ガイドは社家 春の大祭り 英彦山御神幸祭2017 2日目

おはようございます。
もう、この数日のブログは、登山ガイドブログというより、
グルメリポーター化しています高千穂です(笑)

はい、夕食のような朝食です。
醤油に隠れて見えんけど、梅干しはなんとプチトマトと一緒に漬けとるとかで、すっぱさもあるけどなーんか甘みというかトマトの味もするー。
らっきょがこれまたうまいんじゃー。
お米も緒方家の英彦山のお米で銀シャリー!ほっくほく〜。
これ何杯でも食べれちゃうー。
やばいぞ(笑)

そして、タイの尾頭付き塩焼き。
ウマすぎる。
これ持って帰って食べても旨味がしっかり詰まって美味しいのだ。
なんかセレブになった気分(笑)

今日の銅の鳥居
ここはパワースポットです。
感じる人はビリビリ〜。
ホントです(笑)

さて、御旅所に上がると

すでに、山伏や修験者が列をなしていて、山伏問答が始まります。

神輿3基!

護摩炊きの行事が始まります。
宝斧作法があり、
続いて宝弓加持作法

東西南北の四方と中央を弓矢で祓い清めます。


神職の御参り

火渡しの儀

唱えています。
その後、護摩木燃やし。

無事に護摩炊きを終え山伏たちの集合写真
1時間ほど時間を挟んで、
次は担ぎ手が次々と集まってきました。

高千穂宮司と「笏」(シャク)をもつ三木さん

いよいよ御神幸祭のクライマックス!
ここ下宮(560m)から英彦山中腹の奉幣殿(ほうへいでん700m)まで、約900段の急な石段の参道を駆け上がります。

ホラガイの合図で一基、一基、出発です。

おっと!お巡りさんも担いでます(笑)

わっしょい!わっしょい!
がんばれ〜がんばれー!と参道からも声がかかります!

奉幣殿への最後の登りは結構急な石段!

担ぎ手が一気に増えて、うぉーりやー!!!!!!

神輿を押し上げます!

最後の1基は、奉幣殿を過ぎて下宮まで担ぎ上げます!!!!

 

奉幣殿で一枚
いやー楽しかったですね。
この前のツアーでフェリーで帰った「英彦山・宝満山」のグループは昨日の朝8時ぐらいに大阪に着く予定でしたが、なんと明石海峡あたりがガスって風がないため視界不良などで、明石大橋手前で海上保安庁から船舶待機命令が出て、動けず結局15時間遅れの昨日の夜23時に六甲アイランド港に着岸したとのこと!
そんなことが起こり得るんだーと驚き!!!
船の上でこういう事態に巻き込まれたら、途中下船もできなきゃ何も出来ない。怖い!

このまま、予定通りこのグループと共にフェリーで大阪へ帰り、その後新幹線で東京に昼頃帰るか?
もし同じトラブルに巻き込まれて、明日の10日の夜23時に着いたらその後のスケジュールに支障が出てしまう!
次は、ネパール。しかも11日は朝6時着ぐらいで成田空港に行かなきゃ行けない!
夜23時に大阪着いて、高速飛ばして成田へ向かって間に合わないだろう。しかも、ネパールの荷物を自宅に取りに行かなきゃいけない!
明日10日を移動日と準備日にしているから楽勝と思っていたが、そうでもないっ!!!!てことに焦る。

三木さんに阪九フェリーの担当者に色々聞いてもらったが、実際こういう霧などで遅延が年に1〜2回起こっているが、ここまで遅れることは稀中の稀。
ガイドとしてみんなと一緒に行動して大阪でさよならが別れ惜しくもないし、スムーズと思うが、山旅人側は、福岡〜東京までの新幹線の交通費を出してくれると言ってくれている中、わざわざ、自らリスクを負う道を選ぶ必要は、ないなと決断し、私はグループから離断して、ローカル線で新幹線の駅小倉へ出て東京へ行くことに。
みなさんっ!お気をつけて〜!さようなら〜(T_T)/〜


小倉駅から新幹線のぞみにて東京へ。
今年の福岡ツアー4本これにて終了!

フェリーは3時間遅れで出発したそうな。
まー3時間ぐらいだったら一緒に乗ってても良かったかなー。結果論話し。到着はどうかなー?

高千穂ガイドブログ

広告

ガイドは社家 春の大祭り 英彦山御神幸祭2017

日本中にいろいろなお祭りがあります。
ここ英彦山にも年間いろいろな祭典・式典が行われています。

春の大祭り・英彦山御神幸祭
毎年4月第2週目土曜日から2日間

ツアーにしました!
日本初?(笑)

田川に工場がある福岡のお土産でベスト10にはランキングされる有名お土産品・めんべい!(明太子せんべい)へ。
工場は土曜日なのでお休み(笑)
売店は開いていました(笑)イワシ明太など買いました(笑)

ひこさんのしゃくなげ荘に立ち寄り、ランチ。
・ヤマメの唐揚げ定食
・鯉のあらい定食(英彦山の美味しい水で育った鯉なので全然臭みがないと人気です)
・ジャンボ唐揚げ定食
・しょうが焼き定食
・お蕎麦
・しゃくなげ定食
ヤマメの唐揚げや鯉のあらい、鯉こく(鯉の味噌汁)付いています。
などなど

私は迷わず!


しゃくなげ定食!
めちゃうまい!
やばいっ!今晩またすごい豪華料理なのにあんまり食べたら夕食までにお腹すくやか?

銅の鳥居に立ち寄りました。
銅の鳥居と書いて「かねのとりい」と読む。
この英彦山という文字は霊元法王の文字だそうで、すごいフォントです。
鷹巣高原ホテルに荷物を置いて、神幸祭一日目【お下り 】へ。
14時開始。
英彦山中腹(標高約700m)にある奉幣殿(ほうへいでん)から約900段の急な石段で、標高差 約160mある参道をいっきに駈け下り、銅(かね)の鳥居のそばにある下宮(お旅所)に 一泊し、翌日の日曜日に奉幣殿(ほうへいでん)まで参道を駆け上がります。


神輿が3基、奉幣殿より下って来ます。

神輿1基につき20〜25人の担ぎ手がいます。

神輿の重さは400kg!!


参道の中間地点にて休憩。

稚児の舞

可愛いですねー。
当人より、お母さんなどが必死(笑)

そして、さらに御旅所へ下ります。

わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!

御旅所

そしてここでも稚児の舞。

まさかりの舞
大きな重いまさかりを持ち、堂々と舞っています

獅子舞

ちと変わっています(笑)

神仏習合
山伏、お坊さん、宮司

高千穂宮司三代!

てくてく歩いて(お腹空かさなきゃ!)
宿へ。
※有康さんこの前も同じもの食べたけ、料理内容変えようか?と気を使っていただきましたが、みんなと同じもの(先日と同じもの)でいいです!ということで!
ふぐも、佐賀牛も、大海老も、ムカゴも何回食べても美味しいから(笑)!
のりこさんお気遣いありがとうございます。

 

ということで〜
本日の日本一の夕食は〜!

じゃじゃーん!アラカブ(別名:カサゴ)

はい、出ました!
日本一の豪華な夕食の宿

アラカブの食べ方?
頭からガブっ〜とかぶり付いちゃって下さい!
こんな感じで

↓↓

ガブっ!

この天ぷらそばもめっちゃ美味しいけど、こんなお腹いっぱいの時食べたらもったいない!


デコポンの一種・ハマサキー!
めちゃうまい。

宣伝してるのか?って
しています(笑)
ここの宿は、みんな一回は泊まってみてもらいたいから!
山登らなくても泊まれますよー(笑)

予約時に
「高千穂ガイドのブログ見た!」
でぜんざいのサービスあるかも!
しかし、お腹いっぱい過ぎて食べれるかなー(笑)
イヒヒー

食後、宮司に呼ばれ御旅所へ。

ここで神輿の番という名目で語りが始まっています。
地元の盟主の方々もいました。

塩でタイが隠れるぐらい包んで、タイの〜塩焼き〜!

美味しそうやけど、明日の朝も宿でこれ出るからっ!
どんだけ贅沢〜。

山旅人社のブログでも紹介しています
↓↓
http://yamatabito.jp/blog-entry-193.html

 

高千穂ガイドブログ

英彦山1200m登山  〜九州百名山 福岡編 第3弾 

いやーお腹空かない(笑)
けど、鷹巣高原ホテルの食事がすごいのは夕食だけじゃなーい。
ある意味朝食はまじで日本一!
夕食かっ!てほどの朝食。

朝からイカ刺し出る?湯豆腐、イカの塩辛、山菜、豆腐、明太子、大粒納豆、からのー

100年以上の糠床で漬けた漬物。
これまじやばい。

そしてー

朝ですけどー!

1人1匹の尾頭付きタイ。
まじかっ!でしょ(笑)
お持ち帰り用のケースいただきました(笑)

お米も緒方家の英彦山のお米で銀シャリー!ほっくほく〜。
2杯、3杯とご飯がご飯がススムくん〜
そろそろ止めないと・・・・・・・。

生花のレベルもすごすぎ!

では、お腹いっぱいになりすぎて山登る気がすこし失せてしまいます。
鷹巣高原ホテルの方たちの見送りで英彦山登山へ。

登山口の高住神社

高住神社の境内にある天狗杉!

かよさんがいました(笑)
英彦山や高千穂家や高住神社、八天狗の話をしてくれました!
では、英彦山三座(北岳・中岳・南岳)縦走へ!

コケの生〜す〜とーこーろー

一本杉分岐まであと少し。

北岳山頂!

ここは英彦山の主祭神・正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)を奉る聖地です。

神話上、天之忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)は神(天照大神)の子供、 宮崎高千穂に降り立った邇邇藝命(ニニギノミコト)の親です。

中岳山頂!!
ここは伊耶那美命(いざなみのみこと) を祀っています。

英彦山神宮の上宮もここにあります。

そして、三座で一番高い南岳へ!

英彦山1200m山頂〜に登頂!
一等三角点があります!
ここは伊邪那岐命を祀っています。
中岳へ戻って表参道を奉幣殿へ下ります。

途中、中宮(中津宮)がありあす。
宗像三女神を祀っています。
“市杵島比売命”(いちきしまひめのかみ)
“多紀理毘売命”(たごりひめのかみ)
“多岐津比売命”(たぎつひめのかみ)

神の宿る島沖ノ島と宗像大社は、今ちょうど世界遺産に登録しようとしていますね!

英彦山神宮・奉幣殿です。
歩いて、鷹巣高原ホテルへ。
お風呂に入って、美味しいおぜんざい(焼きたて餅を入れてくれました)いただきました。
※私は、ぜんざいはどちらかというと食べない方ですが、ここのは美味しくいただいちゃいます(笑)

緒方ファミリーときょうこさん

帰り、花としじみの里・大任町(おおと)を通りました。
桜並木の桜の花がほぼ満開!キレイー!

新門司港のフェリーターミナルへ皆さんをお送りしました。

来年英彦山のお祭りツアーに参加!の先行予約いただきましたー!
泊まりは今回と同じところよね?と念をおされました(笑)「はいそうですよ!」

さーぁ英彦山のお祭りを見たいのか?鷹巣高原ホテルの食事を食べたいのか?(笑)

私は、新門司港のビジネスホテルに宿泊して、今晩大阪を出港して明朝に新門司港入りする「英彦山のお祭り(神幸祭)ツアー」のグループを受けます。

さーよーなーらー!

高千穂ガイドブログ

宝満山829mと英彦山1200m  〜九州百名山 福岡編 第3弾 

Good Morning from KITAKYUSHU〜!

新門司港に着きました。
このツアーも今年で3年目。
大好きなコースの1つです。

まずは、宝満山(ほうまんざん)へ。
宝満山は太宰府天満宮の裏に聳える山。

ということで、じゃー太宰府天満宮立ち寄っちゃいましょう!
ただし時間の余裕がそんなにあるわけではないので、表参道から歩いて本殿へ向かうのではなくて、学問の神様の神社だからじゃないけど〜裏口(入学)からの近道本殿!
まー替え玉じゃないだけいいでしょ(笑)

裏口から入り、本堂の裏に出ます。

本殿!
菅原道真公に今年も「安全登山お参り」

吉田太陽ガイドと合流して、3名体勢で宝満山登山開始!

表登山道は、階段が多い。

百段ガンギを登ります。

ちょっきり100段でしたか?

山頂直下

宝満山829m登頂!!!

所々滑りやすい石があるので注意しながら下りました。

登山口の竈門神社

桜はキレイに咲いています。
今年は遅い!

一路、英彦山の中腹のお宿・鷹巣高原ホテルへ。

高千穂有康(ありやす)が高千穂有昭(ありあき)祢宜を紹介。
鷹巣高原ホテルに来てくれ、「英彦山の歴史」などのお話をしてくれました。

「英彦山」という山名は、社伝では天照大神(神様)の御子(日の御子)である天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)を祀ることから「日子山」と呼ばれる。
819年、嵯峨天皇に上申し詔によって[日子山」を「彦山」に改めたとされ、1729年、霊元法皇より、日本三彦山の中で天下に抜きん出た霊山であるとして「英」の字が授けられ、他の彦山より高き位となり「英彦山」と称するが、「えいひこさん」とはならず「英」は発音せず三文字でも、そのまま「ひこさん」と読み続けています。

英彦山神宮
九州で最初の神宮。
1333年、後伏見天皇第八皇子の長助法親王(後の助有法親王)を座主に迎えて以降、助有法親王の直系が座主を世襲制する事となった。現在の社家の高千穂家はその末裔です。

全盛期は僧坊3000余、四十九窟(行場)を有するといわれた。
江戸時代初期1616年に小倉藩主細川忠興が奉幣殿(当時は大講堂)を再建。昨年2016年で奉幣殿再建400年!
明治の神仏分離により修験道が廃止され、彦山座主であった教有は還俗し「高千穂」と称しました。
九州彦山山伏の本山であった霊仙寺を廃し神社となって「英彦山神社」に改称し,高千穂教有は大宮司となった。
1883年に宮司の高千穂宣麿が男爵を授けられ、華族に列し、1975年、現在の「英彦山神宮」に改称して現在に至る。

ホラガイを吹いてくれ感激!
ホラガイの音色はなんか気分がハイになる!
私だけ?(笑)

有昭曰く、ホラガイをうまく吹ける人は5段階の高音を出せるとのこと。
音を出すことすら難しいのに(笑)

有昭祢宜から英彦山名物「英彦山ガラガラ」を1人1つ手渡ししてもらいました。

さてさて、ここ鷹巣高原ホテルは英彦山温泉!の熱〜いお風呂も良いし、水もめちゃ美味しい!
そして何より〜料理が豪華〜!!!
量が多い宿はいっぱいありますが、ここは1品1品内容も良ければ質も最高!
もう3年目だからそろそろ普通に書こうかと思ったけど、日本中いや世界中回ってもここに勝る食事なし!
まー高い値段を払えばどこでもいろいろな特別料理を出してくれるでしょうがね。こんな山奥で新鮮な魚介や肉やと
「盆と正月が一緒に来たご飯!!!!」

ふぐの刺し身1人一皿、カサゴ(メバル)の丸揚げ!、天然大海老焼き、佐賀牛ステーキ、英彦山の雑煮、めっちゃ濃い豆腐、豆乳コンニャク、山菜などなど

英彦山お雑煮、
1回に6人分ぐらいの揚げたてカサゴの丸揚げを運んで来ますが、どんな大きな鍋で揚げてるんだろう。油の量半端なくつかうだろうなー。

シメにそば
お腹いっぱいを越えています。
さらに超!美味しいご飯かおにぎり

食べれちゃうのが不思議。

からのーデコポンかと思いきやハマサキ。

明日の行動食やな(笑)

本日もごちそうさまでした。

いやー幸せ

高千穂ガイドブログ

英彦山1200m(福岡県) 〜第2班

おはようございます。
今日は英彦山三山を登ります。

2016-04-29 15.18.34

英彦山模型地図

その前にがっつりすぎる朝食です。

2016-04-30 07.53.07

鷹巣高原ホテル名物「鯛」お一人1匹。
2016-04-30 08.02.32
朝からやばいっすね!と浮田くん

高住神社よりスタート。

神職のかよさんのお元気なお出迎え(笑)

日子山→彦山→英彦山
の由来などをお話下さいました!
朝から元気をもらって出発!

今日も天気がいいので望雲台オプションへご案内。

2016-04-30 09.47.58
何箇所かの鎖場を登ります。

2016-04-30 10.26.35

最後の壁の鎖場>
登りきると〜
P4300360
おー!断崖絶壁の素晴らしい展望です。

P4300361
最高の眺めです。
鷹ノ巣山とか犬ヶ岳など展望できました。

往路を戻り、北岳へ。
P4300382
ワチガイソウ

2016-04-30 12.08.36

北岳の山頂!
神域は立ち入り禁止!
ここでは休憩せずに、本当にきただけ(笑)

2016-04-30 12.11.15

北岳から見た上宮がある中岳と左に南岳。
これから向かいます。

2016-04-30 13.17.48

上宮がある中岳です。
台風でやられて、また熊本地震でも土台がズレ、上宮の傷みがはげしくなっています(泣)
荷物をデポして、南岳へ!

P4300426
山頂にて登頂写真!

👍👍いえーいのポーズは一人のみ(笑)・・・・
中岳へ戻り表参道を奉幣殿へ下ります。

2016-04-30 15.47.27

英彦山神宮奉幣殿です。
再建400年!

P4300453

宮司が出てきてくれ、なぜか参加もしていないけど旗もちをかってでてハイチーズ(笑)

裏口から神宮を抜け鷹巣高原ホテルへ。
お風呂とぜんざいをいただきバスにて新門司港へ。

2016-04-30 17.39.04
今年もお世話になりました〜!
またきまーす。
来年はお祭りに合わせての観光ツアーも募集しますねー。

2016-04-30 17.45.24

帰りに胴の鳥居も見学。
いやーすごいパワースポットです。
私もフェリーにて大阪へ。

高千穂ガイドブログ

宝満山829m(福岡県) 〜第2班

新門司到着。
新門司インターより太宰府インターへ。

今回の第2班も太宰府天満宮へお参りへ!
もちろん裏口から(笑)

2016-04-29 08.44.26
早朝すぎて、水撒いたり、掃いたりとまだお掃除中でした。

2016-04-29 08.50.48
これから登ります「宝の満ちる山」の麓の神社かまど神社のおみくじです。
2016-04-29 08.51.11
学問の神様「太宰府天満宮とかまど神社のおみくじ」を留学中の友人のために!

ではでは、宝満山登山へ!
2016-04-29 09.22.58

今日は土曜ということもあり、登山口からすでに多くの登山者とすれ違います。

2016-04-29 10.08.14

つくしシャクナゲが綺麗!

2016-04-29 10.08.27

この表参道ルートは石段多いです。

P4290279
今日も天気がいいです!
宝満山山頂から見える山々をご案内!
この方角は、明日登る英彦山三山と手前に来年みなさんが参加する(笑)古処山(こしょさん)。

2016-04-29 12.14.33

中央のちょっと濃いのが手前から古処山、屏山、馬見山と連なり奥にうっすらが英彦山です。

山頂からは、反対方向に佐賀県との県境の背振山系の九千部山、背振山などなど連なっています。

行者道の森の中を歩き下山。

バスに乗り込み一路、英彦山へ!

「ただいまー」と鷹巣高原ホテルに到着。

宮司が急用で来れないということで、宮司見習いでもあり私の従兄弟でもある「有昭」氏が足を運んでくれいろいろな話をしてくれました。

P4290307
添乗員の津守君よー、写真を撮ってくれたのはありがたいけど、俺の方が目立ってる写真じゃないの欲しかったー(笑)
でしゃばってる人みたいじゃーん!m(_ _)m
言い訳:この写真は最初にみなさんに有昭氏を紹介しているところです。そのあとは彼のお話を私も中央の席に戻り〜、みんなで聞かせてもらいました!

今日の2座、大霊山の双璧として君臨する「英彦山」と「宝満山」。この両山は中世以来、それぞれを「胎蔵界」・「金剛界」とする修験道の大霊場であり、互いに独立し ながらも「金胎両部両峯」として結節し、修験者が峯入 りをし合う密接な関係にあるのです。
「胎蔵界」=蓮華や母胎が種子を生育するように、人の仏性を育て,仏とする理法の世界
「金剛界」=すべての煩悩(ぼんのう)を打ち破る強固な力を持つ智徳の面を表した部門(身体と言葉と精神が1つに集合した絶対界)

仏の教え的には私たちも今日宝満山胎蔵界にて、一旦無になり仏性が育ち、明日英彦山金剛界へ登り強力な知徳を得る。
いやー素晴らしいツアーですねー(笑)
みなさん毎年登ってもいいですね!料理も美味しいし(笑)

P4290317

英彦山ガラガラのお守り。玄関にぶら下げて魔除け!
玄関や入口が多くある方は明日お宮で追加分お買い求めくださいな(笑)
有昭氏!ありがとうございました。
神仏混合の会も頑張って広めて下さい!

さてさて、料理が揃いました!

2016-04-29 18.56.31

じゃじゃーん。
佐賀牛ステーキも焼けてきましたー。このお肉は焼きすぎるともったいない!レアかミディアムレアでご賞味下さい!
フグのてっさが一人一皿!ありがたい。
これにあと天然の大海老とさらにさらに揚げたてのアラカブの丸揚げが出てきまーす。
熱いものは冷めないうちに!というおもてなしがすごすぎる(笑)

2016-04-29 19.32.33
揚げたて熱々!

P4290325

あら〜がぶー!@鷹巣高原ホテル
高千穂ガイドブログ