ガイドは社家 春の大祭り 英彦山御神幸祭2017 2日目

おはようございます。
もう、この数日のブログは、登山ガイドブログというより、
グルメリポーター化しています高千穂です(笑)

はい、夕食のような朝食です。
醤油に隠れて見えんけど、梅干しはなんとプチトマトと一緒に漬けとるとかで、すっぱさもあるけどなーんか甘みというかトマトの味もするー。
らっきょがこれまたうまいんじゃー。
お米も緒方家の英彦山のお米で銀シャリー!ほっくほく〜。
これ何杯でも食べれちゃうー。
やばいぞ(笑)

そして、タイの尾頭付き塩焼き。
ウマすぎる。
これ持って帰って食べても旨味がしっかり詰まって美味しいのだ。
なんかセレブになった気分(笑)

今日の銅の鳥居
ここはパワースポットです。
感じる人はビリビリ〜。
ホントです(笑)

さて、御旅所に上がると

すでに、山伏や修験者が列をなしていて、山伏問答が始まります。

神輿3基!

護摩炊きの行事が始まります。
宝斧作法があり、
続いて宝弓加持作法

東西南北の四方と中央を弓矢で祓い清めます。


神職の御参り

火渡しの儀

唱えています。
その後、護摩木燃やし。

無事に護摩炊きを終え山伏たちの集合写真
1時間ほど時間を挟んで、
次は担ぎ手が次々と集まってきました。

高千穂宮司と「笏」(シャク)をもつ三木さん

いよいよ御神幸祭のクライマックス!
ここ下宮(560m)から英彦山中腹の奉幣殿(ほうへいでん700m)まで、約900段の急な石段の参道を駆け上がります。

ホラガイの合図で一基、一基、出発です。

おっと!お巡りさんも担いでます(笑)

わっしょい!わっしょい!
がんばれ〜がんばれー!と参道からも声がかかります!

奉幣殿への最後の登りは結構急な石段!

担ぎ手が一気に増えて、うぉーりやー!!!!!!

神輿を押し上げます!

最後の1基は、奉幣殿を過ぎて下宮まで担ぎ上げます!!!!

 

奉幣殿で一枚
いやー楽しかったですね。
この前のツアーでフェリーで帰った「英彦山・宝満山」のグループは昨日の朝8時ぐらいに大阪に着く予定でしたが、なんと明石海峡あたりがガスって風がないため視界不良などで、明石大橋手前で海上保安庁から船舶待機命令が出て、動けず結局15時間遅れの昨日の夜23時に六甲アイランド港に着岸したとのこと!
そんなことが起こり得るんだーと驚き!!!
船の上でこういう事態に巻き込まれたら、途中下船もできなきゃ何も出来ない。怖い!

このまま、予定通りこのグループと共にフェリーで大阪へ帰り、その後新幹線で東京に昼頃帰るか?
もし同じトラブルに巻き込まれて、明日の10日の夜23時に着いたらその後のスケジュールに支障が出てしまう!
次は、ネパール。しかも11日は朝6時着ぐらいで成田空港に行かなきゃ行けない!
夜23時に大阪着いて、高速飛ばして成田へ向かって間に合わないだろう。しかも、ネパールの荷物を自宅に取りに行かなきゃいけない!
明日10日を移動日と準備日にしているから楽勝と思っていたが、そうでもないっ!!!!てことに焦る。

三木さんに阪九フェリーの担当者に色々聞いてもらったが、実際こういう霧などで遅延が年に1〜2回起こっているが、ここまで遅れることは稀中の稀。
ガイドとしてみんなと一緒に行動して大阪でさよならが別れ惜しくもないし、スムーズと思うが、山旅人側は、福岡〜東京までの新幹線の交通費を出してくれると言ってくれている中、わざわざ、自らリスクを負う道を選ぶ必要は、ないなと決断し、私はグループから離断して、ローカル線で新幹線の駅小倉へ出て東京へ行くことに。
みなさんっ!お気をつけて〜!さようなら〜(T_T)/〜


小倉駅から新幹線のぞみにて東京へ。
今年の福岡ツアー4本これにて終了!

フェリーは3時間遅れで出発したそうな。
まー3時間ぐらいだったら一緒に乗ってても良かったかなー。結果論話し。到着はどうかなー?

高千穂ガイドブログ

広告

英彦山1200m登山  〜九州百名山 福岡編 第3弾 

いやーお腹空かない(笑)
けど、鷹巣高原ホテルの食事がすごいのは夕食だけじゃなーい。
ある意味朝食はまじで日本一!
夕食かっ!てほどの朝食。

朝からイカ刺し出る?湯豆腐、イカの塩辛、山菜、豆腐、明太子、大粒納豆、からのー

100年以上の糠床で漬けた漬物。
これまじやばい。

そしてー

朝ですけどー!

1人1匹の尾頭付きタイ。
まじかっ!でしょ(笑)
お持ち帰り用のケースいただきました(笑)

お米も緒方家の英彦山のお米で銀シャリー!ほっくほく〜。
2杯、3杯とご飯がご飯がススムくん〜
そろそろ止めないと・・・・・・・。

生花のレベルもすごすぎ!

では、お腹いっぱいになりすぎて山登る気がすこし失せてしまいます。
鷹巣高原ホテルの方たちの見送りで英彦山登山へ。

登山口の高住神社

高住神社の境内にある天狗杉!

かよさんがいました(笑)
英彦山や高千穂家や高住神社、八天狗の話をしてくれました!
では、英彦山三座(北岳・中岳・南岳)縦走へ!

コケの生〜す〜とーこーろー

一本杉分岐まであと少し。

北岳山頂!

ここは英彦山の主祭神・正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)を奉る聖地です。

神話上、天之忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)は神(天照大神)の子供、 宮崎高千穂に降り立った邇邇藝命(ニニギノミコト)の親です。

中岳山頂!!
ここは伊耶那美命(いざなみのみこと) を祀っています。

英彦山神宮の上宮もここにあります。

そして、三座で一番高い南岳へ!

英彦山1200m山頂〜に登頂!
一等三角点があります!
ここは伊邪那岐命を祀っています。
中岳へ戻って表参道を奉幣殿へ下ります。

途中、中宮(中津宮)がありあす。
宗像三女神を祀っています。
“市杵島比売命”(いちきしまひめのかみ)
“多紀理毘売命”(たごりひめのかみ)
“多岐津比売命”(たぎつひめのかみ)

神の宿る島沖ノ島と宗像大社は、今ちょうど世界遺産に登録しようとしていますね!

英彦山神宮・奉幣殿です。
歩いて、鷹巣高原ホテルへ。
お風呂に入って、美味しいおぜんざい(焼きたて餅を入れてくれました)いただきました。
※私は、ぜんざいはどちらかというと食べない方ですが、ここのは美味しくいただいちゃいます(笑)

緒方ファミリーときょうこさん

帰り、花としじみの里・大任町(おおと)を通りました。
桜並木の桜の花がほぼ満開!キレイー!

新門司港のフェリーターミナルへ皆さんをお送りしました。

来年英彦山のお祭りツアーに参加!の先行予約いただきましたー!
泊まりは今回と同じところよね?と念をおされました(笑)「はいそうですよ!」

さーぁ英彦山のお祭りを見たいのか?鷹巣高原ホテルの食事を食べたいのか?(笑)

私は、新門司港のビジネスホテルに宿泊して、今晩大阪を出港して明朝に新門司港入りする「英彦山のお祭り(神幸祭)ツアー」のグループを受けます。

さーよーなーらー!

高千穂ガイドブログ

宝満山829mと英彦山1200m  〜九州百名山 福岡編 第3弾 

Good Morning from KITAKYUSHU〜!

新門司港に着きました。
このツアーも今年で3年目。
大好きなコースの1つです。

まずは、宝満山(ほうまんざん)へ。
宝満山は太宰府天満宮の裏に聳える山。

ということで、じゃー太宰府天満宮立ち寄っちゃいましょう!
ただし時間の余裕がそんなにあるわけではないので、表参道から歩いて本殿へ向かうのではなくて、学問の神様の神社だからじゃないけど〜裏口(入学)からの近道本殿!
まー替え玉じゃないだけいいでしょ(笑)

裏口から入り、本堂の裏に出ます。

本殿!
菅原道真公に今年も「安全登山お参り」

吉田太陽ガイドと合流して、3名体勢で宝満山登山開始!

表登山道は、階段が多い。

百段ガンギを登ります。

ちょっきり100段でしたか?

山頂直下

宝満山829m登頂!!!

所々滑りやすい石があるので注意しながら下りました。

登山口の竈門神社

桜はキレイに咲いています。
今年は遅い!

一路、英彦山の中腹のお宿・鷹巣高原ホテルへ。

高千穂有康(ありやす)が高千穂有昭(ありあき)祢宜を紹介。
鷹巣高原ホテルに来てくれ、「英彦山の歴史」などのお話をしてくれました。

「英彦山」という山名は、社伝では天照大神(神様)の御子(日の御子)である天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)を祀ることから「日子山」と呼ばれる。
819年、嵯峨天皇に上申し詔によって[日子山」を「彦山」に改めたとされ、1729年、霊元法皇より、日本三彦山の中で天下に抜きん出た霊山であるとして「英」の字が授けられ、他の彦山より高き位となり「英彦山」と称するが、「えいひこさん」とはならず「英」は発音せず三文字でも、そのまま「ひこさん」と読み続けています。

英彦山神宮
九州で最初の神宮。
1333年、後伏見天皇第八皇子の長助法親王(後の助有法親王)を座主に迎えて以降、助有法親王の直系が座主を世襲制する事となった。現在の社家の高千穂家はその末裔です。

全盛期は僧坊3000余、四十九窟(行場)を有するといわれた。
江戸時代初期1616年に小倉藩主細川忠興が奉幣殿(当時は大講堂)を再建。昨年2016年で奉幣殿再建400年!
明治の神仏分離により修験道が廃止され、彦山座主であった教有は還俗し「高千穂」と称しました。
九州彦山山伏の本山であった霊仙寺を廃し神社となって「英彦山神社」に改称し,高千穂教有は大宮司となった。
1883年に宮司の高千穂宣麿が男爵を授けられ、華族に列し、1975年、現在の「英彦山神宮」に改称して現在に至る。

ホラガイを吹いてくれ感激!
ホラガイの音色はなんか気分がハイになる!
私だけ?(笑)

有昭曰く、ホラガイをうまく吹ける人は5段階の高音を出せるとのこと。
音を出すことすら難しいのに(笑)

有昭祢宜から英彦山名物「英彦山ガラガラ」を1人1つ手渡ししてもらいました。

さてさて、ここ鷹巣高原ホテルは英彦山温泉!の熱〜いお風呂も良いし、水もめちゃ美味しい!
そして何より〜料理が豪華〜!!!
量が多い宿はいっぱいありますが、ここは1品1品内容も良ければ質も最高!
もう3年目だからそろそろ普通に書こうかと思ったけど、日本中いや世界中回ってもここに勝る食事なし!
まー高い値段を払えばどこでもいろいろな特別料理を出してくれるでしょうがね。こんな山奥で新鮮な魚介や肉やと
「盆と正月が一緒に来たご飯!!!!」

ふぐの刺し身1人一皿、カサゴ(メバル)の丸揚げ!、天然大海老焼き、佐賀牛ステーキ、英彦山の雑煮、めっちゃ濃い豆腐、豆乳コンニャク、山菜などなど

英彦山お雑煮、
1回に6人分ぐらいの揚げたてカサゴの丸揚げを運んで来ますが、どんな大きな鍋で揚げてるんだろう。油の量半端なくつかうだろうなー。

シメにそば
お腹いっぱいを越えています。
さらに超!美味しいご飯かおにぎり

食べれちゃうのが不思議。

からのーデコポンかと思いきやハマサキ。

明日の行動食やな(笑)

本日もごちそうさまでした。

いやー幸せ

高千穂ガイドブログ

英彦山1200m(福岡県) 〜第2班

おはようございます。
今日は英彦山三山を登ります。

2016-04-29 15.18.34

英彦山模型地図

その前にがっつりすぎる朝食です。

2016-04-30 07.53.07

鷹巣高原ホテル名物「鯛」お一人1匹。
2016-04-30 08.02.32
朝からやばいっすね!と浮田くん

高住神社よりスタート。

神職のかよさんのお元気なお出迎え(笑)

日子山→彦山→英彦山
の由来などをお話下さいました!
朝から元気をもらって出発!

今日も天気がいいので望雲台オプションへご案内。

2016-04-30 09.47.58
何箇所かの鎖場を登ります。

2016-04-30 10.26.35

最後の壁の鎖場>
登りきると〜
P4300360
おー!断崖絶壁の素晴らしい展望です。

P4300361
最高の眺めです。
鷹ノ巣山とか犬ヶ岳など展望できました。

往路を戻り、北岳へ。
P4300382
ワチガイソウ

2016-04-30 12.08.36

北岳の山頂!
神域は立ち入り禁止!
ここでは休憩せずに、本当にきただけ(笑)

2016-04-30 12.11.15

北岳から見た上宮がある中岳と左に南岳。
これから向かいます。

2016-04-30 13.17.48

上宮がある中岳です。
台風でやられて、また熊本地震でも土台がズレ、上宮の傷みがはげしくなっています(泣)
荷物をデポして、南岳へ!

P4300426
山頂にて登頂写真!

👍👍いえーいのポーズは一人のみ(笑)・・・・
中岳へ戻り表参道を奉幣殿へ下ります。

2016-04-30 15.47.27

英彦山神宮奉幣殿です。
再建400年!

P4300453

宮司が出てきてくれ、なぜか参加もしていないけど旗もちをかってでてハイチーズ(笑)

裏口から神宮を抜け鷹巣高原ホテルへ。
お風呂とぜんざいをいただきバスにて新門司港へ。

2016-04-30 17.39.04
今年もお世話になりました〜!
またきまーす。
来年はお祭りに合わせての観光ツアーも募集しますねー。

2016-04-30 17.45.24

帰りに胴の鳥居も見学。
いやーすごいパワースポットです。
私もフェリーにて大阪へ。

高千穂ガイドブログ

英彦山 1200m 新日本百名山

おはようございます。

恒例の(笑)
これが鷹巣高原ホテルの朝食です!
夕食もすごすぎたけど、これまた一般宿の夕食並みの料理!

2016-04-26 07.11.34
これだけではありません!
じゃじゃーん

2016-04-26 07.28.26
なんとー!一人に1匹!
しかも〜尾頭付のタイ一匹!
&百年ぬかどこで漬けたお漬物たち、プチトマトと漬けた梅干し、超うまいラッキョーなどなど

お腹いっぱいすぎて〜
みんな歩けます?(笑)

英彦山登山へ。
高住神社よりスタート。
2016-04-26 08.25.52
神々しい鳥居をくぐり歩き始めます。

13116102_643332125814419_5965062989326708139_o

高住神社
あれ?
まだ、朝早くてかよさん出社してないかな?

2016-04-26 08.34.04
ここ高住神社から北岳〜中岳〜南岳と三座登頂して奉幣殿へ下山が本日のルートです

2016-04-26 08.46.58
屏風岩と逆鉾岩

天気がいいのでオプションで「望雲台」へ
2016-04-26 08.58.34

鎖場続きのオプションルート

2016-04-26 09.02.33
しっかり鎖で確保しながら登ります

13071907_643332215814410_9027768213032834530_o

絶壁の絶景!
13071719_643332222481076_2930628340816688322_o

さらなる岩場を登り、断崖絶壁の世界へ〜〜!

a0016171_216792

ほらー!うぉー!でしょ
断崖の素晴らしい展望!
福岡と大分の県境!
ここに10人並ぶのちと大変(笑)

2016-04-26 09.48.21
慎重に一歩一歩下りました〜。
13087052_643332285814403_6311613103577804161_o
新緑が綺麗です
13064762_643331732481125_531206877838881556_o
しゃくなげー
2016-04-26 11.13.35
北岳山頂!
天之忍穂耳(アメノオシホミミ)の神を祀っています。
ここでは休憩取らず来ただけ(笑)
向こうに見えるのが中岳と南岳

13055786_643331569147808_780731040185707811_o

中岳山頂!
伊耶那美命(いざなみのみこと)を祀っています

2016-04-26 12.36.13

南岳山頂
伊耶那岐命(いざなぎのみこと)を祀っています。

2016-04-26 12.45.57

中岳の上宮へ戻る
この上宮は台風の被害などで修理代は6億円!
額が大きすぎて、やっぱりソフトバンクホークスにお参りに来てもらわなきゃですね。

ここから表参道を奉幣殿へ下ります。

13047886_643332292481069_8648173888614566427_o
奉幣殿にてお参り
2016-04-26 14.23.47
奥に鷹の像があります。

ここから表参道の階段を下りず、裏口から鷹巣高原ホテルへ。

8:35高住神社・・・8:50/55望雲台分岐・・・9:25/35望雲台・・・9:55/10:00分岐・・・10:35/45一本杉・・・11:10北岳・・・11:45/12:20中岳・・・12:35南岳・・・12:50上宮・・・14:25/14:30奉幣殿・・・14:45鷹巣高原ホテル
2016-04-26 14.59.31

鷹巣高原ホテルに到着したらぜんざいいただきました
先に作っておくのでなくて、帰って来たら餅を焼くという、おもてなし力が高くてありがたいです。

熱々のお餅入りのぜんざいは甘さ控えめで塩加減もよくおいしかったです。

お風呂入ってバスにて新門司港へ。
明日は山旅人の社員研修の講師役のため一緒にフェリーで帰ります。

フェリーで1泊して大阪へ〜。

2016-04-26 17.59.30

高千穂ガイドブログ

宝満山829m(福岡県)

おはようございます。2016-04-25 08.01.15

がっつり朝食

新門司港へ。
2016-04-25 08.27.04

メンバーの到着を待ち、バスにて太宰府の宝満山へ。

予定には入ってないけど、せっかくだから太宰府天満宮へ。
ここは、学問の神様・菅原道真公が祀られています。

ただ、時間に余裕があるわけではないので、表参道から入らず、学問にもある裏口から入りました。本殿まですぐ!(笑)

2016-04-25 09.54.04

樟の大木

2016-04-25 09.56.16

太宰府天満宮・本殿

13072717_643331689147796_4208514899866020849_o

お参りして出発。

2016-04-25 10.32.52

竈門神社脇の宝満山の登山口。
山頂まで3.1kmの道のり。

2016-04-25 11.19.55

登山道には、ツクシシャクナゲが咲いています。

しゃが

シャガの花13116431_643331722481126_586161239524302104_o-2

紫ケマン

307304

3合目あたりで休憩。
水場もあります。さらに石段は続きます。

2016-04-25 12.06.49

山頂まであと1000m

そしてこの先から百段ガンギが始まります!
まー今までも石段多かったですが・・・・
2016-04-25 12.21.22

みんなで数えましょう!
ちょうど100という方と101と言う方が(笑)

休憩

100段ガンギは終わりましたが、石段は続きます・・・・。
なんじゃそりゃー(笑)
IMGP0603_20140213215951dad

もう誰も数えません。(笑)

中宮あとを通過して男坂を登りきると!

2016-04-25 13.31.47

宝満山山頂でーす。

13116218_643331762481122_2083826010611699525_o

休憩して、記念写真撮。

13063441_643331752481123_620658074566022837_o

向こうに、古処山、英彦山とうっすら。スマホ撮影では確認難し。
では、キャンプ場の方へ下山。
2016-04-25 13.36.50

いきなり岩場&鎖場です。
慎重に慎重に!

下山は行者道を下りました。このルートで出会った人の数は3名。
登りに使った正面道は人だらけでした。

 

2016-04-25 15.41.41

竈門神社に下山して、バスにて英彦山へ。

お宿は、豪勢&まごごろ込もった料理で有名な「鷹巣高原ホテル」です。

夕食前に英彦山神宮の神職・吉門さんがお見えになり、英彦山の歴史をお話しいただきました。日本書紀や古事記に話は遡るとても興味深い話しです。

2016-04-25 19.07.37

(神の父神)イザナギ命→ (太陽)天照大御神→
(日の子/神の子)天忍穂耳尊アメノオシホミミは英彦山降臨→ (神の孫/天の孫)邇邇藝命ニニギノミコトは高千穂降臨

嵯峨天皇によって「日子山」を「彦山」に改め、霊元法皇(1729年)、により、天下に抜きん出た霊山であるとして「英」の字が授けられ、「英彦山」と称するようになった。などなど。

そして、大事なのはここから(笑)
英彦山の祭神が高木神であり、英彦山の神が「鷹」の化身であるとのことで「鷹」を奉幣殿に祀っています。

「鷹」といえば「ホークス」
福岡で鷹といえば「ソフトバンクホークス」どうか孫社長とお知り合いの方がいらしたら、ぜひ英彦山にも選手連れてお参りに来てくださいとお伝えください!
さて、料理はどんどん出てきます。

2016-04-25 19.39.29
アラカブの素揚げ!
これまるまるを揚げているから頭からガぶり〜といけちゃう。
どんだけ大きな鍋なんでしょうねー。シェフすごすぎ(喜)
2016-04-25 19.40.51

フグのてっさが一人たっぷり一皿!、天然大海老、超柔らかい佐賀牛ステーキ、イカ刺身と天然の大エビ焼きや煮物もおいしいいーー

 

高千穂ガイドブログ