OYSTER

今日のテーマは、オイスター!
世界中で食されている牡蠣。

海外はどこで食べたかな〜?
オーストラリア!、ニュージーランド、フィリピン、南アフリカ、ナミビア

海のミルク」と呼ばれていますね。

さまざまな栄養素が多量に含まれていると言われています。

★グリコーゲン★
体内でエネルギーを一時的に保存しておくための物質

★必須アミノ酸★
毎日の食事から必ず摂ることが必要とされるアミノ酸。

★タンパク質★
炭水化物、脂質とともに三大栄養素。
筋肉を作るには筋トレだけでなくタンパク質を摂ることも肝心
だが〜、タンパク質が豊富な食品、特に肉や卵は比較的カロリーが高いですね。たくさん食べて結果的にカロリーオーバーとなると、肥満になりかねない。
一日あたりのタンパク質平均必要量は成人男性で50〜60g、成人女性で40〜50gと定義されているみたいです。
考えたことない。んー難しいですねー。

★カルシウム★
成人男子推奨量:700〜800mg 成人女子推奨量:650mg

食品100g当たりのカルシウムの含有量 単位:mg
ベスト10

10、カットわかめ   820mg
9、脱脂粉乳(粉)  1100mg
8、ごま       1200mg
6、パルメザンチーズ 1300mg
6、エンドウ豆    1300mg
5、ひじき(乾)      1400mg
4、えびの佃煮    1800mg
3、桜えび素干し   2000mg
2、煮干し      2200mg
1、干しエビ     7100mg

牡蠣は? 88mg
加工低脂肪乳 130mg
牛乳     110mg
ヨーグルト  110mg

骨折したら、牛乳より干しエビだな。

さて、話がそれそうですが、牡蠣にもどして

牡蠣のシーズン
秋〜冬が旬ですね。
グリコーゲン含量が増えている時期だそうです。

ちなみにイギリスでは、英語で月名に「R」のつかない月は、牡蠣を食べる時期じゃないと聞いたことあります。

すなわち
MAY、 JUNE、JULY、AUGUST
(5、6、7、8月)
面白いごろ合わせですよね。

 

思いっきりJULYですけど、美味しくいただきまーす。
この時期にこんなに大きな牡蠣が食べれるなんて。
東北から直送の海鮮居酒屋さんです。

一人で10個楽勝!(笑)

 

高千穂
食べブログ

広告

Sightseeing @ CEBU

Magandang umaga
(おはよう)
フィリピンはタガログ語です。
まーほとんど英語通じるけど(笑)

2016-10-09-10-18-21

ジプニー
(乗り合いバス)
行き先わかんないから観光客は乗れないな(笑)

2016-10-09-10-21-21
Fort San Pedro(スペイン語じゃないんだ)
スペイン統治時代に建築されたもので、当時はすぐ海だったみたいだが、現在その周辺は埋め立てられてセブ港湾地区になってます。
19後半には、要塞はフィリピン人の反乱に対する拠点として機能するようになった場所で、今は独立広場となっているところ。
城内にヒメシャラの木があってびっくり。

2016-10-09-10-54-14
マゼラン・クロス
1521年に、フマボン王とファナ女王と400人の臣下がフィリピン人初のキリスト教徒として洗礼を受けたことで、マゼランが建立したといわれる。
マゼランすごいなー世界中に足跡残してる。

2016-10-09-11-00-52
サント・ニーニョ教会
ちょうど日曜日ということもありミサ?
大勢の人が訪れていた。
2016-10-09-11-03-25
熱心な信者たち

2016-10-09-12-51-39

ランチは、フィリピンでも人気な飲茶!

フィリピンを歩いていて思うのが、子供や若い人がとにかく多い!活気もめちゃある。

フィリピン人口を年齢別で見ると、
15歳未満が全体の30%以上
15歳~64歳が約60%
65歳以上が約7%
※平均寿命は69歳!

日本の平均年齢が45歳と言われているが、フィリピンはなんと23歳。
出生率も常に3%以上!
これから成長間違いない国ですね。

2016-10-09-19-10-50

夕食は、フィリピン海鮮料理で有名なライトハウスにて
2016-10-09-19-45-24
スープはスタッフが給仕してくれます

2016-10-09-19-36-52

ソフトシェルクラブ!(軟殻蟹)
脱皮したてのカニなので甲羅や殻ごとパクリと食べれます。

焼き牡蠣も美味しかったー!
こんなところで牡蠣は怖いと食べない人が数人。
私は多くいただけました。
※私同様多く食べたあるお方から、夜中部屋に電話が
「下痢嘔吐が止まらない」((泣))
かけつけ対応。
「高千穂さんもいっぱい食べてたよね?」
「あっはい。私は大丈夫でした。中に半生な牡蠣があったんですかね」
私もアフリカや中米、南米で下痢嘔吐は経験ありますが、大変以上です。

高千穂ガイドブログ