天狗平山荘 雪の大谷 @ 立山

雪の大谷ウォーク楽しんでますねー。

日本人率低そう(笑)

では、立山・雪の大谷の動画をお楽しみ下さい!
↓↓

1分34秒の動画
バスで通過中〜!
一番前に乗れたからラッキ〜!

毎年この高さ20mほどの雪壁を削って削ってで1億円以上の費用がかかっているのもすごいことだ。日数も1ヶ月ほどかかるんじゃないかなー。
室堂ターミナルから美女平まで一気に降りず、天狗平山荘の賢輔さんところに顔出して行こっと!

こんにちはー!

ご無沙汰しています〜高千穂でーす!

天狗平山荘受付

食堂とお店

天狗平山荘名物ラーメンいただきましたー!

奥さんと一枚!


佐伯夫婦と一枚!
賢輔さん怖すぎ(笑)

富山に降りて駅前ぶらぶら

駅前ぶらぶら

じゃーそろそろ帰りますかーねー。

北陸新幹線・かがやきは2時間ちょいで帰れるが、空席チェックしたら、結構席がいっぱいでギューギュー。3列中2席の空きはあるが、3列全空きはなし!
北陸新幹線・はくたかは約3時間かかってしまうが、空席チェックしたら、3列全空きがちらほらあり!
たださらに10分後に出発するのが「かがやき」、それから30分後が「はくたか」となると時間差は1時間以上〜。
どっちに乗るか悩む〜!!!!!!!


室堂から途中のてんぐ(天狗平山荘)で降りたからこのようなシール貼られた〜(^o^)/
えへへー。

高千穂ガイドブログ

広告

立山・雄山3,003m登山

朝、ロッジ太郎出発です。

みんなは不要な荷物は関西から乗ってきたバスに預けます。

立山駅

一樹さんとスタッフたちは今日から太郎平小屋入りして、GW客用にボッカや小屋準備だそうです。

朝からめっちゃ混んでます。団体も先客がいて、私たちは7時の便には乗れそうになく、次の臨時便7時10に乗ります。
とりあえず団体4に並んでます。

日本人と外国人(アジア系)が半々。
タイやインドネシアでは雪が降らないから雪国や北海道人気と聞いたことあるなー。

美女平到着。

バスにて室堂へ。

途中、雪の壁!雪の大谷を通ります。

天気は晴天とはいかず、まーまー。

雪の壁〜!
今の一番高い壁で19mと言っていました。

室堂に着いて、装備を整え出発!
元々今日は室堂山荘にインして、その後は愛の雪訓で、明日雄山登山の予定でしたが、明日の天気が大きく崩れる予報のため、今日雄山登っちゃいます!

室堂山荘まで15分ほど
立山の山が前に見えるが、雄山や大汝山の山頂部分は雲に覆われています。

10分ほど歩いたら、雲も切れてきて雄山や大汝の山頂が見えてきました!
よーし!
室堂山荘に到着後、登山に不要な荷物はデポして出発!

一ノ越の直下まではトラバース気味に歩いて一ノ越へ直登です。

一の越まで来ると風も強いです。
よし!ここからが登山ですよ。
稜線は岩が見えているので岩と雪のミックス上を歩くのでアイゼンでは少し歩きにくいところもあるかもですが頑張りましょう!


山頂は風強くて冷たかったですねーm(_ _)m

イエーイ!
立山・主峰雄山3,003mに全員登頂!!

立山の主峰雄山の岩頭に鎮座する峰本社。
夏山シーズンは参拝するのに並ぶほどだけど、
貸し切りです(笑)


COMOのイチゴジャムパン

下山中、雷鳥がいましたー!

真っ白で見えるかな?

室堂山荘の夕食!
ガッツリいただきましたー。

 

高千穂ガイドブログ

Schedule is not in order by Weather!!!!!!!!

予定が予定どおり行かない〜泣

明日から予定している剱岳登山
しかーし、これまた天気が微妙。

今シーズンは台風や天候不順により変更やキャンセル続き・・・とほほ

この剱岳2連チャンも予定を組んだ一年前は無駄のないスムーズなプランになっていたんだけどなー(汗)
数日前の予報は
8日:雨
9日:雨のち曇り(朝、台風通過)
10日:晴れ
11日:晴れ(登頂日)

だったので、予定の8日出発を止めて、1日後ろ倒しで9日出発にしていましたが!
11日の天気予報が、晴れから曇りのち雨になってるー。

9日:曇りのち晴れ
10日:晴れ
11日:曇りのち雨(登頂日)

これだと、11日の何時から雨なのか?
またこの数日で天気が前倒しで崩れてくる可能性もなきにしもあらず!
&台風発生もなきにしもあらずー泣

疲れ切った頭を振り絞ってスケジュールやプランを練り直した結果。最善の策は!

「今晩のうちに富山入れますか?」
「午前中に準備して出れますか?」(私は全然何もしていないですが・・・。またこれから打ち合わせで午前中不在(汗))

しかししかし下記に日程変更しましょう。
8日:富山泊
9日:〜剣山荘
10日:剱岳登頂〜
11日:下山。そして下山後雨予定(笑)

話が決まり午後一番自宅に戻りバッタバタ準備して、東京駅へ!
2016-09-08-16-21-49
かがやき511号に飛び乗る!
新幹線っていつどきも人と多い💦

2016-09-08-18-34-25

富山に到着!

2016-09-08-18-34-51

3日前にここにいました(笑)
なんかこんなに移動移動していると自分がどこの人間かわからなくなる(笑)

夕食は、またまた富山でシースー。
パワーをつけて明日からGO!
2016-09-08-19-30-46

3日前ここにいました(笑)
この寿司屋の人は、あらまた来た?と(笑)
私が東京に帰ってまた富山来たとは思ってもいないだろうなー。

すべてを忘れ至福のひと時〜〜〜〜

明日朝雨かもしれないので、JR富山駅隣の電鉄富山駅ビルの地鉄ホテルにチェックイン。

 

高千穂ガイドブログ

GO TSURUGI! One day Ahead of schedule

東京に住んでいて一番嫌なのは朝の満員電車

大きな荷物を持って乗ろうとする時のドキドキ感。

満員電車に体一つで乗るのもやや大変なのに、大きなザックやスーツケース持って乗ろうと並んでいる時、まず1本は見送ります(笑)

そして、ホームの電車待ちの列の一番前に立ち、「どうか次の列車のこの車両のこのドアの付近には人が多く乗っていませんように」と祈って待つ。

たまにまさかの超満員の時がある。
ドアが開く前から、乗ってる人たちの顔が怖い(笑)
なのでまた見送る。

さてさて、そんな話はいいとして。

剱岳登山は1日前倒し(One day Ahead of schedule)で出発です。
みんなとは、富山駅11時合流です。
逆算すると最寄駅から8時の地下鉄に乗ればいいのだが、その8時はこの東京では超ラッシュ時です。
話は戻るが、そんな時間にこんな大きな荷物を持って乗れるわけがない

ので、6時すぎに家をでて6:30ごろの地下鉄に乗って東京駅へ。

こんな早い時間でも平日だと普通に混んでます。

恐るべし東京。

2016-09-02-07-11-18

北陸新幹線かがやきに東京駅から乗車。

2016-09-02-09-32-42

9時30分すぎに、早々と富山駅に到着〜。

待合室にて、ブログでもφ(..)カキカキパチパチ

全員集合後、電鉄富山駅の地下スーパーにて買い出し

2016-09-02-12-04-40
電鉄富山にて立山へ。(約1時間)

2016-09-02-12-46-26

のどかーな景色の中進みます。

富山の山並み。
剱岳や立山連山は見えず・・・

2016-09-02-13-34-47
立山駅

2016-09-02-13-35-49

立山ケーブルカーにて美女平へ。(約10分)
傾斜がはんぱない!

立山高原バスにて室堂へ(1時間)

室堂にて不要な荷物をロッカーに入れて、今日は雷鳥荘温泉へ。

2016-09-09-09-31-20

立山の美味しい水!

2016-09-02-15-19-24

みくりが池!

2016-09-02-15-38-33
地獄谷からガスが・・・・・
ちと苦しい。

2016-09-09-10-06-46

30分かからず、雷鳥荘に到着。
ここは隣の地獄谷から温泉をひいていてまさに大天然温泉🎵

山荘というより山の中のホテルだな。
夕食後に天気予報のチェックしたら、昨日までの予報とは予報が変わって来てる(T-T)

明日3日:晴れ

4日:晴れのち雨

5日:曇りのち雨

えー!明後日晴れやないんかーい!
高千穂ガイドブログ