日本百名山 幌尻岳2052m登頂

朝、2時にパチっと目覚める!

我らがメンバーの動きなし。

次に目が覚めたのはその他の周りの人達が起きはじめた3時すぎ。
この時点で本日下山案はOUT!

結局、目覚めは4時すぎ(笑)
今日ももう一泊ここ幌尻山荘決定となり、昨日の勢いとあのいろいろな精密なタイムの打ち合わせは何だったんだろう。
と思ったのは私だけでなくあの夕食時の周りにいた人たちも思ったことだろう。
結局2時に起きんのかい!(笑)

さてさて、今日も天気最高!

天気が良ければ全て良し!

ゆっくりと朝食を取り、準備して出発!

幌尻岳山頂目指します。

 

 

そうそう、この幌尻岳ですが、みなさん「渡渉が大変」「渡渉が大変」という情報ばかりが先行していて、渡渉が終わればすぐ山頂ぐらい思っている人も最近少なくはない(笑)
だが、今回みたいに水量が少ないと、渡渉より小屋から稜線までの急登続きの登山の方が大変かも。

こんなに天気に恵まれるなんてラッキーすぎですねー。
2時間の登りで命の泉の分岐到着。

けっこう急でしたねー。

ここで休憩。

ここからもまだ登り、急登りが続きます。

このあと樹林帯を抜けると、ガレ場を登ります。

で!やっと稜線に出てきた。
幌尻岳北カールです。

ぐるーと時計反対周りに巻いて、向かい一番高いところが幌尻岳山頂です。

近いような遠いような〜。

高山植物咲いていましたが、撮り忘れ((泣))

新冠コースとの分岐
登山口のイドンナップ山荘ゲート前まで23km。

とにかく遠い。渡渉がないとはいえ、雨になるとそれまた大変なルート。

幌尻岳2052m山頂

幌尻岳登頂!!!!
天気最高!風もなし。
日高の大展望!
ゆったり休憩して、山頂を堪能して、ほぼ1時間滞在。
贅沢〜。

今日下山を選ばなくて正解でした。あはは。

ターギーイーエクスピー
幌尻岳 with キーン

往路を下山。

小屋戻ると、北海道の山下晋ガイドと三浦康くんがお客さん連れて上がって来ていました。
山下君は、北海道の山をご案内!の
ガイドピリカの代表です。
三浦康くんは写真家!

かな〜り久しぶりの遭遇(笑)

その後、幌尻山荘の管理人稲垣さんとみんなで一杯。

高千穂ガイドブログ

広告

幌尻岳登山 振内コース 〜渡渉ルート〜

幌尻岳
これも山をやっていない人は読めない難読漢字。
しかもあて字。

山名はアイヌ語で「大きな山」という意味。

ポロシリダケ。

日本百名山の中で、挑戦したけど登れなかった山のベスト5に入るだろう。
まーその登れなかった理由を難易度に置き換えると、下記のようないろいろな難易度があります。

①技術的難易度

②歩行距離的難易度

③アクセス的難易度

④季節・時期的難易度

⑤不可抗力(天候や地形)

くまさん荘からの朝の景色

爽やかな朝です。

今日、明日、明後日と天気は良さそうです!

今回のメンバーは去年からのリベンジ組なので、大喜び!

ホントに天気だけはどうしようもないですからね。

もうかれこれ10年近く前になるが、「今回が幌尻岳4回目!絶対登らせてね〜」と空港で会うなり言われた方もいた。

そう、ここ幌尻岳は難易度的にいうと、⑤の要素がMAXなのです。

予備日は使わずに行けそう〜!

豊糠山荘

旧豊糠中学が廃校になり、今は豊糠山荘となっています。

幌尻岳に登るには、ルートは2つ!

1、振内コース(額平川・渡渉あり)

2,新冠コース(渡渉なし)

1,振内コース
一般登山者は、シャトルバスを利用すると、第二ゲートまで入れます。
第一ゲートは施錠されているため、超えるには車は不可!徒歩となる。
また第一ゲート付近には駐車場的なところもないため、駐車場となるとこことよぬか山荘。
とよぬか山荘から歩くと第二ゲートまで21.6km!
登山口着いたらもうヘトヘトですね。

シャトルバス距離
幌尻岳シャトルバス運行位置図

ずーと砂利のほぼ平坦だが凸凹林道。

シャトルバス利用は、人数制限があります。
事前予約が必要です。
幌尻山荘ととよぬか山荘利用にも、予約が必要なので同時にどうぞ!

予約時に希望の往復便の時間も伝える必要あり!

平成29年・2017年版ですが、シャトルバスの時刻表!

とよぬか時刻表
幌尻岳シャトルバス時刻表

ガタゴト〜ガタゴト〜シャトルバス(マイクロバス)に揺られること約1時間。

第2ゲートの駐車場に到着。
仮設トイレと待機コンテナ小屋あります。

第2ゲートから引き続きのやや上りの林道を7.5km で北海道電力取水施設

 

額平川
額平川がかなり下に見える。

3時間で北電取水施設に到着。

ここにて休憩。

さて、この先から渡渉が、すぐ始まるわけではないのです!

さらに、沢沿いを約1時間歩いて第1渡渉ポイントに到着。
ここでランチタイム&装備を沢モードに変更タイム!

沢靴に履き替え、ヘルメット装着して、登山靴を仕舞って、ハーネス、カラビナチェックしていよいよ渡渉の始まりです!

沢は穏やかで、水量は少ない。
絶好の幌尻登山日和だー!
雪解けも含まれているから、水は結構冷たい。
さー幌尻山荘まで渡渉何回でしょーか!

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,
13,
14〜これも1本と数える?
いやこれは13のほんの支流だから数えず行きましょう。
14,15,16,17,18,19,20

そして〜21本目〜!

奥は深いぞ!冷たいぞ!

終わり〜!

距離として2kmちょい。の渡渉でしたが、道は渡渉してちょっと川沿いに歩いて、また渡渉で反対側へ渡って、川沿い歩いてとかなりクネクネ蛇行山行でもっとあるいたような気もしますがね。

幌尻山荘に到着。

今日はある意味、特別に渡渉が楽でしたねー。
かなり構えてきていたメンバーは、無事に渡渉を終えて大満足。
余裕すら有りました。

 

COMOパン
コモパン

ザックから食料など出して、今晩の夕食用、明日の朝用、明日の昼用の行動食、そして明日の晩用と明後日の朝用と!

コモパンだけ寄せていると、隣に愛知県の山のメンバーがいて、「コモパン?」知っとるだがや〜!と、会話が始まり、でもこのソフトコッティは知らなかったみたいで、興味津々。

食べてみてくださーい。
「コモの輪」広がっています(笑)

 

コモパン
ソフトコッティ

みんなの明日の行動食はコモパン(笑)

 

マウンテンハウス フリーズドライ
Mountain House フリーズドライ食

まだまだ有ります。Mountain Houseのフリーズドライ食。
かなり重宝!

北海道にいながらアメリカのフリーズドライ食を堪能。

これには、周りの人たちもこれまた興味津々。

今晩の夕食メニューは

LASAGNA ラザニア!

RICE & CHICKEN  ライス&チキン

BEEF STEW ビーフシチュー

 

アメリカンミックス!(笑)

 

さて、明日の予定。
元々はここ幌尻山荘に2泊の予定。
ですが!
今日の渡渉が思ったより楽だったのか(メンバーのレベルと言うより、額平川の水量がかな〜り少ないおかげがその楽だった一番の要因)明日登頂後ここに泊まらずそのまま下山出来るのでは?案が出てきました。
もちろん出来ますが、第2ゲートを17時のバスに乗るための逆算してみましょう!

万が一を考え16:30第2ゲート着で考えます。
今日は、第2ゲートから渡渉始まりまで3時間30分かかりました

そして、渡渉の繰り返しで幌尻山荘に到着まで2時間。

逆算式
16:30第2ゲート←←←13:00渡渉終わり←←←11:00/10:00幌尻山荘←←←7:10/6:45幌尻岳←←←2:30幌尻山荘

ということは、朝2時に起きて、2時30分に出発すれば幌尻岳登って、渡渉して第2ゲートから17時発のシャトルバスに乗れて、そのまま下山は可能ですよ。
そして降りて、くまさん荘!!に泊まることが出来るかも!

条件は
※2時に起きれるか?
※くまさん荘が空いているか?

高千穂ガイドブログ

日本百名山の幌尻岳に一番近い宿・くまさん荘

幌尻岳登山です。

去年は台風で、幌尻岳3本中止。
うち2本は登山口にも立てませんでした。

そのうちの1グループのリベンジ企画です。
今回は、4日+予備日2日でみんなスケジュール調整しています。

札幌・新千歳便は満席です。

この時期の北海道は大人気なんだろうなー。
国際線の大きさの機材で満席ってすごいなー。

新千歳空港より平取町へ。


北海道沙流郡平取町字豊糠(とよぬか)

今日宿は、
日本百名山の幌尻岳に一番近い宿!

くまさん荘です。

ここのオーナー熊谷さんは、海外帰りのインターナショナルなお方ですが、とても気さくでステキです。奥さんがこれまためちゃめちゃステキな方でした。
そしておばあちゃんはタブレットを使いこなすスーパー人です(笑)

夕食のお酒などは、持ち込みでお願いしますということで、途中のスーパーでお酒をゲット。

ちょっと良いお酒を〜買おう〜!

久保田萬寿GET
ちょっとどころか(笑)
かなりいいお酒ですね〜。

夕食は、

うぁーおー!

ジンギスカンと裏の畑で採れた野菜!!!
激ウマ〜。

メンバーみんな、明日から山行かずもう一泊したい〜。

夜な夜な熊谷さんとの会話も弾み楽しいひとときを過ごしました。

あっ!

くまさん荘のHP

www.geocities.jp/alohadebf/

高千穂ガイドブログ

とよぬか山荘 止まり( ; ; ) 

7時のシャトルバスのため6時すぎにとよぬか小学校に到着。
ここは廃校後、今は改装してとよぬか山荘として町営。

2016-08-20 14.58.07

ここがシャトルバスの発着地です。

着いて、1~2分。

私たちが着いたの分かったのかな?

っていうタイミングで、とよぬか山荘から電話が・・・(驚)

「今日の天気は問題なさそうですが、明日からしばらく天気が崩れそのまままた台風が来る予報なので、本日入っても下山出来ず山に閉じ籠りになりそうな予測で町役場が本日のシャトルバス運休を決めました」

「えー!まじですかっ!もう駐車場に到着してますけどー。」

「ちょっととよぬか山荘に顔だしますわ」

明日21日は朝方から雨予報。そして夜は台風11号が通過。

22日は低気圧停滞で雨。

23日は午後から夕方にかけて台風9号通過予報。

あーあ。シャトルバスがでないので、登山口にも行けず、とよぬか山荘止まり( ;  ; )!

幌尻岳登山断念。撤退決定。

てかこの1週間で、台風6号、7号、11号そして9号ってどんだけ?

そして今日本の周りに3つの台風が取り巻いてるって、勘弁してよー。台風発生しすぎ。

 

スクリーンショット 2016-08-20 19.21.41

9号、10号、11号
スクリーンショット 2016-08-20 19.27.38

15日から北海道入りして、5日間何もできてない(T-T)

2016-08-20 07.27.09
朝食とコーヒーを虚しくいただく

今回の第1班は、明日も台風、明後日も雨予報なので、登山を諦め撤退を決定。明日千歳で解散(T-T)

日高町へ移動して温泉入って、「天候理由だしょうがない!」と口々で納得ているっぽいも、やけ酒会に突入(酒)。
高千穂ガイドブログ