Snowboarding@Tateyama 3000m in JAPAN

雪山登山ガイドを終えて、今日は午前は天気がまぁまぁもちそうなので、このまま降りたらもったいないのでちょこっと残って、まずは、浄土山へ。

ここから立山・雄山の一ノ越方面へ滑りまーす。
結構、一の越の下へ出てしまい、また板をザックに装着して登り返し〜(-_-;)

一の越小屋に到着。
一昨日登った時はシャリシャリでしたが、昨日降った雪で新雪30cm。
さてここからもうひと登り〜。

岩と雪のミックス

そのあと立山・雄山から滑ってきました。

 

気持ちいい〜。
貸し切り(笑)

爽〜快!

 

高千穂ガイドブログ

広告

COTOPAXI(5897m)⑥

登山口駐車場(3800m)到着して、オーバージャケット着て手袋を装着してヘッドランプの明かりを手がかりに出発。
DSC01998
砂地の火山独特な富士山🗻みたいな登りを一歩一歩腹式呼吸呼吸しながら登ります。
昨日の高度順応の成果もあり、ペース早く順調に山小屋に到着。
DSC02001
ここから、トラバースぎみに歩き昨日のアイゼンポイントにて休憩&アイゼンを着ける。
さらに歩き、昨日の5100mのポイントを越え氷河手前で休憩。
ここから、ザイルで繋ぎ氷河の上を歩きました。
DSC02005
直登の斜面はさらに急になってきた。
上からヘッドランプの灯りが下りてくる。
すれ違い様に聞くと「高山病で下山」という。
西洋人の早いグループの一人で着いていけなく無理して高山病になったんだろうな。
デスパーシオ!デスパーシオ!でゆっくりゆっくり登る。5時ぐらいから手先の指が冷たくなり寒いを越えて痛くなり始める。気温は-8℃~-10℃ぐらいだか、風で体感温度は-15℃ぐらいだ。高所では身体が暖まるほど早く歩いたり激しく身体を動かせないから、指を動かし耐える!日が出るまでの我慢だ!
DSC02016

6時ごろやっと辺りが明るくなる。6時10分日の出。
※なんとエクアドルは赤道直下のため、日の出と日の入りの時間が一年を通して、変わらないのである。
しかもぴったり12時間!
日の入りは6時10分PMです。「へぇー」と言われてみれば理屈的にはそうですよね。常識ってやつ何でしょうが,なんか面白いですよね(笑)
DSC02021
山頂が遠いが見えてくる。
一気に日帰りで約6000mへ行こうと言うのだから、酸素の薄さも半端ない。
高度も上がるし、傾斜もきつくなる。
手が寒いが、もう日が登るから気温が上がって来るはずだ。
DSC02017
DSC02032

一歩一歩急な雪山の斜面を登る。
日の出と共に素晴らしい景色が広がる!
斜度は厳しくなり山頂直下に出る。
山頂は目と鼻の先。休憩を入れて山頂への最後の登り。
山頂直下

コトパクシ山は富士山と同じくコニーデ型火山で雪に覆われた山頂の火口が有名です。
コトパクシ5897m登頂!!!!!!!ヾ(´∇`)ノ゙
コトパクシ山頂
↓↓じゃじゃーん!これが火口です
コトパクシ山頂火口
キリマンジャロより2m高い山です。
天気は最高。風もない。山頂で写真を撮りまくり30分も休憩を取り下山。
Montura

COMOパン

SOTO

OBOZ

1カ所急な下りがあリマしたが,あとは雪の上をシャーシャーと下りあっという間に下山。
DSC02074

DSC02075
登りはゆっくりフーフーハーハー腹式呼吸をしながら8時間ちょいもかけて登りましたが,下りは雪を滑る様に降り、アイゼンポイントでたら3時間弱で降りちゃいました。
往復13km/標高差1280m

装備を外して車に乗込み公園入口のCafeへ。
ここで遅めの昼食をいただきました。美味しいベジスープとアボカドカット&チーズ,チキンとライスのメインディッシュも出て来ました。あっチキンとライス撮り忘れ(笑)
DSC02076-0
キトのホテルに戻り、夕食は2日前に行ったピザ屋へ行ってあえてビーフステーキ。美味しかった野菜たっぷりのミネストローネスープと共に。
マッシュルームステーキ

さすがに本日は疲れました。
部屋に戻ってバッタンキュー!!

高千穂ガイドブログ

TO COTOPAXI⑤

午前中は,これからのコトパクシ登山の装備とアコンカグア登山装備と不要な荷物に仕分け作業。
お昼の12時に出発。
今日から1泊2日でコトパクシ雪山登山の予定でしたが,コトパクシの山中の山小屋がリノベーションのため、営業していないので麓のタンボパクシ(田んぼじゃないよ(笑))のロッジに泊って,深夜からコトパクシ日帰り登山。
5897mへ日帰り登山ってすごいなー。キリマンジャロより2mも高いところなのに。まーこれぐらい登れないとアコンカグアは無理ってことだろうな。
昨日と同じ道を行く。昨日はさすがに早朝ということもありキト内あちこち渋滞していたが,今日はお昼移動ということもあり、パンアメリカーナハイウェイは空いていた。
COTOPAXI National Park 事務所にて登山手続き。
パスポート本体なくても、スマホでパスポートの写メ見せるだけで承認OKでした。
コトパクシ国立公園事務所

コトパクシ国立公園
今日の宿泊地は中腹のTANBOPAXI ロッジ。中腹と言っても3800mもあり富士山より高い(笑)
雰囲気のあるロッジです。
タンボパクシロッジ

タンボパクシロッジ

天気が良ければこのラウンジの窓からコトパクシがドーンと見えるらしい。残念ながらガスがコトパクシを覆う。ちらほらガスの合間から見えていてたが写真撮るほどではなかった。
なんと!!
こんなエクアドルの山の奥地の3800mでのロッジでWifiが有るー!!!!文明の利器はすごすぎる。
深夜発なので、早めの夕食をいただく。
豆の前菜

ベジスープ

ビーフステーキ

ケーキ

日本の山小屋の食事もどんどん素晴らしくなって来ているが,外国はコース料理だもんなー。肉美味しすぎ(笑)
食べ過ぎた(太)

ベッドもしっかりあり快適。
ただいま17時前、おやすみなさい。
起床は21時30分です。
タンボパクシロッジ

高千穂ブログ