Trekking from BENKAR to NAMCHEBAZAAR day2

Good Morning !!
Namaste(ナマステー!)

ネパールでは簡単な英語は一般的に話されているので、通じます。なので「おはようー」はわざわざネパール語ではなく、英語の「Good Morning」も使われています。
便利なのは、朝も昼も夜も手を合わせて「ナマステー!」(笑)

爽やかな朝です。

ストゥーパーとマニ石、そして手前にタルチョ(旗)ありますので左回りで歩きます。

うぉー!
Cherry blossom!!!咲いてるー。
Cherry blossom=桜の花

ゾッキョ隊が荷物を運びます。

※ゾッキョとは、牛とヤクの間の子。
主に荷物運びとして活躍。
ちと凶暴な所あり!

ラリーグラスも満開! キレイ!!!!
ラリーグラス=西洋シャクナゲ

今まで歩いた1日半はただの街道(笑)
ここが Sagarmatha National Park(サガルマータ国立公園)の入口!
チェックポイントです。写真付きのトレッキング証を出します。


サガルマータはネパール語でEVEREST(エベレスト)のこと。
ちなみにチベット語ではチョモランマと呼ぶ。
チョモランマを漢字で書くと珠穆朗瑪峰

一番大きな?長い?吊橋!
昔の吊橋よりさらに高い場所にかかっています。
ポーター達も30kg〜40kg背負って渡ります。

峠茶屋跡に到着。
ここでランチタイム〜。
コモパンいただきます。
お湯沸かしてコーヒーをお供に。
ポーターの荷物から豚?牛?の足が出てる・・・(笑)
標高が高く沸点が低いからか?SOTOパワーか?ガスが高所用?
とにかくお湯の沸きが早い!

3300m辺りまで登ってきました!
さ〜もう一登りでナムチェバザールです。
ちらっと建物群が見えてきた〜!

This is NAMCHE BAZAAR

ナムチェバザール
お店がいっぱい。

坂だらけのナムチェバザール(笑)
一旦今日泊まるロッジに荷物を置いて、ナムチェ散策へといつもの常宿アンドルジのAD FRIENDSHIP Lodgeへ。
すると、満室!!!!というではないですかー。
マジかっ!じゃーニマタシのSONA Lodgeへ。
「1室しか空いていないっ!」「Oh! We didnt know you are coming!! No contact from Kathmandu.」
隣のSAKURA Lodgeもいっぱい!
あちゃー(-_-;)
他探すか・・・。
その隣のMt Kailash Lodgeは数部屋空いていた!
そちらにお邪魔することにした。

マウントカイラスロッジ

展望も良い!
目の前の山はコンデ山群。
見つかって良かった良かった。
荷物を置いて、ナムチェの村散策へ。

いつも立ち寄るNamche Bakery

バナナパンケーキとミルクティー

重たいからここで大根サラダを作りました。

今晩の夕食は、ピザ、モモ、チャーハンと

スパゲッティボロネーズ。
味薄かったけど、醤油をかけたら美味しい〜。

高千穂ガイドブログ

広告

九寨溝➡➡雪宝頂峠➡➡黄龍 第五天

今回はゆったり回る旅。
通常は「九寨溝から黄龍を半日で移動して、午後は黄龍をハイキングして川主寺へ」一日でこなすスケジュールを今回は2日に分けてのゆったりどっぷりたっぷり日程。
移動途中、あちこちにて高山植物ウオッチング!
時間をもてあますかなと思っていましたが、逆に時間に追われることもなく、とても贅沢にのんびり楽しめましたー。

まずは、岷江源流にてフラワーウォッチング

image

image

赤いケシ

image

黄色ケシ

image

ケマン属

image
でかいポピー!1mは越してる!

image

ラベンダー畑
いつの間にか川主寺の新観光地!
image
ランチ☀🍴in 川主寺
その後、雪宝頂展望台

image
空気薄~😆
ゆっくりゆっくり歩きましょー。
&しっかり腹式呼吸しましょー

ブルーポピーだー。しかし向こう向いてる~😆
でも、初ブルーポピーだから撮っとこー
image

image

ツツジ
P6231308
アネモネ!

時間たっぷりあるので、雪宝頂峠4000mにてもフラワーウォッチング!
P6231313
紫色のブルーポピー!
P6231321
エ〜デル♪ ワ〜イス♬
エ〜デルワ〜イス♪
空気薄いから、歌うとしんどい(笑)

一気にガスって来た!
バスに乗込み黄龍へ。
P6231341

今晩の宿は、黄龍の登山入口ゲートを越えた先にあるホテルです。

4星でとてもキレイな2011年に出来たホテルです。
ホテルロビー

ホテル

瑟爾嵯国際酒店!
読み方が難しい(笑)
Se Er Cuo International Hotel

夕食に1品高千穂料理をプラス!
大根サラダー
P6231343

 

高千穂ガイドブログ