宝満山829m(福岡県) 〜第2班

新門司到着。
新門司インターより太宰府インターへ。

今回の第2班も太宰府天満宮へお参りへ!
もちろん裏口から(笑)

2016-04-29 08.44.26
早朝すぎて、水撒いたり、掃いたりとまだお掃除中でした。

2016-04-29 08.50.48
これから登ります「宝の満ちる山」の麓の神社かまど神社のおみくじです。
2016-04-29 08.51.11
学問の神様「太宰府天満宮とかまど神社のおみくじ」を留学中の友人のために!

ではでは、宝満山登山へ!
2016-04-29 09.22.58

今日は土曜ということもあり、登山口からすでに多くの登山者とすれ違います。

2016-04-29 10.08.14

つくしシャクナゲが綺麗!

2016-04-29 10.08.27

この表参道ルートは石段多いです。

P4290279
今日も天気がいいです!
宝満山山頂から見える山々をご案内!
この方角は、明日登る英彦山三山と手前に来年みなさんが参加する(笑)古処山(こしょさん)。

2016-04-29 12.14.33

中央のちょっと濃いのが手前から古処山、屏山、馬見山と連なり奥にうっすらが英彦山です。

山頂からは、反対方向に佐賀県との県境の背振山系の九千部山、背振山などなど連なっています。

行者道の森の中を歩き下山。

バスに乗り込み一路、英彦山へ!

「ただいまー」と鷹巣高原ホテルに到着。

宮司が急用で来れないということで、宮司見習いでもあり私の従兄弟でもある「有昭」氏が足を運んでくれいろいろな話をしてくれました。

P4290307
添乗員の津守君よー、写真を撮ってくれたのはありがたいけど、俺の方が目立ってる写真じゃないの欲しかったー(笑)
でしゃばってる人みたいじゃーん!m(_ _)m
言い訳:この写真は最初にみなさんに有昭氏を紹介しているところです。そのあとは彼のお話を私も中央の席に戻り〜、みんなで聞かせてもらいました!

今日の2座、大霊山の双璧として君臨する「英彦山」と「宝満山」。この両山は中世以来、それぞれを「胎蔵界」・「金剛界」とする修験道の大霊場であり、互いに独立し ながらも「金胎両部両峯」として結節し、修験者が峯入 りをし合う密接な関係にあるのです。
「胎蔵界」=蓮華や母胎が種子を生育するように、人の仏性を育て,仏とする理法の世界
「金剛界」=すべての煩悩(ぼんのう)を打ち破る強固な力を持つ智徳の面を表した部門(身体と言葉と精神が1つに集合した絶対界)

仏の教え的には私たちも今日宝満山胎蔵界にて、一旦無になり仏性が育ち、明日英彦山金剛界へ登り強力な知徳を得る。
いやー素晴らしいツアーですねー(笑)
みなさん毎年登ってもいいですね!料理も美味しいし(笑)

P4290317

英彦山ガラガラのお守り。玄関にぶら下げて魔除け!
玄関や入口が多くある方は明日お宮で追加分お買い求めくださいな(笑)
有昭氏!ありがとうございました。
神仏混合の会も頑張って広めて下さい!

さてさて、料理が揃いました!

2016-04-29 18.56.31

じゃじゃーん。
佐賀牛ステーキも焼けてきましたー。このお肉は焼きすぎるともったいない!レアかミディアムレアでご賞味下さい!
フグのてっさが一人一皿!ありがたい。
これにあと天然の大海老とさらにさらに揚げたてのアラカブの丸揚げが出てきまーす。
熱いものは冷めないうちに!というおもてなしがすごすぎる(笑)

2016-04-29 19.32.33
揚げたて熱々!

P4290325

あら〜がぶー!@鷹巣高原ホテル
高千穂ガイドブログ

広告

英彦山 1200m 新日本百名山

おはようございます。

恒例の(笑)
これが鷹巣高原ホテルの朝食です!
夕食もすごすぎたけど、これまた一般宿の夕食並みの料理!

2016-04-26 07.11.34
これだけではありません!
じゃじゃーん

2016-04-26 07.28.26
なんとー!一人に1匹!
しかも〜尾頭付のタイ一匹!
&百年ぬかどこで漬けたお漬物たち、プチトマトと漬けた梅干し、超うまいラッキョーなどなど

お腹いっぱいすぎて〜
みんな歩けます?(笑)

英彦山登山へ。
高住神社よりスタート。
2016-04-26 08.25.52
神々しい鳥居をくぐり歩き始めます。

13116102_643332125814419_5965062989326708139_o

高住神社
あれ?
まだ、朝早くてかよさん出社してないかな?

2016-04-26 08.34.04
ここ高住神社から北岳〜中岳〜南岳と三座登頂して奉幣殿へ下山が本日のルートです

2016-04-26 08.46.58
屏風岩と逆鉾岩

天気がいいのでオプションで「望雲台」へ
2016-04-26 08.58.34

鎖場続きのオプションルート

2016-04-26 09.02.33
しっかり鎖で確保しながら登ります

13071907_643332215814410_9027768213032834530_o

絶壁の絶景!
13071719_643332222481076_2930628340816688322_o

さらなる岩場を登り、断崖絶壁の世界へ〜〜!

a0016171_216792

ほらー!うぉー!でしょ
断崖の素晴らしい展望!
福岡と大分の県境!
ここに10人並ぶのちと大変(笑)

2016-04-26 09.48.21
慎重に一歩一歩下りました〜。
13087052_643332285814403_6311613103577804161_o
新緑が綺麗です
13064762_643331732481125_531206877838881556_o
しゃくなげー
2016-04-26 11.13.35
北岳山頂!
天之忍穂耳(アメノオシホミミ)の神を祀っています。
ここでは休憩取らず来ただけ(笑)
向こうに見えるのが中岳と南岳

13055786_643331569147808_780731040185707811_o

中岳山頂!
伊耶那美命(いざなみのみこと)を祀っています

2016-04-26 12.36.13

南岳山頂
伊耶那岐命(いざなぎのみこと)を祀っています。

2016-04-26 12.45.57

中岳の上宮へ戻る
この上宮は台風の被害などで修理代は6億円!
額が大きすぎて、やっぱりソフトバンクホークスにお参りに来てもらわなきゃですね。

ここから表参道を奉幣殿へ下ります。

13047886_643332292481069_8648173888614566427_o
奉幣殿にてお参り
2016-04-26 14.23.47
奥に鷹の像があります。

ここから表参道の階段を下りず、裏口から鷹巣高原ホテルへ。

8:35高住神社・・・8:50/55望雲台分岐・・・9:25/35望雲台・・・9:55/10:00分岐・・・10:35/45一本杉・・・11:10北岳・・・11:45/12:20中岳・・・12:35南岳・・・12:50上宮・・・14:25/14:30奉幣殿・・・14:45鷹巣高原ホテル
2016-04-26 14.59.31

鷹巣高原ホテルに到着したらぜんざいいただきました
先に作っておくのでなくて、帰って来たら餅を焼くという、おもてなし力が高くてありがたいです。

熱々のお餅入りのぜんざいは甘さ控えめで塩加減もよくおいしかったです。

お風呂入ってバスにて新門司港へ。
明日は山旅人の社員研修の講師役のため一緒にフェリーで帰ります。

フェリーで1泊して大阪へ〜。

2016-04-26 17.59.30

高千穂ガイドブログ