英彦山1200m登山  〜九州百名山 福岡編 第3弾 

いやーお腹空かない(笑)
けど、鷹巣高原ホテルの食事がすごいのは夕食だけじゃなーい。
ある意味朝食はまじで日本一!
夕食かっ!てほどの朝食。

朝からイカ刺し出る?湯豆腐、イカの塩辛、山菜、豆腐、明太子、大粒納豆、からのー

100年以上の糠床で漬けた漬物。
これまじやばい。

そしてー

朝ですけどー!

1人1匹の尾頭付きタイ。
まじかっ!でしょ(笑)
お持ち帰り用のケースいただきました(笑)

お米も緒方家の英彦山のお米で銀シャリー!ほっくほく〜。
2杯、3杯とご飯がご飯がススムくん〜
そろそろ止めないと・・・・・・・。

生花のレベルもすごすぎ!

では、お腹いっぱいになりすぎて山登る気がすこし失せてしまいます。
鷹巣高原ホテルの方たちの見送りで英彦山登山へ。

登山口の高住神社

高住神社の境内にある天狗杉!

かよさんがいました(笑)
英彦山や高千穂家や高住神社、八天狗の話をしてくれました!
では、英彦山三座(北岳・中岳・南岳)縦走へ!

コケの生〜す〜とーこーろー

一本杉分岐まであと少し。

北岳山頂!

ここは英彦山の主祭神・正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)を奉る聖地です。

神話上、天之忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)は神(天照大神)の子供、 宮崎高千穂に降り立った邇邇藝命(ニニギノミコト)の親です。

中岳山頂!!
ここは伊耶那美命(いざなみのみこと) を祀っています。

英彦山神宮の上宮もここにあります。

そして、三座で一番高い南岳へ!

英彦山1200m山頂〜に登頂!
一等三角点があります!
ここは伊邪那岐命を祀っています。
中岳へ戻って表参道を奉幣殿へ下ります。

途中、中宮(中津宮)がありあす。
宗像三女神を祀っています。
“市杵島比売命”(いちきしまひめのかみ)
“多紀理毘売命”(たごりひめのかみ)
“多岐津比売命”(たぎつひめのかみ)

神の宿る島沖ノ島と宗像大社は、今ちょうど世界遺産に登録しようとしていますね!

英彦山神宮・奉幣殿です。
歩いて、鷹巣高原ホテルへ。
お風呂に入って、美味しいおぜんざい(焼きたて餅を入れてくれました)いただきました。
※私は、ぜんざいはどちらかというと食べない方ですが、ここのは美味しくいただいちゃいます(笑)

緒方ファミリーときょうこさん

帰り、花としじみの里・大任町(おおと)を通りました。
桜並木の桜の花がほぼ満開!キレイー!

新門司港のフェリーターミナルへ皆さんをお送りしました。

来年英彦山のお祭りツアーに参加!の先行予約いただきましたー!
泊まりは今回と同じところよね?と念をおされました(笑)「はいそうですよ!」

さーぁ英彦山のお祭りを見たいのか?鷹巣高原ホテルの食事を食べたいのか?(笑)

私は、新門司港のビジネスホテルに宿泊して、今晩大阪を出港して明朝に新門司港入りする「英彦山のお祭り(神幸祭)ツアー」のグループを受けます。

さーよーなーらー!

高千穂ガイドブログ

広告