きん出た霊山であるとして「英」の字が授けられ、他の彦山より高き位となり「英彦山」と称するが、「えいひこさん」とはならず「英」は発音せず三文字でも、そのまま「ひこさん」と読み続けています。

英彦山神宮
九州で最初の神宮。
1333年、後伏見天皇第八皇子の長助法親王(後の助有法親王)を座主に迎えて以降、助有法親王の直系が座主を世襲制する事となった。現在の社家の高千穂家はその末裔です。

全盛期は僧坊3000余、四十九窟(行場)を有するといわれた。
江戸時代初期1616年に小倉藩主細川忠興が奉幣殿(当時は大講堂)を再建。昨年2016年で奉幣殿再建400年!
明治の神仏分離により修験道が廃止され、彦山座主であった教有は還俗し「高千穂」と称しました。
九州彦山山伏の本山であった霊仙寺を廃し神社となって「英彦山神社」に改称し,高千穂教有は大宮司となった。
1883年に宮司の高千穂宣麿が男爵を授けられ、華族に列し、1975年、現在の「英彦山神宮」に改称して現在に至る。

ホラガイを吹いてくれ感激!
ホラガイの音色はなんか気分がハイになる!
私だけ?(笑)

有昭曰く、ホラガイをうまく吹ける人は5段階の高音を出せるとのこと。
音を出すことすら難しいのに(笑)

有昭祢宜から英彦山名物「英彦山ガラガラ」を1人1つ手渡ししてもらいました。

さてさて、ここ鷹巣高原ホテルは英彦山温泉!の熱〜いお風呂も良いし、水もめちゃ美味しい!
そして何より〜料理が豪華〜!!!
量が多い宿はいっぱいありますが、ここは1品1品内容も良ければ質も最高!
もう3年目だからそろそろ普通に書こうかと思ったけど、日本中いや世界中回ってもここに勝る食事なし!
まー高い値段を払えばどこでもいろいろな特別料理を出してくれるでしょうがね。こんな山奥で新鮮な魚介や肉やと
「盆と正月が一緒に来たご飯!!!!」

ふぐの刺し身1人一皿、カサゴ(メバル)の丸揚げ!、天然大海老焼き、佐賀牛ステーキ、英彦山の雑煮、めっちゃ濃い豆腐、豆乳コンニャク、山菜などなど

英彦山お雑煮、
1回に6人分ぐらいの揚げたてカサゴの丸揚げを運んで来ますが、どんな大きな鍋で揚げてるんだろう。油の量半端なくつかうだろうなー。

シメにそば
お腹いっぱいを越えています。
さらに超!美味しいご飯かおにぎり

食べれちゃうのが不思議。

からのーデコポンかと思いきやハマサキ。

明日の行動食やな(笑)

本日もごちそうさまでした。

いやー幸せ

高千穂ガイドブログ

広告

宝満山829m(福岡県)

おはようございます。2016-04-25 08.01.15

がっつり朝食

新門司港へ。
2016-04-25 08.27.04

メンバーの到着を待ち、バスにて太宰府の宝満山へ。

予定には入ってないけど、せっかくだから太宰府天満宮へ。
ここは、学問の神様・菅原道真公が祀られています。

ただ、時間に余裕があるわけではないので、表参道から入らず、学問にもある裏口から入りました。本殿まですぐ!(笑)

2016-04-25 09.54.04

樟の大木

2016-04-25 09.56.16

太宰府天満宮・本殿

13072717_643331689147796_4208514899866020849_o

お参りして出発。

2016-04-25 10.32.52

竈門神社脇の宝満山の登山口。
山頂まで3.1kmの道のり。

2016-04-25 11.19.55

登山道には、ツクシシャクナゲが咲いています。

しゃが

シャガの花13116431_643331722481126_586161239524302104_o-2

紫ケマン

307304

3合目あたりで休憩。
水場もあります。さらに石段は続きます。

2016-04-25 12.06.49

山頂まであと1000m

そしてこの先から百段ガンギが始まります!
まー今までも石段多かったですが・・・・
2016-04-25 12.21.22

みんなで数えましょう!
ちょうど100という方と101と言う方が(笑)

休憩

100段ガンギは終わりましたが、石段は続きます・・・・。
なんじゃそりゃー(笑)
IMGP0603_20140213215951dad

もう誰も数えません。(笑)

中宮あとを通過して男坂を登りきると!

2016-04-25 13.31.47

宝満山山頂でーす。

13116218_643331762481122_2083826010611699525_o

休憩して、記念写真撮。

13063441_643331752481123_620658074566022837_o

向こうに、古処山、英彦山とうっすら。スマホ撮影では確認難し。
では、キャンプ場の方へ下山。
2016-04-25 13.36.50

いきなり岩場&鎖場です。
慎重に慎重に!

下山は行者道を下りました。このルートで出会った人の数は3名。
登りに使った正面道は人だらけでした。

 

2016-04-25 15.41.41

竈門神社に下山して、バスにて英彦山へ。

お宿は、豪勢&まごごろ込もった料理で有名な「鷹巣高原ホテル」です。

夕食前に英彦山神宮の神職・吉門さんがお見えになり、英彦山の歴史をお話しいただきました。日本書紀や古事記に話は遡るとても興味深い話しです。

2016-04-25 19.07.37

(神の父神)イザナギ命→ (太陽)天照大御神→
(日の子/神の子)天忍穂耳尊アメノオシホミミは英彦山降臨→ (神の孫/天の孫)邇邇藝命ニニギノミコトは高千穂降臨

嵯峨天皇によって「日子山」を「彦山」に改め、霊元法皇(1729年)、により、天下に抜きん出た霊山であるとして「英」の字が授けられ、「英彦山」と称するようになった。などなど。

そして、大事なのはここから(笑)
英彦山の祭神が高木神であり、英彦山の神が「鷹」の化身であるとのことで「鷹」を奉幣殿に祀っています。

「鷹」といえば「ホークス」
福岡で鷹といえば「ソフトバンクホークス」どうか孫社長とお知り合いの方がいらしたら、ぜひ英彦山にも選手連れてお参りに来てくださいとお伝えください!
さて、料理はどんどん出てきます。

2016-04-25 19.39.29
アラカブの素揚げ!
これまるまるを揚げているから頭からガぶり〜といけちゃう。
どんだけ大きな鍋なんでしょうねー。シェフすごすぎ(喜)
2016-04-25 19.40.51

フグのてっさが一人たっぷり一皿!、天然大海老、超柔らかい佐賀牛ステーキ、イカ刺身と天然の大エビ焼きや煮物もおいしいいーー

 

高千穂ガイドブログ

英彦山&宝満山 第2班 ②

今日も天気良くて暑い一日となりそうだ。
ホテルの部屋が喫煙しかなくて、しかも昨日部屋に入ったら、いままでここでタバコ吸っていたでしょ!っていうぐらいタバコ臭かった。
一つ良い事は、部屋が東向きだったみたいで、朝日が部屋に差し込む。
窓に干していた洗濯物は一気に乾く!

第2班の添乗員は岡本さん。
朝早くから定刻の8時30分に着きます!と電話連絡をくれました。
山旅人のスタッフのこういう細かい気遣いというか仕事は素晴らしすぎる。
※第1班と第2班でフェリーのスケジュールが違う。
1班の時は7時に港着。今回の2班は8時30分と1時間30分も違うのでこれまた大変。

ホテルチェックアウト時に請求書をお願いすると、フロントでトラブルって時間かかる。
どうしても印字で出したいみたいだけど、それが上手く行かない。「手書きでもいいのですけどー」と言うが・・・
結局5分ほど経って、中途半端な印字と手書きの領収書をもらう。

急いで新門司港へ。
ギリギリとなったので、フェリーターミナルではなく立ち寄るセブンイレブンで待つ事にした。

バスが入って来る。
おはようございます。宜しくお願いします。
今日の昼食を買い込む。
なんと8年ぶりにお会いするお客さんがいました。
「高千穂さんがガイドって載っていたから、参加して来たよ!」
なんとも嬉しい。(≧◇≦)/

新門司インターより九州自動車道にて太宰府へ。
1班と2班で同じサービスをしなければ!
でもこっちは時間が押せ押せだ。さーどうする!
岡本さんより、今回は太宰府天満宮参拝は無理ですかね?
もともと日程上は寄る事になっていない。
良い案がひらめいた!なので、今回も裏口入門で太宰府天満宮へ。
しっかり学問の神・菅原道真公の太宰府天満宮でお参りしました。
2015-04-26 10.12.49
第1班は、高速も順調で8時30分にここに立ち寄り。今回は10時ちょいすぎに到着。日曜ということもあり参拝客も多い。
2015-04-26 10.13.26
京都から菅原道真公を追って飛んで来た梅の木。

参拝後、ここにてトイレを済ませてもらい、駐車場で登山の準備をして登山靴も履いて太宰府天満宮を出発。5分で竃門神社を巻いて宝満山登山口までバスで上る。
※竃門神社参拝より太宰府天満宮参拝にして、竃門神社駐車場でのトイレを太宰府天満宮のトイレを利用してもらい前回より時間短縮に成功。
2015-04-26 10.40.07
300mスキップ。
ここポイント①からスタート。

宝満山登山口(200m)・・・・・百段ガンギ・・・竃門山(中宮)・・・キャンプセンター・・・岩場・・・宝満山(829m)・・・岩場・・・・仏頂山(868m)・・・河原谷・・・昭和の森キャンプ場

距離:約6.7km、標高差/630m 歩行:上り/3時間、下り/2時間30分
2015-04-26 11.13.09

2015-04-26 11.45.14
ベンチのある同じところで休憩。
2015-04-26 12.29.15
100段ガンギ。ちょうど100段!
2015-04-26 13.15.46
キャンプセンター到着。
日曜日だったので人も多かった。
奥に岩の宝満山山頂が見えます。
このキャンプセンター手前に「再会の木」という看板と木がありました。
みなさんの希望の方と再会できるといいですね。

2015-04-26 13.49.38
左奥にうっすら見えるのが英彦山三山です。手前は古処山。2015-04-26 14.16.19
仏頂山山頂。
ちゃんと頂きには仏さんがいます。
宝満山より高いけど、知名度低い。
2015-04-26 15.29.00
三郡山への稜線歩きのキレイな登山道より、昭和の森への荒れた道へ。

今回は津森ポチャンポイントでの岡本ポチャンはありませんでした。(笑)
貯水池を越え、下山。
トイレを済ませ、一路英彦山へ。
2015-04-26 16.25.18
麻生太郎さんの生家がある飯塚を通過。
麻生セメント、飯塚病院、学校などなど福岡では有名な麻生財閥です。
どんだけ〜で有名なIKKOさんの地元田川も通過。
同じ説明(笑)
ドライバーの中村さんの頑張りもあり、18時10分に英彦山鷹巣高原ホテルに到着。
2015-04-27 07.46.36
スタッフはお客さんに「いらっしゃいませ〜」
私には「お帰りなさいませ〜」(笑)
2015-04-26 19.31.03
料理はまたまた豪華に盆と正月が一緒に来たような料理たち。
おいしいだけでなく、ふぐの刺身が1人一皿(しかも薄くない!)、焼き天然エビ、佐賀牛ステーキ、鹿児島豚と手打ちうどんの鍋、英彦山お雑煮、あらかぶの姿揚げとお造り、山菜のいろいろと味ご飯(鶏ご飯)。
2015-04-26 19.48.03

そしてデザートは大きな苺とデコポン。
お腹いっぱい。
これ登山して痩せるというより食事食べ過ぎて間違いなく太ってるな。
明日も天気は良さそうだ!

高千穂ガイドブログ

 

英彦山&宝満山 第1班②

5時50分より朝食をいただきました。
予定通り7時に新門司港に着港。
2015-04-27 17.40.31
ここ数週間は春の天気で、2〜3日置きに天気が崩れていたみたいで、昨日は天気良くなかった見たいですが、今日から5日間は晴天予報!ということはこの第1班も次の第2班もお天気に恵まれそうです。やったね!

下船して、マイクロバスにて乗車してまずはセブンイレブンへ今日の昼食を買いに立ち寄りました。

新門司インターより九州自動車道にて太宰府へ。
宝満山の登山口へ向かう途中太宰府を通ります。
せっかくですから、学問の神・菅原道真公の太宰府天満宮へお参りしましょう!
でも、表参道からゆっくり歩いて本堂へ行って帰る時間の余裕はないので、まさかの裏口入門(笑)
試験だと違法ですが、ここではOK!
8時30分に到着。ちょうど朝のおつとめ中でした。2015-04-24 08.35.58

2015-04-24 08.38.00
お祓いまでしていただき良い安全登山祈願!となりました。
※この祈願はツアー内容には含まれていません。(笑)

津森くんこんな有り難いことしてもらったので、山旅人としてしっかりお賽銭をどっさりとよろしく(笑)

5分ほど走り、竃戸神社の駐車場に到着。
天神モンベルのスタッフが駐車場にいました。

トイレを済ませて体操して出発。
竃門神社(150m)・・・・・百段ガンギ・・・竃門山(中宮)・・・キャンプセンター・・・岩場・・・宝満山(829m)・・・岩場・・・・仏頂山(868m)・・・河原谷・・・昭和の森キャンプ場

距離:約7km、標高差/680m 歩行:上り/3時間、下り/2時間30分

2015-04-24 09.18.10
鳥居をくぐり石段を登ります。
2015-04-24 09.21.59
今回のツアーは、神社やお社やと多く出て来ますので小銭が多く必要(笑)

2015-04-24 10.36.20
電線工事会社のトレーニング山行で50人ぐらいどんどん登ってきていました。
結構みな若い子たちばかりだったので、新入社員の登山トレーニングかな?
「キチーキチー」とワイヤーや装備をそのままつけてのトレーニング早々と登る人が多い中、中には私たちの後ろをのこのこ着いて登る子達もいました(笑)
頑張れー!2015-04-24 10.36.23 休憩風景

すれ違う登山者から大人数の私たちをみて「どこから来たとですか?」と声をかけられました。
「福岡市内」とか「北九州」とかの答えを想像していたのでしょうが、「関西!」というと「関西からわざわざ!(驚)」とビックリしていました(笑)
2015-04-24 12.01.42
平日だけど、登山者はそこそこいたが皆ここではなくこの上の宝満山山頂で休憩しているのであろう。
いうこともあり人は少なくて良かった。
2015-04-24 12.19.01
ここから岩のクサリ場を登り山頂へ。
2015-04-24 12.39.42
九州百名山!宝満山登頂!
2015-04-24 12.44.56
あっ!装備を放り投げみんな休憩している(笑)
2015-04-24 12.44.59
岩の上にも
2015-04-24 12.45.11
古処山や遠く英彦山までも展望出来ました。
2015-04-24 13.08.28
仏頂山山頂(869m)
2015-04-24 13.52.53
河原谷を下ります。
2015-04-24 14.18.29
津森くんがしっかりサポート!
心強い!
が・・・・・・
2015-04-24 14.19.31
足を滑らし、川にポッチャン!
Oh! NO!
2015-04-24 14.24.03
昭和の森へ下山。
トイレを済ませ、バスに乗込み英彦山へ。
2015-04-24 16.50.18
麻生太郎さんの実家のある飯塚を経由。
終日天気が良く、英彦山三山がキレイに見えます。
2015-04-24 16.49.45
「どんだけ〜」で有名なIKKOさんの故郷・田川を経由して英彦山へ。
今日のお宿は、英彦山神宮宮司お墨付きの鷹巣高原ホテル。
なにがすごいかというと、料理がおいしいだけでなく、ふぐの刺身が1人一皿(しかも薄くない!)、焼き天然エビ、佐賀牛ステーキ、鹿児島豚と手打ちうどんの鍋、英彦山お雑煮、あらかぶの姿揚げとお造り、山菜のいろいろと味ご飯(タケノコご飯)。
2015-04-24 19.00.15

2015-04-24 19.21.11
あらかぶ
の姿揚げをかぶりつく津森豊!
カラっと揚がっていて油っこくない!

英彦山神宮の高千穂宮司が英彦山の話をしてくれました。
元の名は、日子山(ひこさん)。
それが彦山(ひこさん)と書く様になり、天皇から「英」の称号をもらい英彦山(ひこさん)となりました。
なので、神話上
太陽神・天照大神の子供がここ日子山。
そして孫が宮崎・高千穂なのです。

英彦山ガラガラのお土産付き!
ありがとうございました。

お腹いっぱいになり、ごちそうさまでした!
皆さんお部屋へ。
かなりのお料理の量だったので皆さん残されているかなーと思ったら、結構みなさんしっかり平らげていました(喜)。

部屋に戻ると、「すみませーん」とデザートを運んで来た。
おおきな苺とデコポン!
あま〜い!

高千穂ガイドブログ

BUSY DAY!

深夜、クアラルンプールにて乗り継ぎ。
乗り継ぎは2時間の予定だったけど、バリ島からの出発が30分遅れたので、のぼ待ち時間無くちょうど乗り継いだ。良かった。
23:30
フライトにて成田へ。
ほぼ寝ていたが、ドリンクサービスと機内食サービスの時ちょうど1席前にCREWが来たら、パッ!と目が覚めた。
我ながらすごい(笑)職業技?(笑)
07:10
無事に成田空港に到着。定刻よりかなり早く着きました。
ただいまです。

私たちは晩から飛行機に乗っていて定刻より早く着いた!ぐらいでいいけど、空港係員は大変ですね。
定刻の7時40分到着を迎えるのもかなり朝早出でしょうが、30分も早く着くってどのタイミングで知らされて繰り上げ出勤しているのか知りませんが。

帰りのマレーシア航空はいずれもガラガラでした。
まだまだ風評被害で、マレーシア航空搭乗を避けている方は多い事でしょう。
乗ってあげて下さいね!

こんな早朝に着けば、入国検査もガラガラ。
私の焼けた顔みて、「Foreigner Passport this way(外国籍旅券の人はこちらのカウンターへ)」とか言って、右側のカウンターを勧めて来た。無視して左の「日本旅券」へ。(/≧3≦)

荷物も比較的早く出て来て、税関にてパスポートと税関申告書を出して、通過しようとしたら、税関係員より質問。
「今回はどちらへ?」「バリ島です」
「ご旅行ですか?」「添乗員です」
「あっ!添乗員さんですか?」「バリ島観光に添乗員付きですか?」
「バリ島登山です」「バリ島で登山ですか?」
「はい。」「・・・。何か申告するもの有りますか?」
「ないです。」「お疲れ様でした」
「ありがとうございます」
まー到着した便が私たちだけだったから税関の人は抜き打ちチェックだったのだろうか?(笑)
京成電車で帰ろうと乗り場へ向かうと、ダーと多くの人が改札を通って出勤?搭乗者?あわててスマホで撮ったがほとんどの人が通りすぎたあとだった。
2015-04-22 08.27.24
最寄りの駅でも多くの出勤者がホームにいっぱい。
旅行の格好をして、スーツケースを転がす私をみな羨ましがるどころか、こんなラッシュに帰ってきやがって〜と邪魔扱いだろう(笑)
2015-04-22 10.44.02
バリに行く前は看板にはまだ1人もポスターは貼られていなかった。番号が64まであったのはビックリ。
そんなに江戸川区だけで立候補するの?と
で今日みたら58人も立候補!すごすぎる。
江戸川区の区議会議員の議席って何席あるんだろう?

区長&区議会議員の選挙は今週末。
投票行きましょう!

私は帰宅して、バタバタバリ旅の洗濯をフルに2回転!
そして今晩から出発の山旅人ツアーの準備。
しかも2連チャン&+1の3連チャン。
今晩と言っても、集合場所が神戸港に18時(笑)
または大阪駅に16時。
移動日が本日1日、山が2日、そしてビジネスホテルに泊まって、そしてまた2連チャン目を受けて山が2日、そしてフェリーで神戸戻り日帰り登山1日。
ビジネスホテルにコインランドリーあるよなー、じゃー2セット+1&移動着でいいなっ。
かなりバ〜と準備して、
12時に家を飛び出て、東京駅へ。
2015-04-23 12.47.26
新幹線にて新大阪へ。
車中でずーとパソコンしていたら軽く気分悪くなった(苦)
車酔い?
なので名古屋過ぎたあたりから寝た。

新大阪で下車。

JRにて住之江へ。
そこで添乗員・津森君と大阪集合のお客さんと合流。
六甲ライナーに乗換えアイランド北口駅にて下車。
そしてフェリー連絡バスにてフェリー乗り場へ。

なんと、最初にさんふらわーフェリー乗り場に到着。
危ない危ない!1人で来ていたら、間違いなくここで降りてしまっていただろう(笑)
まー降りたら隣の阪九フェリー乗り場まで歩けばいいだけだけど。と軽く思っていたら、隣とはいえバスで結構走って遠かった(汗)。
阪九フェリーの乗り場にて今回のメンバー全員12名+2集合。
『高千穂ガイドの実家英彦山神宮の山・英彦山(ひこさん)1200mと太宰府天満宮の後ろに聳える宝満山(ほうまんさん)829m』ツアーです。

なんと私は阪九フェリーに乗るのは実に22年ぶり。
オーストラリア留学時代、一時帰国した際に福岡から大阪と岐阜に遊びに行った時に利用した。国際学生証で学生割引で乗ったなー。

そうそう、その時はまだ携帯がなくて(笑)
その時は大阪の親戚の家に泊らせてもらい、高校時代の友だちが大阪の専門学校に通っていて、会おうという約束をして、その彼が待ち合わせ場所に選んだのが「なんば駅」。
大阪を知らない人たちが絶対に待ち合わせ場所にしては行けない1つが「なんば駅」とそれから教訓にしています。
当時、彼がなんば駅に待ち合わせ12時と決めました。
私は言われた通りJRなんば駅に12時前に着きました。
行き交う人も多く、改札近くでぼーとしばらく立って待つ。
12時10分すぎ。彼らしき人は現れません。
ン?と我ながら機転がきいたことに、もしかして改札が1つじゃない?のか!
駅員に聞くともう1つあると言う。
なに〜!(驚)(≧◇≦)/
慌ててもう一つの改札へダッシュー!
でも彼らしき人はいない。
まだ10分そこらだから帰るわけもない。
ここでもう10分待つ。来ない。遅刻して向こうに改札にいるかも!そしてもう一度最初に待っていてた改札へ戻るがいない。
時すでに12時40分すぎ。あれ〜?
もしかして!と公衆電話から大阪の親戚の家に電話すると、伯父さんが「〇〇君っていう人から有康君となんば駅で待ち合わせしていますが、まだ来てないのですが、家を何時頃出ましたか?」という電話だったという。
なに?いやいや、私なんば駅いるし!
どこだ?
結局1時まで待ったが会えず、とぼとぼ親戚の家に帰った。
その日の夜に知ったことはなんば駅というのはJRだけでなく南海や地下鉄にもなんば駅があると言う事。
彼は北九州から出ていって、いつも南海のなんば駅を利用していたみたいで、彼的には「なんば駅」といえば南海なんばでしょ!
という思い込みだったみたいです。
こちらからすれば、「そんなの分かるか〜!!!!!」
ということでそれ以来彼とは会えていないままである(笑)

そんな思い出を胸に乗船。
2015-04-23 17.48.17

18時30分出航。新門司港着港は7時。約12時間30分の船旅です。

2015-04-23 19.28.17

2015-04-23 19.30.01
明石海峡大橋をくぐりました。

中国人ツアー客も乗っていました。
その中国人ツアーのガイドしていた人が昔お世話になっていた中国人関さんでした!

なんという偶然!

今日もまた地に足をつけてない状態での睡眠。
まーベッドがちゃんとあるから陸地とそう変わりませんがね。

高千穂ガイドブログ