大姑娘山登山2017 ⑤ 向 日隆

今日も晴れました!
今回は恵まれましたねー!

真夏とはいえ、標高3800mでの朝はとても清々しい。
暑くないどころか、肌寒いぐらいで湿度がなくとても過ごしやすい。

暑〜い下界へ降りるのが怖いっ。

MENS SHOT

男撮り!

荷物をまとめ、レンタルの寝袋やマットをベースキャンプマネージャーに返して、テントを撤収。

では、私たちは出発です。
いろいろお世話になりました。
スタッフみな良い人ばかりでした。

 

ミヤマアズマギク
深山東菊

ミヤマアズマキク

 

KEEN TARGHEE EXP mid
キーン ターギー EXP ミッド

キーンドライで水の中もバッチリ防水!

キーンドライ(KEEN.DRY™ )
より長く快適に歩けるようKEEN 社が独自開発した靴専用の防水透湿素材です。完全防水でありながら、高い透湿性を誇ると共に、耐久性にも優れ、足の自然な動きに対応するようにしなやかに設計されています。

 

BCから最初の歩き出しは登りです。
昨日5000mから戻ってきたとはいえ、登りはしんどい。
もう、ベースキャンプがあんなに小さく見える。

メンバーのペース、全然あがらな〜い。

慢慢走〜吧
(ゆっくり行きましょう!)

 

行きにも停まった管理局。
ミンミンが恩師に出会う!

 

3分の2過ぎました。
頑張れー。

 

休憩。

 

馬も休憩。

 

ミンミン Far away!

あの先に見えるカラフルなタルチョの辺りに白塔があり、四姑娘山が見えるチャンス5回(5日)のうちの第4。

さー今日はどうだ?
ちょっと雲あるけど。

白塔 ストゥーパー

あらーこの雲四姑娘山から来てんだー。
四姑娘山の頭は見えず。登った大姑娘山は見えています。

昨日あそこ登って来たんですからねー。皆さんすごいですねー。

 

タルチョ

キレイなタルチョ。
これは、チベット仏教の五色の祈祷旗です。
五色の順番は決まっています。
青・白・赤・緑・黄の順。

青=天
白=風
赤=火
緑=水
黄=地

※緑=水?
あっ!チベットやネパールで氷河の溶け水の湖なんかは確かにエメラルドグリーン色している。

ゆっくり休憩。

気持いい〜!!!!!!

 

毎年5月にお祭りがあり、周辺の村々からも多くの人々が集まり、みんなここで歌ったり踊ったりしているとのこと。

標高3500mぐらいの地点で、歌って踊っててすごいなーチベット族、

草原からガレガレの登山道を下ります。

眼下に日月山荘

 

いえーい!
到着。

DEP900・・・海子溝保護駅(WC)1020/1040・・・打尖包・・・石板熱・・・第3白塔1200 /1215・・・分岐・・・1330下山/昼食(日月山荘)

予定より時間かかりましたが、まー全然大丈夫!

 

ランチはラーメン!

夕食までゆっくり休養。
荷物をゆーくりと片付けたり、しっかりシャワーを浴びたりして過ごしました。

夕方、四姑娘山フラワーハイキングチームが美人谷・丹巴より戻ってきました。

夕食は、2グループが揃っていただきます。
チベット特別料理。

赤名さんの誕生日。
今回は、ご夫婦で四姑娘山フラワーハイキングに参加です。

おめでとうございます。(^o^)/

 

チベット料理
Tibetan FOOD

バター茶や青果酒も美味しい〜。

 

日月山荘 客間

 

みんなで和気あいあいと。

この後、登頂証明書授与式!

皆さん〜大姑娘山登頂おめでとうございましたー。

馬場さんから美人谷にいた美人さんの写真を夜な夜な見せてもらいました(笑)
来年もツアー組んで、メンバー集めて行くで〜!ってハリキッていました。

丹巴への外国人の旅行者の立ち入りは禁止されていて最近オープンになったばかりです。日本人の個人客などは行っている人いますが、日本募集のツアー客としてはもしかして〜山旅人社が初めてかも!

私も大姑娘はもう10回以上来ていますが、丹巴はない(泣)

高千穂ガイドブログ

広告