天狗平山荘 雪の大谷 @ 立山

雪の大谷ウォーク楽しんでますねー。

日本人率低そう(笑)

では、立山・雪の大谷の動画をお楽しみ下さい!
↓↓

1分34秒の動画
バスで通過中〜!
一番前に乗れたからラッキ〜!

毎年この高さ20mほどの雪壁を削って削ってで1億円以上の費用がかかっているのもすごいことだ。日数も1ヶ月ほどかかるんじゃないかなー。
室堂ターミナルから美女平まで一気に降りず、天狗平山荘の賢輔さんところに顔出して行こっと!

こんにちはー!

ご無沙汰しています〜高千穂でーす!

天狗平山荘受付

食堂とお店

天狗平山荘名物ラーメンいただきましたー!

奥さんと一枚!


佐伯夫婦と一枚!
賢輔さん怖すぎ(笑)

富山に降りて駅前ぶらぶら

駅前ぶらぶら

じゃーそろそろ帰りますかーねー。

北陸新幹線・かがやきは2時間ちょいで帰れるが、空席チェックしたら、結構席がいっぱいでギューギュー。3列中2席の空きはあるが、3列全空きはなし!
北陸新幹線・はくたかは約3時間かかってしまうが、空席チェックしたら、3列全空きがちらほらあり!
たださらに10分後に出発するのが「かがやき」、それから30分後が「はくたか」となると時間差は1時間以上〜。
どっちに乗るか悩む〜!!!!!!!


室堂から途中のてんぐ(天狗平山荘)で降りたからこのようなシール貼られた〜(^o^)/
えへへー。

高千穂ガイドブログ

広告

Snowboarding@Tateyama 3000m in JAPAN

雪山登山ガイドを終えて、今日は午前は天気がまぁまぁもちそうなので、このまま降りたらもったいないのでちょこっと残って、まずは、浄土山へ。

ここから立山・雄山の一ノ越方面へ滑りまーす。
結構、一の越の下へ出てしまい、また板をザックに装着して登り返し〜(-_-;)

一の越小屋に到着。
一昨日登った時はシャリシャリでしたが、昨日降った雪で新雪30cm。
さてここからもうひと登り〜。

岩と雪のミックス

そのあと立山・雄山から滑ってきました。

 

気持ちいい〜。
貸し切り(笑)

爽〜快!

 

高千穂ガイドブログ

立山・雄山3,003m登山

朝、ロッジ太郎出発です。

みんなは不要な荷物は関西から乗ってきたバスに預けます。

立山駅

一樹さんとスタッフたちは今日から太郎平小屋入りして、GW客用にボッカや小屋準備だそうです。

朝からめっちゃ混んでます。団体も先客がいて、私たちは7時の便には乗れそうになく、次の臨時便7時10に乗ります。
とりあえず団体4に並んでます。

日本人と外国人(アジア系)が半々。
タイやインドネシアでは雪が降らないから雪国や北海道人気と聞いたことあるなー。

美女平到着。

バスにて室堂へ。

途中、雪の壁!雪の大谷を通ります。

天気は晴天とはいかず、まーまー。

雪の壁〜!
今の一番高い壁で19mと言っていました。

室堂に着いて、装備を整え出発!
元々今日は室堂山荘にインして、その後は愛の雪訓で、明日雄山登山の予定でしたが、明日の天気が大きく崩れる予報のため、今日雄山登っちゃいます!

室堂山荘まで15分ほど
立山の山が前に見えるが、雄山や大汝山の山頂部分は雲に覆われています。

10分ほど歩いたら、雲も切れてきて雄山や大汝の山頂が見えてきました!
よーし!
室堂山荘に到着後、登山に不要な荷物はデポして出発!

一ノ越の直下まではトラバース気味に歩いて一ノ越へ直登です。

一の越まで来ると風も強いです。
よし!ここからが登山ですよ。
稜線は岩が見えているので岩と雪のミックス上を歩くのでアイゼンでは少し歩きにくいところもあるかもですが頑張りましょう!


山頂は風強くて冷たかったですねーm(_ _)m

イエーイ!
立山・主峰雄山3,003mに全員登頂!!

立山の主峰雄山の岩頭に鎮座する峰本社。
夏山シーズンは参拝するのに並ぶほどだけど、
貸し切りです(笑)


COMOのイチゴジャムパン

下山中、雷鳥がいましたー!

真っ白で見えるかな?

室堂山荘の夕食!
ガッツリいただきましたー。

 

高千穂ガイドブログ