SPAIN マドリード⇒⇒セビリア④

朝,ホテルでボックスのお弁当(ハム&チーズサンド、リンゴ,ネクタージュース,水,ケーキなど)を受け取り,7時にホテルを出発して、マドリード・アトーチャ駅(Atocha)へ。
アトーチャ駅
今回はファーストクラス席(プレフェレンテ)です。VIP待合室を利用してホテルでもらった弁当を食べました。コーヒーやジュース,ビールがフリーで置いていました。空港顔負けのサービス。
これからAVE(新幹線)にて471kmを2時間30分で移動します。
AVE
列車内もかなりゆったりしていてさすがファーストクラス。車内食や飲み物サービス有りは飛行機同様。日本のグリーン車より快適〜。
AVE ファーストクラスとCHUMSザック
AVE ファーストクラス
アンダルシア州都・セビリアに到着。スペインで第4番目の都市で1992年に万博が行われた街。
駅でドライバーのキケさんとガイドのアリーシアさん(英語ガイド)と合流。
大通りに出ると,万博時のいろんな国のパビリオンだった建物を車窓観光。また、大きな長い建物がありそれは「旧タバコ工場」で今はセビリア大学の校舎と説明を受ける。
グアダルキビール川沿いに港があり、大西洋からここまで大きな船入るので栄えた街。
スペイン広場で下車観光。
アンダルシア州の8つの県がタイルで紹介されていた。
ここセビリア県、これから行くコルドバ県,グラナダ県、マラガ県を見つけ,また大航海士コロンブスのゆかりの地ウエルバ県にはコロンブスと船がタイルのデザインになっていた。
スペイン広場(パビリオン跡地)

その後は、大聖堂までバスなどが入れないため、ゴールデンタワーでバスを下車して、歩いて大聖堂へ。
分岐で帰り道をチェック!「ここスタバと露店のABCキオスクショップ前」を曲がって戻ればバスにもどります」迷子にならないようにお願いします。
旧市街はポリスも馬で巡回!絵になるなー。
セビリア ポリス
さて,アルカーサル宮殿,世界遺産の世界三大大聖堂の1つセビリア大聖堂とヒラルダ塔観光。
まずはアルカーサル宮殿へ。ここもグループ事前予約のおかげで並ばずに入場出来ました。
14世紀に王ペドロ1世がイスラム宮殿の跡地にムデハル(イスラム)様式の宮殿を建てさせた。その後の王が2階をゴシックやルネサンス様式で増築した。
※英語ガイドの通訳に必死で写真はあまり取れず(笑)
アルカーサル宮殿
セビリア大聖堂
続いてとなりのセビリア大聖堂。15世紀から100年ほどかけて建てられた巨大なルネッサンスとゴシック様式の混合建築。
セビリア大聖堂
天井は高いし,聖歌隊席は素晴らしい過ぎるし,対のパイプオルガンも巨大。キリストの生涯や聖書をパネルの彫り物として7列の4段で大きな作品が木彫りで人などで作ってあった。すべて均等の大きさに見えるため下の木彫りサイズは50cm,一番上の段は2mぐらいだとか。
奥に行くと,「4人(カスティーリャ、ナバーラ、アラゴンの4人の国王)が柩を担いでいる像が見えますが,それがコロンブスのお墓です。」と説明していると隣で「左がコロンブスやね。じゃー右は?むっちゃん右誰?」「知らん」とガイドの英語説明を訳している時には,勝手に話が進んでいた(笑)
「いやいや、右も左もコロンブスではありませんよ!コロンブスの遺骨の1部分があの棺に入っているという話です!」「あーそうなの。あははー」
コロンブスお墓
ぐるっと大聖堂内を一周して,ガイドのアリーシアさんとお別れ。その後希望者は98mのヒラルダ塔へ登りました。「えー98m!でしたが,ほぼ上の上までスロープ状だったので登り易かったですね」塔の上からはセビリアの市内が360度グルリと展望出来ました。
セビーリア市街展望
大聖堂を出て昼食のレストランへ。
タパス

タパス

イカのフリッタ(タパス)

魚のフリッタ(タパス)

ビーフの煮込み

スイーツ
1人にドバッと来るよりタパス式で2〜4人でつまんでいただく料理は食べ易いですね。
どれも美味しかったです。

歩いてバスまで戻り,ホテルへ。
夕食までゆったりと過ごしました。
いつも早くに集合場所に来られる方が時間になっても来ない!もしかして〜!と部屋へ電話すると「あ¨っ!えッ!今降ります!」と「寝るはずじゃなかった〜んだけどね」といつのまにか寝ていたみたいです。時差ボケや疲れですかね。
夕食はホテル内レストランにて。私たちは20時からいただきましたけど、21時まではレストランに他のお客さんは誰も来ず。
ホテル プラザ デ アルマス

ボロネーゼスパゲッティ

焼き野菜盛り合わせ

スイーツ

夕食はしっかり2時間(笑)
今日も一日お疲れ様でした。

高千穂スペイン.com

広告

Spain Madrid(スペイン マドリード観光2日目③

今日の午前中は歩いて観光します。
宿泊のプレシアドスホテルは歩行者天国街にありとても便利でした。
マドリード プレシアドスホテル☆☆☆☆
ホテルから歩行者天国のショッピング街を歩き、太陽の門広場へ。ここは、大晦日に多くの人が集まりカウントダウンと共に12個のぶどうを食べて新年を祝う場所。必ずテレビで放映されるとのこと。
マドリード太陽の門広場
カルロス3世の像やマドリードのトレードマークの「クマといわなしの木」の像が有る。
クマとイワナシの像
また、向いのマドリード州首相府の前がマドリードの拠点となる「0km地点」のマークがありました。
マドリード0KM地点とOBOZ
そこから、路地を入り,マヨール広場へ。
一角には,高級ホテルが内装工事に入っていましたが,外に外観を失わない様に同じ柄の幕が貼られていました。さすが世界遺産!フェリペ3世の像とホテル内装じゃない方をパシャリ
マドリード マヨール広場
広場を抜け坂道を下ると,「世界最古のレストラン!BOTIN」
世界最古のレストラン「BOTIN」

ギネスブック認定!

バス移動は楽だけど,こうやって歩くと街の雰囲気が感じられて,人々の動きやちょっとしたお店も見れて,位置感覚もついて良いですね。次は、サンミゲル市場へ。
今はもう市場と言うより食べたり飲んだりするお店が並んでいます。TAPAS(タパス)で注文出来てあれ食べてこれ飲んで〜とお手軽に楽しめます。
イベリコ豚のスライスも食べれまーす。スペインと言えばの飲み物で「サングリア」を飲みました。
イベリコ豚〜
そして、アルムデナ大聖堂&とマドリード王宮(Palacio Real de Madrid)へ。
マドリード王宮 Palacio Real de Madrid
観光客は誰もが通るここ大聖堂や王宮への道に大道芸人がいました。お金を入れると動く「フラメンコ」とその隣は、モトクロスアクロバットでちょっとトリックがあるというかどうなってるの?という格好をしていて皆の注目を浴びていました。これもお金を入れるとチョコッとですが動きます(笑)。
2014-08-17 11.38.00
2014-08-17 11.38.55
ここがスペイン王に6月に就任したばかりのフェリペ王が結婚式を挙げた大聖堂。
大聖堂はちょうどミサが始まるということで着席してミサを少〜しだけ受け、王宮の入場予約時間があるので早々と失礼しちゃいましたが・・・。
アルムデナ大聖堂
アルムデナ大聖堂ミサ
ここ王宮に入るために長い列が出来ていましたが,時間指定予約券を購入していたので、そのまま入口へ。スペインのあちこちの入場観光地は、グループ(団体)はそのような時間指定チケットが購入可能だが,個人客には販売してなく,ただただ並ぶしかないとの案内でした。
スペインへ行く際は!旅行社のツアーじゃなくてもぜひグループで!

さて,ここの王宮ですが,公式行事の際は利用するが,それ以外は一般に公開されていて実際には国王や王族は、郊外の宮殿に住んでいるとの案内でした。
世界で唯一の完全なストラディヴァリウスの弦楽四重奏、絵画,タペストリー、磁器類、家具など芸術家の数々の作品で贅沢に飾られています。
マドリード王宮 Palacio Real de Madrid

マドリード王宮 Palacio Real de Madrid

マドリード王宮 Palacio Real de Madrid

イザベル1世/マドリード王宮

その後は車に乗り込みランチへ。
夕食の始まりも遅いけど,ランチも遅い〜(/≧3≦)14時〜!(13時とか13時30分オープンもレストランも稀にある)
マドリードお昼のレストラン

シーチキンとポテトサラダ

タラ目深海魚のメルルーサとスペインライス

焼きリンゴ

食後は,「スペイン広場」へ。
ドンキホーテとサンチョ・パンサの像などセルバンテスを記念した像がありました。
スペイン広場
後ろの大きなビルはつい最近中国一の大富豪が約370億円で購入したらしい。ホテルや商業施設になるとか。すごいなー。

グランビア通りを通ってホテルへ。
グランビア通り
シベーレス広場と旧郵便局

ホテルで2時間ほど休憩(シエスタ?)して夜は闘牛場へ。
日陰のVIP席で観戦!
闘牛マドリード

闘牛マドリード

闘牛マドリード

闘牛マドリード

高千穂スペイン.com

SPAIN!! MADRID(マドリード観光)②

10時間ほどのフライトで,カタールのドーハに到着。
またまた新ターミナル/ハマド国際空港が5月にオープンしたみたい。費用90億ドルって(汗),9000億円〜キャー!Σ(×_×;)!
桁が訳分からんm(_ _)m
どんだけオイルマネーが溢れて有り余っているんやろー。
広すぎてすごい空港です。
image
タダ問題1つ!!!!日本円のレート悪すぎー!1米ドル=32R(カタールリアル)。1ユーロは47R。
なのに日本円は100円=20R。
お客さんがウイスキーを購入する際,棚には43ドルと書いてあって、レジで日本円払いでとお願いすると「お釣りはドルかディルハムになりますけど」と言われ「アメリカドルOK!OK!」と言って10,000円出すとお釣りはなんと14ドル。あれ?レシートチェックすると確かに預かりJPN10000そしてChange(お釣り)14ドルになっている。
レートを聞くと全然悪い!
店員に「日本での両替は1ドルは約100円,だから日本円100円が32R悪くても30Rぐらいないとちょっとレート悪すぎる」と説明して、米ドルで払うからレジの打ち直しをお願いした。かなり面倒くさそうだったけど、「Thank you Thank you」を繰り返し無事解決。いやーこんな為替マジックがあるとは危ない危ない。いくらここカタールが日本円の取引が少ないといえどもそこまでレート悪いなんて怖い怖い。
皆さんやはり観光主要なアジア以外へ行く時は,アメリカドルかユーロですよ!
ここは金のプレートや金の延べ棒も時価売りしています。

さて,ドーハからSPAIN首都MADRID(マドリード)へ。(飛行約8時間)
マドリード到着後,すぐに「マドリードは世界1スリやひったくりの都市です。カバンはたすきがけ&自分自身はもちろんのことグループみんなで盗難や置き引きに遭わない様に,皆で注意しましょう」
※このグループ内に、アルゼンチンでパスポートの盗難の被害に遭っていますので更なる注意!
「先生を一番後ろにしたらダメよ!」と早速みんなで一致団結!(笑)
入国を終え,スーツケースを受け取り待合ホールへ。
あれ?私たちの迎えらしき人がいない!到着はちょっと早かったみたいだが,えっ!まだ来てない?
手配は,ガイドなしのドライバーのみ、なので外のバスの中にいるかな?と思っていたら会社から電話がかかり,今日のマドリードのガイドさんの名前と電話番号を伝えて来た。と同時に今着いたけど、ドライバーらしき人は待合いホールには見当たらない。確認してもらえますか?と伝える。
で,外に出ると,手配書に書いてあったバス会社のバスが真正面に止まっていてドライバーが手を振る。
「Hola!Hola!」お客さんを誘導する。

市内まで20分ぐらい。今日の観光は世界三大美術館のひとつプラド美術館。
image

スペイン王家の豪華絢爛なコレクションを見て回りました。どれも素晴らしく有名な巨匠たちの作品ばかりとの説明を受けながらも,中でも有名どころの作品は
王室お抱えの宮廷画家ベラスケスの「女官たち/ラス・メニーナス」
女官たちとフェリペ4世家族肖像画
とゴヤの「裸のマヤ」「着衣のマヤ」。
また「太陽の沈まない国」の王様・カルロス5世の馬に乗った肖像画(ティツィアーノ作)あたりに多くの人だかりが出来ていた。館内全部の作品をしっかり見ていたら半日〜1日は必要だろう。今回のガイドさんは初めに「人間の集中力は平均1時間30分です」と話し1時間30分で要所の絵画の紹介と説明をした後自由行動としますと言っていましたが、確かにその通りでした(笑)
その他にもレンブラント、エルグレコ,ラファエル,ルーベンス,などの巨匠たちの絵画もありました。
向かいにはヘロニモス教会。
サン・ヘロニモス・エル・レアル教会

長旅の疲れもありますので本日の観光はこれで終わり。明日、終日引き続きマドリードの観光をします。
バスにて、ホテルへ。

夕食は、ホテル内レストランにて!
郷に入れば郷に従えで、スペインは基本早くても20時30分より。しかもじっくりフルコースを食べると2時間以上かかりました。ボリュームもハンパない!(笑)
ガリシア風エビパイ

エビとマッシュルームのスクランブルエッグ和え

ボロネーザとフェタチーニチーズのきしめん風パスタ

メカジキのグリルとポテト

ティラミス

美味しいけど日本人には食べきれなーい量!
日本からの長い移動,大変にお疲れ様でした。
このグループ独特の反省会をして,おやすみなさい。

高千穂スペイン観光.com

スペイン周遊旅行①関空出発!

今回は、スペインをがっつり周遊旅行!
さて,メンバーは福岡空港に集合して,三洋堂の佐藤さんにセンディングをしてもらい、私は伊丹空港でメンバー全員と合流してリムジンバスにて関空へ。
今,伊丹〜関空リムジンバス無料キャンペーン中で、日本各地発で伊丹経由関空のチケットを持っていればリムジンバスカウンターで0円のバスチケットを発行してくれます。
↓↓
http://www.kansai-airport.or.jp/news/120713/

福岡からの便はトータルで20分遅れで到着。
予定のリムジンンバスには乗れず,ここ伊丹から関空行きは毎時10分と40分発なので約30分待つ。

関空からは、FCバルセロナのスポンサーでもあるカタール航空にてドーハ経由でスペインへ。
出発が30分早まるとチェックイン時に言われ,セキュリティー&出国検査を終えゲートへ向かっていると,係員が立っていてさらに30分早まるとか訳わからない案内を受け,免税店に立ち寄ることも許されずほぼ連行状態でゲートへ。しょっちゅう海外へ行っている乗客は良いだろうが,初めて海外旅行という乗客もいて免税店での買い物や見て回ることも楽しみだろうにと思うが、「ゲートへお進み下さい」の一点ばりだった。係員は、まー早く飛び立てば早く家に帰れるだろうが。
実際に搭乗後なかなか飛び立たず,でも30分は早く飛び立った。
深夜便なので早々とおやすみなさい。

高千穂スペイン.com

MOSCOWモスクワ観光12日目

今日は,出発まで自由行動。出発までお部屋は使えるということで、荷物を置いたまま観光へ。
貴重品については現地ガイドがよく 「肌身離さず!」と言います。
でも実際は無駄に持って歩いてスラれたり置き引きにあうよりは、スーツケースに入れて鍵かけてホテルの部屋に置いておいた方が安全だと思うのですがね。ただ自分の目から離れ何があっても誰も補償もないからという観点から、「自分の貴重品は自分で守りましょう」&ガイドさんがスーツケースに入れろと言ったから入れて無くなったと言われるのも困るからであろう。まー確かにね(笑)親切心が仇になることもあり得ますからね。
さてさて地下鉄にも乗るし、なるべく手ぶらをお願いし、私自身もバッグやカバンは持たずズボンのポケット4つを上手く使い出発。
左前に地下鉄やモスクワ市街地図。右前にカメラ。後ろ右に半分に折ったロシア・ルーブルの札たちとクレジットカード。そこに部屋のカードキーも一緒に入れていたが、磁気の関係で他のカードと一緒にしたらカードキーの磁気がおかしくなって部屋が空かないという話を何度か聞いていたので、前ポケットに部屋のカードを入れ直す。そして左後ろのポケットにスーツケースの鍵とパスポートコピーの紙。完璧!
ホテルを出て地下鉄駅へ(徒歩3分)。
切符を買って,改札抜けて中心部へ行く側の電車に乗る。5つ目の駅が赤の広場の駅だ。
10時ごろなので地下鉄は混んでいないのでラッキー。
車内でお客さんが「部屋のカードキーはポシェットの奥に入れておいた方が良いね」と独り言の様な質問をする。「そうですね」と私は答えながら自分の部屋のカードキーを再確認するが,ない!?
え?あれ?ポケット4つ探すが無い。ん?あれ?なんで?今ホテルを出て来たばかりなのに。
どこかで落としたらしい。ただ1つ良かったことは、カードキーには番号が書いていない&カードキーの袋は部屋に置きて来たことは確実なので、誰かがカードキーを拾っても部屋は分かり得ない。
お客さんから「ホテルに戻りますか?」と親切に言ってもらったが,袋ごと落としていたら、大変申し訳ないが,即帰る必要があるし、またはお客さんが落としたとかいう事態ならホテルへ帰ることが先決。でも添乗員だし,またカード本体だけだからという理由で「いや,大丈夫でしょう」とそのまま地下鉄で街中心へ。
昨日,ガイドのLISAに地下鉄を降りて、出口を間違わない様にエスカレーター脇の銃を持っている銅像の方を上がればいいと目印を聞いていた。反対側は子供を抱いている像だと言うことも。
駅で電車を降りるとちゃんとその通りだった。
日曜日ということもあり赤の広場は多くの人で賑わっていた。
image
image
11時ちょい前だったので、衛兵交代を待ってみました。いやー微動だにせずの1時間。大変な仕事です。
image
image
さらに足が90度上がらないと採用不可だろうな。
クレムリンのチケット買うのに長蛇の列。並びかけたが諦めようとなり結果クレムリンの外壁を一周歩いた。
image
今日結婚式?それとも結婚写真?ウェディングドレス来た花嫁と新郎そして、メイトたちが結構あちこちにいた。
image
聖ワシリイ大聖堂も有料。ここでもチケットブースに列。クレムリンよりも少なかったので、ここは並んでチケットを買って入場見学しました。
image
image
image
お腹はまだそんなに空いてないが、結構歩き回ったので休憩を兼ねてお客さんの希望&念願のレストランやカフェの外に面したテラスでお茶しました。
赤の広場内ということもあり、モスクワで一番高いカフェの1つであろうお店でした。
コーヒーとケーキかアイスクリームで1人3,000〜3,500円!これにランチもしていたら5000円じゃきかないかも・・・・。贅沢な昼時を過ごしました。
image
ただ,その贅沢なぼーとした瞬間カードキーを無くしている不安が思い出される。無くしたことはそこまで大したことでは無い。また、カードには部屋番号など書いていないので、まず部屋がばれることも無いだろうという想定ではあったが、しかし!もし部屋の前でポトッと落としていたら!またその部屋の階のエレベーター前などで落としていたら,部屋に入られてしまう可能性はあるという心配がよぎる。
パスポートはスーツケースの中に入れて鍵かけているから大丈夫なはず。ヤバい!パソコンは机の上に出したままだ!本体は取られてもしょうがないと思うとしても中のデーターが・・・・。
など考えてしまっていた。そしてお客さんから「そういえば!昨日ホテルチェックインの時、パスポート提示してその後高千穂さんから返してもらっていないよね?」と言われ「あっ!一緒にスーツケースに入れている」と思い出す。
こりゃーもしものことが起こっていたら私一人が帰れないのではなくお客さんにも迷惑かかる〜m(_ _)mまた、帰国4日後にはスペイン旅行の添乗がある!それまでにパスポートは間に合わないなっとかなり焦りと心配で、ドキドキ。気が気でなくなってきた。
お茶休憩を済ませ,地下鉄にてホテルへ戻る。そうそう、モスクワは大阪と同じく右に人が立つ。↓↓
image
ホテルフロントで「部屋の鍵を多分部屋の中に入れたままなので、カード下さい。」「お名前は?「ARIYASU TAKACHIHO」です、「IDまたはパスポートは?」「あー全部部屋にあります」
「では、付添人の元、部屋を開けます」と言ってくれ一安心。部屋に入るとスーツケースやザック,パソコンはちゃんとあった〜!!!!キラ*。・+(*゚∀゚*)+・。*キラ
いやー良かった良かった。
ふー助かった。皆さんご迷惑とご心配をおかけしました。
ホテル裏の民芸品マーケットへ買い物へ。
image
ロシアのお土産~といえばー!
image
マトリョーシカ人形!こんなにあったら選べん。ちなみにマーケットの半分はマトリョーシカ人形店笑
お買い物して、ホテルに戻り一路空港へ。
モスクワからアエロフロート航空にて成田へ。
13日間お疲れさま&ヨーロッパ最高峰エルブルース登頂おめでとうございましたー。

高千穂ロシア.com

エルブルース山山麓(チェゲト)〜ミンボディ〜モスクワへ。

いやー奇跡的な登頂劇を終え,嬉しさとスッキリ感満点!まーそうですよね(笑)
ホテルを8時に出て車で3時間かけてミンボディへ。今日も晴天。
1時間以上経ち、車窓左手に雲?いや山だ,えーエルブルース?
エルブルース山展望
とエルブルース山は日本の富士山並にどこからでも見える山なんです!
チェゲド村を出てしばらくは山に挟まれた渓谷を走るので全然見えませんでしたが,結局エルブルースの南側にチェゲドがあり時計反対回りエルブルースを巻く様に東側そして北側へ回り込み空港がある位置関係です。
エルブルース山展望2
空港近くのローカルレストランにて昼食をきました。シャシリク(シシカバブー)やペリメニ(ジャンボ蒸し餃子)など食べました。
image
アンドレイが、このこのエルブルース山を含む周辺に毎年来るがホントに残念なのは,美味しいコーヒーを挽いてくれる店が無い。唯一美味しいと言えるのは空港内に数軒あるうちの2軒のみ。他のカフェやレストランのコーヒーは美味しくない。と言っていた。
私は,そこまでコーヒーにこだわりもっていないから「へー、ふーん」と相づちうって終わったつもりだったが,そのレストランではコーヒーオーダーせず,空港へ。

チェックインまで時間があるので、先にコーヒー飲みにまずは1階のコーヒーショップへ。
「美味しいねー」と私が言うとアンドレイは「ニエート(NO) !何か入れる人が違うから美味しくなくなってる」と言う。マシーンでも人でそんなに変わる?と思ったが,あえて言わなかった。
納得いかないアンドレイは2階にもカフェがあってそこなら美味しいかもということで、まさかにコーヒーハシゴに連行。コーヒーを飲んでアンドレイに「どう?」と聞くと,これは美味しいと言った。良かった良かった。私も「YES, 美味しいね」と言葉を続けた。

チェックインをしてアンドレイとイヴァンとお別れ。「今度は山頂からスキーやスノボー滑走しに来なよ!」と言葉を交わして「バイバーイ!」手荷物検査へと進んだ。
一路,モスクワへ。(飛行2時間)
image
モスクワ着後,
ロシア語案内
超ヘビースモーカー&マシンガントークのLISAが迎えてくれて,親切にホテルまでの1時間10分ずーとモスクワやロシアの案内や説明などをしてくれたin English。
ホテルのLocationは市内中心部より東でした。3つぐらいの大きなホテルが連結され、回りにはレストランやクレムリン風の建物が建ち並んだ民芸品マーケットなどもありにぎやかな所です。

夕食はホテルにてBuffet.品数はとても多かったです。立派なBARカウンターがあり生ビールを期待したけど瓶ビールしかなかった(泣)

夕食後は,お客さんとスーパーへ散策。
レストラン?飲み屋?両替屋?タバコ売り?まさか麻薬?何屋か分からない呼び込みのお兄ちゃん,おばちゃん,お姉さんに話しかけられたり,呼び止められたりでホテルからスーパーまでの5分以内に結構な数いました。
モスクワの治安は良くなったとは聞くが,まだまだヨーロッパではワースト10に入る治安の悪い都市ですから注意は必要!

水を買ってホテルに戻りました。

高千穂ロシア.com