聖岳3013m登頂!

今日は聖岳(ひじりだけ)へ登ります。

メンバーは小屋で朝食。
私は、行動食が余っていたので、温めて食べましたー。
温めたり、焼くと美味しさUP!!

火をおこした祖先はホントにすごい!感謝感謝(笑)

朝、小雨。
1日待機も考えたが、明日も天気が同じ予報なので今日登ることに。

雨、強風なため途中の写真は撮れず・・・・

小聖岳からガレの縁のヤセ尾根を歩き、稜線をジグザグに登りつめます。

おっ!聖岳山頂が見えたー!
3000m峰です!
登山中、誰とも会わなかったのですが、山頂に

2名
百間洞山の家から中盛丸山、小兎、兎岳、兎のコルを越えやって来た方でした。
天気が良くても大変なルートなのによ〜来ました(笑)
その2名と山頂での登頂写真を取り合い。

ブレブレやーん(笑)

聖岳登頂!3013m
ゆっくりできず、即下山。

小聖岳手前の痩せ尾根はすごい強風。
みんなで、高梨沙羅ちゃんのジャンプモノマネ。

飛んでる感でてますねー。
これだけ倒れても大丈夫なぐらいの強風。

そしてその後
スマホが勝手に、バイブ

 

げっ!画面が・・・・・・・・・・・

浸水?水没?
防水スマホなのに・・・・・・

小屋に戻り、
このあとストーブに3時間スマホ当てまくるが、電源入らなーい(T_T)

防水スマホなので密封差が逆に乾かない原因でもあるみたい。

あーあ、データーが・・・・・

凹む

午後はずーとスマホとストーブ前に

起床530、朝食600、Dep745聖平小屋・・・薊平分岐・・・930/933小聖・・・1105/1110聖岳・・・1210小聖・・・薊平・・・1315聖平小屋

高千穂ガイドブログ

広告

光岳・聖岳 オススメ宿! 山の宿加満屋 登山プラン送迎付き宿

南アルプスは、アクセスが大変な山が多い。

今回の光岳と聖岳もその1つ。

1泊2食+1&送迎付き宿を紹介します。

豊橋経由で平岡到着。

 

南信州の秘境・天龍村 
山のお宿 加満屋 (一日一組限定の貸切宿)

あれ?1日1組限定貸し切り宿?
今回別の1組いたけど(笑)

登山プラン
※初日は駅まで迎えに来てくれて、翌日は登山口まで送り。
※下山後ももう一泊宿泊するなら、下山口に迎えに来てくれます。
夕食+朝食(弁当)+昼食(おにぎり)

しかも!
体調や天候等による日程の変更や中止は、キャンセル料をいただきません宿です。

すごく良心的なお宿です。

10名様以上の場合は別途タクシー代の負担
一人の場合は1,000円増

 

宿より
↓↓
ご到着時間に合わせて駅までお迎えにまいります。
6時頃夕食となります。(お時間はご都合に合わせます)
翌日の打ち合わせ等をしてごゆっくりお休みください。

光岳登山の方は朝4時~4時30分頃
聖岳登山の方は朝5時~6時頃に宿を出発します。
池口岳登山の方はコース設定により出発時間を調整いたします。

光岳、聖岳に登られる方は便ヶ島の東屋にて朝食をとります。
(朝弁当、お味噌汁、お茶等ご用意いたします)
お手洗い、身支度を整えてから光岳登山の方は易老渡までお送りします。

*下山コース・・・ご希望の時間に登山口までお迎えにまいります。
さわらのお風呂に入って疲れをとってくださいね!
ご希望により「かぐらの湯」への立ち寄りもOKです。

 tel 0260-32-2244 e-mail kamaya@yamanoyado.com

kamaya@yamanoyado.com

この日はとても残念なことに、奥さんが外出中で手料理が食べれず・・・・。
そして、外のレストランを手配していますと言われていた。
が、

宿はかなりの奥地で周りに食堂というか民家すらほぼなし。

そして平岡駅まで戻るというではないですか!
何気に何も知らずでランチをとった平岡駅併設の食堂が、夕食の食堂にもなりました。

次こそは奥さんの手料理食べるぞ!

高千穂ブログ