大姑娘山登山2017② ベースキャンプ〜大海子(高度順応日)

今日の天気予報は曇りのち雨。
微妙〜(-_-;)。

今日は高度順応日。
ベースキャンプに滞在して3800mの高所に身体を慣らします。

高度順応日?
字のごとく、高所(酸素の薄い地点)に滞在して、身体を低酸素状態&高所で低下している気圧に身体を順応させるため。

大姑娘山登頂の秘訣は!
ズバリ!
高山病にかからないこと〜
ですっ(^o^)/

では、今日もフーフーハーハーと大きく腹式呼吸(深呼吸)しながら大海子まで歩きます。

 

リンドウ
ゲンチアナ

高嶺リンドウの仲間。
西洋リンドウってとこですかねー。
ヨーロッパアルプスの三大名花の1つ。
エーデルワイスもその三大名花の1つですから、ここ大姑娘山で、ヨーロッパアルプス三大名花の2つ見ちゃいました。
三大名花の3つ目もここ大姑娘山で見れちゃいます(笑)

ベースキャンプ
近藤明さん率いるアルパインツアーサービスのツアーも昨日、日隆からベースキャンプインしていました。

下山まで同行程です。

ミンミンママと楊さん。
楊さんはミンミンママの甥っ子。

家族や親戚が周りにめっちゃ多い。

 

シソ科

シソ科というは、葉っぱを見てすぐわかる。
が、
セイヨウジュウニヒトエかなー、でもちょっと違うような。
キランソウ?

グンナイフウロとハクサンフウロ。

 

背の高〜いプリムラ

 

蔓人参

ツルニンジン

こんな高所でニョロニョロ伸びてます。

見上げれば、高山植物の宝庫!

 

お花好きにはたまらない〜!進まな〜い。
お花いっぱい〜で素通りしないメンバー。立ち止まって高所忘れて楽しむ。

 

千鳥草!
日本人は、なんでも和名で置き換えたがる。
さー花的にも根からの葉っぱの素の折れや巻きからみたらテガタチドリですねー。
でも、花と花の間に葉っぱがめっちゃ伸びてるのは、ノビネチドリやハクサンチドリの様も組み合わさっている。
テガタチドリの一種としか言えないのかなー。

 

雄宝光

オタカラコウ。
1m以上もある〜。「オオ」をつけてもよさそうな(笑)

キオン
Senecio nemorensis

この花は!菊科の〜

チャララッチャチャ♪チャチャラチャッチャ♬
チャッチャララ、チャッチャララ
チャラッララ〜ララ〜ララ〜ラッ!ラン♪

20日〜♬ 30日〜♬ 5%オッフ〜
キオン!
またはメタカラコウの仲間?

草沈丁花

クサジンチョウゲ

フラワーウォッチングしながらゆっくり歩いて、

大海子に到着。
曇っていて残念。

 

放牧小屋

 

クモキリソウ

 

往路を戻ります。

今回は、ベースキャンプに12時30分に戻らなければ!
フラワーハイキング組が乗馬でベースキャンプへ遊びに上がって来て、一緒にランチ予定。

 

老牛

中国語で「老」は、いろいろな意味があります。
①長い時間が立っている。以前からある。
②新 ⇔ 老(古)
新 ⇔ 老(熟練)
③経験を積んだ
④目上の人,社会的地位の高い人への尊敬の意味。
⑤老いた
日本の「老」より意味深い。

礼文草

めっちゃ濃くて毛深いマメ科の花。
色、毛、上向きに咲くなどから、一番近いのはレブンソウ。
濃紫色、またはほぼ黒と名付けてもいいぐらい濃い。
黒レブンソウ!

エゾオヤマノエンドウはほぼピンクやし、色的にはカラフトゲンゲに近いがカラフトゲンゲは下向きに咲くから違う〜。

ベースキャンプにフラワーハイキングチーム・(馬場組)が馬で入ってきました。

タイミングバッチリ!

 


馬は利口である。
騎手を見極め、こいつショボいなと思われたら、言うことはなかなか聞いてくれない。草を食べ手綱をひっぱっても顔を上げないことがしばしば。

 

Welcome to 大姑娘ベースャンプ!

あっ!
ここは中国・中国語で言ってみよう。

熱烈歓迎大姑娘山大本营!

みんなでスイカを食べましょう!
いやー激ウマ〜。

みんなで食べるランチ!
美味しいいいなー。

イエーイ!

 

サマになっていますねー!

 

さようなら〜✋”

 

馬場康法リーダー!

よっしゃ〜!
馬より早く歩いて先回りしてみんなをパシャ!

イエーイ!
お〜片手を離す余裕もうまれてっ !

バイ〜 バイ 〜

 

ベースキャンプ。

夕食は、まず前菜は高千穂料理。

高千穂料理

定番の高千穂大根サラダ!

櫻花塩茶

桜の花びらが開くお茶。

アライテント タフライズ
ARAI TENT Tough Raiz

テントは、アライ社のタフライズ。

アライのエアライズもっていますが、タフライズテントはしっかりしていて丈夫で良いですね〜。
欲しくなる〜(笑)(*_*)

アライテント タフライズ
ARAI TENT TOUGH RAIZ

日本ブランドのアライテントが並ぶとカッコイイ〜ですねー!

como
コモパン

明日と登頂日の行動食!COMOです!

BC
大姑娘山ベースキャンプ

トイレにはこの石橋渡ってテントトイレです。

 

夕食〜!

高千穂ガイドブログ

広告

大姑娘山登山2日目 BASE CAMP滞在〜高度順応日 ❹

「コケコッコー!」

高千穂鶏🐔の鳴き声と共に起床

dsc09904

しかし、本日はあいにくの小雨。

キッチンテントの横がみなさんのテント。
ベースキャンプのスタッフがこんな大きなシートをテントの上に張ってくれたおかげでテントも濡れず!快適。

朝、朝食用にお味噌汁を作りました。
大根とわかめとたまねぎの味噌汁です。
温かくておいしーの声いただきましたー。

高度順応日なのでBC(ベースキャンプ)に滞在ですが、予定ではこのBCよりさらに奥の大海子(ダーハイズ)まで往復4〜5時間の半日ハイキングに行きます。

雨の中歩くのも嫌なので、とりあえず9時出発は無しとして11時発に変更。

10時に一旦雨は止んだが、また1時間もしないうちに降り出した。

dsc09907
キッチンテント

11時!
午前はハイキング中止を決定。

11時30分より昼食をいただく
dsc09908

午後は、急遽「中国語講座」学習会に予定を変更。
講師をお招きしての中国語講座始まりー!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-05-57-38-copy

汉语=漢語=中国語

中国語は発音が大事です!

続いてみなさん自身の名前を中国語読みで覚えましょう!

ちなみに私の場合は

高千穂 ガオチェンスイ
有康  ヨウカン

日本の漢字と読み方が違いますねー。

酸素が少ない高地で頭をフルに使って学習したらみなさん疲れちゃいましたね。

午後も雨は降りやまず、本日のハイキングは中止となりました。

各自テントにてゆっくりと過ごしてもらいました。

夕食に「今日の高千穂1品料理」
dsc09906

定番:高千穂大根サラダです。
この酸味が食欲をそそりたて、またそのクエン酸が身体の疲れをいやしてくれます!

からの中華料理です。

dsc09903

マーボーナスとかまじ美味しかったー。

今日の数値測定も問題なーし!
これから持ってきたコシヒカリを研いで、圧力鍋でご飯を炊いて全員分の明日の昼食を作ります。
ガイドときどきシェフは忙しい(笑)

高千穂ガイドブログ

ACONCAGUA Day3 StayPlaza de Mulas4350m

休養日
起床時間特になし。
7時30分にトイレ起きて、戻ってもまだみんな寝てる。
プラザデムーラス
シュラフに入って眼を閉じるがなかなか寝れない。
外は寒いから、ジーと眼を閉じてる。
時間は経ってるから寝てるのであろう。
時計を見ると8時30分。
誰一人起きない(笑)
結局朝食ギリギリの8時50分にみんなに「Buenos Dias!オーチョ イ シンクエンタ(8:50)!」と声をかける。
みんな「おー!」「あーー!」「ノーアラーム」とか言いながら起きる。
9時からの予定だった朝食が案の定10時となる。
持参した卵とハモンハムとスクランブルエッグ。
Desayuno
朝食後、明日から4日間の必要最低限の荷物の仕分け&確認。
1/28 Canada Camp(C1)5050m
1/29 Nido de Condores Camp(C2) 5500m
1/30 Colera Camp(C3)5970m
1/31アタック to アコンカグア6962m
 Colera Camp(C3)5970m
2/1 BC(Plaza de Mulas)4300m
2/2 、2/3予備日
明日からは水場設備はなく、今年は雪が少ないので、C1、C3は自ら水を持ち上げなければならない。
C2には、雪解けの池があるとの情報。
明日はここから水を運ばなければならない(*ToT)
調理用も入れて一人5~6Lは必要。
なので、個人装備と食料を最小限にしなければ無理である。
出発前のPenitenteのロッジですでにかなり削ったはずの荷物だか、究極の選択となればさらに削れるもんですね(笑)
食材は、朝、昼、夕の4日分と簡単な予備2食。
装備アコンカグア
私の登頂日用の装備4kg。
食料アコンカグア
時計をみたら1時30分だ(笑)
準備後、昼食。
キシメン風トマトソーススパ、カットメロン。
トマトスパゲッティ

メロン

午後は写真撮影
OBOZ de Aconcagua
Montura de Aconcagua

SOTO de Aconcagua

コモパン de Aconcagua

ソーラーシャワー
ソーラーシャワー
シャワー代はなんと15ドル!高い~💧

お風呂やシャワーはあきらめていたけど、キレイさっぱりしてこよー。お湯はしっかり出ました。
明日からは氷点下の世界へ。まーここでも夜や朝はすでに氷点下ですけどね。

もう17時すぎだ。
さあ、明日C1へ進めるか、BC滞在か、または下ろされるか?

のメディカルチェックへ!
診察は18時30分からと言われる。シエスタ?
にしてもドクター昼休み長っ(笑)
18時30分まで時間を潰す。
日本人バックパッカーチーム3人と会話を楽しむ。
すごいのは、みんな2年近く旅中。
章生君はヨーロッパから南米へ。
亮平君は、まだあと1年も旅予定。晋平君は自転車でアラスカより北米~中米~南米のパタゴニアを大縦走中。さらにそのあとアフリカも自転車で大縦走予定という。まぁ2年は帰って来ないみたい。
ソフトコッティを登頂日の行動食に!
コモパンでアコンカグア!
18時30分になったので、メディカルチェックへ。
メディカルチェック
みんな緊張(笑)自分では大丈夫なつもりでも数値が全て!
ドクターがNO!と言えばNO!なのです(泣)
(Spo2、心拍数、血圧、問診)診察は一発OK!ムイビエーン❗
メディカルチェック
コンフルエンシアで一緒だったブエノスアイレス+①ドイツチームが上がって来ていた。
ダイニングテント
20時30分夕暮れ
プラザデムーラスからのパノラマ
夕食
ベジタブルスープ

ポークステーキ

アコンカグアスイーツ

ロシア人たちがテント内の相部屋
おやすみなさい。

高千穂ガイドブログ