高千穂の山その2、高千穂牛その2、高千穂峡、高千穂神社、高千穂町と高千穂ガイド

今日も高千穂三昧行きますよー!

今日の高千穂の山は「祇園山」
なんで京都じゃなくてここに祇園山?って思いますよねー。
登山口に看板があり山の名の由来が書かれています。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」
平家物語の冒頭に一節として有名な祇園精舎は、 インドです。
仏教伝来と共に京都の東山の地に、「祇園感神院」が建てられました。現在は八坂神社と改称。
祇園感神院には、全国各地から多くの修験者が集まり、修行していました。 この祇園感神院で修行した修行者が、のちにここ祇園山の山頂に小屋を造り苦行を重ね、山麓には遥拝所を建て祈願していてその遥拝所が後に祇園神社となり、それに伴って山上が祇園山と呼ばれるようになったのがこの山の名前。
さー納得したところで登山開始〜!

いきなり急登です。
修行修行!!!(笑)

中腹は結構紅葉していますねー。

きれい〜。


周りの木々の葉っぱは落ちてるけど、この木だけきれいに紅葉して残っている〜。きれい〜!


足元には紅葉後の落ち葉が落ちています。

私も紅葉しています(笑)

さー最後の登り〜。

祇園山1307m山頂です。
九州百名山!

紅葉落ち葉道!
滑らないように注意〜!

下山後、楽しみのランチ〜!

高千穂牛レストラン和(なごみ)に予約を入れています。
レストラン和よりハンバーグは限定で数に限りがあるので、お昼に来て注文してもハンバーグはないかもしれないので事前オーダーをオススメと言われたので、登山前の移動時にオーダー。

1,高千穂牛ステーキのサーロイン
2,高千穂牛ステーキのロース
3,高千穂牛ハンバーグ

高千穂牛ステーキは、歯が要りません。噛まなくても食べれちゃいます。
高千穂牛ハンバーグは、食べ物ではなく、もう飲み物です。
口に入れたらとろけます(笑)

嘘じゃないですよー!

食べたらわかりますーーー!

伝説の種牛「安平号」とその母親の「きおふく号」のレプリカが店頭に置いています。
宮崎のスーパースター「安平号」は人工授精も含め22万頭もの子牛の親。ブランド牛の父ですー。

宮崎牛・高千穂牛が美味しいのもわかりますねー。

こういうレストランでは、ハンバーグ食べるのもったいない!
ステーキでしょー!

あーやばい。
まいうーのレベルを超えてる。

そして、高千穂峡へ。

約12万年前と約9万年前の2回に噴出した高温の火砕流堆積物が冷却固結し溶結凝灰岩となり、柱状節理が生じ、五ヶ瀬川の侵食によってV字峡谷となったものが高千穂峡。
高さ80〜100mにも達する断崖が7kmにわたり続いています。

天然記念物で国の名勝です。
そのメインの部分をハイキング。

一番の名所:
日本滝百選の真名井の滝(まないのたき)

柱状節理が長く続いています。

そして、高千穂最後は〜

高千穂神社へ。
高千穂のパワースポット開運三社の1つです。

高千穂18郷にわたる88社(高千穂八十八社)の総社だそうですが、他に高千穂信仰の神社って他に聞いたこと無いけど。

高千穂神社はなんと千葉にありました!

と、

高千穂を満喫して宮崎港へ。

宮崎カーフェリーにて神戸へ帰ります。

もう一回高千穂牛の紹介!
日本一の和牛「高千穂牛」
ぜひ食べに行ってくださいねー。

 

高千穂ガイドブログ

高千穂の山、ホテル高千穂、高千穂牛、高千穂焼酎&高千穂ガイド

南国・宮崎に到着〜。

ヤシの木茂ってて南国〜。
でも、雨で寒い(笑)

途中のサービスエリアでコモパン自販機見っけ!
みんなも「あっコモパン〜」
認知度高くて嬉しいですねー。

この写真にすごいものが映っています。

さてなんでしょう!

日本の国道2017年11月現在

今、日本には国道が1号線から507号線まであります。
500番代は8線しかないのです。
すべてが in 九州。
そしてここは503号線!
宮崎日向市から熊本阿蘇郡への道。

てっちゃんはいるけど、みっちゃんはいないのかな?
(鉄道男)(国道男)

今日は九州百名山・諸塚山へ。
国道503号線の飯干峠から車で10分ほど上った六峰街道沿いに登山口があります。

KEEN

キーン・ジャスパーからキーンターギーEXPへチェンジ。

山旅人体操

津森豊&浮田健一のダブル先生〜。

今回は、添乗員2名〜豪華版。

諸塚山は、古くから神山として旧高千穂郷の信仰の山。
山頂に多くの塚(墳墓)があると言われ「諸塚山」。
また別名大白山。
高天原時代の神を全部祭ったお宮という伝説があり、筑豊・英彦山、霧島・高千穂峰と並び、古くからの修験道の道場のひとつで、霊山と崇められていました。

1合目からスタート!
2合目がなくていきなり3合目、そして5合目、8合目。
1時間ちょい歩いて〜

諸塚山山頂でーす。

往路を下山。

KEEN ターギーEXPで快適に歩けました〜。

登山口の鳥居。

いやー神話や伝説の残る高千穂の山ですねー。

バスにて、高千穂神社と高千穂峡の間にある今日の宿泊地へ。

ホテル高千穂

ホテル高千穂です。

温泉も良いけど〜。
お目当ては〜!
じゃじゃーん

ホテル高千穂の夕食

豪華な夕食〜。

一番のお目当て〜。

高千穂牛

日本一の牛肉にもなった高千穂牛!

生でも食べれちゃうんじゃない?

ジュージュージュー

噛まなくて食べれる牛肉。
高千穂牛は、口の中でとろけます。

みんな大喜び〜。

本格焼酎高千穂

本格焼酎高千穂と本格的高千穂の高千穂コラボ!

まいう〜!

高千穂三昧
高千穂の山、ホテル高千穂、高千穂牛、高千穂焼酎、高千穂ガイド
高千穂五味ですねー。

高千穂牛の紹介
↓↓

ここで一句
高千穂で高千穂牛食べる高千穂は牛繋がりの丑年でした

高千穂ガイドブログ

 

雨天登山中止!

雨天のため登山を中止して、五ヶ瀬観光へ。
まずは、五ヶ瀬渓谷へ。
高千穂から五ヶ瀬ハイランドスキー場方面へ移動。
日本最南端のスキー場・宮崎に天然スキー場があるんですよ!

GO!GO! GOKASE
五ヶ瀬ハイランド
今回は行きませんけど。
椎葉方面へ国道265号線を南下左折してどんづまりまで行くと〜
2015-12-10 10.55.22

白滝
おー!素晴らしい。
その後、五ヶ瀬ワイナリーへ〜!
とその前に、五ヶ瀬で一番有名な滝へ。
2015-12-10 11.32.49
うのこの滝!落差30〜40m
溶結凝灰岩に刻まれた滝で周囲の滝崖には柱状節理が見られる。
円形で広い滝壺が特徴的です。
同類の滝がアイスランドにもあります!(笑)

その後、丘の上のワイナリーへ。
五ヶ瀬わイオン

五ヶ瀬ワイン

tastingの結果
甘口ですが、ナイアガラワインがとてもフレッシュ&ブドウの甘みがしっかりついたワインで美味しかったです。
説明見ると、あーなるほどー!生食用のぶどうを熟成させたワインなんだー!すごーい。

ドライなワインがお好きな方はシャルドネ!

ランチは高千穂に戻り、昨日定休日だった高千穂牛レストラン「和」へ。

2015-12-10 13.02.26

2015-12-10 13.02.30

2015-12-10 13.19.53

柔らかくて〜美味しい〜。
こんな田舎で、このお値段のランチは激高ですが、お客さんやツアー客でいっぱいです。

高千穂づくしの最後は高千穂温泉!
2015-12-10 14.40.17

えー!休館日!!!!!!😓

とほほ

2015-12-10 14.59.31
高千穂神社でお守り買って〜
あっ!後厄もあと残すところ20日間!
ありがとうございます。
2015-12-10 18.10.02
夕食にも高千穂牛!
なんぼでも食べれますよ(笑)

ちなみに私は丑年ですので、私も高千穂牛です(笑)

高千穂ガイドブログ

日本一高千穂

さて、高千穂ガイドと行く高千穂。

3回目ー!

今回は、高千穂ガイドと行く「高千穂峡・高千穂神社・高千穂神楽・祖母山登山と神話の町高千穂泊」

そして、日本一の高千穂牛を食す!

まさに高千穂づくし!

1日目は、ソラシドエアーで宮崎へ。

2015-12-09 06.43.13

ソーは青い空〜!
じゃー
ラ〜も青い空〜!
シーは白いソラ〜

さぁ飛びましょう!
2015-12-09 06.53.59

AIR DO機の向こうのソラシドエアー機はクマモンだ!

宮崎空港は鹿児島寄り、高千穂は熊本寄り。
高速道路で延岡経由・天孫降臨の高千穂へ。

2015-12-09 12.45.58

日本一!高千穂〜
いやっ(笑)

日本一!高千穂牛〜!

2015-12-09 11.25.58

まずは、岩戸開きの神話の里・天岩戸神社
2015-12-09 11.55.59

天照大神が隠れていた岩戸を拝みました。

2015-12-09 12.11.48

神話のパワースポット・賽の河原

2015-12-09 12.17.04

2015-12-09 13.08.26

高千穂牛!!
やわらか〜い!
ぜひ一度食べてください!
めちゃうまい。
共食い?(笑)
ステーキ頼んだら、ここは焼いてくれるのでなく自分で焼くレストランでした(笑)

2015-12-09 14.06.25

2015-12-09 14.00.48

2015-12-09 13.57.27

柱状節理
2015-12-09 14.10.25
千穂の家!

2015-12-09 17.57.59

2015-12-09 20.06.12

高千穂神社で高千穂神楽

2015-12-09 20.36.18
神話
2015-12-09 20.55.37
あら!
めでたしめでたし!

高千穂ガイドブログ