成都===巴郎山峠4500m===日隆3200m

你早!(ニーザオ)

短くてありがたい中国語(笑)

今日は、大姑娘山登山グループと四姑娘山フラワーハイキンググループは合同移動です。


金河賓館での朝食バイキング。(自助早餐)。

今日は、専用バスに乗り巴郎山峠(バーロンシャン)4500mを超え、登山基地・日隆(リーロン)3200mへ向かいます。

ランチは、臥龍の郷里人家にて。

野菜が豊富で美味しい〜。
辛さ控えめにしてもらっていま〜す。
でなければ、全部唐辛子で真っ赤(汗)

バスにて巴郎山峠へどんどん標高上げて行きます。
巴郎山は、道脇の崖や急斜面に高山植物が咲き乱れています。
3500m〜3600mぐらいで、休憩がてら道路脇に咲く高山植物をウォッチング!

エーデルワイス

ホソバウスユキソウの一種。

 

立金花

リュウキンカ!めっちゃキレイに咲いてる〜。

櫻花草

これは、プリムラの一種!

梅鉢草

ウメバチソウ!

上に上にいっぱい咲いている。

塩釜菊草

これはシオガマギクの一種です。
フウロソウやキンポウゲなども足の踏み場がないほど咲いています。

一面お花畑!

気がつけば、フーフーハァーハァー言いながらも、こっちにあの花こっちにこの花〜で、一歩一歩進んで、結構登っていました。
3600mで急斜面。

 

バスに乗りこみ更に上へ上へ。

4000m超えて、ケシの花の赤や黄色がチラホラ見えて来ました。
バスはどこでも止まれるわけではないのでとりあえず進み、停車出来そうなところでストップ。

ここでまたフラワーウォッチング

塩釜菊草

日本では見ない系のシオガマキクの一種。
キレイな色していますよねー。

エンゴサク

お〜でた〜。これはキレイ!
青ケマンかと思いきや、
エンゴサク。
気候条件が厳しいだけに、子孫繁栄のため色鮮やか!

ケマンは葉っぱが大きい。
エンゴサクは葉っぱが小さい。
これに似たもう1種はヒエンソウがある。

雲間草

黄色いクモマグサの一種

そして〜!

ここでももっと上へ上へとお花を探します。
すると〜!
ちらっと左上に見えてるけど!
あれは〜!

赤いケシの花
赤罌粟花

赤いケシの花です。
この赤いケシは、花びらが薄くて長く、下向いて咲いています。
これ枯れかけじゃなくて咲いている状態です。

そして〜幻の高山植物〜と言われる花も見つけました〜。

青罌粟花

青いケシの花!
とも
ブルーポピー!
とも呼ばれています。

なぜ?幻の高山植物なのか?
このブルーポピーは、標高4000mを超えないと咲かない花と言われているため、日本の地には4000mがないので日本人的には幻の高山植物!ということみたいです。

赤や黄色は4000m以下で咲いています。

おっ!きれいなの見っけ!

ブルーポピー
西蔵青罌粟花

この青いケシは、ヒマラヤに生息していて、今から27年前の1990年・大阪花の万博(国際花と緑の博覧会)に「青いケシ」が出品され話題となりまた有名となったのです。

 

青いケシWITHキーン

大きそうに見えるけど、靴と比べると〜大きさ分かりますねー。高さは28cmぐらいです(笑)

櫻花草

プリムラです。
何とも言えない淡い色〜。

紫芥子花

紫ポピーだー。

いつまでも、フワラーウォッチングしていたいぐらいですが、そろそろバスに戻って、このあと巴郎山峠4500mへ。

巴郎山(バーロンシャン)峠4500mから見たチベットの山々。
アバ・チベット族チャン族自治州の日隆へ。

中央に白い山の頂が4座!これが四姑娘山群!
左から四姑娘山(スークーニャンシャン)6250m、
三姑娘山(サンクーニャンシャン)5664m、
二姑娘山(アークーニャンシャン)5276m、
大姑娘山/大峰(タークーニャンシャン)5025m。

dsc09814

日隆・日月山荘

大姑娘登山組は1泊して下山後もう1泊。
四姑娘ハイキング組は3連泊のあと美人谷から帰って来てもう1泊予定。

夕食はチベット山菜鍋。
温まる〜!!!!野菜が豊富で美味しい〜。
持ってきた和風出汁+ポン酢でいただきます。
+中華料理が5皿!食べきれなーい。

日隆のチベットBAR

懐かしの日隆メンバーに会ってきました。
もうかれこれ14〜15年通ってる(笑)

DEP930===1130/1150 映秀(パーキング)==1210/1305昼食:臥龍===巴郎山山中、巴郎山峠、大姑娘山展望===1700日隆・日月山荘着

高千穂ガイドブログ

広告

大姑娘山登山1日目 日隆~BASE CAMP ❸

བཀྲ་ཤིས༌བདེ༌ལེགས། Tashi Delek!

真っ暗闇の中起きて、ランチ用サンドウィッチ作り。
手際もよくなり1時間30分で12人分作成。
あー眠たい(笑)

dsc09814

チベット式ホテル
小綺麗です。

いざ5000m峰大姑娘山(たーくーにゃんさん)登山へGO!

dsc09816

馬ポーター!荷物をベースキャンプまで運んでくれます。

荷物を3つに分けます。
①自分で背負う登山ザック、②馬預け用ダッフルバッグ、③ホテルに置いていくスーツケース。

dsc09817

出発前に1枚!
dsc09818
日月山荘から川沿いを歩いて、大姑娘山の登山口へ(15分 )

dsc09819

登山スタート
すぐさま道脇に高山植物!

カラフルな花たちがさっそく迎えてくれました!

dsc09820

クサジンチョウゲ

dsc09821

キンバイソウdsc09822

アキギリの仲間

dsc09824
おおきなオドリコソウ

dsc09826

キンポウゲの仲間

dsc09827

オドリコソウdsc09829

ユキザサの一種
dsc09831

プリムラ

dsc09835

20分ほどの登りで、管理局に到着。

 

dsc09837

ここで入山許可書をチェック。

トイレはあるけど鍵がかかっていて使えない。

中国らしいわ。

dsc09841

四姑娘山もキレイにみえたー!
4姉妹キレイに並んでいます。

dsc09842
展望が良いのでここで休憩!
dsc09843

お花だらけ!

dsc09844

タツナミソウの一種dsc09845
イチゲの仲間

dsc09846
ベンケイソウの仲間

dsc09849
鍋荘坪からみた四姑娘山連山!
天気は良いけど、雲が増えて来た。

dsc09851

アップ!
二姑娘山の頭がガスってきた!

dsc09852

どアップ大姑娘山。

dsc09854

天気も良くお花もいっぱい咲いています。

dsc09857

サクラソウ

dsc09858

林道わきにリンドウdsc09859
アズマギクの一種
dsc09861

エーデルワイス!(ホソバウスユキソウ)

dsc09864
大股にならないように小刻みに一歩、一歩、フーフーハーハー。

dsc09869

鮮やかなクサジンチョウゲとその他の花たち、そして緑、空の青、雲の白さ、チベット仏教の白塔とタルチョがなんとも言えない一枚

dsc09870

これもシオガマの一種
dsc09871
お花畑の中で休憩。

dsc09872
お花畑の中でランチタイム!
トラノオとフウロソウがいっぱい!

dsc09885

雑草のようにあちこちに咲いているエーデルワイス。
本場スイスではこの野生のエーデルワイスを探すの大変ですが、ここではたくさん!

dsc09889

約8時間で、本日から2連泊するベースキャンプが眼下に見えてきました!

dsc09891

コサクラ咲くベースキャンプ3800m
3800mでも草木が生えている!日本だと2400mが森林限界ですがここチベットやヒマラヤの森林限界はなんと4000m。

dsc09892-copy

みんな元気!
水分補給も兼ねてスイカをいただきます。激ウマ!激甘!

dsc09894
テントイメージ

dsc09896

食事テント

dsc09898

野菜豊富な食事!

食後に、パルスオキシメータを使って⑴ハートレート(心拍数)と⑵SPO2(動脈血酸素飽和度)の数値を測ります。

動脈血酸素飽和度とは血液内の酸素の数値です。100%に近ければ近い数値ほど体内に酸素が多いということになり、これが70%切ったりすると体内に酸素が少なすぎるという数値なため、危険とみなし、本人が大丈夫と言えども状況によっては下山対象となる。

本日全員数値クリアー!
一日お疲れ様でした!

830日月山荘・・・845登山口・・・1040/1050鍋荘坪・・・1140/1215昼食(朝山坪)・・・1305/1310石板熱・・・1420/1430打尖包・・・1445/1455海子溝保護ステーション(WC)・・・石稍台・・・1615キャンプ1への分岐・・1630BC着

高千穂ガイドブログ