北アルプス11座登頂 大周遊 Day 4/6

今日は、水晶小屋からワリモ北分岐まで戻り、黒部の源流へ下り「最初の一滴」を汲んで、雲ノ平へ。後、雲の平・祖父岳登ってスイス庭園に立ち寄って雲ノ平山荘への約5kmの行程です。
水晶小屋出発
曇り空ですが、雲は高く、周辺の山々のみならず富士山まで見えています。
ワリモ北分岐まで昨日のルートを戻ります
槍ヶ岳の稜線と奥には穂高の山々がバッチリ見えています。昨日登った鷲羽岳とワリモ岳が手前。鷲羽岳のザレザレが山の色として見えてる〜。 ワリモ北分岐から一気に岩苔乗越へ下ります。雲ノ平の周りはぐるっと黒部川が一周していて、山との稜線続きはここ岩苔乗越からのアクセスのみ! 岩苔乗越(鞍部)に荷物をデポして、水筒だけ持って黒部の源流「黒部の最初の一滴」へ。
黒部川源流「最初の一滴」
一滴以上出ていますが・・・・・笑 “北アルプス11座登頂 大周遊 Day 4/6″の続きを読む
広告

浅間山登山2017

東京駅集合して新幹線で佐久平へ〜。
の予定が!
1人が集合時間を間違ってしまい(゜o゜;
予定の北陸新幹線に乗れず(T_T)

この新幹線を逃しても、30分に1本おきに次々と新幹線はありますが。。。。。

実は、佐久平駅から小諸駅経由の浅間山行きのバスは1日2本しかありません。
朝1便を逃すと、次は午後のみ。

朝便(登山者やスキー客や観光客の浅間山行き向け)と午後便(一般客、浅間温泉宿泊者向け)だけなのです。

なので、あとはタクシーのみとなっちゃいます。

だったら佐久平駅からより小諸駅からの方が浅間山に近いので、ルートを変えて、新幹線を1つ手前駅・軽井沢で降りてそこから、ローカル線・しなの鉄道に乗り換えて小諸駅へ。

東京からたったの1時間ちょいで軽井沢到着。

ローカル線・しなの鉄道に乗り換えて小諸駅へ。


天気良いですね〜!

浅間山バッチリ見えています。

小諸駅到着
タクシーにて、浅間山へ〜30分。

浅間山の車坂峠登山口よりスタート。
もともとの予定より30分ほどの遅れで済みました!

ここで、すでに標高は1900m


今回は前掛山への登山は止めて黒斑山の山頂までの登山となります。

浅間山の噴火警戒レベル

浅間山の噴火警戒レベル

火山活動の状況及び予報警報事項

浅間山では、2017年4月下旬頃から山頂直下のごく浅いところを震源とする体に感じない火山性地震が多い状態が続いています。 また、二酸化硫黄の放出が増加しており、その放出量は6月8日の観測で1日当たり500トン、6月11日の観測では、1700トンと急増しています。

これらのことから、浅間山では火山活動が高まっていると考えられ、今後 、火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があります。

噴火警戒レベル
火口から概ね2キロメートルの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石 に警戒してください。
風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石に注意してください。

※現在2キロメートル範囲内は立入禁止となっています。
浅間山・釜山2568mのピークのみならず、火口から700mほどの第2外輪山の前掛山2524mも現在立ち入り禁止。
なので今回は、第1外輪山のピークの1つ黒斑山2404mまでの登山となります。

登山口から数分のところはすでに、バリバリ霜~。

あーすでに踏まれている(笑)
踏みたい派の私(笑)

この時期で登山口から凍土。

クランポンもってきといて良かった。

あさま2000スキー場と奥に、水の塔山と篭ノ登山。

ここから急登を登ります。
ほどよい寒さがちょうどいい。

外輪の稜線に出ました!

12時ですが、おーっと、全然ガスってなくてキレイに浅間山が見えています。
ガスって全く見えない時もありますからねー。

ちょっとしたガレ場を登りつめます。
登ってきた外輪山を振り返ってパシャリ。

浅間黒斑山2404m登頂!

ド平日ですが、結構登山者いました。
天気が良いからですかね〜。

下り時もしっかり浅間山見えています。

はーい、無事に下山。
そのまま日帰りも可能ですが、今回は贅沢に温泉宿に1泊プラン!

標高2000mにある高峰高原ホテルです。
登山口の向かいのおしゃれで高級宿。

ホテルからの展望!
富士山薄っすら見えています。

洋風ディナー!

温泉に浸かって、幸せ〜。
美肌美肌〜。

高千穂ガイドブログ

赤城山・黒檜山1828m

今日は赤城山の主峰・黒檜山(くろびやま)への日帰り登山。

天気は、雨よ〜止んでくれ〜!の小雨です。

大沼湖畔の登山口

霧雨や小雨程度でしたので、樹林帯の中歩いている限りは降られている感はあまりしませんでしたが、終始急登のルートです。
頑張りましょう!

※スマホが雨で壊れることを恐れ登りは1枚も撮れませんでした。
つい先月雨でスマホを壊したばかりなので。。。。。。

津森豊添乗員の撮影いただきましたー

Photo by YUTAKA TSUMORI

稜線に出ると雨は止んでいました。


赤城山・黒檜山1828m山頂で〜す。

山頂からは木々が邪魔して展望は乏しいですが、ちょっと先に行くと展望がききます。
「絶景スポット」
まー今日はガスっていてな〜んにも見えない。

 

黒檜山よりの眺望

赤城の山は今宵限り。

さて下山です。
今度は急な下り。根っこや岩や石で滑らないように注意に注意で歩きます。
下っても下っても辿り着かないのがこの赤城山。

下山途中から撮った一枚。
紅葉がキレイ!
天気残念。
大沼の中に赤城神社があります。

縁結びの神だったっけな?

下山後、移動して温泉&昼食タイム〜。
富士見温泉 見晴らしの湯
ふれあい館へ。


この天気だと何も見晴らせない。。。。。。。

カツ丼!と手羽先〜。

高崎駅から新幹線で東京へ。

4日間お疲れ様でした〜。

 

高千穂ガイドブログ

 

 

 

Snow @ Mt. TANIGAWA in Autumn

本日は10月19日。まだこれから秋本番という紅葉ぶりが昨日の景色から伺えた。


予報はドンピシャ以上当たった。
外を見ると〜

銀世界

谷川岳肩の小屋の朝食

さーてどうしましょう。
とりあえずに現場の下見へ。

一晩でこんなに降っているなんてー。

まー、しっかりと言えばしっかり。まだギリギリ薄っすらといえば薄っすら。凍っているわけではないので、雨よりマシかな。

木道や枕木の木の板を踏んで滑ることさえ注意すれば大丈夫そうだ。

よっしゃー、出発を遅らせて8時30分出発で下りましょう!

Tsumori Yutaka

GOO!グー!サインの津森豊くん

さ〜一歩一歩気をつけて下りましょー。

 

ナナカマドが雪被って美しい。

下るにつれ、まだ誰も歩いてないルートですが、雪は積もらず溶けています。

 

 

おー!
昨日、見たときより紅葉進んでない?
昨日は天気良かったもんなー。
雪化粧がプラスされてめっちゃーキレイ〜。

間違いなく昨日1日で紅葉すすんでる。

今日登って来る人なんて〜って思っていたら、数組登ってきていました。(笑)
すごいなこんなに日。

下山して、谷川岳ロープウェイの土合駅で昼食を食べようと思ったが、ちょっとメニューがシンプルなものばかりだったので、谷川岳ドライブインまで移動して、昼食を取ることに。

谷川岳ドライブインはバスツアー客予約で、このドお昼時はいっぱいとのことで飛び込みグループはお断りされました。

湯檜曽の駅を通過して、そのさきのまつやにて昼食をいただきました。

私は煮込みうどんセット!

いやーアツアツで美味しかったです。

一路、赤城山の中腹900mにある隠れていないけど隠れ宿(笑)
赤城温泉へ。


毎回お世話になっている赤城温泉のにごり湯の宿です。

にごり湯の宿HPより〜
元禄十三年より薬湯として親しまれてきた温泉は、「生きている」源泉で、無色透明で自然湧出した源泉は、空気に触れ茶褐色に変色します。湯舟や床に付着した湯花の造形は源泉に含まれる濃厚な成分の証しです。 その「にごり湯」を掛け流しで、新鮮な源泉をご提供させて頂いております。

いやーホントにすごい温泉だ。

 

そしてお食事もめっちゃ美味しくてまだ出てくるか?っていうぐらいボリュームいっぱいです。

とっても良い温泉と美味しい料理&楽しい女将さん

よかったら泊まって見て下さい!
(送迎もしてくれますよ)
にごり湯温泉・赤城温泉
http://www.akagionsen.com

 

高千穂ガイドブログ

苗場山2145m登山 日本百名山

新潟県と書こうと思ったが、山は新潟県だけでなく長野県北東部との県境なのです。

今日は4時前に起きて、5時から朝食。

しっかり食べてLets go NAEBA!

 

和田小屋登山口からスタート!

今日も長〜い1日となります。
頑張りましょう!

かぐらのゲレンデを横切って登っていきます。

早くも6合目!
登山口の和田小屋5合目でしたから(笑)

 

順調順調

 

昨日の巻機山も紅葉キレイでしたが、ここ苗場はもっと紅葉しています!

7合目手前の下の芝。

紅葉ドンピシャ!

上の芝から小松原稜線分岐を見上げる。

ヘリ!が結構旋回していました。
パトロール?山頂小屋への運搬?遭難者探し?

稜線を歩いて、もう間もなく神楽ヶ峰。
神楽ヶ峰で8合目ですから、7合目の下の芝からはもう2時間近く経ってる。遠い〜長い〜。

いえーい!
神楽ヶ峰登頂!2029m

苗場山が2145mであと100mちょいだがっ!

だがっ!

だがっ!

ここはまだ8合目。

この先が何気に長い。
急な下りが出てくるし、そしてもったいないぐらい結構下る。そして急な登りを登りつめなきゃ。
神楽ヶ峰からの楽々稜線歩きを15分ほどいくと

じゃ~ん

苗場山

はいこれっ から

ここからは山頂がそーんなに上には見えないけど、ここから一旦下ってあの鞍部を歩き稜線を登りつめます。

 

さー9合目通過!
ここから30〜40分登って苗場山の山頂だ〜

 

紅葉がキレイ!

振り返ると、神楽ヶ峰(右)、と奥から黒倉山、日陰山も見えています。

苗場山への急登を登りきると、
あら不思議!

山頂部分は、まさかのめっちゃだだ広い〜高層湿原です。

「苗場山」名前の由来は苗代田のような湖沼。

山頂標識へ。

 

 

苗場山頂ヒュッテです。

今日は泊まらず、日帰りです。

外でゆったりランチ休憩取らせてもらいました。
風がでてきたので、そそくさと下山準備。

山頂部の高層湿原および雪田草原。
池塘が多く見えます。

 

振り返ると山頂部はガスが発生しています。

いやーホントにキレイな紅葉やー。

日程をドンピシャに合わせて良かったー。
いや、紅葉が日程に合わせてくれた!のほうが正しいかも(笑)

途中、山の会やクラツーさんと20名前後の大きなパーティー2組に会い、こんな時間から?といくら山頂泊りでもね〜と、心配してしまいました。

 

無事下山。

苗場山 日帰り 山行記録
湯沢スキーハウス530==祓川駐車場トイレ==和田小屋登山口(605/610)・・・⑥655・・・林道730・・・⑦下の芝・木椅子(742/747)・・・リフト上(827)・・・中の芝・椅子835/845・・・上ノ芝・椅子902・・・小松原稜線分岐(910)・・・⑧神楽ヶ峰2029M(930)・・・鞍部1792M(955)・・⑨1012/1022・・・急登・・苗場山2145M(1100/1130)・伊米神社・苗場山自然体験交流センター
(1130)・・・お花畑1225・・・⑧神楽ヶ峰1255/1300・・・小松原分岐1312・・・リフト上1340・・・⑦下芝1420/1425・・・⑥1500・・・和田小屋登山口1535着/1545発===1630スキーハウス着

 

天気に恵まれた2日間でした!

YUZAWA SKI HOUSE

外国人の宿泊者も多いみたいで、看板は英語だ。

お風呂に入って

Sapporoビールから新潟限定
キリンからは地ビール
魚沼酒

を部屋のみしてからの夕食

毎日違う夕食〜。
ありがとうございましたー。

めっちゃ美味しかったです。

 

高千穂ガイドブログ

巻機山登山1967m 日本百名山

新潟県と書こうと思ったが、巻機山は新潟県の南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の県境。

5時に宿を出発。

朝食はお弁当にしてもらいました。

右の奥が巻機山。

今日のコースは
桜坂駐車場・・・井戸尾根ルート・・・・にせ巻機山・・・巻機山のピストンです。

難読山の名前がこの地図にもあります。

割引岳!

割引岳と書いて「わりめきだけ」と読む。
山頂に1等三角点がある山で、日本百名山ほどの人気はないが、よく登られる山の1つ。

今回ついでに足を延ばして〜の提案に誰も興味なし!(笑)

では、出発です。

桜坂登山口

どこからか福山雅治の歌が聞こえて来る〜。

揺れる木漏れ日〜♬
薫桜坂〜♪

30分ちょい歩いたところに3合5勺の標柱!

晴天〜!
6合目展望台からの景色
割引岳がみえています。

7合目より上は、ばっちり紅葉してきています!

紅葉のメカニズム?

🍁🍁🍁

巻機山の7合目です。

さー山頂部分見えてきた〜!

でもあれがニセ巻機山だー。

巻機山8合目

いやー七合目から八合目までが急登の連続で1時間近くかかってしまった。
ニセ巻機山はこの上だ〜!そこが九合目。
ガンバッ!ガンバっ!

稜線にでました。
馬蹄形にグルリと時計回りであの奥の巻機山山頂を目指します。
まだまだ遠い〜。

ニセ巻機山

ふーやっとニセ巻機山登頂!

もうここで良いかなと思ってしまう(笑)
てか、山の名前でかわいそうな山いくつかあるが。ここもその一つですねー。
勝手にニセとか付けられて(泣)
名前をマネてもパクってもない〜って言っています(笑)

でも麓から見るとこれが巻機山山頂と間違えられていたのだろう。

ここから下って避難小屋を通過して登り返して、

巻機山山頂!

これも場所的にはニセ山頂標識だけど(笑)

ここで、結構な人が引き返してる・・・・・・。
まーだめではないけど。

さらに木道を進むと

巻機山1967m登頂!!!!!

COMOパン with 高千穂ガイド

COMOパンいただきまーす

いやー素晴らしい天気だ!

 

山頂周辺は草紅葉がきれい!

登ってきたルートを振り返る。
9合目のニセ巻機山から上

 

山頂からの急な下りを下って、山頂方向をパシャリ。

 

登り約6時間そして下りは約4時間の計10時間コースでした。

巻機山登山記録
湯沢スキーハウス宿500発ーーー巻機山桜坂登山口(530/545)・・・三合目五勺(620)・・・4合目(637)・・・5合目(719/725)・・・六合目展望台(805/810)・・・七合目1564M(905/935)・・(急登)・・八合目1015/20・・・ニセ巻機山1861M(1050/1100)・・・(右)織姫の池・・・分岐1135・・・巻機山1967M(1145/1215)・・・ニセ巻機山1307/1312・・・⑧1329・・・⑦1356・・・⑥1430/1445・・・⑤1525・・・④1548・・・(3.5勺)1600・・・桜坂駐車場1625

登山口〜90分〜⑤〜40分〜⑥〜60分〜⑦〜75分〜⑨〜40分〜巻機山山頂

下山:
巻機山〜50分〜⑨〜45分〜⑦〜35分〜⑥〜40分〜⑤〜60分〜桜坂登山口着

登:行動/6時間 (歩行/5時間5分)

下:行動/4時間10分  (歩行/3時間50分)

 

湯沢スキーハウスに戻って、温泉入って
夕食だー!
あー腹減った〜。


昨日と全く違うメニューの夕食。
ミートローフがボリュームがっつり!
新米ご飯も①大盛&②大盛&③普通盛り(笑)

鶴齢

宿のオススメの地元新潟のお酒は?
鶴齢(カクレイ)

うっめー(喜)

やっぱり米どころだけあって酒がうまいっ。

明日は、苗場山だーぞー。

高千穂ガイドブログ